脱毛サロンのVIO脱毛コースを料金と脱毛範囲で比較!おすすめのサロンは?

VIO脱毛をするならどこのサロンがいいのか、なるべく安くVIO脱毛ができるサロンはどこなのか気になりますよね。

この記事では、VIO脱毛が安いおすすめサロンをランキング形式で紹介しています。施術範囲や、Vラインのおすすめの形サロンを選ぶときのポイント料金相場も解説しています。

各サロンのVIO脱毛の範囲や料金についても詳しく紹介しているので参考にしてください。

【2019年3月最新版】VIO脱毛が安いおすすめサロン

VIO脱毛が安い!脱毛サロンおすすめランキング

  1. ミュゼ

    ミュゼ

    ミュゼの公式サイト

    脱毛範囲が一番広く値段も一番安い
    VIO脱毛にもっともおすすめのサロンです。VIO脱毛が一番安く、脱毛範囲が広いので毛深い人にも安心です。公式アプリ「ミュゼパスポート」をダウンロードすることで、4回以上の全コースが50%オフになり、大変お得です。VIO以外の部分脱毛も公式アプリをダウンロードすることで業界最安値になる部位が多いです。脇とVラインは100円で脱毛できます。

    えりあし・背中・Oラインは無料でシェービングしてもらえます。キャンセル料が一切無料なので、急な生理のときも安心してお休みできます。Web予約システムがあり、予約も簡単です。

    ミュゼのVIO脱毛コース
    料金プラン 6回:54,000円
    脱毛方法 S.S.C.脱毛 (光脱毛)
    アフターケア プラセンタエキス配合ミルクローション
    キャンペーン 両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース:100円

    ミュゼのVIO脱毛

  2. ジェイエステ

    ジェイエステ

    ジェイエステの公式サイト

    痛みが少ない冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛
    VIO脱毛が安く、ミュゼがキャンペーンを展開していないときは部分脱毛が最安値のサロンです。ジェイエステの脱毛方法は冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛と言って、ジェルを使わずに脱毛できて痛みも少ないです。施術後はヒアルロン酸トリートメントで保湿します。シェービング料無料なので、Oラインのシェービングも安心です。キャンペーンが充実していて、いろいろな部位のお試しキャンペーンが展開されています。予約が取りやすいので、毛周期に合わせてしっかり通えます。

    ジェイエステのVIO脱毛コース
    料金プラン 4回:30,000円
    脱毛方法 冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛 (光脱毛)
    アフターケア ヒアルロン酸トリートメント
    キャンペーン デリケート5プラン(トライアングル上・下・Vライン・Iライン・Tバックゾーン)(2回):2,000円

    ジェイエステのVIO脱毛

  3. TBC

    TBC

    TBCの公式サイト

    脱毛料金が安くVIOセットプランが安い
    大手脱毛サロンの中ではミュゼやジェイエステに続いてVIOセットプランの料金が安いです。光脱毛だけでなく、美容電気脱毛(ニードル脱毛)も採用しているので、光脱毛で数本残ってしまった毛も確実に脱毛できます。TBCは元々はフェイシャルなどを行うエステサロンだったため、施術後の肌ケアも充実しています。脱毛の施術後はコラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸配合のトリプル美肌ケアでしっかり保湿します。

    TBCのVIO脱毛コース
    料金プラン 6回:56,100円
    脱毛方法 TBCライト脱毛 (光脱毛)
    TBCスーパー脱毛 (美容電気脱毛)
    アフターケア トリプル美肌ケア
    キャンペーン VIO・5脱毛2回プラン:6,000円

    TBCのVIO脱毛

  4. エピレ

    エピレ

    エピレの公式サイト

    キャンペーンが充実していて脱毛料金が安い
    TBCの光脱毛と同じ脱毛が受けられます。脱毛しか取り扱っていないので、美顔など他のコースをすすめられることがなく通いやすいです。TBC同様に大手脱毛サロンで3番目くらいに料金が安く、VIO脱毛も安いです。お得なキャンペーンが充実していて、脇やVラインだけでなくVIOや顔、全身などから選べるので気になる部位のお試しがしやすいです。予約も取りやすく、毛周期に合わせてしっかり通えるので安心です。

    エピレのVIO脱毛コース
    料金プラン 6回:56,100円
    脱毛方法 TBCライト脱毛 (光脱毛)
    アフターケア トリプル美肌ケア
    キャンペーン VIO・5脱毛2回プラン:6,000円

    エピレのVIO脱毛

  5. 銀座カラー

    銀座カラー

    銀座カラーの公式サイト

    VIOの脱毛し放題が負担の少ない月額払いで通える
    VIOは回数が多く掛かりやすい部位ですが、銀座カラーならVIOの脱毛し放題コースがあります。最初にコース料金を支払えば、あとは無制限で好きなだけ脱毛できます。毎月の負担が少ない月額定額払いも可能なので、まとまった金額を用意するのが難しい人も脱毛できます。VIO以外にも、全身脱毛や手足の通い放題コースもあります。

    銀座カラーのVIO脱毛コース
    料金プラン 脱毛し放題:月額7,100円、合計225,600円
    脱毛方法 IPL脱毛 (光脱毛)
    アフターケア 美肌潤美ローション

    銀座カラーのVIO脱毛

VIO脱毛ってそもそも何?どの範囲の脱毛をしてくれるの?

VIO脱毛はアンダーヘアの脱毛

VIO脱毛はデリケートゾーンと言われるアンダーヘアを脱毛することで、ハイジニーナ脱毛といわれることもあります。ショーツを履いて隠れる部分が脱毛範囲に設定されていることが多く、見えない部位だからと脱毛を後回しにする人もいますが、毛が濃いために蒸れやすく生理のときには不衛生になりやすい部位です。

昔は脱毛をする人が少ない部位でしたが、今は若い人を中心に脱毛する人が多いです。介護脱毛という言葉があるように、将来介護されることを考えて40代~50代の女性で脱毛する人もいます。

VIOラインの脱毛範囲

Vライン

Vラインはショーツを履いたときの前面のビキニラインのことで、太ももの付け根部分も含まれています。サロンによっては、ビキニラインはトライアングル、太ももの付け根はVラインと、部位が分けられていることも多いです。トライアングルは上下に分けられていることもあります。

他の部位に比べてデザイン性が高く、毛を全部剃るハイジニーナ(パイパン)や自然な形に残すナチュラル、ショーツからはみ出るVラインだけ剃るなど、自分の脱毛したい形に合わせやすいです。

Iライン

Iラインは陰部(女性器)の両側で、ショーツに隠れる部位です。この部位に毛がある事で生理時に蒸れやすくなり、生理中のにおいやかゆみの原因になります。おりものなどで雑菌が繁殖することも珍しくなく、不衛生になりやすい部位です。

Iラインの内側の粘膜部分は脱毛するリスクが高く、施術しているサロンはほとんどありません。粘膜部分に毛が生えることは滅多にありませんが、粘膜まで脱毛したい人はギリギリまで脱毛してくれるサロンを選びましょう。

Oライン

Oラインは肛門周りのことで、ヒップ奥と呼ばれることもあります。自分の目では見ることができない部位なので自己処理が難しく、処理方法によっては肌に傷がついてしまうこともあり、脱毛してしまいたいと思う女性も多いです。

