剃り残しシェービングが無料の医療脱毛クリニック

脱毛をするときにまず1番大切なのはシェービングです。事前のシェービングによって、脱毛にかかる料金や肌トラブルにも大きく影響が出てしまいます。

「肌が弱くてカミソリ負けしてしまうから不安」、「シェービングを綺麗にできる自信がない」という人のために、ここでは肌への負担が少ない自己処理方法無料でシェービングしてくれるクリニックを紹介します。

脱毛前のシェービングが不安な人はぜひ参考にしてみてください。

なんで脱毛前にシェービングが必要?

レーザーの熱が伝わりすぎるのを防ぐ

クリニックなどの医療機関で受けられる脱毛方法の主流となっているのが、医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛を受ける場合、事前準備として脱毛箇所のムダ毛を自己処理する必要があります。

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛のメラニン色素に反応して熱を与えることで脱毛効果が得られます。事前にムダ毛を処理していかないと、皮膚の表面に出ている毛に反応しすぎてしまい、肌ごとやけどをする可能性があります。

表面に出ている毛にばかり熱が加わることで、毛根まで熱が行かず、脱毛効果がきちんと得られないということもあります。しっかりと脱毛効果を得るため、やけどをしないために、事前のシェービングが大切になります。

前日のシェービングがベスト

シェービングに関しては、クリニックによって対応が異なり、施術当日でも可能なところもあれば、施術3日前までには終わらせておかなければならないクリニックもあります。

当日のシェービングは肌への負担が大きく、あまり推奨されていません。シェービングは少なからず肌に負担がかかり、脱毛もまた肌へのダメージが大きいものです。連続して肌に負担をかけることで、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

肌への負担を少なく、シェービング料を取られないためには、脱毛の前日にシェービングをすると1番安心です。クリニックからの指示がなく、いつ処理すればいいか分からないという人は、前日に処理をするのがおすすめです。

脱毛前のシェービングはカミソリ?シェーバー?

脱毛前の自己処理には電気シェーバー

シェービングは主にカミソリかシェーバーで行います。カミソリは深剃りができ、シェーバーにくらべてしっかりと処理できるのがメリットですが、肌荒れや傷など肌トラブルが生じやすいのがデメリットです。

そのため、シェービング後の施術でさらなる肌ダメージを負う危険性を考慮して、シェーバーを使った処理をすすめるクリニックが増えています。

特に敏感肌の人は、肌に負担の少ないフェイス専用のシェーバーがおすすめです。ただしフェイス専用のシェーバーは1度に広範囲な処理ができないので、処理に時間がかかります。

普段から毛抜きで処理している人は、毛抜きは使わないようにしましょう。毛抜きでは、毛根から毛を根こそぎ抜いてしまうために機械が反応せず、脱毛効果が得られません。

シェービングにはシェービングクリームを使う

シェービングする前には入浴やシャワーを浴びるなど、肌が清潔な状態で行うことが大切です。当然、シェーバーも清潔なものを使用する必要があります。

シェービングをするときはシェービングクリームやジェルを使うと、肌への負担を軽減できます。石鹸やボディーソープで泡立ててシェービングする人も多いですが、脱毛前にはあまりよくありません。

また、シェービングするときの毛の長さは2ミリ程度を目安にすると、剃り残しと判断されなくなります。短すぎても脱毛効果が出にくいので、大体2ミリ以内になるように剃りましょう。

シェービング後のアフターケアには保湿が1番

シェービング直後の肌は角質が剥がれた状態なので、とても乾燥しやすくダメージを受けやすい状態になっています。肌が乾燥していると、やけどや毛嚢炎などの肌トラブルの原因になりやすく、あまりに酷いと最悪施術してもらえないこともあります。

そのため、施術までにできるだけ元の状態へと回復させておく必要があります。シェービング後にはすぐに保湿クリームや乳液などで、肌の保湿ケアをしっかりとしておきましょう。

