脱毛前の自己処理の方法とシェービングサービスが無料のサロン・クリニック

脱毛はサロン・クリニックによっては剃り残しのシェービングサービスに料金が掛かるところもあります。「脱毛料金は安いのに毎回シェービング料が掛かって、他のサロンより高くなってしまった」、「綺麗に剃ったはずなのにシェービング料が取られた」というケースもあります。なるべくなら、シェービング無料のサロン・クリニックを選んでおきたいところです。

ここでは、シェービングが難しい部位のシェービング方法各サロン・クリニックのシェービング料をご紹介します。脱毛サロン・クリニックを探している人は、ぜひ参考にしてください。

実はとっても重要な脱毛前の自己処理

シェービングをしないと脱毛効果が薄くなる

脱毛をする際は、前日から2日前までにまでにムダ毛の自己処理を済ませておくように言われることがほとんどです。これからムダ毛を抜くのに、なんでわざわざ剃っておかないといけないのか疑問に思うかもしれませんが、これは、脱毛の照射の仕組みに関係しています。

サロンやクリニックで使われている脱毛機は、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の細胞にダメージを与えて脱毛します。

施術の際にムダ毛が長いままだと、脱毛の光が分散して毛根部分のメラニン色素に反応しにくくなり、脱毛効果が薄れるのです。また、分散した光が毛の無い部分にも当たってしまい、結果的に肌への負担が大きくなります。事前の自己処理は、肌への負担をやわらげ脱毛効果をアップさせるためには外せないのです。

脱毛が進まなくなる危険性も

さらに、ムダ毛部分のメラニン色素に光が反応してしまうと、熱エネルギーが毛に反応することになり、痛みをともなう場合も出てきます。ほかにも、やけどなどの肌トラブルを招いてしまうため、脱毛施術の前にムダ毛を自己処理していく必要があるのです。

シェービングをしないと、最悪の場合は施術をしてもらえません。シェービングサービスのないサロンやクリニックでは、その日の施術はキャンセルになって、せっかく行ったのに何もせずに帰ってきてしまうことになります。そのようなことがないように、しっかりと事前処理をしましょう。

脱毛前の自己処理で悩んでいる人は多い

他のみんなが実際どのように自己処理をどの程度行っているのか気になるところです。自己処理はどのような道具を使用すればいいのか、各部位ごとにどのように処理をしていけばいいのか、どのような悩みがあるのかを調べました。

普段剃らない部位の処理は?

脱毛サロン行く前にムダ毛処理ってしなきゃいけないですよね?

光脱毛なのですが。

剃る以外に抜くのはNGなんですよね?
だとしたら、普段剃らないお腹、背中、お尻、VIOラインも事前に処理していかなければいけないということになりますよね?
初めてなのでよくわからなくて…

Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13174478268?

VIO脱毛の自己処理方法は?

V.I.Oの脱毛に行くのですが
来る前に自己処理をしてくるように言われました。

自己処理というのは
Vラインだけで良いのでしょうか?

それともIラインも含むのでしょうか?

また、どのような自己処理をすれば
より効果的に脱毛が出来るのか教えてください。

電気シェーバー?除毛クリーム?
ハサミで短く切りそろえるだけ?

Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1265250897?

リサーチを重ねてみると、比較的処理がしやすい太ももやワキなどで悩んでいる人はとても少なかったです。一方で、自分で処理しにくい背中どこまで剃ってよいのか分からないデリケートゾーンに関する悩みがたくさん見られました。

脱毛前の自己処理で1番いいタイミングは?

シェービングに1番いいタイミングは1~2日前

シェービングは毛を剃るための行為でも、一緒に肌を傷つけてしまっています。脱毛の照射も肌への負担が大きいので、ダメージを蓄積しないように、できれば当日の処理は避けた方がよいです。

脱毛時に「きちんと処理されている」と判断されるには、毛の長さは大体2ミリ程度です。早く処理しすぎても毛が伸びてしまうので、1~2日前に処理すると負担が小さく、長くなりすぎないタイミングで施術できます。

1番いい時間はお風呂

自己処理をするのに最適な時間はお風呂です。体が温まることで、毛と肌が柔らかくなり、シェービングしやすくなります。

ムダ毛の処理をする場合に石鹸でそのまま剃ってしまう人も多いですが、脱毛前は避けるようにしてください。ちゃんとしたシェービング剤を使って、極力肌への負担を減らした方が、肌トラブルが起こる可能性が少なくなります。

