Oラインに脱毛クリームはNG!男女ともに後悔しない脱毛方法と料金・回数を調査

Oラインの脱毛について知りたくても、デリケートな部位のため人には聞きづらいものです。

この記事では、Oライン脱毛について知りたい人のために、Oライン脱毛に脱毛クリームなどのセルフ脱毛がおすすめできない理由、Oライン脱毛で後悔しない方法を紹介しています。

Oライン脱毛におすすめサロン・クリニックでは、メンズ専用も紹介しているので参考にしてください。

メリットしか見当たらない!Oライン脱毛の必要性

Oラインは男女ともに隠れた人気脱毛部位

最近ではデリケートゾーンであるVIO脱毛の需要が高まっていますが、Oラインは脱毛したことを後悔する人がほとんどいないほど、満足できたと感想を述べる人が多い部位です。

自分で見る機会も少ないので、人から見られることも少ないですが、VIO脱毛の中でも異性からの受けが良いのはダントツOライン脱毛です。

Oライン脱毛のメリット

清潔に保つことができる

Oライン脱毛をする1番のメリットは、デリケートゾーンを清潔に保つことができるということです。
Oラインのムダ毛を処理することで、汗や排泄物が毛に絡んだままになることがなくなります。それによって、菌の繁殖が抑えられるので臭いや痒みの軽減にもつながります。

見た目がスッキリする

自分ではなかなか確認することがない部位ですが、見てみると意外と毛があることにびっくりする人も多いです。Oライン脱毛をすれば、水着や下着からムダ毛が出てしまうのを気にする必要が無くなるので、水着・下着選びがより一層楽しくなります。

自宅でOラインをセルフ脱毛するのは可能?

市販品でも可能だけどおすすめできない方法が多いので注意

除毛クリーム

ドラッグストアでも手に入りやすく手軽で簡単な方法ですが、除毛クリームの毛を溶かす成分がデリケートゾーンであるOラインには刺激が強すぎます。皮膚がかぶれたり炎症を起こす可能性が高いです。
また、肌表面に出ている毛を溶かすだけなので、脱毛効果はなく頻繁に処理が必要になってしまいます。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、一気に毛を抜くことができて2~3週間効果が持続するというメリットがあります。しかし、永久脱毛の効果はないので、毛が生えて伸びてきたら繰り返し処理を行う必要があります。
無理やり毛を抜くので痛みが強く肌が赤く腫れてしまったり、かゆみが出るなどの肌トラブルを起こす可能性が高いです。

家庭用脱毛器

脱毛サロンと同等の効果を得ることができる家庭用脱毛器もありますが、こちらもリスクは高いです。自分では確認しにくい部位の照射は火傷や肌トラブルを起こす可能性があります。家庭用脱毛器のメーカーも、I/Oラインの脱毛の使用は推奨していません

安全にOライン脱毛するならプロに頼むべき

Oラインの自己処理は様々なトラブルを起こす原因になるので、おすすめできません。
脱毛サロンやクリニックでの脱毛は、自分では見えにくい部分もプロが肌状態に合わせて脱毛器を使用し脱毛していくので、安心です。
また、万が一トラブルが起こった場合もサロンでは提携医療機関、クリニックでは医療従事者が常駐しているのですぐに対応してもらうことができます。

さらに、脱毛サロンやクリニックで処理することによって自己処理の必要がなくなるため、黒ずみや肌トラブルから解放されます。

関連記事

Oライン脱毛の施術範囲・回数・期間・料金相場・痛みを調査

そもそもOラインの脱毛範囲はどこまで?

Oラインは、サロン・クリニックによって「ヒップ奥」と表現される場合もあります。
その範囲は、お尻の穴から半径約3センチの肛門周辺です。臀部は範囲に含まれず、別の部位としてカウントされるので、臀部も含めてお尻全体を脱毛したい場合は2部位分の契約が必要になります。

出典:ビューティースキンクリニック

サロン・クリニックの必要回数・期間・料金相場・痛みを比較

脱毛サロン クリニック
脱毛効果を実感できる回数 6回程度 3回程度
脱毛完了までの回数 12回~18回 5回~8回
脱毛完了までの期間 約2年~3年 約1年~1年半</td>
VIOセットプランの相場料金 約15万円 約8万円
痛み 輪ゴムで強くはじかれた程度 熱さを伴う痛み

