脱毛 おすすめ

「光脱毛?医療脱毛?種類がたくさんあってよくわからない」
「脱毛するならどの方法がおすすめ?」
「脱毛サロンとクリニックで迷ってる。どっちがいいの?」
「お金に余裕がないのでなるべく安く脱毛できる方法が知りたい」
「来年の夏までに脱毛を終わらせるには?」

などなど、はじめて脱毛するときはわからないことだらけですよね。ここでは初めて脱毛する人に向けて、脱毛方法の種類と脱毛サロン・クリニックの選び方を解説しています。

どんな種類があるの?脱毛方法まとめ

脱毛方法の種類

脱毛方法は大きく分けて光脱毛、医療脱毛(医療レーザー脱毛)、針脱毛(ニードル脱毛)の3種類あります。光脱毛は脱毛サロンで主に行われている脱毛方法で、医療脱毛は美容外科などのクリニック(医療機関)で行われています。針脱毛は一部のサロンで美容電気脱毛として、また一部の病院で絶縁針脱毛として行われていますが、実施しているサロンやクリニックは少ないです。

光脱毛 脱毛サロンで主流の脱毛方法。黒い色に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えてムダ毛を弱らせ細くしていく。サロンによってIPL脱毛、S.S.C.脱毛など若干の違いはあるけど脱毛の仕組みは基本同じ。
医療脱毛 クリニックで主流の脱毛方法で、医療レーザー脱毛のこと。脱毛の仕組みは光脱毛と一緒だが、光脱毛よりもはるかに強いレーザーを使用するので一度の照射で毛根を破壊することができる。法律上、レーザーは医療機関のみ使用可能。
針脱毛 光脱毛や医療レーザー脱毛よりも古くからある脱毛方法。毛穴に特殊な針を差し込み微弱な電流を流すことで毛根を破壊する。脱毛サロンでは美容電気脱毛、クリニックでは絶縁針脱毛として行われる。とても強い痛みがあるが、光やレーザーより確実に処理できる。現在では針脱毛を行っているサロン/クリニックは少ない。

ちなみに脱毛剤(脱毛クリームや脱毛ワックスなど)は一時的に除毛するだけで、すぐに生えてきます。厳密にいえば「脱毛」ではなく「除毛」ですね。使い続けても生えてこなくなることはありません。

脱毛方法それぞれのメリット・デメリット

光脱毛、医療脱毛(レーザー脱毛)、針脱毛(美容電気脱毛、絶縁針脱毛)のメリットとデメリットを表にまとめました。

脱毛方法 メリット デメリット
光脱毛 ・料金が安い
・痛みが少ない
・施術時間が短い
・脱毛効果が弱い
医療脱毛 ・光脱毛より効果が高い
・施術時間が短い
・光脱毛より料金が高い
・光脱毛より痛みが強い
針脱毛 ・脱毛効果が最も確実 ・料金が最も高額(数十万~100万円以上)
・痛みが最も強い
・施術時間が最も長い
・実施サロン/クリニックが少ない

現在は光脱毛と医療脱毛が主流

現在は脱毛サロンの光脱毛クリニックの医療レーザー脱毛が主流で、脱毛するならどちらかを選択することになります。表の通り料金の安さを重視するなら脱毛サロンの光脱毛脱毛効果を重視するなら医療レーザー脱毛がおすすめです。ちなみに永久脱毛は医療機関でしかできません。

針脱毛は少ないムダ毛を確実に処理したいときのみ

針脱毛はムダ毛を1本1本処理していくので効果が確実という反面、料金はとても高額で痛みも強く時間もかかります。ワキのように小さいパーツでも20万円~、足や背中のような広いパーツは50万円~100万円以上かかります。したがって針脱毛では数本~数十本程度の少ないムダ毛を脱毛するのが現実的です。例えば光脱毛や医療脱毛では処理できない白髪や金髪、ほくろの毛、日焼け肌の脱毛などですね。