この部位を脱毛すると、面積が小さい下着を着るときにもはみ出てしまうことが無いので、安心してオシャレな下着を着ることができます。

VIO脱毛をしたい人はVラインを少し残したデザインがおすすめ


出典:マリアクリニック

VIO脱毛ではすべての毛を処理すればハイジニーナやパイパンと言われる無毛スタイルになれます。海外では一般的ですが日本では浸透していないので、少し毛を残して自然にデザインすることが人気です。

人気の形はこちらです。

逆三角形(トライアングル): Vラインの毛がショーツよりはみ出ないよう自然に整えた形。
逆卵型(オーバル):輪郭に卵のような丸みをつけた形。
Iライン型(長方形):縦に細長い形。

初めの数回はトライアングルとVライン全体を照射して、後は選んだ形になるように調整していきます。また、Iラインはすべて脱毛すると正面から割れ目まで見えてしまう可能性があるので、前の方を少し残すのがおすすめです。

失敗しない!VIO脱毛サロンを選ぶポイント

料金の安さ

VIO脱毛は肌がデリケートで施術が難しい部位なので、サロンによって料金が全く異なります。部位ごとの範囲が小さく分けられているサロンも多いため、VIO全体の脱毛がしたい人はセットプランがあるサロンを選びましょう。

VIOは全身の中でも特に自己処理が難しい部位でもあるため、シェービングサービスを利用したほうが安全です。サロンによってシェービングに料金がかかるところと無料のところがあります。シェービング料は1回で2,000円程度かかることもあるので、無料で行ってくれるサロンの方が脱毛総額が安いです。

VIOの通い放題コースがあるサロンは?

VIOは毛が濃く毛量も多いため、脱毛完了までに時間がかかることが多いです。そのため、回数が決められているセットプランでは回数が足りなくて施術回数を追加する人も多いです。回数を後から追加していくと、最初から回数が多いプランで契約するよりも料金が高くなってしまう可能性があります。

そういったときに便利なのが通い放題プランです。通い放題プランでは回数に悩むことなく、無期限で何回でも通うことができます

VIO全体を脱毛したい人は、銀座カラーの月額7,100円のVIOセットコースでVIOをまとめてツルツルにできます。Vラインだけを脱毛したい人は、ミュゼの両ワキ+Vラインコースを利用すると、100円で脱毛し放題になります。

関連記事

痛みの少なさ

VIO脱毛は太くて色の濃いムダ毛が集まった場所です。脱毛サロンで主に行われている「光脱毛」はこのような毛に反応しやすく、効果は出やすいですが痛みも強いです。光脱毛と言っても、その中にいくつか種類があり、多くのサロンはIPL方式と呼ばれる種類を採用しています。

しかし、一部のサロンで使用されている、S.S.C.脱毛やハイパースキン脱毛、SHR脱毛という脱毛方式の方が施術の痛みが少ないです。

SHR脱毛やハイパースキン脱毛は、毛根に光を当てる通常の光脱毛と違って、バルジと呼ばれる毛の種に光を照射する方法です。S.S.C.脱毛は、制毛効果のある成分が含まれたジェルを塗ってから光を照射することで毛穴に浸透させる方法です。

VIO脱毛の痛みが少ないサロンは?

SHR脱毛やハイパースキン脱毛、S.S.C.脱毛の脱毛効果はIPL脱毛とほとんど変わりません。デリケートで痛みを感じやすいVIOの脱毛をするなら、ハイパースキン脱毛かS.S.C.脱毛を採用しているサロンを選んだ方が脱毛を楽に進めることができます。

SHR脱毛はストラッシュとラココ、ハイパースキン脱毛はディオーネ、S.S.C.脱毛はミュゼと脱毛ラボで採用されています。痛みの少ない脱毛がしたい人は、各脱毛サロンの脱毛方法についても調べておくと無駄がありません。

関連記事

VIOセットコースの脱毛範囲はサロンによって違う

VIO脱毛はいくつかの部位に分けられていますが、それぞれのサロンごとに基準が違うため、どのサロンが1番脱毛範囲が広いのか分かりにくいです。「ショーツからはみ出てしまう部分を脱毛したかったのに範囲外だった」という場合もあります。自分が脱毛したい範囲が含まれているか、サロンの脱毛範囲を見比べてみましょう。

ミュゼのVIOセットの脱毛範囲

サロン VIOの脱毛範囲
ミュゼ へそ下からVIO全体
ジェイエステ ビキニショーツで隠れる部分
TBC ビキニショーツで隠れる部分+太ももの付け根、ショーツ上部からはみ出る部分
エピレ ビキニショーツで隠れる部分+太ももの付け根、ショーツ上部からはみ出る部分
銀座カラー ビキニショーツで隠れる部分
ディオーネ へそ下からVIO全体
レイビス へそ下からVIO全体
プリート ボクサーショーツで隠れる部分

VIOの脱毛範囲が広いサロンは?

ムダ毛の範囲が狭い人ならジェイエステのようにビキニショーツで隠れる範囲が脱毛できれば問題ありませんが、脱毛範囲が狭いと水着などを着たときにまだ不安が残ります

Vラインサイドやへそ下まで広範囲に脱毛したい人はミュゼやディオーネ、プリートのように広範囲を脱毛できるサロンを選んだ方が安心です。脱毛範囲が広いサロンを選んでおくと、デザイン性の高い水着や下着を着ても不安がありません。海やプールなどのイベントでも、毛に悩まされることなく楽しみたいという人は、広範囲のサロンを選んでおくことをおすすめします。

全身脱毛サロンはVIOだけの脱毛には向かない

今回はVIO脱毛のみのプランがあるサロンを紹介していますが、他にも有名なサロンはたくさんあります。例えば、キレイモや恋肌(こいはだ)、ラココやコロリーのように、全身脱毛をメインに行っているサロンでは、全身を安い料金で脱毛することができます。

しかし、全身脱毛サロンは部分脱毛を行っていない場合が多く、VIOだけを脱毛したいという人には向いていません。

全身脱毛サロンの部分脱毛には回数制とは違うプランも

全身脱毛がメインのストラッシュでは、部分脱毛は他のサロンでのやり残しの仕上げをしたい人向けとして用意されています。回数制とは少し違ったプランになっていて、脱毛が残り少ない人におすすめです。

ストラッシュのVIOは「Vライン」、「Iライン」、「Oライン」の3つの部位に分かれていて、全てSパーツに分類されています。Sパーツは12回で32,010円ですが、1つの部位で12回ではなく、12回という上限を守っていればSパーツの中で好きな部位を好きな回数脱毛することができる方式です。

サロンのVIO脱毛の料金相場と料金表

VIO脱毛の料金相場

VIOの脱毛といっても、Vライン、Iライン、Oラインがあり、それぞれで料金も変わります。ここでは、部位ごとの脱毛料金の相場と、VIO脱毛のセットコースの料金相場を紹介します。

セットコースを利用すれば、それぞれバラバラに契約するよりも安い料金で脱毛できるので、VIO全体の脱毛を考えている人はセットコースで契約することをおすすめします。

1回あたり 6回
VIO脱毛セットコース 11,707円 70,242円
トライアングル・Vライン 6,364円 38,184円
Iライン 3,900円 23,400円
Oライン 3,971円 23,826円

