医療脱毛のレーザーの種類を解説!おすすめの機械は?

「医療脱毛したいけど、レーザーに違いはあるの?」「レーザーの名前を言われても種類の違いはよくわからない」

クリニックの医療脱毛に用いられているレーザーは大きく分けて3種類があり、各クリニックによって導入している機種が異なりますレーザーの種類によって効果が出る毛質にも違いがあるため、特徴を事前に理解しておくと役に立ちます。

この記事では、医療レーザーの種類について詳しく解説し、医療脱毛するのにおすすめのレーザーを紹介しています。各クリニックが採用しているレーザーも紹介しているのでクリニック選びの参考にしてください。

医療脱毛に使われるレーザーの種類

医療レーザー脱毛と言っても病院により導入されている機械は様々です。医療脱毛に用いられるレーザーは大きく分けて「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3種類があります。それぞれに特徴があり、毛質や肌質、部位によって向き不向きがあります

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは日本人の肌質にあったレーザーが使われるため、痛みや施術後のトラブルの心配が少ない機械です。

アレキサンドライトレーザーよりも高い出力で照射できるため、濃いムダ毛だけでなく産毛などの細い毛までどのような毛質でも処理できます。

ダイオードレーザーの代表的な機種はライトシェアデュエットソプラノメディオスターです。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエット

ダイオードレーザー製品の世界シェア1位のルミナス社が開発したライトシェアデュエットはダイオードレーザーの中では最も普及している機種で、従来の医療レーザーに比べて痛みが少なく肌への負担も少ないの特徴です。

照射面積も従来の機種に比べて広いため、施術時間が短くて済むのもメリットです。下に紹介するソプラノやメディオスターより症例数も多く、脱毛料金も安いクリニックが多いです。

関連記事

ソプラノ

ソプラノ

アルマレーザーズ社のソプラノは蓄熱式の医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応する高出力レーザーで毛根を一気に破壊するので痛みを伴いますが、ソプラノは低出力のレーザーを繰り返し照射して蓄積された熱エネルギーで脱毛する方式なので、より痛みが少なく肌への負担も少ないのが特徴です。

そしてメラニン色素ではなく毛包をターゲットに脱毛するので、日焼け肌や金髪でも脱毛できるというメリットもあります。ただしライトシェアデュエット等、他の機種に比べて脱毛効果が低いのがデメリットです。

メディオスター

メディオスター

エクスレピオン社のメディオスターはダイオードレーザーの最新型の機種です。医療レーザーは毛根のメラニン色素に反応するため成長期の毛にしか効果がありませんでしたが、メディオスターはメラニン色素ではなくバルジ発毛因子細胞をターゲットに脱毛するため、毛周期を無視して脱毛できるのが特徴です。

そしてソプラノと同様に蓄熱式脱毛なので痛みが少ないのもメリットです。ちなみに青い機械がメディオスターNext、白い機械がメディオスターNext Proです。

関連記事

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、ダイオードレーザー以前から脱毛に利用されてきた医療レーザーです。

メラニン色素に吸収されやすい波長のレーザーを用いているため濃いムダ毛に対する脱毛効果は高いですが、メラニン色素の薄い産毛に対する脱毛効果はダイオードレーザーよりも低いです。そしてダイオードレーザーよりも痛みが強いというデメリットがあります。

アレキサンドライトレーザーの代表的な機種はジェントルレーズアポジーエリートG-Maxです。

ジェントルレーズ

ジェントルレーズ

アメリカのキャンデラ社が開発したジェントルレーズは医療レーザー脱毛で最も普及している機種です。

脱毛だけでなくシミ・ソバカス除去などの美容医療にも用いられます。症例数が多く脱毛効果も高いのがメリットですが、痛みが強いのがデメリットです。

痛みや肌への負担を抑えるために冷却ガスを吹き付けながらレーザーを照射しますが、それでも耐えられないときは麻酔を使用してもらうこともできます。

G-Max

G-Max

ジェントルレーズと同じキャンデラ社製のG-Max(ジェントルマックス)は、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザー2種類のレーザーを搭載した機種で、毛質に合わせて両方のレーザーを使い分けることができます。

ジェントルレーズと同様に冷却ガスを吹き付けて痛みと肌への負担を抑えながら脱毛する医療レーザー脱毛器です。

アポジーエリート

アポジーエリート

イノシュアー社のアポジーエリートは、G-Maxと同様にアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを使用することができる機種で、毛質や肌質に合わせて2種類のレーザーを使い分けての施術が可能なレーザー脱毛器です。