コスパで選ぶ!とにかく安く脱毛したいなら

なるべく安く脱毛したい、コスパ重視のあなたは脱毛サロンがおすすめです。

コスパで選ぶなら脱毛サロンがおすすめの理由

脱毛サロンと医療脱毛の全身脱毛の料金を比較してみましょう。

脱毛方法 全身脱毛の料金 回数 1回あたりの料金
脱毛サロン(キレイモ) 114,000円 6回 19,000円
医療脱毛(湘南美容外科) 435,370円 6回 72,562円

脱毛サロン(キレイモ)が全身脱毛1回あたり19,000円なのに対し、医療脱毛(湘南美容外科)は全身脱毛1回あたり72,562円。医療脱毛の方が約4倍値段が高いということです。後述するように医療脱毛は光脱毛の半分以下の回数で脱毛完了できますが、それをふまえてもやっぱりサロンの方が料金が安く、コスパが良いといえますね。
関連記事:初心者におすすめの脱毛サロンの選び方

パーツ別おすすめサロン早見表

パーツ おすすめサロン
全身脱毛 キレイモが一番おすすめ
おすすめの理由:月額制が一番安い、脱毛範囲も一番広い、通うのは月1回でOK
関連記事:全身脱毛の選び方とおすすめサロン
わき脱毛 ミュゼが一番おすすめ
おすすめの理由:回数無制限のワキ脱毛はミュゼだけ
関連記事:わき脱毛の選び方とおすすめサロン
VIO脱毛 ミュゼが一番おすすめ
おすすめの理由:脱毛範囲が一番広く値段も一番安い
関連記事:VIO脱毛の選び方とおすすめサロン
顔脱毛 ジェイエステが一番おすすめ
おすすめの理由:顔脱毛が一番安いサロン
関連記事:顔脱毛の選び方とおすすめサロン
手足の脱毛 ミュゼが一番おすすめ
おすすめの理由:手足の脱毛が最安値。キャンペーンでお試し脱毛もできる
関連記事:手足脱毛の選び方とおすすめサロン
背中脱毛 ミュゼが一番おすすめ
おすすめの理由:背中脱毛が一番安い。お試し脱毛も可
関連記事:背中脱毛の選び方とおすすめサロン

脱毛サロンおすすめNo.1

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    ワキなど部分脱毛が一番安い人気No.1サロン
    ミュゼは部分脱毛の料金が一番安いサロンなので、ワキやVIOなど特定パーツだけ脱毛したい人に最適です。キャンペーンでワキとVラインを回数無制限で脱毛できるのもポイント。ミュゼが採用している脱毛方法は光脱毛の中でも痛みが少ないS.S.C.脱毛なので脱毛初心者に最適です。

    ミュゼの公式ページはこちら

効果で選ぶ!とにかく早く脱毛を終わらせるなら

脱毛を早く短期間で終わらせたい、効果重視のあなたは医療脱毛(医療レーザー脱毛)がおすすめです。

効果で選ぶなら医療脱毛がおすすめの理由

光脱毛は徐々に毛根を弱らせムダ毛を薄くしていくのに対して、医療脱毛は一度の照射で毛根をしっかり破壊するため、医療脱毛の方が少ない回数で脱毛を終わらせることができます。

光脱毛と医療脱毛の脱毛効果と回数

脱毛方法 脱毛完了までの回数
医療脱毛 5~6回でほとんどムダ毛が無くなる。ただしVラインのように太い毛が多い箇所や、顔のように産毛が多い箇所は8回以上かかることも。
光脱毛 12~15回でほとんどムダ毛が無くなる。ただし太い毛が多い箇所や産毛が多い箇所は18回以上かかる。

脱毛部位にもよりますが脱毛サロンの光脱毛は脱毛完了まで12~15回程度の照射が必要ですが、医療レーザー脱毛は5~6回程度で脱毛完了します。医療脱毛はサロンの半分以下の回数で脱毛を終わらせることができるというわけです。半年~1年くらいでとにかく早く脱毛を完了したい人は医療脱毛をおすすめします。
関連記事:初心者向け解説!医療脱毛おすすめ機械と安いクリニックまとめ