VIO脱毛セットコースの料金比較

ここでは、VIOの脱毛をまとめてやりたい人向けにセットプランの脱毛料金を比較します。ここでは、範囲の違いが分かりやすいように、部位の表記を統一しています。トライアングルもVラインの範囲としているので、Vライン、Iライン、Oラインが含まれている場合はデリケートゾーンを全て脱毛できるプランです。

サロン 脱毛範囲 料金 回数 1回あたり
ミュゼ へそ下、Vライン、Iライン、Oライン 54,000円 6回 9,000円
ジェイエステ Vライン、Iライン、Tバックゾーン 30,000円 4回 7,500円
TBC Vライン、Iライン、Oライン 56,100円 6回 9,350円
エピレ Vライン、Iライン、Oライン 56,100円 6回 9,350円
銀座カラー Vライン、Iライン、Oライン 225,600円 無制限
ディオーネ へそ下、Vライン、Iライン、Oライン 72,000円 6回 12,000円
レイビス へそ下、Vライン、Iライン、Oライン 132,000円 8回 16,500円
プリート 広域Vライン(ボクサーパンツの範囲)、広域Iライン(太ももの付け根まで)、Oライン 109,500円 6回 18,250円

トライアングル・Vラインの脱毛料金比較

トライアングル・Vラインのみの脱毛料金です。サロンによっては、「Vライン」の表記だけでトライアングルも含むプランを紹介していることもあるので、ここでは全てVラインとトライアングルを含めたプランの料金を比較しています。

サロン 料金 回数 1回あたり
ミュゼ 36,000円 8回 4,500円
TBC 53,400円 6回 8,900円
エピレ 53,400円 6回 8,900円
銀座カラー 42,000円 8回 5,250円
ディオーネ 33,000円 6回 5,500円
レイビス 60,000円 8回 7,500円
プリート 24,000円 6回 4,000円

Iラインの脱毛料金比較

Iラインはどこのサロンでも脱毛範囲に大きな違いはありません。範囲がほとんど変わらないということは、料金の安いサロンほどお得ということになるので、Iラインの脱毛を考えている人は料金相場よりも安いサロンを検討してみてください。

サロン 料金 回数 1回あたり
ミュゼ 18,000円 8回 2,250円
TBC 26,400円 6回 4,400円
エピレ 26,400円 6回 4,400円
銀座カラー 42,000円 8回 5,250円
ディオーネ 27,000円 6回 4,500円
レイビス 20,000円 8回 2,500円
プリート 24,000円 6回 4,000円

Oラインの脱毛料金比較

Oラインはヒップ奥と表記されていることもありますが、意味は同じです。サロンごとで範囲に差は出ませんが、自己処理が難しい部位なので、シェービングサービスがあるサロンの方が安心です。ミュゼやレイビスは脱毛料金も安いですが、Oラインの処理も無料なので利用しやすいです。

サロン 料金 回数 1回あたり
ミュゼ 18,000円 8回 2,250円
TBC 26,400円 6回 4,400円
エピレ 26,400円 6回 4,400円
銀座カラー 42,000円 8回 5,250円
ディオーネ 30,000円 6回 5,000円
レイビス 20,000円 8回 2,500円
プリート 24,000円 6回 4,000円

VIO脱毛はミュゼが1番おすすめ

ミュゼのVIO脱毛は痛くない

ミュゼの脱毛はクリニックの医療脱毛や他サロンの光脱毛よりも痛みを感じにくいと言われています。その理由はミュゼの脱毛方法にあり、ミュゼではS.S.C脱毛という脱毛方法を採用しています。

S.S.C脱毛とは、ジェルの上からライトを当てて脱毛する美容脱毛です。抑毛効果のあるジェルとライトの相乗効果により脱毛します。また、ジェルの成分には美容成分も含まれており、その成分によって肌を守ることができます。ジェルを塗ることで光が直接肌に当たることがないので痛みを感じにくく、肌への負担も少ないです。

そのため、痛みを感じ出力を多少弱めてもジェルの成分によって効率的に脱毛できる特徴があるので、肌に優しい脱毛方法の1つとして知られています。

ミュゼで脱毛できるVIOの施術範囲

出典:ミュゼプラチナム

ミュゼのVIOライン脱毛の施術範囲は選択するプランによって少し違いがあります。デリケートゾーン全般を脱毛できる代表的プラン「ハイジニーナ7美容脱毛コース」ではVIOを7パーツに分けています。

Vゾーンの範囲トライアングル上トライアングル下Vライン上Vラインの4パーツに分け、Iラインヒップ奥(Oライン)へそ下を合わせた7パーツです。

ミュゼで言うVラインの範囲は、股関節の付け根部分に当たる範囲に限定されていて、特典でついてくる完了コースの範囲もこの部分に当たります。VラインはVゾーン全体をさしているわけではないので注意してください。

VIO脱毛するときの事前処理の範囲

ミュゼでは事前処理用に「Vラインテンプレート」と説明書を渡されます。予約日前には説明書に従い、脱毛部位のムダ毛を処理すれば良いので自己処理がやりやすいです。

ミュゼのVライン脱毛で照射してもらえる範囲は「Vラインテンプレート」からはみ出る部分なので、そのことを踏まえて仕上がりの形を決めて処理してください。

VIOの自己処理にはカミソリや毛抜きではなく、電動シェーバーで行ってください。電動シェーバーは肌表面の角質を削りにくいので肌への負担が少なく、中でもI字型電動シェーバーが使いやすいです。

自分でお手入れするのが難しいOラインはスタッフが剃り残しをシェービングしてくれます。V/Iラインの剃り残しは避けて照射となるので注意してください。

ミュゼのVIO脱毛にかかる時間と体勢

VIO脱毛にかかる時間には毛量や毛質、希望するデザインによって施術時間に誤差が生じてきますが、ミュゼでは脱毛施術に平均50分ほど時間を要します。

50分と知ると、そんな長い時間デリケートゾーンやアンダーヘアを見られるのは恥ずかしいと思う人もいるでしょう。ミュゼでは羞恥心に配慮し、施術用に使い捨てのショーツを用意してくれています。施術中も紙パンツは穿いたまま少しずつずらしながら施術するので想像するより恥ずかしさがないです。施術時の体勢はVIOラインでそれぞれ違います。

Vラインの施術体勢

Vライン脱毛では目隠しのゴーグルを着用して施術を行います。

体勢は、ベッドに仰向けの状態で施術します。始めのうちはまっすぐベッドに横たわる状態で施術を受けます。照射する部分によっては肌を引っ張ったり、紙ショーツを少しずつずらしたりしながら施術していきます。横になったままの状態ですべて照射できない場合は、脚を外側に広げたり、くの字に曲げたりして施術を受けるケースもあります。

Iラインの施術体勢

IラインもVライン同様、施術時にゴーグルを着用して、ベッドに仰向けの状態で施術します。Iラインでは照射する方の膝を立て、立てた膝を横に倒して施術を行います。脚を全開にする必要はないので安心です。