シェービングの後はしっかり保湿することが大切です。脱毛は肌が乾燥していると効果が薄れ、やけどしてしまうことがあります。シェービング後はしっかりと保湿して、肌の状態を万全にしておきましょう。

脱毛前の自己処理には電気シェーバー

サロンやクリニックで脱毛する前の処理には、電気シェーバーがベストです。普段はカミソリや毛抜きで処理している人も多いですが、自己処理によるムダ毛の剃り残しやお肌のダメージを少なくするには、T字カミソリや毛抜きよりも電動シェーバーを使って処理する方がおすすめです。

カミソリは肌に細かいキズを付けてしまい、照射のダメージをもろに受けてしまう可能性がありますが、電動シェーバーなら肌を傷つけずに自己処理することができます。また、毛抜きや除毛クリームなどでムダ毛を抜くような自己処理は、毛周期がずれてしまうため脱毛中はしないでください。

毛を抜くことがなく、肌への負担が少ない方法で一番適しているのが電気シェーバーです。シェービング後はしっかり保湿をしておくことも忘れずに行いましょう。

顔やVIOには顔用シェーバーが処理しやすい

電気シェーバーは、顔やVIOには顔用のシェーバーそのほかの部位にはボディ用シェーバーを使いましょう。顔とVIOで同じシェーバーを使うのは抵抗があると思うので、顔用シェーバーを2本使い分けるようにするとよいです。

普段から毛抜きを使っているからと無理に毛抜きを使用して、毛穴がふさがれてしまうと埋没毛の原因になります。埋没毛とは、本来なら皮膚の外に伸びる毛が、皮膚の内側で成長してしまうことで起こり、毛嚢炎や色素沈着を引き起こしてしまうこともあります。肌に負担をかける自己処理法は、絶対にやめましょう。

脱毛の自己処理が難しい部位のシェービング方法

まずはやりやすい部位から

まず、顔や腕、胸、お腹、足などの、やりやすい身体の前面部分の自己処理方法から解説します。基本的にはボディ用のシェーバーを使用して、毛の流れに沿うように剃ります。あまり強くシェーバーを押し付けないようにして、軽く肌の上を滑らせるようにすると、肌にダメージを与えなくて済みます。

手や足の甲、指などは剃るのを忘れがちな部分なので、剃り残ししないように気をつけましょう。細かい部分で剃りにくい場合には、顔用のI字型シェーバーを使用すると剃りやすいです。

背中の自己処理の仕方

背中のムダ毛は、自分で処理しにくくケガをしやすいからこそ、脱毛サロンやクリニックに任せたいという人も多いですよね。しかし、脱毛するからには、ある程度自分で処理をしていかなくてはいけません。本来なら、家族や友人に頼むのが1番確実ですが、そう簡単に頼めるものでもありません。

周りの人に頼むのは難しいという人は、背中専用のシェーバーがあります。普通のT字型やI字型のシェーバーで処理するのは難しいので、肌を傷つけないためには背中専用のシェーバーを使うのが安全です。

普通のシェーバーで無理にやろうとすると、肌を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。全く自己処理をしないのはマナー違反ですが、自分でできる限りの処理はしたという人は無理をする必要はありません

VIOのシェービング方法

VIOラインは見えにくい部位のため、鏡にうつしながら処理をするようにしましょう。鏡の前に体育座りをするか、鏡の上にまたがるように処理するのが1番やりやすいです。デリケートな部位なので、特に慎重に、深く剃りすぎないように注意してください。

Vライン

Vラインはまず、はさみで全体を短くカットし、Vラインを押さえながら、上から下へ毛の流れに沿ってシェービングすると綺麗に剃れます。このときに、埋没毛は無理にほじくり出したりしないようにしてください。

また、Vラインのデザインをしたいという人は、自分が剃りたい形にあったプレートを用意して、プレートに沿って処理すると綺麗な形にできます。全体的にボリュームダウンしたい場合には、初めの数回は全部剃っていくようにします。