サロンはVIOセットプラン12回で約15万

サロンの光脱毛は、医療脱毛より1回当たりの料金が安いですが、痛みが弱い分効果が低いので回数は医療脱毛より多く必要です。
6回目ほどで効果を実感することができますが、完全にツルツルにしたい場合は、最低でも12回は通う必要があります。
Oライン脱毛はVIOセットプランでも脱毛できるサロンがほとんどで、VラインやIラインも脱毛したいのであれば、セットプランの方が安いです。VIOセットプランは、12回コースで15万円程度が相場です。

クリニックはVIOセットプラン5回で約8万

クリニックの医療レーザー脱毛は、光脱毛より1回の値段が高いですが、回数は少なくて済みます
3回程度で毛量が薄くなったと感じることができますが、完全にツルツルにしたい場合は、5回が最低回数です。
クリニックもVIOセットプランがあることが多く、VラインやIラインも脱毛したいのであれば、セットプランの方が安いです。VIOセットプランは、5回コースで8万円くらいが相場です。

回数が少なくて済む分、トータルの脱毛料金はサロンより安く済みますが、1回ごとの効果が高い反面、光脱毛よりも痛みが強いデメリットがあります。

恥ずかしい思いだけして後悔するのはイヤ!Oライン脱毛施術の体勢や格好は?

サロンによって四つん這いになることも

脱毛のVIO処理の際は、恥ずかしさに配慮されるのが一般的です。Oライン脱毛の場合も、恥ずかしさへの配慮から、うつ伏せの体勢で、足もあまり開かずに施術するところが多いです。

ですが、サロンによっては四つん這いの状態になって施術するところもあります。羞恥心が強い人だと、毎回四つん這いで施術されるのは厳しいでしょう。

恥ずかしい体勢を避けたい人は、行きたいサロン・クリニックの、Oラインの施術の体勢も調べてみるとよいです。

ネットに情報がない場合は、無料カウンセリングで聞くと教えてもらえます。

紙ショーツを穿いて施術するところが多い

Oラインなどデリケートゾーンを脱毛する人には、紙ショーツやガウンを用意して、恥ずかしさに配慮しているところが多いです。

上半身を脱毛しない人の場合は、上下が分かれている服で行けば、上半身は服を着たままでOKなのが一般的です。

施術も紙パンツを穿いたまま行い、必要な部分だけ紙ショーツを手でずらしながら照射するところが多いです。

紙ショーツを脱ぐ場合も完全には脱がず、足の途中まで下げるだけです。足元など、施術に関係のない部分は、バスタオルなどで隠してくれます

ですが、紙ショーツの用意がなく、全裸で施術を受けるところも存在します。全裸だと恥ずかしい人は、紙ショーツの有無も確認してみるとよいです。

目元にゴーグルやタオルをしてくれることが多い

脱毛の施術中は、照射の光から目を保護するために、ゴーグルやタオルで目元を隠します。

Oライン脱毛のときは目への危険は少ないですが、Oライン脱毛でも恥ずかしさへの配慮から目元を隠してくれるところが多いです。

目元を隠してくれるところであれば、施術中にスタッフと目が合うことがなく、スタッフがどの位置で何をしているかもよく分からないので、恥ずかしさがだいぶ軽減されます。

範囲が狭いので施術時間が短い

Oラインは範囲が狭いので、恥ずかしくてもごく短時間で終わります。サロンによって多少異なりますが、Oラインの施術時間はだいたい、5~10分程度です。

施術スタッフも恥ずかしいのは分かっているので、事務的にテキパキと作業を進めてくれます。また、照射中は目が隠れていても分かるほど、脱毛器から強い光が出るので、光に気を取られているうちに終わるというのもあります。
脱毛が初めての人が想像するほど、恥ずかしさについて思い悩む暇はないので心配ありません。

Oライン脱毛をしないことが最大の後悔

Oライン脱毛で後悔するとしたら、VIOセットプランにせずに、料金が割高になってしまうパターンと、Oライン脱毛をしっかりせずに後悔するパターンがあります。
Oライン脱毛がメリットだらけなことからも分かるように、Oライン脱毛をしたことによる後悔を感じている人はほとんどいません

Oライン脱毛に最適なサロン・クリニックを選ぶポイントまとめ

VIOセットプランの料金

Oライン単体よりも、VIOラインセット脱毛をした方がコスパが良くお得です。
始めはOラインだけのつもりでも、あとからV/Iラインも気になって追加契約をする人が多いです。そのため、初めからVIOセットプランで契約したほうが料金的にも、時間的にも損をすることがありません。