Oラインの施術体勢

Oラインの施術体勢はうつ伏せで行います。その時少し足を開き、お尻の力を抜くようにするときちんとヒップ奥まで照射することができます。サロンによっては四つん這いになって行うところや全裸で行うところもあるので、ミュゼのOライン脱毛は良心的だと言えます。

ミュゼのVIO脱毛の回数の目安

ミュゼのVIO脱毛で脱毛効果を実感し始めるのは3回目以降からの場合が多いです。そのため、自己処理が楽になるくらい効果を実感するのに必要な施術回数の目安は4~6回ムダ毛の心配がいらないくらいになるには8~12回ほど回数が必要とされています。

必要な施術回数は希望するデザインや毛量、毛質、肌質によっても異なってきます。そのため大まかな感覚で言えば、脱毛開始から約1年で効果を感じはじめ、産毛程度にするならば12回程度(約2年)、ハイジニーナにしたいなら18回~20回程度(約3年)かかるのを目安にして回数を選択すると良いです。

VIO脱毛できるプランは全部で3つ

ミュゼにはVIOをお手入れできるプランが3あります。ハイジニーナ7コース、フリーセレクト美容脱毛コース、Vライン美容脱毛完了コースです。

ハイジニーナ7コース、フリーセレクト美容脱毛完了コースを契約して12,000円以上のお支払いがあった場合は「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が特典につくので、Vラインだけでなくワキも同時に満足いくまで何度でも脱毛できてお得です。

VIO全体を脱毛したいならハイジニーナ7コース

ハイジニーナ7コースはデリケートゾーンを網羅したセットコースになっており、VIO全体のお手入れが可能です。このコースでは毛を全部なくすこともできますし、形を整えることや、毛量の調節だけでも可能です。自分の希望に合ったVIOにすることができるコースです。

ハイジニーナ7コースは営業時間いつでもお手入れ可能なレギュラープランと日中のみ施術できるデイプランの2コースに分かれていて、選択するコースによって脱毛料金に違いがあります。VIOの自己処理が楽になる程度であれば6回ほどで効果を実感でます。

また、契約時に登録できるミュゼの公式アプリをダウンロードすることで価格が半額になってお得です。

水着や下着からはみ出す毛を処理したいならVライン美容脱毛完了コース

水着や下着をきれいに着こなしたいのに、Vラインのムダ毛が気になるからどうにかしたい人には「Vライン美容脱毛完了コース」での脱毛がおすすめです。このコースは「脱毛完了コース」のため、1度料金を払えば何回でもいつまででも自分の満足いくまで脱毛できるという特徴があります。
しかし、Vライン(股関節の付け根部分)のみの脱毛になるのでVゾーン全体をきれいに処理したい、整えたい人には向いていません。

なお、ミュゼでの脱毛が初めての場合は、初めての人向けキャンペーンの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」を契約した方が100円でワキも含め何度でも脱毛できるのでこちらの方がお得です。

VIOの特定の箇所だけを脱毛したい人はフリーセレクトコース

Vラインは気にならないからIラインだけを脱毛したい人など、特定の箇所だけ脱毛したい人にはフリーセレクト美容脱毛コースがおすすめです。

フリーセレクト美容脱毛コースなら、自分で気になる箇所と回数を自由に選ぶことができ、オリジナルのプランでお手入れ可能です。脱毛箇所も回数内であればいつでも変更することが可能です。

ハイジニーナ7コース同様、レギュラープランとデイプランがあります。トライアングル上下、IOラインはSパーツなので2回(Lパーツ1回分)から契約可能になります。単価×希望回数が必要な金額になります。ミュゼの公式アプリを活用すれば半額で利用できます。

ハイジニーナ7コースかフリーセレクトコースか迷った時は

ハイジニーナ7コースかフリーセレクトコースかどちらを選べばいいか悩んでいる人もいるでしょう。以下の表は双方のデイプランの料金をアプリダウンロード価格(半額)にしたものです。

ハイジニーナ7コース フリーセレクトコース1か所 フリーセレクトコース3か所
1回あたりの料金 15,000円 7,500円 22,500円
4回 30,000円 15,000円 45,000円
6回 45,000円 22,500円 67,500円
8回 60,000円 30,000円 90,000円

フリーセレクトコースは1か所ごとに料金がかかってきます。そのため、デリケートゾーンで気になる箇所が2ヶ所ある場合の料金はハイジニーナ7コースと同額になり、フリーセレクトコースで3か所選択してしまうと、ハイジニーナ7コースの方が安くなります。

よって、どうしてもデリケートゾーン全体はお手入れしたくない人で、気になる箇所が2ヶ所までなら「フリーセレクトコース」を、3か所以上ある場合は初めから「ハイジニーナ7コース」を選択した方が良いです。

関連記事

ジェイエステティックのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

VIO脱毛の範囲はビキニショーツで隠れる範囲


出典:ジェイエステティック

VIO脱毛はいくつかの部位に分けられているのが一般的です。ジェイエステティックでは、ビキニショーツで隠れる部分が脱毛の範囲で、5つのパーツに分けられています

・トライアングル上、トライアングル下
 Vラインの中心の逆三角形の部分。ジェイエステティックでは上下2パーツを区別

・Vライン
 ショーツを履いたときのビキニラインの部分。左右で1部位。

・Iライン
 陰部(女性器)の両側。内側の粘膜部分は含まない。

・Tバックゾーン
尾てい骨から太ももの内側の半身部分まで。粘膜部分、肛門付近は含まない。

VIO脱毛におすすめのコースと料金

ジェイエステティックではVIOライン脱毛を「デリケートゾーン」と呼び、5箇所をまとめて脱毛できる専用プラン「デリケート5プラン」があります。

ジェイエステティックが初めての方は、5箇所全部を2回5,000円で脱毛できる初回限定プランがとてもお得で、ほかの脱毛サロンと比べても最安値です。

通常プランは4回32,400円~12回87,480円で、両ワキ脱毛12回コースのプレゼント付き。6回、8回のプランもありますが、自己処理が不要なくらいまで脱毛するなら12回コースがおすすめです。さらに「デリケート5プラン」の12回コースなら、5年間Vライン脱毛通い放題のサービスが付くのもポイントです。

VIO脱毛は部位によって体勢が違う

ジェイエステティックでは施術の前に、ガウンと紙ショーツに着替えます。ベッドに上がってからは、施術する箇所にヒアルロン酸配合のオリジナル保湿剤を塗って肌を保湿します。
照射の時の体勢は部位で少し変わります。

・Vライン:仰向けの状態で少し足を開いて照射。
・Iライン:仰向けで片膝を曲げて足を横に倒して照射。
・Oライン:うつ伏せの体勢で照射。

照射する部分だけショーツをずらしながら施術します。ショーツを完全に脱ぐことはありません。

ジェイエステティックのVIO脱毛は痛くない

「VIO脱毛は痛い!」というのが一般的なイメージですが、ジェイエステティックのVIO脱毛は痛くなかったという口コミがあります。

ジェイエステの口コミ

・デリケートゾーンの脱毛に行ってきた!行くまではドキドキしたけど、恥ずかしさも痛みも全くなかった〜♡Iラインも全く痛くなかった!
引用元:https://twitter.com/takakiami/status/742633759195811840

・心配してたVIO脱毛は、ほとんど痛くなくてビックリしました!
一回目は少しピリッとしたような、しなかったような・・?その程度でした。
引用元:https://www.bijo-datsumo.jp/reviews/?salon_id=4