また、ケア後には肌に優しいコットンや絹などの天然性の衣類がおすすめです。肌への刺激が少なく、負担がかかりません。

シェービングサービスのあるクリニックの注意点

シェービングはクリニックによって対応が大きく違う

シェービングサービスの有無や価格は大きく分けると以下のようになります。

  1. 施術時にシェービングをしてくれるクリニック(無料もしくは有料)
  2. 施術時に一切シェービングをしてくれないクリニック
  3. 自分では処理が難しい個所だけシェービングしてくれるクリニック(無料もしくは有料)

このようにクリニックによって対応が違うので、事前に調べておくことが大切です。実際、脇や顔、足、手などのパーツであれば自己処理も簡単ですが、全身脱毛のケースでは背中やおしり、Iライン・Oラインなど自己処理しづらい個所もあります。

できれば無料でやってもらえるところがベストなのですが、有料でも施術当日にクリニックでシェービングをやってもらえるところを選びましょう。

シェービングサービスは1回と1か所で料金が劇的に変わる

クリニックのシェービングサービスには、1回で料金が掛かる場合1か所で料金が掛かる場合があります。1回であれば、1回脱毛するときに剃り残しが2か所以上あっても値段は変わりません。しかし、1か所の場合は剃り残しが2か所以上あった場合、その都度料金が発生します。

このことを知らずに、「1回1000円のところだと高いから1箇所500円のところにしよう」と思ってクリニックを選ぶと、3か所以上剃り残しがあった場合に損してしまいます。

この1か所の範囲がどのくらいなのか、同じ部位に2か所の剃り残しがあった場合の料金などはクリニックによって違います。特に、全身脱毛などの広い範囲を脱毛したい人は、それだけ剃り残しの可能性も増えます。1回の剃り残しが一律のクリニックか、シェービングサービスが無料のクリニックが安心です。

剃り残しのシェービングが無料のクリニック

シェービングサービスを無料で行ってくれるクリニックでは、毎回のシェービングに神経質になる必要がありません。もちろん、マナーとして自己処理していく必要はありますが、追加料金の心配がないのでストレスがかかりません。

リゼクリニック

リゼクリニック

サービスが充実した安心のクリニックです。シェービングサービスだけでなく、硬毛化・増毛化保証、キャンセル料、肌トラブルの治療代など、様々なサービスを無料で実施しています。

女性専用クリニックなので、スタッフも全員女性が対応してくれます。料金も安く、痛みが少ないライトシェアデュエットを採用しているため、安心して通うことができます。

リゼクリニックのサービスが充実している理由とは

その他のクリニックのシェービングサービスを比較

シェービングサービスが無料のおすすめのクリニックを紹介しましたが、その他のクリニックではどういう対応をしているのかを紹介します。

クリニック シェービングサービス
アリシアクリニック 剃り残し部分を避けて照射
湘南美容外科 1か所500円
レジーナクリニック 背面以外は1か所1080円
クレアクリニック 背面以外は1か所1080円
渋谷美容外科 無料
新宿ドクター松井クリニック 無料
レヴィーガクリニック 1か所1080円

基本的に無料で行ってくれるクリニックはあまり多くありません。数年前までは行っていても、対応が変わってきているクリニックもあります。自分で処理することも大切ですが、あまりお金をかけたくない人はシェービング料がかからないクリニックを検討してみてください。

まとめ

脱毛をするときは、やけどなどの肌トラブルを避けるために、事前にシェービングをしていく必要があります。肌への負担や毛の長さを考慮すると、前日に処理するのがベストです。

脱毛前のシェービングには、電気シェーバーを使うと肌を傷つける心配が少ないです。また、シェービングクリームを使うことで肌への負担を減らし、シェービング後にしっかり保湿することで肌トラブルの対策になります。

シェービングサービスはクリニックごとに対応が大きく変わりますが、リゼクリニックは無料で行ってくれるのでおすすめです。料金がかかるクリニックでも、1回と1か所の表記によって値段が大きく変わるので注意しましょう。

この記事を参考に、自分に合ったクリニックを検討してみてください。

医療脱毛 安い