パーツ別おすすめクリニック早見表

パーツ おすすめクリニック
全身脱毛 アリシアクリニックが一番おすすめ
おすすめの理由:全身脱毛が一番安い。月額制あり。痛みの少ないレーザー採用
関連記事:医療全身脱毛の選び方とおすすめクリニック
わき脱毛 湘南美容外科が一番おすすめ
おすすめの理由:医療レーザー脱毛なのにサロン並みに安い。しかも回数無制限。
関連記事:わき医療脱毛の選び方とおすすめクリニック
VIO脱毛 湘南美容外科が一番おすすめ
おすすめの理由:VIO脱毛範囲が一番広く、料金も一番安い
関連記事:VIO医療脱毛の選び方とおすすめクリニック
顔脱毛 新宿ドクター松井クリニックが一番おすすめ
おすすめの理由:顔脱毛の料金が安い。産毛の脱毛に強いレーザー採用。眉下の脱毛も可能
関連記事:顔医療脱毛の選び方とおすすめクリニック
手足の脱毛 アリシアクリニックが一番おすすめ
おすすめの理由:ヒザ下ヒジ下セットが安い&脱毛し放題プランもあり
関連記事:手足の医療脱毛の選び方とおすすめクリニック

医療脱毛おすすめNo.1

  1. アリシアクリニック

    アリシアクリニック

    医療脱毛なのにサロン並みに安い、満足度No.1の人気クリニック
    アリシアクリニックは医療脱毛の料金が安い脱毛専門クリニックです。アリシアクリニックが採用している医療レーザーは痛みが少ない人気機種のライトシェアデュエット。クリニックでは珍しい途中解約制度当日キャンセル料無料Web予約システムがあるなど通いやすさも抜群です。

    アリシアクリニックの公式ページはこちら

メンズ脱毛は?ヒゲなど男性に最適な脱毛方法

ヒゲ脱毛は医療レーザー一択

男性の脱毛で一番人気の部位は髭(ヒゲ)。剛毛な毛が密集しているヒゲは光脱毛ではなかなか効果が出にくいのが実情です。したがってヒゲ脱毛するなら脱毛効果の高い医療レーザー脱毛を強くオススメします。医療レーザー脱毛なら2~3回の照射で青髭が目立たなくなり、10回の照射でヒゲがほとんど無くなります。

体の脱毛は薄くしたいなら光、無くしたいならレーザー

女性と違って男性の場合、すね毛やウデ毛などムダ毛を完全に無くしてツルツルにするより、適度に薄くしたい人が多いです。ムダ毛の量を減らすには医療レーザー脱毛よりも光脱毛が最適です。光脱毛は毛根を徐々に弱らせていく脱毛方法なので、ムダ毛を薄くしたい・毛量を減らしたいなら光脱毛の方がおすすめです。一方、ムダ毛を完全に無くしてツルツルにしたい人は、毛根を一気に破壊してしまう医療レーザーの方がおすすめです。

関連記事:男性脱毛おすすめサロン&クリニック

メンズ脱毛おすすめNo.1

  1. 湘南美容外科

    湘南美容外科

    回数無制限のヒゲ脱毛が安い
    湘南美容外科のヒゲ脱毛は回数無制限なので、効果が出るまでに回数が必要な男性のヒゲに最適です。そして湘南美容外科が採用している医療レーザーは、痛みを格段に抑えたメディオスターNeXT PRO脱毛効果の高いアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)。CMでもおなじみ大手美容外科で全国に医院があるのもポイントです。

    湘南美容外科の公式ページはこちら

脱毛初心者必見!よくあるQ&Aまとめ

脱毛の基礎知識

毛周期(ヘアサイクル)って何?

全身に生えている毛の1本ずつに毛周期があり、1度のサイクルで「成長期→退行期→休止期」の3つの時期を終えると自然に抜け落ちます。脇やVラインの毛周期は4か月程、腕や脚は3~6か月程度で新しい毛に生え変わります。脱毛は1度の施術でムダ毛を全てなくすことができるわけではなく、最初は2~3か月に1度施術するのはこの毛周期が関係しています。回数を重ねてムダ毛の量が減ってくると半年に1回程度の施術になります。

脱毛するメリットは?みんな脱毛してるの?