ジェイエステティックでは自社開発した脱毛マシンを使い、光を照射するヘッドを冷却して熱を抑えます。そのため、痛みを感じる前に照射が終わります
痛みに弱い人も、ジェイエステティックなら安心して通えそうですね。

脱毛前の自己処理をしないと脱毛拒否されることも

ジェイエステティックではデリケートゾーンは前日までにシェービングするルールになっています。VIOは剃り残しがあると脱毛してもらえません当日に施術ができないと後日に振り替えされることもあるので、自己処理は念入りにしてください。

「スタッフに処理してもらえないの?」と思う人もいるかもしれませんが、ジェイエステティックにはシェービングサービスがなく、その場で有料シェービングをお願いすることもできません

関連記事

エステティックTBCのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

光脱毛ならセットプランがお得

出典:エステティックTBC

TBCのVIO脱毛は部位が細かく分かれており、Vラインの逆三角形の部分・Vライン上部・Vラインサイド・Iライン・Oラインに分割されています。特にムダ毛が気になる人向けに、ショーツ上部~太ももの股の位置までが施術範囲の「VラインL」も設定されています。

VIO全体を脱毛したいのであれば、部位ごとに契約するよりも、VIOライン全体を脱毛できるセットプランの方がお得です。セットプランなら、「VラインL 」を除き、Vライン・Iライン・Oラインをすべて脱毛できて、部位ごとに契約するよりも安いです。

ただし、TBCでは安全上の理由から、Iラインの粘膜部分は照射できません。ですが、粘膜との境目ギリギリまでは照射できます。

施術するときの体勢は?

Vラインは仰向けのまま、Oラインはうつ伏せか横向き、Iラインは足を片方ずつ開いて施術します。なるべく恥ずかしさを感じずに済むように配慮しながら、手早く照射を進めてくれて、VIO脱毛が不安な人でも安心です。

光脱毛は効果を実感するまでに時間がかかる

光脱毛である「TBCライト脱毛」の場合は少しずつ毛が細くなるので、効果を実感できるまでに回数がかかります。しかし、痛みが少なくて値段が安いメリットがあるので、もっとも多くの人に選ばれています。

あらゆる脱毛方法の中で、肌への負担も一番少ないです。

また、効果が出るまでに回数がかかるデメリットは、VIO脱毛に限っては毛量・毛質を微調整できるメリットにも繋がります。

アンダーヘアを完全になくすのではなく、薄くしたいだけの人や、痛みが苦手な人、安さを重視したい人におすすめの脱毛方法です。

VIOの光脱毛に必要な回数

Vラインは毛が太く、肌も黒ずみがなくて綺麗なことが多いので、脱毛の効果が出やすいです。4回程度で毛量の変化を実感できたという人もいます。

ですが、Vラインの太い毛が完全に自己処理不要になるまでには、それなりに回数がかかります

どの程度まで脱毛したいかにもよりますが、少なくとも12回はかかるものと思っておいた方がよいです。ツルツルのハイジニーナを目指すなら最低18回です。

I/Oラインは毛質が細く、光が反応しにくいので脱毛の効果が出にくいので、Vラインより多めに回数が必要です。薄くできればよいVラインと違い、ほとんどの人は完全にツルツルを目指すこともあって、18回くらいかかる傾向があります。

口コミで評判のTBCスーパー脱毛は効果が高い

TBCには光脱毛とは別に、「TBCスーパー脱毛」という施術方法も選べます。「TBCスーパー脱毛」とは、一般に美容電気脱毛と呼ばれている脱毛方法です。

永久脱毛なので、光脱毛と比べて桁違いに効果が高いですが、非常に痛みが強く、値段も高いです。また、1回の施術で毛が生えなくなるため、光脱毛のように毛を薄くしたり、毛質を柔らかくしたりといった細かい調整はできません

したがって、アンダーヘアを薄くしたい人ではなく、完全にツルツルにしたい人向けの脱毛方法といえます。

光脱毛からのスーパー脱毛がおすすめ

TBCでVIO脱毛するなら、光脱毛である程度脱毛してから、TBCスーパー脱毛に移行するのがおすすめです。

安くて痛みが少ない光脱毛で、ある程度理想の形や毛質まで近づけてから、TBCスーパー脱毛で残りの毛を脱毛すると、効率よく、かつ綺麗に仕上がります。

光脱毛は一度に多くの毛を処理できて便利ですが、施術を重ねるうちに、抜けにくい毛がチラホラ出てくることがあります。何本か残っている毛を処理したいときには、光脱毛よりも、TBCスーパー脱毛の方が、特定の毛をピンポイントで狙えて効果も確実です。

気になる値段に関しても、ムダ毛の本数が少なければ、TBCスーパー脱毛でもそれほど高額にはなりません

生理中の施術はできない

TBCでは、生理中はVIOの施術ができません。「生理の終わりかけなら、それほど血も出ないしバレないのでは?」と思うかもしれませんが、出血が少なくなってからであっても、生理中の施術は控えた方がよいです。

生理中は普段より肌が敏感になっているので痛みを感じやすく、照射による肌トラブルも起こりやすいからです。痛みと肌への負担の観点から言えば、生理の直前・直後の施術もなるべく控えた方がよいです。

肌トラブルが起きてしまうと、肌が落ち着くまで次回の施術ができなくなるので、無理しないようにしましょう。

光脱毛は自己処理が必要だけどスーパー脱毛は処理しない

光脱毛の施術を受けるときは、事前の自己処理が必須です。ムダ毛が伸びたままだと、照射したときに倒れたムダ毛が肌に当たり、火傷する恐れがあるからです。基本的にはフェイス用のI字型の電気シェーバーが入手しやすいのでおすすめですが、Iライン専用の電気シェーバーもあると、小回りが利くので便利です。

ですが、美容電気脱毛の場合は、毛が伸びていないと毛穴の位置が分からなくて施術できません。美容電気脱毛のときは自己処理しないでサロンに行きましょう。

エピレなら初めての人向けのキャンペーンも

TBCの系列店であるエピレには、初めての人が対象のお得なキャンペーンプランもあります。キャンペーンプランなら格安でお試しできるので、VIO脱毛が初めてでも安心です。また、通うのを止めたくなったときは、解約と残金の返金も可能です。キャンペーンプランの場合は、満足できなければ全額返金してもらえます。

ただし、過去にエピレまたはTBCを利用したことがある場合は、キャンペーンプランは利用できません

なお、キャンペーンプランは1人1種類までしか契約できません。VIOの他にも脱毛したい部位があって迷ってしまう人は、どのキャンペーンプランを選ぶべきかカウンセリングで相談するとよいです。

関連記事

銀座カラーのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

銀座カラーは好きなデザインに施術可能

出典:銀座カラー

Vライン(上部)の脱毛範囲はデリケートゾーンの上部から下2cmで、Vライン(サイド)の脱毛範囲はショーツのサイドライン部分です。Iラインは足を開いた状態で粘膜を除く太ももの付け根ラインが、Oラインは粘膜を除く肛門周りが脱毛範囲となります。

人気があるのは自然な形に整えることですが、三角形や長方形など好きな形にすることも可能です。事前に自己処理で好きな形にしておけば、その形にそって光を照射してくれます。