Iライン

Iラインは、鏡を前に置きチェックしながら行いましょう。まず、ムダ毛をはさみでカットし、シェービングする箇所をひっぱりながら、電気シェーバーで毛の流れに沿ってシェービングするとスムーズです。

Iラインは全剃りを考える人が多いですが、ハイジニーナの人でない限り、全剃りをするとVラインが浮いてしまいます。前からIラインが見えないようにVラインから繋げて、前面を少し残して処理すると自然に見えます。

Oライン

Oラインは、最も自己処理が難しい部分ですので、無理をせず少しずつ進めましょう。鏡を地面に置き、その上にしゃがむようにして見ながらシェービングするか、後ろ手に手を回し皮膚をひっぱりながら、内側から外側へ滑らせていくのがおすすめです。Oラインは全剃りしても問題ありません。

思わぬ損をしないために、剃り残しの多い部位はもう一度チェック

せっかく施術を受けに行ったのに、契約した部位に照射をしてもらえないということが起こらないように、特に剃り残しが多い部位は、気をつけてチェックするようにしましょう。

顔の処理については、あご下、もみあげや首との境です。顔を全面的にやるだけで、忘れがちな部位です。デコルテ、胸下、へそまわり、肩まわりは産毛だけのことが多く、忘れやすいです。

腕全体はやったものの、手首やひじを忘れてしまうことがあるので、注意しましょう。ヒップの境目、足の裏側真ん中あたり、太もも後ろ側は、見えづらい部位なので、うっかりしてしまうことが多いです。手足をきれいにシェービングして満足してしまい、手や足の指を忘れてしまうことがあるので気をつけましょう。

脇の処理を全体的にやったとしても、脇のくぼみ部分が処理されていないことがあります。角度を変えながら、電動シェーバーを当てるようにしましょう。

自己処理後の肌ケアは入念に

自己処理をした後の肌のケアは念入りに行いましょう。特に保湿は大切です。自己処理で負担をかけることにより、肌は乾燥します。元々乾燥肌や敏感肌だという人は、特に要注意です。

乾燥している肌には脱毛機の光やレーザーの照射が伝わりにくく、充分な効果を得ることができません。照射によって、水分を奪われるため、さらに乾燥してしまいます。肌が乾燥していると、熱が伝わりにくいだけではなく、痛みも強く感じられてしまいます。

また、紫外線にも要注意です。紫外線に当たり、日に焼けてしまうと、施術を断られてしまうこともあります。脱毛の照射は黒い色に反応するため、日に焼けた黒い肌は火傷を負ってしまうリスクがあるからです。日焼け止めクリームを塗る、肌を出さない長袖、長い丈のスカートやパンツを着るようにするなど、紫外線に当たらないようにしましょう。

関連記事

ダメな処理の仕方

ダメな処理の仕方は、まず毛抜きを使うことです。すでに説明をしましたが、毛抜きで毛を抜くことで肌を傷つけ、毛周期を乱します。毛嚢炎や埋没毛の原因にもなります。

カミソリでの自己処理もNGです。カミソリの刃が肌の表面を傷つけ、肌荒れを起こすことがあります。赤く腫れてしまったり、乾燥してしまったり、黒ずみの原因になることもあります。荒れた肌は、脱毛の施術を受けることができません。

除毛クリームでの処理も、避けるようにしましょう。痛みもなく簡単なので重宝される処理法ですが、除毛クリームにはたんぱく質を溶かす成分が含まれています。この成分によって毛が溶けるのですが、同時に肌にも刺激を与えてしまいます。結果的に、肌が荒れて乾燥してしまいます。

脱毛施術を受けている間は、電気シェーバーによる自己処理が最適と覚えておけば間違いはありません。

シェービングが無料のサロン・クリニックを選ぶメリット

手の届かないパーツの自己処理は大変

自分でシェービングするのが難しい部位を脱毛したいときは、無料のシェービングサービスがあるサロンの方が安心です。うなじ、背中、Oラインなどは手が届きにくく、目視で確認するのも難しいので、自己処理するのはかなり大変です。

合わせ鏡をするなど、自己処理する方法もあるにはありますが、手足などのように完全に剃り切れるものではありませんし、手間と時間もかなり掛かります。そこまで苦労しても、少しでも剃り残しがあればシェービング料が掛かったり、剃り残しは照射してもらえないサロンもあります。