痛みを感じにくい脱毛器を採用しているか

Oラインはデリケートな部位であり、特に粘膜近くは痛みを感じやすいです。
痛みが気になる場合は、脱毛器の照射出力を下げるか、クリニックであれば追加料金が必要ですが、麻酔を利用することができます。ただし、照射出力を下げるとその分脱毛効果も弱くなってしまうので、初めから痛みを感じにくい脱毛器を採用している所を選ぶのがおすすめです。

サロンならSHR脱毛・ハイパースキン脱毛

サロンの中でもより痛みの少ない方法を選びたいなら、SHR脱毛ハイパースキン脱毛を採用しているところがおすすめです。
メラニン色素には反応しないで脱毛する仕組みで、痛みが少なく肌へのダメージも軽減されます。ほぼ痛みを感じなかったという体験談もあります。

クリニックならメディオスターNextPRO

高い出力のレーザーを照射するのではなく、出力の低いレーザーを細かく照射していきます。また、バルジ領域といわれる毛包細胞に働きかける仕組みなので、高出力にしなくても脱毛することができます
また、冷却装置もついているのでより痛みを感じにくい脱毛が可能です。

シェービングサービスがあるか

脱毛施術前には、自分で脱毛箇所をシェービングする必要がありますが、Oラインは自己処理がとてもやりにくい部位です。
無理に処理をしようとすると肌を傷つけてしまう可能性が高いので、シェービングサービスを利用するのがおすすめです。
自分では手が届きにくい範囲であるOラインのシェービングサービスを実施している所は多いですが、脱毛サロン・クリニックによっては追加料金が発生したり、中にはサービス自体が無い所もあるので、カウンセリングの際によく確認しておきましょう。

もし自分で処理する必要があるのなら、I字型電動シェーバーを利用しましょう。
入浴後の清潔な状態で、鏡を床に置いてその上にまたがり少しずつ処理するようにしてください。

施術後のアフターケアがしっかりしているか

Oライン脱毛後にチクチクしたりかゆみが出るなどのトラブルがあった。といった声も聞きますが、これらは脱毛後のアフターケアに問題があります。
脱毛後は通常よりも肌が敏感に傾き乾燥もしているため、保湿をしっかりと行う必要があります。かゆみが出るのは肌が乾燥しているためです。
サロンなら肌ケアに力を入れているところ、クリニックなら当日の薬代や、トラブル時の治療費が無料のところを選ぶとよいでしょう。

また、Oラインは皮膚が入り組んでいて照射漏れが出やすい部位でもあるので、照射漏れの際の対応についても確認しておくと安心です。

体温を上げるとチクチクとした症状が出やすくなるので、施術当日は湯舟への入浴・激しい運動・飲酒は避けるようにしましょう。

効果の早さを重視するならクリニックがおすすめ

安くて速いOライン脱毛を目指すなら、クリニックに通うのがおすすめです。元々の料金設定が低いクリニックを選べば、相場よりもかなり安くOライン脱毛をすることができます。
また、サロンの光脱毛に比べて半分程度の回数で脱毛が完了するので、恥ずかしい思いをするのも少しで済みます。
ただし、痛みに自信がない人はクリニックの麻酔料金がかかることを考慮すると、サロンでOライン脱毛を受けた方が安心です。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

脱毛の安さで人気のクリニックです。元々の料金が安いうえに、キャンセル料などその他の追加料金は掛かりません。痛みが少なく、産毛にも効果のあるライトシェアデュエットを採用。
Oラインなどの自己処理が難しい部位は、多少の剃り残しは無料でシェービングしてくれます。

リゼクリニック

リゼクリニック

痛みが少なく、産毛にも効果のあるメディオスターNextPROを採用。
シェービング・キャンセル料が無料です。また、硬毛化保証などの保証が充実しています。
女性専用なので、安心して施術することができます。

関連記事

料金の安さと痛みを気にするならサロンがおすすめ

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛の安さで人気のサロンです。自分で手が届きにくいOラインは無料でシェービングしてもらえるので、まったく自己処理せずに行っても大丈夫です。予約キャンセル料も無料なので、追加料金がかさむ心配がありません。

