レーザー脱毛でやけどや水ぶくれ?肌トラブルの原因と予防策・治療法とは

インターネットの相談サイトなどで、赤みや水ぶくれなどの肌トラブルに関する相談は数多く寄せられています。一緒に載せられているやけど跡やかさぶたの写真を見ると、このやけどは治るのか、自分もこうなるのではないかと不安ですよね。

この記事では、脱毛後のやけどを未然に防ぐための方法やけどになってしまった場合の対処法を紹介します。

診察代、お薬代が無料のクリニックなども紹介しているので、医療脱毛の肌トラブルが心配な人は参考にしてください。

レーザー脱毛でやけどが発生する原因

医療レーザー脱毛の仕組み

脱毛によるやけどの原因を考える場合、まず押さえておきたいのがレーザー脱毛の仕組みです。

医療レーザー脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応して、熱で毛根を焼くことで脱毛効果を得ています。とはいえ、通常はレーザー脱毛をしたところでやけどを負うほどの熱はなく、皮膚が乾燥する、赤みが出る程度の症状が出るくらいです。乾燥は保湿美容液や保湿クリームなどで十分対処できますし、赤みも数日で良くなるものです。

レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛よりも出力が強いですが、それでも普通にレーザー脱毛を行ったところで、やけどを負う危険性はほとんどありません。脱毛でやけどをしてしまう場合には、それ以外の理由があると考えた方がいいです。

医療レーザー脱毛とサロンの光脱毛の違いは?

光脱毛とレーザー脱毛の共通点は、メラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛根や毛乳頭周辺へダメージを与えて抑毛・脱毛を行うことです。

逆に大きく違う点は、ムダ毛が発生する原因である毛母細胞や毛根を弱らせるか、破壊するかにあります。医療レーザー脱毛は熱が強いため、毛根を焼いて生えなくなるほどのダメージを与えられますが、光脱毛は熱が弱いので、働きを抑制させることを重点においています。

いずれにしても、施術後には毛根だけでなく、毛穴周辺の皮膚なども熱によるダメージを受けるため、やけどの症状が出やすくなります。

原因1 日焼けして肌にメラニンが多く含まれている

脱毛をするときにカウンセリングで念押しされるのは「日焼けをしないこと」です。日焼けというのは、紫外線を浴びることで皮膚の表面にもメラニン色素が溜まっている状態で、レーザー脱毛器が皮膚のメラニンにも反応してしまいます。

レーザーが皮膚のメラニンに反応してしまうと、レーザーが毛根まで届かずに脱毛効果が薄れてしまうだけでなく、皮膚表面に高温のレーザーが照射されてしまいます。レーザーの温度は最大で120℃に達することもあるため、施術後にやけどをしてしまう可能性が高いです。

日焼けだけでなく、シミやほくろ、傷跡などで色素沈着が起こっている部分もやけどしやすいです。

肌の状態や体質は医師に正確に伝える

「日焼けしても肌の色があまり変化しない」「日焼けの色が数日でひいてしまう」といった体質の人が、体質や日焼けしたことを申告せずに施術を受けてやけどを負う、といったケースもよく見られます。

日焼けをしたあとに施術できるようになるまでの期間は、「日焼け後1~2ヶ月以上経過したあと」が目安とされます。自己判断で誤った日焼け時期を申告すると、やけどを起こす危険性が高くなってしまうことを覚えておきましょう。

さらに、日焼け肌は肌が乾燥して水分量が足りなくなることも多いです。それが原因で脱毛の熱を上手く発散できなくてやけどを負ってしまうこともあります。脱毛や日焼けをしたときには乾燥にも十分に注意してください。

原因2 施術者や機械に問題がある

脱毛では、スタッフの施術の腕やクリニックが今までに対応してきた症例数、脱毛器の性能などもクリニック選びのポイントです。

例えば、部位や肌の状態に合わせたレーザーの使い分け、照射出力の調節、肌の冷却具合などを的確に判断できないと、やけどや肌トラブルが起こってしまいます。これらの判断は、まだ経験が浅いスタッフには難しいものです。

また、脱毛では肌の冷却が重要になっています。しかし、使用している脱毛器が古いと、冷却ガスがうまく噴霧されない、冷却装置の性能が低いなどの問題が出やすく、やけどのリスクが高まります。

クリニックのホームページやカウンセリングなどで、今まで担当した症例数、施術に使用される機器の種類などを確認することが大切です。

レーザー脱毛のやけどを未然に回避するための予防法は?