特に人目につく部位にムダ毛があると肌が暗く見えるだけでなく、ムダ毛を頻繁に自己処理することを面倒だと感じている人や、何度も自己処理して肌荒れなどのトラブルに悩まされている人がいるかもしれません。脱毛をすれば長期間ムダ毛処理の心配から解放され、毛根からムダ毛がなくなるため毛穴が引き締まってお肌が綺麗に見えるというメリットがあります。日本ではまだまだ脱毛に抵抗がある人も多いようですが、海外では当たり前(エチケット)になっている所が多いです。

脱毛するデメリット(副作用やリスク)は無い?

脱毛サロンで主に行われている「光脱毛」や病院で主に行われている「レーザー脱毛」は黒色のメラニン色素に反応する仕組みなので日焼けをしていると後で火傷のような副作用が起こる可能性はあります。また肌の赤みやかゆみなどが出る可能性もあり、副作用のリスクが全くゼロとは言えませんが、例えば脱毛サロンの光脱毛であれば時間はかかりますがお肌に優しいので肌が弱い人にはおすすめです。脱毛後にトラブルがあった場合にはすぐに施術をした所に相談することが症状を悪化させないためには重要なことです。

脱毛するとフェロモンが減ってモテなくなるって本当?

「人間の脇から分泌されるフェロモンが異性を引き寄せる」なんて話を聞いたことがあるかもしれません。大昔の人は実際にフェロモンの匂いをかぎ分けて異性に引き寄せられていたと言われていますが、そもそも現代の人にフェロモンの匂いをかぎわける能力はないと言われています。むしろムダ毛がなくなって綺麗な肌になれば更にモテるかもしれません。

脱毛すると汗をかきやすくなるって本当?

実際にワキを脱毛した人の口コミを見ると「ワキ汗をかきやすくなった」という書き込みをいくつも見かけます。実際には汗をブロックする役割のあるワキのムダ毛がなくなったことで汗を感じやすくなったのであり、汗の量が増えたのではありません。制汗スプレーや汗をかいたらこまめに着替えるなどの対策が必要ですが、それでも汗が多いと感じる人は多汗症の可能性もあるため病院に相談することをおすすめします。

脱毛で黒ずみや色素沈着は解消される?

長年ムダ毛を自己処理してきたのが原因で色素沈着を起こしている人がいるかもしれません。症状が軽ければ脱毛をすることで一緒に治まってしまいます。しかし光脱毛やレーザー脱毛は日焼けやシミ、色素沈着で肌色が濃すぎると施術後に火傷のようなトラブルを起こす可能性があるため施術ができないことがあります。一方で一部の病院で行われている「ニードル脱毛」であれば色素沈着があっても施術が可能です。

脱毛で鳥肌のような毛穴のブツブツは治る?

ムダ毛の自己処理を重ねると「埋没毛」という肌トラブルが起こる可能性があります。毛抜きなどを使って強くムダ毛を引っ張ったことで途中で切れてしまい、断面が斜めに切れた毛が毛穴を傷つけ、カサブタになった毛穴から毛が皮膚の外に出られずに皮膚の中で丸まって生えてしまい、ゴマのようにブツブツになる状態です。一度埋没毛が起こると再発しやすいため脱毛がおすすめで、脱毛で毛根からムダ毛を処理してしまいえば埋没毛も解消すると言われています。

脱毛前の注意点

脱毛しに行くときの服装は何でもいいの?

どこの脱毛サロンでも備え付けのガウンなどに着替えて施術を行います。どのような服装でもかまいませんが、脱ぎ着のしやすい方がよいかもしれません。また光脱毛やレーザー脱毛はお肌を露出していると日焼けをしやすく、脱毛後に肌トラブルが起こる可能性もありますので、普段から長袖を着るなどして紫外線ケアを行いましょう。

脱毛しに行くとき制汗剤をつけていっても大丈夫?