ストラッシュ

ストラッシュ

痛みを感じにくく、肌へのダメージも少ないSHR脱毛を採用。回数パックと通い放題コースはシェービングが無料です。
また、施術後には保湿ローションを使ったアフターケア付きです。

関連記事

メンズのOライン脱毛におすすめのサロン・クリニック

RINX

RINX

男性専用の脱毛サロンです。医師が監修したオリジナル脱毛器を採用。脱毛料金が安く、初回キャンペーンも充実しています。都度払いが可能で1回から単発脱毛できるのでお試しもしやすいです。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

男性専用のクリニックです。医療脱毛の中では安い料金プランを組んでいます。
痛みを感じにくいメディオスターNextPROをはじめとした5種類の脱毛器を使い分けています。

関連記事

Oライン脱毛ができない場合もあるので注意

痔がある場合

切れ痔やイボ痔など、痔の種類にかかわらず、痔ができている場合はOライン脱毛をすることはできません。肌が敏感になっていて、周辺に炎症が広がっている場合もあり、脱毛の照射が刺激になってしまうためです。
また、肛門の皮膚がたるんでできるスキンタグの場合は脱毛が可能です。イボ痔と間違われやすいので、一度専門医に確認をしてもらいましょう。

色素沈着・黒ずみがひどい場合

脱毛器は毛のメラニン色素である黒色に反応するので、ムダ毛よりも薄い色素沈着であれば問題なく施術を受けることができます。ですが、Oラインの黒ずみがひどい場合、火傷や肌トラブルを起こす可能性が高いので、施術を受けられないことがあります。
脱毛器の中には色素沈着・黒ずみがひどくても脱毛可能なものもあるので、心配な人はそのような脱毛器を採用している所を選びましょう。

ミュゼプラチナムでできるOライン脱毛コースと脱毛までの流れを調査

ミュゼプラチナムのOライン脱毛は3つの選択肢

Oラインは、ミュゼプラチナムではヒップ奥と呼ばれています。現在ミュゼプラチナムではこのヒップ奥を施術できる脱毛メニューがいくつか存在します。

パーツで選ぶ「フリーセレクト美容脱毛コース」


1つ目は、全身のSパーツ11カ所から脱毛部位と回数を選べる「フリーセレクト美容脱毛コース」ヒップ奥を選択することです。

SパーツはOラインのほか、襟足、乳輪周り、腰(後ろ)、へそ周り、小手の甲と指、両ひざ、両足の甲と指、デリケートゾーンからはトライアングル上、トライアングル下、Iラインがセレクト可能になっており、この中から好きな部位を選んで脱毛することができます。

価格は2回で7,500円、8回で30,000円、12回で45,000円と手の届きやすい価格設定になっています。

アンダーゾーンを網羅「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」


2つ目はアンダーゾーン全般を行う「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」です。こちらはVIOに加え、トライアングル上、トライアングル下、へそ下、Vライン上の4つで全7カ所脱毛可能なハイジニーナ脱毛で、1回で15,000円、4回で60,000円、6回で90,000円となっています。

気になるアンダーゾーンのムダ毛をすべてカバーできるコースとなっており、トライアングルゾーンにわざと適度な毛を残したい場合も、境目が不自然にならないようにお願いすることができます。

1ヵ所あたりの価格が安い「全身脱毛コース」


3つ目の選択肢は全身脱毛コースです。ミュゼプラチナムの「全身脱毛コース」、「全身脱毛コースライト」、「全身脱毛コースバリュー」は、Oライン以外にお手入れしたい箇所がたくさんある人におすすめのコースです。

「全身脱毛コース」なら顔以外の全身脱毛ができます。平日の12時~18時のデイプランで1回で52,500円、4回で210,000円、6回で315,000円となっています。

「全身脱毛コースライト」は、気になる部位がたくさんあるけど全身までは必要ないので、その分安く済ませたいという人におすすめです。

こちらはあらかじめ脱毛部位でプランが分かれており、Oラインが含まれているAプランでは腕、脚、デリケートゾーンを中心に施術できます。価格は1回39,375円、4回で157,500円、6回で236,250円となっており、全身脱毛コースよりもかなりお安くなっています。

最後の「全身脱毛コースバリュー」は、上記2コースよりもさらにお得な価格で、1回26,250円、4回105,000円、6回157,500円で、パーツの組み合わせ12パターンから選択できるコースです。

