エステサロンやクリニックに通って脱毛施術を受けたほうが良いのはわかっていても、自宅で気軽に脱毛したい人や気が進まない、なかなか時間がとれない人もいますよね。

そのような人の中には、もし自宅でできるセルフ脱毛や、おすすめのケア方法があれば知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、自宅でできる脱毛方法、その中でおすすめの方法自宅でのセルフ脱毛で起きてしまう可能性があるトラブルについてお伝えします。自宅でのおすすめの脱毛方法が気になっている人は参考にしてください。

自宅でできる脱毛方法とは

カミソリやシェーバーによるシェービング

自宅でムダ毛ケアをする時、カミソリやシェーバーを使っている人は多いです。特にカミソリは安く購入できるので、リーズナブルな自己処理法です。シェーバーも、最近はさまざまな種類が出ていて、処理したい部位に合わせたシェーバーを選ぶようにしている人もいます。

カミソリやシェーバーでムダ毛をシェービングする際には、毛の流れにそって処理するようにしてください。毛の流れに逆らって処理をすると、肌を傷めてしまいます。処理前には、毛を温めておくとやわらかくなるので処理しやすいです。

しかしカミソリやシェーバーでの処理は、黒いポツポツ跡が残り、またすぐに毛が生えてきてしまうので頻繁に処理をする必要があります。

カミソリでの自己処理は、肌に負担をかけ、色素沈着につながってしまうので注意が必要です。

毛抜きによる自己処理

毛抜きを使った処理もリーズナブルな自己処理として人気があります。毛抜きを使えば、毛根から処理ができるので、カミソリによる自己処理のような、黒いポツポツ跡が目立つようなこともありません。

ただし、毛抜きでの処理は、肌にも毛穴にも大きな負担をかけます。また、無理やり抜くと途中で毛が切れたまま、皮膚の中に埋もれてしまうこともあります。なお、肌へのダメージは色素沈着の原因にもなります。

脱毛(除毛)クリームによる自己処理

簡単に販売店で入手できる除毛クリームでの自己処理も手軽で人気です。「脱毛」クリームという名前で販売されていることもありますが、正しくは脱毛ではなく「除毛」しかできません。今生えている毛をなくすだけなので、また生えてきます。

除毛クリームは、毛のたんぱく質を溶かし処理します。毛を溶かす際に肌の表面も溶かしてしまうことがあるので、よく説明書を読んでから使うようにしましょう。

なお、デリケートゾーンなどの皮膚が薄い部位に使うのはNGです。元々肌が弱い人は、手足に使っても赤く腫れてしまう可能性があります。男性の場合、ヒゲの処理に使う人もいますが顔に使うのも危険なのでやめましょう。

抑毛クリーム、石鹸での自己処理

生えてくる毛を抑毛し、薄くしていくアイテムとして、抑毛クリームや抑毛石鹸があります。抑毛していくためには、毎日コンスタントに使い続ける必要があります。

また、抑毛クリームやローションなどは清潔な肌に丁寧に塗るようにしましょう。肌の深部に浸透するように塗らないと、効果を実感することができません。

抑毛クリームや抑毛石鹸での自己処理は、肌に合わないものではない限り、肌に大きな負担をかけません。しかし、即効性はなく、気長に使い続けることが必要です。実感できる効果も「そういえば、前よりも生えてくる毛がまばらになってきた」「薄くなってきたような気がする」など、少しずつなので、早くムダ毛をなくしたいという人には向かない処理法です。

ブラジリアンワックスによる自己処理

最近はブラジリアンワックスで自己処理をしている人も多いです。ブラジリアンワックスで自己処理をするメリットは即効性があることです。

脇の毛は太くて濃いので、ブラジリアンワックスで処理するときれいに脱毛できるのでおすすめです。Vラインをはじめ、デリケートゾーンの処理も、ブラジリアンワックスでできます。ブラジリアンワックスの種類によっては、使い方が難しいこともあるので、使いやすいブラジリアンワックスなのか、購入前には口コミなどをチェックしましょう。

また、油性のブラジリアンワックスよりも水性の方が使いやすいです。粘着力が強すぎると、皮膚まではがしてしまう可能性もあるからです。ブラジリアンワックスは、毛の流れにそって塗り、毛の流れに逆らって一気にはがすようにしましょう。

自宅でできる脱毛方法の中でおすすめの方法とは

家庭用脱毛器による脱毛

自宅でできる脱毛方法の中では、家庭用脱毛器による脱毛がおすすめです。家庭用脱毛器にはさまざまな種類があります。主流は脱毛サロンで行っているのと同じ、フラッシュ式の光脱毛ですが、医療脱毛と同じレーザー式の機種もあります。

また、家庭用脱毛器は女性が使うものとは限らず、メンズのヒゲ用などもあり、男性でも手軽に脱毛ができます

家庭用脱毛器は説明書をよく読んで、自己責任で行わなくてはなりません。また、家庭用ということもあり、出力が抑えられています。そのため、効果が感じにくいので、気長に繰り返し行っていく必要があります。