シェービング料は意外と高い

脱毛は同じ部位を何回も施術するので、シェービングが有料のサロンでは脱毛料金が安くても、シェービング料がかさんで総額が高くなることもあります。

1回のシェービングで1,000円以上かかることも珍しくなく、サロンによっては部位ごとにシェービング料が掛かることもあります。剃り残しが複数の部位にあるとシェービング料だけで1回に何千円も掛かってしまいます。

剃り残しがあると施術を断られることも

自己処理をしていない場合は脱毛効果が薄れ、肌トラブルの原因にもなるため、一般的なサロンやクリニックではほとんどの場合、事前のシェービングが必要になります。

シェービングをしていないと施術自体を断られてしまったりその部分を避けて照射する場合がほとんどなので注意が必要です。その場で自己処理できることもありますが、シェービングに時間がとられて施術時間が短くなるともったいないです。

サロンやクリニックの方針や、契約しているコースによってはシェービングに補助がついたり、無料でシェービングしてもらえたりする場合もあります。背中やうなじ、Oラインなど手の届かない部分に関しては無料で対応してくれるサロンやクリニックも多くあるので、無料カウンセリングの際に確認してください。

あくまでも自己処理をした剃り残しに対しての無料サービスなので、全く処理をしないで行く、ということはないようにしましょう。

シェービング無料の脱毛サロンは?サロンのサービスまとめ

自分で綺麗に処理する自信がないならシェービングサービス

脱毛施術前の自己処理は、どこのサロンやクリニックでもしてくるようにと言われますが、全身の自己処理は難しいです。特に手が届かない部分や、見えづらい部位は、無理に自己処理をすると怪我をしてしまう可能性もあります。

手が届かず、自己処理がしづらい背中やOライン、または剃り残しについて、シェービングサービスをしてくれるサロンやクリニックもあります。あくまでも自己処理をした上での、剃り残し部分についてです。

また、サロンやクリニックによって剃り残しへの対応は違います。ここでは、シェービングサービスがあるサロンやクリニックと、その対応について紹介します。

脱毛サロンのシェービングサービス

シェービングサービスはサロンによってかなり差があり、手が届きにくい部位だけは無料でシェービングしてもらえるサロン、背中も全部自己処理して行かないと照射してもらえないサロンなどさまざまです。

シェービングが完全無料のサロンは少ないですが、手が届きにくい部位だけでも無料でシェービングしてもらえるサロンを選んでおくと安心です。

完全無料のサロンでも、ある程度の自己処理はマナーとして必要です。有料のサロンほど神経質になる必要はありませんが、手が届く範囲だけでも自己処理はしていくようにしましょう。

サロン シェービングサービス
ミュゼ えりあし・背中・Oラインは無料でシェービング。それ以外の剃り残しは避けて照射
ジェイエステ シェービング料無料だが、シェービングしてもらった部位は、肌トラブル回避のため、出力を下げて照射
TBC 店舗によって対応が異なる
エピレ 店舗によって対応が異なる
キレイモ 回数パックはシェービング無料。月額制はえりあし・背中・Oラインのみ無料で、その他の部位はシェービング料1,000円
脱毛ラボ 顔とVIOは1,500円で、その他の部位は1,000円
銀座カラー 剃り残しは避けて照射。シェービングサービスは一切なし
シースリー シェービング料無料だが、顔とVIOは衛生のため、電動シェーバーの持参が必要
恋肌(こいはだ) えりあし・背中・Oラインは無料。その他の部位は1部位800円
ディオーネ 無料
ストラッシュ 回数パックと通い放題コースはシェービング無料。月額制と都度払い制は1,000円

シェービング無料のおすすめサロン

キレイモ

キレイモ

全身脱毛専門のサロンで、回数パックと月額制が選べます。シェービングが完全無料になるのは回数パックです。月額制は手が届きにくい部位のみ無料で、その他の部位は1回1,000円です。キレイモの月額制は、好きなときに止められて、最低契約期間も2ヶ月だけなのでお試し利用にも向いています。