Oラインはこの内、スタンダードDというプランに組み込まれていて、Oライン、トライアングル上、トライアングル下、Iラインに加え、ひざ下とひじ下をセットで脱毛してもらうことができます。

ミュゼプラチナムのOライン脱毛の流れ

施術前に可能な限りの自己処理を行う

ミュゼプラチナムでOラインを脱毛してもらう流れを軽く紹介します。まずは当日までに、カミソリやシェーバーを使ってできる限りのお手入れをしておきましょう。通常ミュゼプラチナムではシェービングを行ってくれませんが、Oラインに限り剃り残しがあってもスタッフにお願いすることができます

施術当日の流れ

施術当日は、ミュゼプラチナムで用意されている専用のガウンと紙ショーツに着替えますので、店舗に行くときの恰好はどんなものでも大丈夫です。

施術時はうつ伏せ状態になり、少しずつショーツをずらしながら行っていきます。後はスタッフの指示に従い、少しだけ体を傾けたり、脚を開いたりしながら照射してもらいます。

脱毛後のアフターケアもしてくれる

ミュゼプラチナムはお手入れ後のアフターケアも充実しています。まずは照射で熱くなった毛根をしっかり冷却し、その後プラセンタエキス配合のミルクローションで、肌をやさしく整えてくれる2段構え。

プラセンタは美容サプリメントや化粧水でも有名な成分で、健康な肌に必要な栄養がたっぷり詰まっています。施術した形跡が分からないくらいつるつるの肌になりますので、施術した日に予定がある人も安心です。

生理の時や痔がある場合は脱毛できない

ミュゼプラチナムのOライン脱毛は、体のコンディションが整っていない場合、受けられないことがあるので注意しましょう。例えば、12時間以内にお酒を飲んでいたり、10日以内に予防接種を受けていることもNGとなります。そしてデリケートゾーンであるOラインは、生理中のお手入れも、ホルモンの乱れと衛生上の理由から施術してもらえません。また、赤みや炎症がある箇所は脱毛できないので、痔がある場合は回復してから施術になります。

効果は6回目くらいで実感

ミュゼプラチナムで採用している「S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)」を1~3ヵ月の周期で続けた場合、およそ6回を越えた頃でムダ毛の生えるスピードが遅くなったり、自己処理をする回数が減るなどの脱毛効果を実感できます。8回までいくとムダ毛が減り、ほぼ自己処理が必要なくなるくらいになります。逆算すると、大事なイベントの予定に合わせたい人は、1年以上の余裕を持って通うべきでしょう。

しかし、Oラインは人によって、ムダ毛の濃さや毛量に差が出てくる部位でもあるので、詳しくは部位の状態を見てもらいスタッフと相談してみましょう。

ミュゼ以外でOライン脱毛がおすすめのサロンとクリニック

Oラインも全身脱毛も安い「キレイモ」

キレイモ

美容脱毛サロン「キレイモ」は、全身脱毛の月額プランが9,500円と魅力的です。ミュゼプラチナムでは選択できない顔の脱毛部位も含まれているので、毎週ムダ毛や産毛の処理で悩んでいる人はチェックしてください。

また、アフターケアに使われる保湿ローションは、グロブラリアコルジホリアカルス培養エキスが配合されています。ムダ毛の減少とスリムアップ効果を同時に期待できる嬉しいプランになっています。

関連記事

まとめ

Oライン脱毛は清潔感が保てる点からおすすめですが、粘膜を傷つける可能性が高いことから自分での処理は向いていません。脱毛するなら、プロの手に任せましょう。
Oラインを知らない人に脱毛してもらうのは恥ずかしく感じますが、ほとんどのところでは恥ずかしさへの配慮がなされています

・紙ショーツやガウンを着用したまま、うつ伏せの体勢で施術
・ゴーグルやタオルで目元を隠す

施術も5~10分程度なので、やってみるとそれほど恥ずかしくありません。
脱毛完了までの料金の目安は、サロンなら12回コースで15万円クリニックは5回コースで8万円程度が相場です。

Oラインは痛みを感じやすい部位ですが、脱毛器の中にはほぼ痛みを感じないようなものも出てきているので、痛みに配慮された脱毛器を採用している所がおすすめです。
さらにVIOセットプランが安くシェービングサービス・アフターケアもしっかりしているサロン・クリニックを選ぶようにしましょう。

関連記事