カウンセリングで自分の肌質の確認とテスト照射をする

クリニックでは通常、脱毛をする前にカウンセリングを行います。そこで話した内容などによって、肌質などに合わせて脱毛器を変えたり、出力を調整しています。自分の肌の状態をしっかりと話しておくことで、少しでもやけどのリスクを減らしておきましょう。

また、クリニックではカウンセリング時にレーザー脱毛のテスト照射を受けられるところが多いです。事前にレーザー脱毛を体験して、自分の肌にトラブルがないかを確認しておくと、広い範囲を脱毛するときにも安心です。

脱毛器が肌に合わなかった、というようなトラブルがある場合もあるので、狭い範囲でテスト照射をしてレーザー脱毛を試しておいた方が安心です。

カウンセリングでは補償内容も確認する

レーザー脱毛でやけどをはじめとした肌トラブルが起こった場合のサポートはクリニックによって様々です。無料で診察をしてくれたり、薬代も無料で保証してくれたりと、手厚いサポートをしれくれるところもあれば、治療費などは脱毛料金とは別で必要なところもあります。

信頼のおけるクリニックであれば必ず責任をもって治療をしてくれるはずですが、事前にどのような対応をしているかを確認しておくことが大切です。万が一、肌トラブルがあった場合にも、事前に確認しておくことで慌てずに対処をすることができます。

日焼け対策を万全にしておく

レーザー脱毛を受ける場合は、術前術後を問わず、肌を極力紫外線から守り日焼けしないよう努めることが大切です。日焼けの度合いについては、クリニックの医師やスタッフの判断によって違いますが、海や山でしっかりと焼いてしまった場合「施術ができない」と判断されることがあります。

この場合は日焼けが治まるまで待ってから施術をすることもあり、自分が希望する時期までにムダ毛をなくすことができなくなってしまいます。日常生活でやむを得ず焼けてしまう程度であれば施術ができる可能性はあります。しかし、顔は普段からしっかりとケアしている人は多いですが、腕や足などの体は服を着ることができない分、どうしても日焼けをしてしまいがちです。

通勤通学などの外出時だけでなく、屋内にいる時も窓から入る紫外線に気をつけ、肌を焼かない・乾燥させないよう心がけましょう。

日焼け・乾燥対策のポイント

一年を通して日焼け止めをしっかり塗る(屋内にいる時も油断をしない)
・夏は薄手のはおり物やメッシュのグローブなどを用意して肌の露出を抑える
日傘やつば広の帽子、サングラスなどを活用する
顔だけでなく全身の保湿ケアを習慣にする

日焼けしてても脱毛OKな脱毛器を選ぶ

クリニックで使用しているレーザー脱毛器によっては、日焼けをしていても脱毛できるものもあります。以前まで一番よく使われていたアレキサンドライトレーザーの脱毛器は、日焼けをしていると脱毛効果が薄く、やけどの危険性も高かったです。

今はダイオードレーザーが一般的になっていますが、ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりもやけどのリスクが低く、日焼けをしていても余程ひどくなければ脱毛できる可能性が高いです。

ダイオードレーザーを使用している脱毛器は主に、「ライトシェアデュエット」、「メディオスター」、「ソプラノ」の3種類があります。クリニックを検討するときは、そのクリニックが使用している脱毛器にも注目してみてください。

関連記事

信頼できるクリニックを選ぶ

安全性や信頼性を重視するクリニックは、スタッフ教育や導入する機器にも十分なコストをかけています。そのため、信頼できるクリニックは技術面からみても、導入機器の面からみても、やけどの発生リスクが低いと判断できます。