脇に制汗剤を使う人は多いと思います。脇の脱毛をする前に消毒して清潔にはしますが、制汗剤に含まれている目には見えない成分が毛穴に入り込んでいると十分な効果を得られない可能性がありますので、前日くらいから使わない方がよいでしょう。そして施術の前日には入浴してお肌を清潔にしておきましょう。

またSPF値の高い日焼け止めも成分が毛穴に詰まる可能性があるため、スプレータイプなど毛穴に詰まりにくい物を使った方がよいでしょう。

脱毛前日にアルコールを摂取しても大丈夫?

施術の直前と前日にアルコールを摂取することを禁止している脱毛サロンがほとんどです。少量のお酒には全身の血行をよくする作用があり、施術後に赤みなどの肌トラブルが起こりやすいのが理由です。脱毛当日の帰宅後にも念のためにアルコールは控えることをおすすめします。

日焼け肌や色黒など肌が黒い人は脱毛できない?

レーザー脱毛や光脱毛は黒色のメラニン色素に反応するレーザーや光をお肌に照射します。日焼けやシミ、ホクロ、色素沈着などがひどい場合はレーザーや光が肌色に反応して火傷のような状態になる可能性があるので、日焼けは治まってから、シミやホクロはテープで隠したりレーザーで除去してから、もしくは施術自体ができない可能性もあります。このような人は主に病院で行われている「ニードル脱毛」であれば脱毛が可能です。

生理中は脱毛できない?

脱毛サロンによって様々で、どこの部位であっても生理中は施術ができない場合、もしくはVIOラインや脚の脱毛をする人は生理中は施術ができない場合もあります。また生理中や生理前後は体調や肌質が変化しやすいため、施術が可能な所でも体調不良を感じたら予定を変更してもらうことをおすすめします。

生理が順調にきている人は次の生理日を予測して予約を取りやすいですが、そうでない人は突然生理がきて当日キャンセルということになりかねません。当日キャンセルは1回消化してしまう所から無料の所までありますので、無料の脱毛サロンや病院を選ぶことをおすすめします。

妊娠中・授乳中は脱毛できない?

ほとんどの病院や脱毛サロンでは妊娠すると「一時休止扱い」になります。妊娠中は脱毛の痛みが女性にとってはかなりのストレスとなり体調不良を起こす可能性が高いこと、また妊娠中も授乳中もホルモンバランスが乱れているため、脱毛をしても十分な効果を得られないことが理由で、授乳を終えたらまた施術を再開できます。一部の脱毛サロンでは出産を終えると部位を限定して脱毛ができる所もありますので、希望する人はこのような脱毛サロンを選んでもよいでしょう。

脱毛しても妊娠したらまた生えてくる?

女性は妊娠すると体毛を濃くする役割のある「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が通常よりも増えるため体毛が濃くなったと感じる人が多いです。しかし妊娠中に増えた毛は産後1年程度で自然に抜け落ちると言われています。ほとんどの脱毛サロンでは妊娠すると休止扱いになります。これは妊娠中に脱毛をしても十分な効果が得られないことが理由の一つです。ホルモンバランスが崩れやすい授乳の時期も終えてからまた脱毛を再開することをおすすめします。

アトピーや肌荒れ、敏感肌でも脱毛できる?

アトピー肌、肌荒れ、敏感肌でも基本的に脱毛は可能ですが、症状がひどすぎる場合は病院で医師の診断を受けてから施術をするか、施術ができないこともあります。肌質が心配な人は病院の「レーザー脱毛」よりも肌に優しい脱毛サロンでの「光脱毛」がおすすめですが、光脱毛にも様々な種類があります。

ほとんどの脱毛サロンで行われている光脱毛は毛周期の「成長期」の太い毛に対して効果を表しますが、太い毛になるほど痛みを感じやすくダメージも大きいです。例えば光脱毛の一種の「ハイパースキン脱毛」は毛周期の「休止期」の毛穴に作用するため、痛みはほとんどなく肌へのダメージも少ないので肌の弱い人にもおすすめです。

通院中・服薬中だと脱毛できない?

心臓病やがん、糖尿病、てんかんなどの病気や服用している薬によっては脱毛ができないこともありますので、まずはカウンセリングで相談することが重要です。脱毛の効果を最大に得るためにはまずは病気を治してから施術をした方がよいでしょう。

日光アレルギー(日光過敏症)だと脱毛できない?