冷たいジェルを使わずに脱毛できる国産の最新型脱毛器を使用しています。アフターケアはスリムアップ保湿ローションと、美白保湿ローションから選べます。

キレイモの全身脱毛コース

ストラッシュ

ストラッシュ

全身脱毛が安いサロンで、脱毛の痛みや肌への負担が少ないSHR脱毛を採用しています。通常2年以上かかる光脱毛が最短6ヶ月で脱毛が完了するので、すぐに効果を得たい人におすすめです。独自の予約管理で、2週間~1ヶ月ごとに予約が取れて通いやすいです。

1回の照射で2往復4回照射するため、照射漏れが少なく安定した効果を得ることができます

ストラッシュのSHR脱毛

ディオーネ

ディオーネ

痛みが少ないハイパースキン脱毛を採用しています。アトピー肌、敏感肌の人や、ニキビ肌の人でも脱毛できます。普通の光脱毛よりも肌への負担が小さく、子供にも脱毛が可能です。3~4週間に1回のペースで通えるので、光脱毛よりも早く脱毛が完了します。

脱毛後は美白アフターケアをしてくれるので、ムダ毛が無くなるだけでなく、美肌効果も期待できます。

ディオーネのアフターケア

医療脱毛でシェービング無料のおすすめクリニックは?

クリニックのシェービングサービス

クリニックのシェービングサービスも各クリニックで異なり、中には「新宿院は無料だが、銀座院は有料」と言った具合に、院によって規定が異なるクリニックもあります。自分が行きたい院なども調べて、できるだけシェービング料が無料のサロンに通うと負担がありません

クリニック シェービングサービス
アリシアクリニック 手が届きにくい部位は、剃り残しが多くなければ無料。その他の部位はシェービング料2,000円
リゼクリニック 無料
湘南美容外科 1部位500円だが、スタッフによって規定通りだったりおまけしてくれたり対応が異なる
クレアクリニック 背面以外は1部位1,080円
渋谷美容外科 無料
KM新宿クリニック 1,000円~

シェービング無料のおすすめクリニック

リゼクリニック

リゼクリニック

脱毛料金が安く、毎月の負担が少ない月額定額払い(分割)も可能です。ライトシェアデュエットを採用しているので痛みが少なく、産毛も脱毛できます。硬毛化保証があるので、産毛脱毛のリスクである硬毛化・増毛化が起こったときも無料で照射してもらえて安心です。

シェービング料やキャンセル料と言った追加料金が無料なので、安心して通えます。女性専用クリニックなので、待合室で男性患者と顔を合わせることもありません。

リゼクリニックのサービス

渋谷美容外科

渋谷美容外科

部分脱毛が安く、毎月の負担が少ない月額定額払い(分割)もできます。都心の院は23時まで脱毛できるので、残業がある日も通いやすいです。アレキサンドライトレーザーなので、ライトシェアデュエットより痛みが強いです。

シェービング料は無料ですが、当日キャンセルのペナルティが厳しめなのと、初診料・再診料が掛かる点は注意が必要です。また、解約の際に残金の返金がありません。

渋谷美容外科の部分脱毛

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックは自己処理が難しい、えりあし ・背中 ・腰 ・Oラインの剃り残しは無料で手伝ってもらえます。その他の部位で不安な人は有料のシェービングサービス(1回2,000円)も行っているので、希望する場合は予約時に申し込みをしましょう。

それぞれの部位やセットコースごとに、5回コース、8回コース、通い放題コースが選べるので、自分の脱毛したい回数に合わせてプランを選ぶことができます。VIOなども確実にツルツルにしたい人は通い放題、全体的に薄くなればいい程度の人は5回コースがおすすめです。

アリシアクリニックの回数プラン

まとめ

脱毛のときは事前にシェービングをしてから施術します。先に処理をしておかないと、やけどをしてしまったり、脱毛の効果が表れないといった問題が起こってしまいます。

シェービングは、脱毛の1~2日前のお風呂のときにするのが最適です。シェービング剤を使って電気シェーバーで処理すると、肌への負担が少なく済みます。

背中やVIOなどの手が届きづらい部位をシェービングするには、専用のシェーバーや鏡を活用するとやりやすいです。しかし、どうしても目に見える部位に比べて難しいので、シェービングが無料のサロン・クリニックを選ぶと、余計な手間や時間をかけることもありません。

これから脱毛を考えている人は、サロンやクリニックを検討するときにシェービングサービスの有無も考えて選ぶと追加料金が掛からないので安心です。

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表