CryoAirという冷却装置がセットでついており、G-Maxと同様に冷却エアーで施術箇所を冷却して肌への負担を少なくしながらレーザー照射していきます。

関連記事

ヤグレーザー

ヤグレーザー(YAGレーザー)は、アレキサンドライトレーザーより昔から脱毛やシミ除去など美容医療に使用されてきた医療レーザーです。

メラニン色素への反応が弱いため痛みは少ないものの脱毛効果がアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べ低く、現在ではメインの脱毛機器ではなく2番手、3番手として使われていることが多いレーザーです。

医療脱毛に用いられるヤグレーザーはシネロン・キャンデラ社製のジェントルヤグやキュテラ社のクールグライドという機種が代表的です。脱毛以外ではQスイッチYAGレーザーという機種もあります。

関連記事

医療脱毛はダイオードレーザーが一番おすすめ

医療脱毛には痛みが少なく産毛の脱毛にも効果的なダイオードレーザー(ライトシェアデュエット、ソプラノ、メディオスター)が一番おすすめです。

医療脱毛 レーザー

濃いムダ毛への脱毛効果はアレキもダイオードもほぼ同じ

日本では医療脱毛にアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーを使用している病院が多いです。両者は脱毛効果が得られるまでの期間に大差はありません

一方で、痛みの感じ方については差があり、ダイオードレーザーの方が痛みが少ないです。

また、アレキサンドライトレーザーは産毛には不向きですが、ダイオードレーザーであれば産毛のような色の薄い毛から太い毛までどのような毛質でも処理ができます。

ダイオードの方が痛みが少ない

レーザー脱毛はメラニン色素にレーザーを照射した時に痛みを感じます。メラニン色素が多い太い毛ほど痛みを感じます。ライトシェアデュエットにはレーザーを照射するヘッドの部分に冷却装置が付けられていて痛みを軽減させています

ソプラノやメディオスターはメラニン色素ではなく毛包や発毛因子にレーザーを照射するため痛みを感じにくいです。VIOラインや脇、男性の髭のように濃くて太い毛が密集した部位の脱毛は痛みを感じやすいので、痛みの少ないレーザーがおすすめです。

ダイオードの方が産毛の脱毛に効果的

ダイオードレーザーで使われるレーザーは肌に吸収されにくいという特徴があり、これは肌にトラブルが起こりにくいということが言えます。

そしてその分、レーザーのパワーを上げることができるので、メラニン色素の少ない産毛や細い毛でも処理することが可能です。

クリニックが採用しているレーザー一覧

ダイオードレーザーは痛みが少なく産毛の脱毛にも強いというメリットがあるので、女性が医療レーザー脱毛するならダイオードレーザー(ライトシェアデュエット・メディオスター・ソプラノ)を導入しているクリニックを選ぶことをおすすめします。

ダイオードレーザーの中で最も普及している機種はライトシェアデュエットで、手頃な価格で医療脱毛を受けることができます。

最新機種のメディオスターは、毛根のメラニンではなく発毛因子を破壊するので痛みがほとんど無く毛周期に合わせて脱毛する必要が無いというメリットもあります。また、肌質(日焼け肌や色黒肌)に左右されず脱毛することが可能です。

ソプラノもメディオスターと似たような仕組みの機種ですが、導入しているクリニックが少ないのが現状です。

クリニック レーザー
アリシアクリニック ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
リゼクリニック ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
湘南美容外科 ジェントルレーズ (アレキサンドライトレーザー)
メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)
クレアクリニック ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)
渋谷美容外科 ジェントルレーズ (アレキサンドライトレーザー)
ドクター松井クリニック ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
レヴィーガクリニック メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)
ソプラノ (ダイオードレーザー)
G-Max (アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー)
フェミークリニック ジェントルレーズ (アレキサンドライトレーザー)
G-Max (アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー)
ライトシェア (ダイオードレーザー)
KM新宿クリニック メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)

まとめ

医療脱毛に使われているレーザーには、大きく分けてダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。

ダイオードレーザーは、日本人の肌質にあっており、痛みや施術後のトラブルの心配が少ない機械で、産毛にも効果があります。ダイオードレーザーの機種には、ライトシェアデュエットソプラノメディオスターがあります。

アレキサンドライトレーザーは、濃いムダ毛に対する脱毛効果が高いレーザーです。しかし、痛みが強く産毛への効果が低いデメリットがあります。アレキサンドライトレーザーには、ジェントルレーズアポジーエリートG-Maxがあります。

ヤグレーザーは、メインのレーザーとしてではなく、2番手3番手として使われることの多いレーザーです。

3種類のレーザーの中でも、医療脱毛には痛みの少なく産毛の脱毛にも効果的なダイオードレーザーのライトシェアデュエットがおすすめです。

この記事を参考に自分に合ったレーザーとクリニックを見つけてくださいね。