例えば真夏の紫外線の強い日に外出してすぐに肌が赤くなったり、かゆくなるなど、日光アレルギーの症状のひどい人は脱毛ができない可能性が高いです。しかし日常生活に支障のない程度の人であれば脱毛できる可能性がありますのでまずはカウンセリングで相談することが重要です。

脱毛サロンやクリニックに関するQ&A

脱毛プランでよく見るSパーツ、Lパーツって何?

エステサロンでは部分脱毛と全身脱毛、両方を行っている所があります。部分脱毛のプランには「脇6回コース」「VIOライン6回コース」などのコースの他に、一部のエステサロンでは比較的狭い部位(脇、うなじ、Vライン、Iライン、鼻下など)を「Sパーツ」、比較的広い部位(背中、ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下など)を「Lパーツ」とし、「Sパーツ6回○円」、「Lパーツ12回○円」などと料金を設定している所もあります。

脱毛サロンは勧誘がしつこいって本当?

ひと昔前は脱毛サロンでかなり勧誘が行われていて「エステ=勧誘がある」というイメージを持っている人もいるかもしれません。今は法律で執拗な勧誘は禁止されているため心配はありませんが「こんなキャンペーンをやってますが、いかがですか?」のようなちょっとした誘いが人によっては勧誘と感じるかもしれません。

もし勧誘だと感じても断ればそれ以降誘われることはありませんので、思い切って断りましょう。実際に脱毛サロンを利用した人の口コミは勧誘の有無についても参考になりますのでぜひ事前にチェックしておきたいです。

脱毛サロンやクリニックが安い時期は?

薄着になる季節の春や夏に脱毛をしたいと考える人が多いです。この季節に間に合わせるように秋や冬などキャンペーンを行って脱毛料金を安くしている所があり、春以降にムダ毛をなくすためには前年の秋や冬に脱毛を開始するのが最適です。

更に脱毛サロンを初めて利用する人限定で1,000円以下の料金で脇やVIOラインなど特定の部位を「脱毛し放題」というキャンペーンを行っている所がいくつかあります。慣れた人はこのようなキャンペーンを行っている脱毛サロンを「かけもち」してお得な料金で脱毛をしている人もいるようです。

未成年でも脱毛サロンやクリニックで脱毛できる?

未成年でも脱毛は可能で、施術を受けることができる脱毛サロンが増えてきています。保護者の同意が必要になります。水泳やバレーなどで水着やレオタードを着るという理由で小学生でも脱毛できる所が増えてきています。しかしながら小学生はまだ体も成長途中なので、万が一の時のことを考えてできれば肌に優しい脱毛サロンで脱毛することをおすすめします。

アラフォー以上(40代、50代)でも脱毛して恥ずかしくない?

アラフォー世代から脱毛を開始することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、この世代で脱毛をしている人は沢山います。最近ではカウンセリングをする場所から施術室まで全てプライベートになっているクリニックや脱毛サロンが増えてきて人に会う心配はありません。このような所を選んでもよいでしょう。

脱毛方法に関するQ&A

エステサロンの脱毛と医療脱毛は違う?

エステサロンでは主に「光脱毛」が、医療機関では「医療レーザー脱毛」や「ニードル脱毛」が行われています。光脱毛と医療レーザー脱毛に関しては仕組みはほぼ同じですが、効果の出方や費用、痛みの感じ方、施術後にトラブルが起こる可能性など様々な点で違いがあります。脱毛を考えている人はそれぞれの仕組みを理解し、自分にあった方法で脱毛を行いたいです。

エステサロンでは永久脱毛できないの?

日本では「医師法」という法律で「永久脱毛は医療行為」と規定しています。もしエステサロンで永久脱毛を行っている所があれば法律違反になるため、エステサロンでは「半永久脱毛」などと謳っている所があります。それでもエステサロンでの脱毛の効果は以前よりも高くなってきて、個人差はありますが最後の施術から5年後にまたムダ毛が生えてくる人から10年、20年たってもムダ毛が生えてこない人もいます。

永久脱毛できるのは医療機関だけ?