VIOセットコースは回数パックと通い放題プラン

VIOセットコースとは、Vライン(上部・サイド)・Iライン・Oラインの4部位をまとめて脱毛できるコースで、回数が決められたプランか脱毛し放題のプランから選択できます。脱毛し放題のプランでは、1年間に最大8回の施術を受けることができます。脱毛し放題なので回数や期間の上限がなく、自分が納得のいくまで通い続けることができ、追加料金が発生する心配もありません。

1部位だけ脱毛したい人にはフリーチョイス脱毛コース

VIOすべては脱毛しなくてもよいけどVライン(サイド)だけは脱毛したいというように、1部位だけを選択して脱毛したい人におすすめなのがフリーチョイス脱毛コースです。デリケートチョイスではVライン(上部)・Vライン(サイド)が、スタンダードチョイスではIライン・Oラインの脱毛が選択できます。いずれも8回プランと脱毛し放題プランの2種類が用意されています。

支払い方法は一括と分割

銀座カラーには月額プランも用意されており、コース料金の総額を分割で支払うこともできます。3万円以上のコースに適用され、最大で36回まで分割が可能です。一括で支払うには負担が大きいと感じる人でも、今すぐに総額を用意する必要がないので、VIO脱毛を先延ばしせずに気軽に始められます。

注意点としては、来店した時にその都度支払うのではなく、来店していない月も支払いが発生するということです。毎月、契約時に設定した金額が口座から自動的に引き落としされます。分割での支払いが終了した後は、脱毛し放題のプランの場合、追加料金がかかることなく好きなだけ通うことができます。

シェービングサービスはある?

銀座カラーのVIO脱毛では、シェービングサービスを基本的には行っていないため、前日までに自己処理をしておく必要があります。万が一剃り残しがあった場合でもシェービングはしてもらえないので、必ず忘れないように気をつけてください。

ただし、自己処理が難しいOラインに関しては、無料でシェービングをしてもらえるコースプランも用意されています。VIOはデリケートな部分なので、フェイス用シェーバーで優しくシェービングし、剃った後は保湿ケアもしっかりと行いましょう。

関連記事

キレイモのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

VIOのみのコースはなし!キレイモは全身脱毛専門

キレイモは全身脱毛専門の脱毛サロンなので、VIOだけのコースはありません全身脱毛のコースで、アンダーヘアも脱毛できます

ですが、すでに他のサロンで脱毛している人のためのカスタマイズプランとして、「脱毛再開プラン」も用意されています。「脱毛再開プラン」を選べば、ワキとVIOは施術箇所から外せるので、公式サイトに載っている通常の全身脱毛プランよりも、若干安く脱毛できます。

したがって、VIO脱毛が目的でキレイモに行く場合は、「脱毛再開プラン」でワキを施術箇所から外してもらうのがおすすめです。

キレイモの全身脱毛は安い

キレイモの全身脱毛は、他のサロンと比較してもかなり安い部類に入ります。月額制と回数パックが選べて、月額制は1ヶ月で止めるのも自由です。

他のサロンより追加料金もかかりにくいので、他のサロンでVIO脱毛のみのコースを選ぶよりも、キレイモでVIOを含む全身脱毛をする方がお得です。特に、「気になるところを全部脱毛すると高いから」という理由でVIOだけ脱毛しようとしている人の場合は、最初から全身脱毛した方が安いです。

あとから他の部位が気になって別に契約すると、割高になり通う期間も長引くからです。

シェービングサービスもあるので安心

VIO脱毛は事前の自己処理が難しいですが、キレイモならシェービングサービスもあるので安心です。

シェービングサービスが受けられるのは、襟足・背中・ヒップ・Oラインです。まったく自己処理していないのはダメですが、多少の剃り残しはスタッフがシェービングしてくれます。

回数パックと通い放題プランなら、シェービングは無料です。回数パックは、6回・12回・18回から選べます。

月額制の場合は、施術部位や剃り残しの有無にかかわらず、毎月1,000円のシェービング料がかかります。

キレイモのVIO脱毛の流れ

キレイモでは施術前に、ラップスカートのようなガウンと紙ショーツに着替えます。下半身のみの施術の日は、上半身は洋服を着たままでOKです。冷却ジェルは不要なので塗りません。

キレイモの施術は体の後ろ側から先に施術するので、VIOの施術の順番は、Oライン→Vライン→Iラインと進んでいきます。

Oラインは紙ショーツを下げ、うつ伏せになって施術を受けます。そのあと、仰向けになってVラインを施術し、次に片足ずつ左右に開きながらIラインを施術します。足まで脱毛する場合は、合間に足の施術を挟むこともあります。

照射を終えたら、スリムアップローションかオリジナル美白クリームで肌ケアして終了です。

Vラインの形は自由自在

キレイモでは、Vラインの脱毛は好きな形を指定できます。一番人気があるのは小さい逆三角形ですが、脱毛しているのがバレにくいUライン型や、ハイジニーナと呼ばれる無毛を選ぶ人もいます。

「普通のUライン型よりも小さめにしたい」など、デザインを細かく指定することも可能です。

Vラインの形については、カウンセリングのときに見本のイラストを見せてくれるので、それを見ながら相談するとよいです。

光脱毛は毛の減り方がゆっくりなので、デザインを迷っている人は脱毛を始めてから形を微調整することも可能です。

VIO脱毛時の注意事項

キレイモではVIOとヒップは、生理の日は施術できません。VIOとヒップ以外であれば施術できますが、その場合はVIOとヒップも1回施術したことになり、回数が消化されてしまいます

したがって、予約日に生理になってしまったときは、予約変更またはキャンセルした方がよいです。予約変更やキャンセルのタイミングによっては、1回消化扱いにされてしまうので、生理の予定が近い日の予約は避けると無難です。

月額制は4日前以降のキャンセル、回数パックは当日キャンセルが1回消化となります。それより前の予約変更やキャンセルは、ペナルティなしです。

関連記事

脱毛ラボのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

脱毛ラボのVIOのみの脱毛は高い

脱毛ラボは、全身脱毛のプラン料金が安いというのが特徴です。全身脱毛プランは、全身丸ごと48か所と、24部位を選ぶプランがあり、リーズナブルな料金なのでおすすめです。

しかし脱毛ラボには、多くのサロンやクリニックで用意されている、脱毛の人気部位のVIOパックプランがないため、VIOだけ脱毛しようと思うと、料金が高くなってしまいます。VIOも含む全身脱毛をしたい人には、脱毛ラボはおすすめサロンなのですが、VIOだけの脱毛を希望している人にはあまり向いていません<。 脱毛ラボの全身脱毛の回数パックプランは、料金も安くお得なので、脱毛ラボが気になっているのなら、この際、VIOだけではなく全身を脱毛することを検討するのも良いでしょう。

デリケートゾーンの脱毛範囲は4箇所

脱毛ラボでのVIO脱毛をする場合には、Vライン上、Vライン、Iライン、Oラインの4つの部位を選ぶことになります。Vライン上がSパーツ、Vライン、Iライン、OラインがMパーツです。