自己処理の注意事項

家庭用脱毛器での処理は、照射回数を多くすればいいということではありません。過度な施術は肌に負担をかけてしまう危険性があります。毛周期を考えながら処理をしていかないと脱毛効果は得られないので、気をつけましょう。

また、間違った自己処理は火傷などの肌トラブルの原因になります。何度も同じ箇所ばかりに照射しないようにするなど、使い方には注意が必要です。

自宅でセルフ脱毛したら起こる可能性のあるトラブルとは

肌への負担から起こるトラブル

セルフ脱毛を行うと、脱毛処理後のケアもすべて自己責任になります。そのため、しっかりとアフターケアを行わなと肌に負担がかかり以下のような肌トラブルを引き起こします

肌の乾燥

自己処理は肌に負担をかけます。ダメージを負った肌には、たっぷりと保湿ケアを行うことが大切です。サロンやクリニックでは照射後に行ってくれることが多いですが、セルフケアだと自分で行わなくてはなりません。肌の乾燥は痛みやかゆみ、赤く腫れるなどの炎症を起こします

色素沈着

肌への刺激は黒ずみなど色素沈着の原因にもなります。肌に負担をかけないことが1番の予防策ですが、なるべく色素沈着を起こさないためにも日ごろから保湿ケアを徹底し、肌のターンオーバーが正常に行われるように規則正しい生活を心がけましょう。

埋没毛

毛抜きでの間違った自己処理方法では埋没毛になってしまう可能性もあります。毛抜きで毛を引き抜くときに、毛根から抜けず、途中で切れてしまうことがあります。傷んだ毛穴が、傷を修復するために塞がってしまい、中に毛が埋もれてしまう、切れた毛がそのまま皮膚の下で伸びてしまうことを埋没毛と言います。

放っておいても、肌のターンオーバーとともに皮膚の上に押し出されてきますが、埋まっている間は肌の上からも黒く見え、肌が汚くなってしまいます。

毛嚢炎

毛嚢炎とは、自己処理等で毛穴の奥に菌が入り込み、炎症が起きることです。サロンやクリニックでの施術でも起こる可能性はありますが、セルフ脱毛だと自分で毛嚢炎に対応しなくてはなりません。

肌にニキビのような炎症が起こったら、早めに医師に診断してもらいましょう。

セルフケアは気を付けていてもトラブルは起きる

自宅で手軽にできるセルフ脱毛は魅力的ですが、気を付けていても肌トラブルがつきものです。セルフ脱毛に挑戦するのもよいですが、心配な人はプロに任せたほうが良いでしょう。おすすめのサロンやクリニックを紹介します。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、全国展開している人気脱毛サロンです。部分脱毛の激安のキャンペーンを実施していることが多く、気軽に通い始められます。リーズナブルな部分脱毛セットコースも豊富にあり、部位脱毛を希望している人にはおすすめサロンです。

湘南美容外科

湘南美容外科は、医療脱毛がリーズナブルな料金で受けられる老舗クリニックです。部位ごとの施術料金も細かく設定されていて、部分脱毛のキャンペーンを行っていることも多いので、希望部位のキャンペーンが行われていないかチェックしてみましょう。

キレイモ

キレイモは全身脱毛専門サロンです。全身脱毛が安く、リーズナブルな月額制もあるのでおすすめです。キレイモの全身脱毛範囲は、ほかのサロンやクリニックでは範囲外になっている、顔脱毛やVIO脱毛も含まれています

ストラッシュ

ストラッシュはSHR脱毛という痛みのないスピーディーな脱毛を行っているサロンなので、痛みに特に弱い人にはおすすめです。全身脱毛には月額制と回数パックプランがあり、希望に合わせて選ぶことができます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックで導入している脱毛機は、痛みが少ないライトシェアデュエットです。全身脱毛は痛みを強く感じやすい部位もあるので、痛みが少ない脱毛を行っているアリシアクリニックはおすすめです。

費用がかかりがちな医療脱毛ですが、アリシアクリニックでは分割月額払いができるため、月々の負担が脱毛サロン並にリーズナブルです。

まとめ

自宅で気軽にセルフ脱毛を行いたいと考えている人は多いです。脱毛方法としては、カミソリやシェーバー、毛抜き、脱毛クリーム、抑毛クリーム、ブラジリアンワックスを使う方法があります。手軽である、即効性があるなど、どの方法にもメリット、デメリットがありますが、結果的には生えている毛を取り除くだけで、繰り返し処理をする必要があります。

セルフ脱毛でも、サロンやクリニックに通うのと同じような効果が期待できるのは、家庭用脱毛器を使う方法です。さまざまな種類がありますが、説明書をよく読み、正しく使う必要があります。間違った自己処理は、火傷などの肌トラブルの原因になります。トラブルが起きたときはすべて自己責任になります。

肌トラブルが心配な場合は、プロに任せたほうが安心です。サロンやクリニックに通い、安心して、安全で確実な脱毛処理を行うようにしましょう。