上の項でも説明した通り、永久脱毛は医療行為なので医療機関でしか行えません。美容外科や皮膚科、美容皮膚科などで施術を受けることができます。ただし永久脱毛といっても一生ムダ毛が生えてこないわけではなく、何十年後にまたムダ毛が生えてくる可能性はあります。ただし最後の脱毛からすぐにまた生えてきたら照射漏れの可能性がありますので相談した方がよいでしょう。

脱毛効果が早い脱毛方法は?

光脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みはほぼ同じですが、一般的には「レーザー脱毛の方がパワーが強い」と言われています。光脱毛器やレーザー脱毛器のパワーは「ジュール」という単位で表すことができますが、光脱毛器で使われる光は20ジュール程度、レーザー脱毛器で使われるレーザーは最大で60ジュール程度まで出すことができるため、単純に3倍程は効果が違うのです。ジュール数だけでは判断しきれませんが、同じ部位でもレーザー脱毛の方が半分以下の回数で終了すると言われています。

光脱毛とフラッシュ脱毛は同じ?

エステサロンによって「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」など様々な言い方をしていますが、両者は同じです。ただし光脱毛と言っても「ハイパースキン脱毛」や「S.S.C脱毛」など様々な方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。脱毛するエステサロンがどのような脱毛方法を行っているかを事前に調べておくとよいでしょう。(ホームページに脱毛方法が掲載されているはずです。)

脱毛方法を痛くない順に教えて!

基本的にはレーザー脱毛は痛みが強く、光脱毛は痛みは感じにくいです。しかしそれぞれにまた様々な脱毛方法があり、病院やエステサロンには様々な脱毛器が導入されています。

肌の弱い人や痛みを感じやすい人におすすめの順に「ハイパースキン脱毛(光脱毛の一種で、休止期の毛穴に対して光を照射するため痛みを感じにくい)」<「S.S.C脱毛(光脱毛の一種でムダ毛が生えてくるのを抑えたジェルを使う。光がジェルに反応するため痛みを感じにくい)」<「IPL脱毛(一般的な光脱毛)」<「ダイオードレーザー(病院のレーザー脱毛器の一種で、毛を作る組織に直接レーザーを当てることができるため痛みを感じにくい)」<「アレキサンドライト(一般的なレーザー脱毛)」です。

脱毛後の炎症や赤みはどのくらいで治る?

光脱毛やレーザー脱毛後に肌の赤みなどの炎症が出る可能性があります。それほど重篤になる心配はなく、長くても施術の翌日くらいには自然に治まると言われています。それでも治まらない場合は早めに施術をした場所に相談しなければなりません。病院であればすぐに処置をすることができ、脱毛サロンでも病院と提携した所が増えていますので、必要であれば紹介してもらえます。ちなみに脱毛をした後は肌が相当乾燥しています。自宅に帰ってからも保湿ケアをすることでトラブルを抑えることができるでしょう。

家庭用脱毛器では永久脱毛できないの?

家庭用脱毛器にはエステサロンと同じ光脱毛器と病院と同じレーザー脱毛器、そしてシェーバータイプもあり、性能の高いものもいくつか販売されています。「家庭用レーザー脱毛器なら永久脱毛ができる」と思われがちですが、上の項で説明したように永久脱毛は医療機関でしか行えないため家庭用脱毛器では永久脱毛はできず、使い続けている間はムダ毛を生えてこなくさせることができます。

脱毛クリームやブラジリアンワックスによる脱毛はまた生えてくる?

ムダ毛を自己処理するアイテムの一つに脱毛クリームやブラジリアンワックス(VIOライン向けのワックス)があります。これらは毛を溶かす成分がクリームに含まれていて、塗ってしばらくおくと毛が溶けていく仕組みです。肌の上に見えている毛だけを処理するため1週間程度たつとまた生えてきます。脱毛クリームは「除毛クリーム」と呼ばれるものと同じです。また毛が生えてくるのを抑える成分が含まれた「抑毛クリーム」もあり、自己処理後に使用します。

産毛や細い毛におすすめの脱毛方法は?

