Vライン脱毛はした方がいい?人気のデザインや自己処理の方法とは

脱毛施術の部位の中でも、VIOは人気の部位です。Vラインは、デザインの形なども選べます。どんなデザインが人気なのか、施術前のムダ毛処理の方法など疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、Vライン脱毛のおすすめの形脱毛前の処理方法サロンでのVライン脱毛のやり方痛みや回数などについて説明します。Vライン脱毛についてよくある質問も合わせて紹介します。

Vライン脱毛をするにあたり、わかりにくいことをまとめましたので、この記事を読んで不安を解消してくださいね。

Vライン脱毛におすすめの形は?

Vラインの脱毛範囲

Vライン脱毛の範囲は、サロンやクリニックによって多少違いがあります。大まかにいうと、デリケートゾーンの前面部分です。前面部分すべてをVライン脱毛の範囲にしている場合もありますが、小さめのショーツを履いたときにショーツからはみ出る両足の付け根部分のみをVラインやVゾーンと呼ぶ場合もあります。

両足の付け根部分のみをVラインと呼ぶ場合は、前面部分はトライアングル上、トライアングル下などと呼びます。サロンやクリニックによって、ボクサーパンツを履いたときに隠れる広い範囲の前面をVラインとしていることもあります。

Vライン脱毛の施術を受ける前に、通いたいサロンやクリニックの脱毛範囲を確認するようにしましょう。Vライン脱毛ではデザインを選べますが、脱毛範囲によって、希望の形にできないことがあるためです。

人気のあるデザイン

人気があるデザインの1位は、逆三角形です。自然な形で、いかにも処理をしましたという感じにならないのが人気の理由です。人気の2位は、楕円形です。元々、毛が薄いというイメージになり、やはり自然な形になります。そのほか、長方形やハート型などのデザインもありますが、意外にも希望者が多いのが全処理です。

全処理は、アンダーヘアをすべて処理してツルツルにしてしまうことで、パイパン、ハイジニーナとも呼ばれます。女性の中には、どうせ処理をするのなら全処理にするという人が増えていて、清潔感があるという理由で男性からも人気です。

希望のデザインがある場合は、Vライン脱毛を始める時にスタッフに伝えるようにしましょう。カウンセリングでデザインを説明してくれる場合もありますが、自分でもある程度決めておくと良いです。

Vラインを自宅で処理するには?脱毛前の処理方法を詳しく紹介!

Vラインの施術前には自己処理をしていく

Vラインだけに限りませんが、脱毛の施術前には自己処理をして行く必要があります。自己処理が不十分で剃り残しがある場合、サービスでシェービングをしてくれるサロンやクリニックもありますが、別途、シェービング代をとられることもあります。または、剃り残し部分を照射してもらえないこともあります。

VIO処理の中で、Oラインなどの目に見えにくい部位は、シェービングサービスがある場合もあります。しかし、Vラインは見えやすく手も届く部位なので、基本的に自分で事前処理をしていく必要があります。

Vラインの自己処理方法

Vラインの自己処理は、施術予約日の2日前に済ませましょう。前日や当日に慌てて処理をして、傷つけてしまったら照射してもらえません。脱毛機の照射は、毛の黒いメラニン色素に反応します。毛の黒いポツポツが少し見えるくらいに処理しましょう。

Vラインを処理するには、小さなハサミとシェーバー、立てて固定できる鏡を用意します。Vラインは鏡が無くても確認できますが、見えにくい部分は鏡があったほうが安全です。

処理する部分を清潔にします。蒸しタオルなどで温めると、毛が柔らかくなって処理がしやすくなります。処理する範囲はサロンやクリニックの指示に従うようにしましょう。全体的に毛量を薄くするために、最初の2,3回は全剃りにしていって全部分に照射してもらうと自然な感じに仕上がります。

サロンのVライン脱毛のやり方は?Vライン脱毛は恥ずかしくない!

Vライン脱毛の方法

Vライン脱毛をしたいと思っていても、「Vラインを見られるのは、恥ずかしい」と思う人もいますよね。でも、Vライン脱毛は時間もかからず、あっという間に終わります。恥ずかしいと思うのは初回だけで、慣れてしまいます。

Vライン脱毛のためにエステサロンに行くと、まず用意されている紙ショーツなどに着替えます。サロンの脱毛法によって、かかる時間は変わります。ジェルを塗る脱毛法なら15分塗らない脱毛法なら10分ほどで終わります。ジェルを塗るサロンでは、ヘラなどを使って塗ってくれます。

紙ショーツをずらしながら照射をします。ジェルを塗るサロンでは、照射後にジェルを拭き取ってくれます。

Vライン脱毛の施術時の体勢

Vライン脱毛をするときの体勢は、仰向けで寝ているだけです。IラインやOラインの脱毛は、ひざを曲げたり、うつ伏せになったりと体勢を変えなくてはなりませんが、Vラインはそのまま施術ベッドに仰向けになっているだけなので楽です。

恥ずかしくない対策

Vライン脱毛は恥ずかしいという気持ちを尊重して、各サロンでは恥ずかしくない工夫をしてくれています。ほとんどのサロンでは紙ショーツが用意されていて、施術中も履いたままです。施術時は、照射部分だけを出して、終わったらまた隠してくれます。

脱毛施術のときには、脱毛機の光が目に入らないように、ゴーグルやタオルで目を隠します。施術中にスタッフと目が合うこともないので、恥ずかしさもありません。

Vライン脱毛の痛みや回数は?