脱毛ラボでVIO全体を脱毛したいと思ったら、料金はSパーツ1か所分とMパーツ3か所分の合計になります。1回単発脱毛プランで受けることができますが、脱毛の施術は1回受けて終了ということはありません。

特にVIO部位は毛が濃く太いので、脱毛の効果に満足できるまで、ほかの部位よりも多くの回数を必要とします。ほかでVIOの脱毛をある程度終えていて、あと数回だけ脱毛したいという場合には良いですが、脱毛ラボでVIO脱毛を始めて、満足できるまで通うとなると割高になってしまいます。

不安な人は体験もできる

照射時の痛みについては心配ありませんが、どうしても不安な人は、脱毛ラボの施術を体験してみるのがおすすめです。脱毛ラボでは、脱毛が安い料金で利用できるキャンペーンなどを実施していることがあります。キャンペーンを狙って行けば、安い料金で脱毛体験することができます。

また1回単発脱毛プランのコースで、1部位だけ試しに受けてみるという方法もあります。1部位だけなら料金も安く、1回だけでも希望の部位を施術してもらえます。

脱毛ラボは、安い脱毛料金で施術を提供するために、設備にかけるコストを抑えています。実際に通い始めてみて「もっと高級感があるサロンが良かった」ということにならないように、実際にサロンに行って施術を受けて、サロンの雰囲気を知っておくのも良いでしょう。

関連記事

ディオーネのVIO脱毛の範囲や脱毛料金

値段や範囲でいえばミュゼの方が安い

出典:ディオーネ

痛みがないことではディオーネが優れていますが、脱毛料金は高めなので、安さと脱毛範囲の広さではミュゼの方が優れています

ディオーネでは、Vラインの中央部分は脱毛できないため、無毛にするハイジニーナはできません。Vラインのアンダーヘアを間引いたり、やわらかくしたりといったこともできないです。

安さを重視したい人やハイジニーナにしたい人、Vラインの中央部分の毛も薄くしたい人の場合は、ミュゼの方がおすすめです。

全身脱毛にもVIO脱毛が含まれる

ディオーネでは、全身脱毛にもVIO脱毛が含まれています。全身脱毛プランは、いろいろな部位を個別に契約するよりも料金がお得です。したがって、VIOの他にも脱毛したい部位が複数ある人は、全身脱毛プランを利用する方がおすすめです。

ただし、顔脱毛は全身脱毛に含まれないので、顔脱毛もしたい人は、顔脱毛プランを別に契約する必要があります。安さでは全身脱毛専門サロンの方がおすすめですが、痛みがないことを重視したいのであれば、ディオーネの全身脱毛はおすすめです。

高いとはいっても法外な値段ではないので、他のサロンで痛くて続けられなくなるよりは安上がりです。

口コミでも痛くないと評判

ディオーネは従来の光脱毛とは仕組みが違う、「ハイパースキン脱毛」を採用しています。他の光脱毛は約60度の光で脱毛するため、デリケートなVIO脱毛は痛みが強いといわれています。

一方、ハイパースキン脱毛は体温に近い38度程度の光で脱毛できるため、VIO脱毛でもまったく痛みはありません。口コミでも、「VIO脱毛でも痛くなかった」と評判です。

また、高温の光を当てる脱毛方法より安全性も高いので、他のサロンでは難しいIラインの粘膜ギリギリの部分も照射できます

メラニンの影響を受けないから黒ずみにも効果抜群

ハイパースキン脱毛は光脱毛の中でも特に歴史が浅い脱毛方法ですが、他の光脱毛より効果も高いです。従来の光脱毛やレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に光を反応させて脱毛するため、VIOなどの黒ずみやすい部位では効果が薄くなることがあります。黒ずみがあると、肌のメラニンにも脱毛の光が分散してしまうからです。

さらに、VIOは痛みを感じやすいため、照射出力を上げられないことも効果が出にくい原因となっています。

その点、ハイパースキン脱毛はメラニンを利用しないので、黒ずみがあっても効果が落ちることはありません

また、痛みがない脱毛方法なので他の光脱毛より出力も上げやすいです。

シェービング無料だから追加料金がかからない

他のサロンでは、自己処理が難しいIラインやOラインもシェービング料がかかるか、剃り残しは避けて照射となることがほとんどです。

ですが、ディオーネはシェービングが完全無料なので、自己処理が不安な部位は剃らずに行っても追加料金なしでシェービングしてもらえます。

ただし、「面倒だから全部スタッフに剃ってもらう」というのはNGです。マナーとして、自分でできる範囲は自己処理してください。まったく自己処理せずに行くと、シェービングに時間を取られるため、照射するための時間が足りなくなることもあります。

敏感肌などで少しでも自己処理するのが不安な場合は、カウンセリングのときに相談するとよいです。

キャンペーンを利用して体験もできる

痛みが不安な人は、体験キャンペーンを利用して様子を見てみるとよいです。体験キャンペーンでは、本コースと同じVIO脱毛を1回お試しできます値段も数千円程度なので、チャレンジしやすいです。

ハイパースキン脱毛は3歳児でも脱毛できるほどなので、痛みを感じることはまずありません。ですが万一、体験中に痛い場合は、スタッフに言えば出力を下げるなど対応してもらえます。

関連記事

VIO脱毛サロンQ&Aまとめ

VIO脱毛は何回で終わる?

脱毛完了の基準は人によって違いますが、ほとんど自己処理がいらないくらいを完了とすると、脱毛サロンのVIO脱毛が終わるまでの回数は大体12~18回程度です。毛量が多い人や、完全にツルツルにしたい人は20回程度を見たほうがよいと言われています。

回数 期間 効果
1~3回 半年 脱毛後2週間ほどで毛が抜けていくのに気が付く人もいますが、まだまだムダ毛の量に変化はありません。
6回 1年 ムダ毛が抜けてくるのを実感でき、毛量が減ります。毛を薄くしたいだけの人はVラインは6回くらいで満足する人もいますが、形を整えたい人はまだ回数が必要です。
12回 2年 Vラインの周りの毛が減り、目標のデザインの形がハッキリ現れて来ます。I/Oラインも毛が大分薄くなってきます。剛毛な人も毛量が減って自己処理がだいぶラクになります。
18回 3年 だいたいの人はVIOとも、ほぼ産毛のみの仕上がりになります。完全にツルツルにしたい場合は、もう少し掛かります。

関連記事

VIO脱毛はサロンと医療どっちがおすすめ?

VIO脱毛は、どこまで脱毛したいのか、何を優先したいのかによって、サロンがおすすめな人とクリニックがおすすめな人に分かれます。

クリニックの医療レーザー脱毛は脱毛効果が高く、サロンの半分程度の回数と期間で脱毛が完了します。1回の脱毛料金は高めですが、脱毛完了までの総額で考えるとクリニックの方が安いです。しかし、その分施術の痛みが強く、施術に麻酔を使用する人もいます。

サロンは脱毛完了までに時間がかかりますが、痛みが少なく肌への負担も小さいです。また、クリニックは脱毛効果が高いため、毛を薄くしたいだけの人には効果が出すぎてしまってあまり向きません。

VIOの毛を産毛程度の薄くしたい人、痛みの少なさを優先したい人は、脱毛サロンがおすすめです。

関連記事

VIO脱毛の通い放題コースは何回で元が取れる?