光脱毛やレーザー脱毛で使われる光やレーザーは黒色のメラニン色素に反応する仕組みです。産毛や細い毛はメラニン色素が足りず、反応しにくいためパワーの弱い光脱毛では処理しきれないことがあります。光のパワーを上げることで処理ができる可能性はあります。

産毛や細い毛を確実に処理したいのであれば、パワーの強い病院で行う医療レーザー脱毛がおすすめです。ただし導入されているレーザー脱毛器によって産毛には不向きなものもありますので、事前に確認することをおすすめします。もしくは病院のニードル脱毛であればどのような毛質でも処理が可能です。

白髪は脱毛できないの?

上の項でも説明したように黒色のメラニンに対して光やレーザーが反応します。白髪はメラニン色素が足りない状態なので光やレーザーが反応せず、脱毛することはできません。しかしメラニン色素には関係ない、主に病院で行われている「ニードル脱毛」であれば白髪でも処理できます。

脱毛がおすすめな人

海やプールで水着を着る予定の人

海やプールで水着になる季節には頻繁にムダ毛を自己処理して肌トラブルに悩まされている人がいるのではないでしょうか。脱毛をすれば長期的にムダ毛がなくなるだけでなく、肌トラブルからも解放され、毛穴も引き締まって肌色が明るく見えるので水着姿も一段と綺麗に見せることができるでしょう。脱毛は1回で終了するわけではありません。水着の季節に合わせるために春や前年の冬などから開始できるように、脱毛サロンのカウンセリングで相談することをおすすめします。

結婚や同棲を控えてる人

新しい生活を始めると何かと忙しく、ムダ毛処理をついつい忘れてしまうこともあります。彼や旦那さんに今まで見せなかったムダ毛まで見せてしまうことにならないためにも、全身脱毛がおすすめです。「費用が高い」というイメージから今までは脱毛のためにエステへいくことに抵抗があった人でも実際に同棲する前に脱毛を決意する人も多いようです。脱毛料金はかなり安くなってきていますので、気になる脱毛サロンがあればホームページをチェックしてみてください。

結婚式でウエディングドレスを着る人

結婚式でウエディングドレスを着る人は顔の産毛やうなじ、背中、腕などにムダ毛があると照明や写真うつりが悪く見えてしまいます。最近ではブライダルエステの中に「シェービング」を行っているサロンが増えていておすすめですが、シェービングは結婚式の直前に1回だけ行うのでまたムダ毛が生えてきます。結婚式まで期間に余裕のある人、お金にも余裕のある人は普通のエステの脱毛もおすすめです。

イベコンやコスプレなどお肌を露出する人

イベントコンパニオンのお仕事やコミケでコスプレするなど肌を露出する衣装を着る予定のある人はムダ毛があると可愛い衣装を着ても台無しです。イベントなどで頻繁に衣装を着る人は脱毛をしてムダ毛をなくすことができれば肌色も明るく見せることができておすすめです。イベントに間に合うようにムダ毛をなくすのであれば、カウンセリングで「いつまでに間に合わせたい」と相談し、脱毛を開始する時期をアドバイスしてもらいましょう。

旅行好きな人

「友達と」「彼氏と」などいざ旅行をするとなると着替えや温泉などで肌を露出する機会も増えるはずです。特に海外旅行へ行く人は旅行期間が長期になるとムダ毛を自己処理するアイテムを一緒に持っていくとなれば荷物が増えてしまいます。また海外へいけばVIOラインのムダ毛は当然のエチケットになっていて、水着を着てムダ毛がはみ出して見えると恥ずかしい思いをします。このような事態にならないためにも脱毛がおすすめです。

ルームシェアや寮生活する予定の人

気を使う必要がない同じ女性同士で共同生活をする場合でも、入浴時などに目の前でムダ毛の処理をされるとやはりゲンナリしてしまう人もいるかもしれません。共同生活する前に脱毛をしてムダ毛をなくしておけば、自己処理する手間も省くことができます。最近では脱毛サロンなら毎月1万円程のお小遣い程度の費用で全身脱毛ができる所もあり、特に学生さんに人気があります。