また、カウンセリングの段階で脱毛のリスクを詳しく解説し、万が一の際にどのような対処・治療を行うのか十分に説明してくれるところであれば、やけどに対する不安を解消した上で施術に臨めます。

施術を受けるクリニックを選ぶ時は、安全性や信頼性を確認するため、症例数や脱毛機器、やけどへの対処などをチェックするとよいでしょう。

日焼けしてても脱毛できる安心のクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニック

ライトシェアディエットを採用している脱毛料金が安いクリニックです。クリニックの脱毛ではアフターケアクリームを使用していることが多いですが、アリシアでは7種のハーブが配合されているセブンハーバルローションを使用しています。しっかりと保湿をすることでやけどをしにくい肌にすることができます。

アリシアクリニック公式サイト

レジーナクリニック

レジーナクリニック

ソプラノを使用して脱毛しているクリニックです。全身脱毛の料金が特に安く、シェービング料金がかかりません。1.5か月おきに施術することができるので、最短8か月で脱毛が完了します。顔やVIOを除いた全身脱毛の施術が最短90分で施術の時間が短いため、肌への負担が小さいです。

レジーナクリニック公式サイト

リゼクリニック

リゼクリニック

メディオスターやライトシェアディエットを含めた3種類の脱毛器を患者の肌質や毛質に合わせて使い分けています。サービスが充実しているクリニックで、シェービング料やキャンセル料だけでなく、万が一のときの診察料・お薬代・追加照射料などが無料です。やけど以外の肌トラブルが起きてしまっても無料で対応してくれます。

リゼクリニック公式サイト

やけどが怖い人はサロンの脱毛も

クリニックでの脱毛でやけどが不安な人は、サロンの光脱毛という方法もあります。クリニックよりも低い温度で照射するのでやけどの危険性が少なく、肌への負担も少ないです。しかし、万が一やけどをしてしまった場合、サロンは医療機関ではないため、医療従事者がいません。自分で皮膚科やクリニックを探さなければなりませんし、診察代やお薬代を保証してくれる制度はありません

SHR脱毛やハイパースキン脱毛を採用しているサロンは、子供でも脱毛ができるくらい肌への負担が小さいので、サロンの中でも特に安心です。しかし、1回の照射温度が低い分、脱毛効果が下がっていて、脱毛完了までの期間や回数はクリニックの倍くらいかかります。サロンを検討する人は注意しましょう。

これってやけど?やけどの症状と対処法

やけどの基本的な処置は冷水で冷やすこと

脱毛によるやけどの処置は、症状がでたら速やかに冷水で患部を冷やし、進行を抑えることが基本となります。その上で、迅速に症状に合った対処をすることが大切です。冷水を使った冷却のポイントは次の通りです。

・台所かシャワーで冷水(流水)を患部に5分~15分程度かけ続ける
・流水は患部に直接あてず、少し上部にあててやけどに刺激を与えないようにする
・流水を使うのが難しい場合は、洗面器に水を張って患部をつける
氷や氷水、保冷剤などは皮膚組織を痛めるため使用を控える

脱毛後「やけどかな?」と思ったら、まずこの流水による冷却で応急処置をほどこし、その後、以下の症状に合わせた対処法を行いましょう。

かゆみ・赤み

脱毛直後に出た赤みやかゆみは長くても1週間程度で引くので、あまり心配する必要はありません。数日赤みやかゆみの症状が続く場合には、冷水による5~30分程度の冷却を行い、冷却後は肌が乾燥しないようしっかり保湿して様子をみましょう。

それでも引かない場合には、病院に相談してください。脱毛後に炎症止めの軟膏が処方された場合は必ず使用してください。

また、赤みやかゆみはからだを温めると症状がひどくなる場合があります。脱毛当日にお風呂やサウナに入って肌を温めると症状が引かない可能性もあるため、これらの行為が禁止されている所が多いです。更に、肌が乾燥していると症状が出やすいので自宅に帰ってからもしっかりと保湿することを心がけてください。