VIO脱毛の回数パックコースの1回あたりの料金が一番安いジェイエステと、銀座カラーのVIO脱毛し放題コースの料金を元に計算してみると、

225,600円(銀座カラーVIO脱毛し放題コース)÷7,500円(ジェイエステのVIO脱毛1回当たり)=30回

となるので、VIOの通い放題コースで元を取るなら30回以上通うと良いです。光脱毛は毛根が完全に死滅するわけではありません。脱毛完了したときの状態を維持するには完了後もときどき脱毛する必要があります。

脱毛後も気になったときに通うことがあると考えると、銀座カラーの脱毛し放題コースなら無制限でずっと脱毛できるのでお得になる可能性もあります。

安い値段でVIO脱毛をするためには?

安くVIO脱毛したいなら、いろいろなサロン・クリニックのお試しキャンペーンをはしごするのがおすすめです。

多くのサロン・クリニックでは、初めての人向けに、通常料金よりも格安に脱毛できるお試しキャンペーンを展開しています。1人1回しか利用できないことが多いですが、複数のサロン・クリニックのキャンペーンをはしごすれば、キャンペーンだけで何回か脱毛できます。特にクリニックの場合は、数回でもかなり毛量が減るので、お試しの何回かだけで完了できる人もいます。

違うサロンやクリニックに行くたびに、アンケートやカウンセリングからスタートしなければならないので面倒ですが、安さを重視したい人にはおすすめの方法です。

VIO脱毛をキャンペーン掛け持ちで終わらせるのは無理?

多くのサロンで行われているVIO脱毛のキャンペーンでは1~2回しか脱毛できません。サロンでVIO脱毛を完了させるには少なくとも12~18回の施術が必要になるため、VIO脱毛のキャンペーンをやっているサロンを10個ほど見つけて掛け持ちすれば脱毛完了できるかもしれません。

しかし、VIO脱毛のキャンペーンは5,000~6,000円ほどすることが多くキャンペーンの掛け持ちをしたところで大してコスパはよくありません

また、キャンペーンで脱毛を受けるためにはサロンごとに1~2時間のカウンセリングを受けなければならず、中には勧誘がしつこいサロンもあります。キャンペーンだけを目的に行くと嫌な思いをすることがあるかもしれません。キャンペーンを掛け持ちして脱毛を完了させる方法は、あまりおすすめできません。

関連記事

脱毛サロンのVIO脱毛で毛を細くすることはできる?

結論から言えば可能です。特にVラインは「剛毛をなんとかしたい」という理由で脱毛する人も多く、全体の毛量を減らすために最初の3~4回はツルツルに全処理して施術を行うこともあります。

特に、サロンはクリニックと違って毛根を破壊することはできません。光脱毛は段々と毛根を弱らせて脱毛効果を得ているため、その過程で毛がどんどん細く薄くなっていきます。毛を薄くしたいという人は、サロンで脱毛したほうが理想の毛量や毛質に近づけやすいです。

部分的に抜けないんだけどこれって照射漏れ?

部分的に抜けない毛がある場合は、照射漏れの可能性があります。照射漏れの場合は、脱毛器の照射口の形に毛が残る特徴があります。

1列だけごっそり毛が残っていたり、凹凸がある部位の凹んでいる部分だけ毛が残っていたりといった場合は、照射漏れの可能性が高いです。一部だけ毛が残ってしまったときは、通っている店舗に相談してみましょう。

まばらに毛が残ってしまうのはなんで?

照射漏れの場合は、毛の残り方に特徴的な規則性があります。ですが、数本単位などでまばらに毛が残っている場合は、照射漏れではなく、毛周期の影響で効果が出ていない可能性が高いです。

サロンの脱毛は基本的に、毛の成長段階のうち「成長期」の毛にしか効果が出ません。施術のときに成長期でなかった毛は脱毛されずそのまま残ります。

毛周期が原因で残る毛は、照射漏れのような規則性はなく、不規則にちょこちょこと残ります。これらの残った毛は、成長期になるタイミングを待って施術すれば効果が出ます

その他にも、黒ずみなどの色素沈着がある部分だけ抜けにくくなるといったことも起こり得ます。

事前処理はどれくらい剃ればいいの?

シェービングサービスがないサロンでは、自分で事前に自己処理して行く必要があります。

ですが、ツルツルになるまで剃らなければいけないわけではなく、毛の長さが2ミリ以内に収まるように剃れていれば問題ありません

自己処理の道具は、電気シェーバーが肌への負担が少なくておすすめです。フェイス用に売られているI字型のものか、Iライン専用の電気シェーバーが使いやすいです。

VIO脱毛のときに着ていかない方がいい服ってある?

VIO脱毛やVライン脱毛は、お店が用意する紙ショーツに着替えて施術するサロンが多いです。服装の制限は特にありませんが、上下が分かれている服で行くのがおすすめです。

ワンピースなどだと紙ショーツ以外丸裸で施術を受けることになりますが、上下が分かれている服装なら、上半身だけは服を着たままにしておけます。

なお、施術後は肌が敏感になっていて、少しの摩擦でも負担になりやすいです。施術後の肌トラブルを避けるために、VIOを締め付けない下着や衣類を選ぶことも大切です。

サロンごとのVIO脱毛のおすすめ度

サロン 一言レビュー
ミュゼ
VIOの脱毛範囲が一番広く、料金も一番安いので一番おすすめ。
ジェイエステ
ミュゼの次にVIO脱毛が安いが、脱毛範囲が若干狭い。
TBC
エピレと同じ脱毛が受けられて、美容電気脱毛も選べる。
エピレ
ミュゼとジェイエステの次にVIO脱毛が安く、脱毛範囲も広め。
銀座カラー
VIO脱毛し放題コースがあり、月額定額払いで脱毛できる。
ディオーネ
料金は高いが、敏感肌も脱毛できて痛みがないハイパースキン脱毛を採用。
プリート
脱毛範囲は広いが、料金は高め。
キレイモ
月額制で全身脱毛専門が安いが、部分脱毛コースがない。
脱毛ラボ
都度払いができる1回コースがあるが、部分脱毛はミュゼのほうが安い。
シースリー
全身脱毛通い放題コースが安いが部分脱毛がなく、予約が取りにくい。
恋肌(こいはだ)
VIOは1回コースがあって都度払いができるが、ミュゼのほうが安い。
コロリー
月額が安いが全身脱毛コースのみなので、VIO脱毛だけだと割高。
ラココ
月額が安いが、SHR脱毛方式なので効果を実感するまでに回数が掛かる。
エタラビ
業務停止命令を受け、平成29年5月24日まで新規の契約ができない。

まとめ

VIO脱毛はデリケートゾーンと言われるアンダーヘアを脱毛することで、ショーツを履いて隠れる部分が脱毛範囲に設定されていることが多いです。VIO脱毛でサロンを選ぶときには、料金の安さ、痛みの少なさ、施術範囲に注意しましょう。

VIOの脱毛は、部位ごとに脱毛できるプランとVIOをまとめて脱毛できるセットプランがあります。VIO全体の脱毛を検討している人は、セットプランで脱毛したほうがお得です。

VIOの脱毛を検討している人は、ぜひこの記事をサロン選びの参考にしてみてください。

関連記事