Vライン脱毛の痛み

全身の脱毛部位の中でも、VIO脱毛は痛みを強く感じやすい部位です。太く濃い毛が密集しているため、脱毛機の反応も強くなるためです。しかし、痛みの感じ方には個人差があり、「Vラインの脱毛は、それほど痛くなかった」という人もいます。反対に「すごく痛かった」という人もいます。

痛みは肌の状態によって、変わってきます。脱毛の施術を受けている間は、特に念入りに保湿をするようにしましょう。乾燥した肌に照射をすると、痛みが強い上に、充分な脱毛効果を得られません。

Vライン脱毛の痛みは「輪ゴムをパチンと弾いたような痛さ」といわれることが多いです。また「ところどころ、突き刺すような痛みがあった」という人もいます。

Vライン脱毛の口コミ

Vライン脱毛を実際にした人の口コミを探してみました。

・Vライン脱毛をしています。全処理ではなく、薄く残すつもりでしたが、最初の数回は全照射すると良いということで全照射したら、生えてこなくなりました。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11135977981

・1か月ほど前に、クリニックで1回目の照射をしました。毛が抜けたのはいいのですが、ほぼ生えてこなくなってしまいました。全処理するつもりではないのに、また生えてくるのか不安です。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11135977981

Vラインの毛は、比較的効果が強く出やすく、全照射をすると脱毛効果で一旦無毛に近い状態になってしまうことがあります。しかし、照射のときに生えていなかった毛が、時間が経つと生えてきます。発毛の具合を見て、毛周期を考えながら、施術を受けるようにしましょう。

Vライン脱毛の回数

Vライン脱毛にかかる回数は、サロンに通うのかクリニックに通うのかによっても変わります。クリニックに通うなら、サロンに通う2分の1か3分の1の回数で脱毛完了まで行きます。また、毛量が減れば良いのか、全部ツルツルにしたいのかによっても変わります。

クリニックの場合、平均3回通うと、毛量が明らかに減ったのを感じられます。サロンなら、5回を終えたくらいから毛量が明らかに減ってきます。クリニックに通うなら、5回受けるとほぼ自己処理不要になるので、脱毛終了にする人が多いです。ツルツルにしたいのなら、8回は通う必要があります。

サロンの場合、12回~15回で脱毛終了にする人が多いです。毛量や毛質によっても違いますが、ツルツルにしたいのなら18回は通う必要があるでしょう。

Vライン脱毛Q&A

Vライン脱毛のよくある質問をまとめてみました。

Q1.生理中は脱毛できるのか?

生理中は、ほとんどのサロンやクリニックでVIO脱毛NGです。デリケートゾーン以外であっても、生理中は肌が敏感になり、痛みを強く感じやすいので脱毛施術は避けたほうが良いでしょう。

Q2.Vライン脱毛でかゆみがある場合は?

施術後にかゆみがある場合は、サロンやクリニックに相談しましょう。炎症を起こしている場合があります。クリニックであれば、塗り薬などを処方してくれます。

Q3.Vライン脱毛後のケア方法は?

脱毛の施術を受けている間は肌の保湿が大切ですが、照射後は熱によって、水分を奪われています。普段よりも念入りに保湿をするようにしましょう。また、湯船には浸からず、シャワーだけにしましょう。施術部位はなるべく冷やした方が良いためです。

Q4.Vラインの黒ずみの解消方法は?

Vラインに黒ずみがあった場合、施術によって黒ずみがなくなるということはありません。しかし、黒ずみは自己処理を重ねて肌に負担をかけたためにできてしまうものなので、施術を受け、自己処理不要になれば、少しずつ黒ずみも薄くなっていきます

まとめ

Vライン脱毛をしたいと思っていても、わからないことが多く、不安になっている人もいるでしょう。Vライン脱毛は、脱毛部位の中でも人気部位なので、恥ずかしがる必要はありません。

Vライン脱毛はデザインを選べますが、人気があるのは自然な逆三角形や楕円形です。全処理も意外に人気です。脱毛前には自己処理をしていく必要がありますが、シェーバーを使い2日前に済ませるようにしましょう。

Vライン脱毛の施術は、ベッドに仰向けになったまま行われます。痛みはゴムで弾かれたような感じと表現する人が多いです。施術回数の目安は、クリニックなら5回、サロンなら12回~15回で脱毛が完了すると言われています。生理中は施術を避け、施術を受けている間は肌の保湿をしっかりとするように心がけましょう。