また、脱毛後に日焼けをすると赤みがひかないこともあるので、施術が終わったからと言って油断せずに、注意しておくことが大切です。

やけど痕

やけど痕はかゆみや赤みよりも重いやけどです。冷水による冷却で応急処置をした後、速やかに医師による診察を受けましょう。自己判断で処置を行うと、回復が遅れる、肌に傷や色素沈着が残るなどの後遺症がでる危険性があります。

また、やけど痕は医師による治療を受け完治させない限り、脱毛を再開することができません。痕を残したまま無理に施術を再開すると、皮膚の肥厚やただれ(ケロイド)など、さらなる肌トラブルをまねくおそれがあるためです。

やけど痕が見られる場合は、医師や薬剤師の指導をよく守り、焦らず急がず処方薬で痕を治すことに専念しましょう。

水ぶくれ

レーザー脱毛後に水ぶくれができてしまった場合も、赤みが出ているときよりも皮膚の深い部分が傷ついてしまっているやけどということになります。

水ぶくれを早く治そうとして破ってしまったりする人がいますが、水ぶくれの中の液は皮膚を治すためのものなので、そのままにしておいた方が早く治ります。無理に水ぶくれを破ったり、放置してしまうと悪化してしまい、痕が残ってしまう可能性もあります。

水ぶくれができてしまった場合には、患部を清潔にしたあとに、しっかりと保湿をしてから清潔なガーゼなどで保護して、できるだけ早くクリニックや皮膚科の医師の診察を受けましょう。クリニックでは傷の状態にあった軟膏を処方してくれるので、医師のアドバイス通りに正しく使用してください。

かさぶた

脱毛でやけどをしたあとに、かさぶたができる可能性があります。かさぶたは通常の傷と同じように、自然に剥がれて治るはずです。無理に剥がしてしまうと、元々傷ついていた皮膚の更に深い部分にある皮膚まで傷ついて痕が残りやすくなってしまう可能性があります。

かさぶたになってしまった場合も、時間は掛かりますが治っていきます。クリニックにきちんと相談して、適切な処置を行いましょう。

ミミズ腫れやじんましん、発疹やヒリヒリした痛み

脱毛をした際に、ヒリヒリした痛みや発疹、みみず腫れやじんましんが起きてしまう場合があります。このような症状が起きた場合は、光アレルギーの可能性があるかもしれません。軽度のやけどに似た症状のため勘違いされがちですが、自己処置で完治することがないため医師による診察・治療が必要です。

一般的に、光アレルギーは紫外線を浴びることで発症するアレルギー症状を指しますが、脱毛では赤外線が用いられるため、光アレルギー症状がでることはほぼないとされています。

しかし、ごくまれに光そのものに対してアレルギー反応を起こす人も存在します。脱毛後、ヒリヒリした痛みやじんましんのような症状が続く場合は、速やかに医師の診察を受け、脱毛の継続が可能かどうか相談しましょう。

光アレルギーの場合はテスト照射をすればアレルギーがあるか分かるはずなので、カウンセリングではできるだけテスト照射を受けるようにしましょう。

まとめ

医療レーザー脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応して、熱で毛根を焼くことで脱毛効果を得ているため、やけどを負ってしまうこともあります。普通に脱毛していれば滅多に起こりませんが、肌が日焼けをしている、施術者や脱毛器に問題があるなどのイレギュラーが起こると、やけどを負ってしまう可能性が高くなります。

レーザー脱毛でのやけどを防ぐためには、カウンセリングでテスト照射を行う日焼け・乾燥対策を万全にしておく、日焼けしてても脱毛できる脱毛器を選ぶ、などのことに注意しながら、信頼できるクリニックを選びましょう。

もしやけどを負ってしまった場合には、冷水で冷やすことを基本として、それぞれの症状にあった正しい対処をしましょう。

関連記事