メイクもヘアスタイルもばっちり、流行の洋服を身に付けていても、たった1本出ているだけですべてを台無しにしてしまうのが鼻毛の怖いところ。自分で気づけば良いのですが、他人に鼻毛が出ていることを指摘されてしまったら最悪です。

そんな恥ずかしい思いをしないためにも、お手入れ方法が知りたい人や、話題のブラジリアンワックスが気になる人はチェックしてみて下さい。

1本でもすごい主張!鼻毛処理、みんなのお手入れ方法は?

他の人は伸びてくる鼻毛をどうやってどうお手入れしてるの?

伸びるスピードや太さなどに差があっても、みんなに平等に伸びてくるのが鼻毛です。何もしなければ当然伸び放題になってしまうので、男女問わずお手入れするという人が多くなっています。

鼻毛のお手入れ方法は人によってさまざまですが、鼻毛のお手入れ方法として一般的なのが、毛抜きで抜いたりハサミでカットする、鼻毛カッターを使用する等の方法です。お手入れ方法が正しいかどうかは別として、あまりお金をかけずにお手入れできることもあり、多くの人がこうした方法を使ってお手入れしています。

鼻毛のお手入れで困るのはどんなこと?

お手入れ方法によって困るポイントが変わってきます。毛抜きを使って鼻毛を抜く場合に困るのが、痛みがあるという点です。どんなに優しく抜いても痛みがあります。ハサミでカットする場合は痛みはさほどありませんが、細かな作業になるので手間がかかります。

また、専用のハサミを使わないと、鼻の中を傷つけてしまうことがあります。鼻毛カッターは比較的安全に手間をかけずにお手入れができますが、電池式の場合は電池が切れているとまったく役に立たないのが難点です。

お手入れ方法の他に、鼻毛が伸びるスピードが人より速い点や、鼻毛が目立ちやすい鼻の形に困っているという人もいます。

怖いけど気になる・・・鼻毛専用のブラジリアンワックス、使用感はどう?

今話題の鼻毛専用ブラジリアンワックスが気になる!

こまめにお手入れするのは大変ということで、鼻毛を手軽に処理できるブラジリアンワックスが話題になっています。粘着性が非常に強いブラジリアンワックスを鼻の中に入れて、鼻毛をしっかり吸着させた上で引き抜くという脱毛方法です。

抜く瞬間に痛みはあるものの、一気に鼻毛が処理できるということで利用する人も増えています。ディスカウントストアなどで比較的安価で購入できるのも、手軽に利用できるポイントとなっています。

鼻毛専用のブラジリアンワックスってどんな商品?

ブラジリアンワックスにはさまざまな種類がありますが、鼻毛の処理に向いているのはハードタイプのブラジリアンワックスで、ソフトタイプよりも粘着性が強いのが特徴です。

鼻毛専用として売られているものは、ハードタイプのブラジリアンワックスに、スティックやワックスを溶かすための小皿がセットになっているものが多くなっています。

鼻毛専用のブラジリアンワックスはどうやって使う?

使い方は簡単で、最初に小皿にブラジリアンワックスを入れてレンジで溶かします。500Wで4分程度で固形状だったブラジリアンワックスがとろとろに溶けるので、スティックに取れるくらいの固さになるまで1分程度待ちます。

固まるまでの時間は、室内の温度などによっても変わってきますが、固まりすぎるとスティックに取れないので注意が必要です。その後、火傷に注意して鼻の中にスティックを入れ、1分半程度経ってワックスが固まったら一気に引き抜きます。

実際に鼻毛専用のブラジリアンワックスを使った人の感想が知りたい!

ネット上には鼻毛専用のブラジリアンワックスを使った人の感想が多く寄せられています。鼻毛がすっきり取れて満足、やみつきになったという感想も数多くありますが、痛みがすごくて我慢できないという感想や、出血してしまったなどのトラブルに関する感想もあります。

ブラジリアンワックスで鼻毛脱毛!ごっそり抜けるけど安全性は?

鼻毛をブラジリアンワックス脱毛するとどんなデメリットがあるの?

一気に鼻毛が処理できるブラジリアンワックスには、鼻の中の炎症や内出血、埋没毛などのデメリットもあります。

炎症はブラジリアンワックス以外でも起こるトラブルですが、強い粘着力があるブラジリアンワックスは特にそのリスクが高く、鼻毛だけでなく鼻の中の角質も一緒にはぎ取ってしまうのが原因となっています。

鼻の中は毛根組織と毛細血管が密になってる部分なので、ブラジリアンワックスで鼻毛を抜いた時に傷つけてしまうことで内出血を起こすことがあります。

自分でむだ毛処理をした時に多いのが埋没毛のリスクですが、腕や足など自分でよく見える部分と違い、鼻の中は埋没毛になっていても気づかない場合が多いのです。また、腕や足ならスクラブやピーリングで埋没毛が抜けるのを促進できますが、鼻の中はそれも難しいので埋没毛に気づいても放置することになってしまいます。

ブラジリアンワックス以外のお手入れ方法にもNGはあるの?

当たり前のようにやっている鼻毛処理にもNG事項があります。一つは毛抜きを使って鼻毛を抜く方法です。痛みさえ我慢すれば簡単に抜けるのでついやってしまいがちですが、無理に引き抜くことで粘膜を傷つけたり、炎症を起こすことがあります。また、毛抜きが粘膜に触れることで出血することもあります。

また、ハサミで鼻毛を処理する時に普通のハサミを使うのもNGです。大きすぎてきれいにカットできないだけでなく、先がとがったハサミを使用すると、鼻の粘膜を傷つけてしまいます。ハサミを使う場合は必ず鼻毛用ハサミを使用します。

邪魔者扱いの鼻毛にも大切な役割があった!

いっそのこと全部無くなればいいのに!と思われがちな鼻毛ですが、実は鼻毛には大切な役割があります。一つが外部からゴミやウィルスが侵入するのを守るフィルターとしての役割で、鼻毛があることで喉や肺、気管などを守っているのです。もう一つが鼻の中の粘膜を保護し、うるおいを保つ役割です。

もし鼻毛がなかったら、鼻の粘膜はからからに乾いてしまいます。それによって鼻水を作ることができなくなるので、ゴミやウイルスを体外に排出できなくなり、さまざまな病気の原因となることがあります。

また、鼻毛は作られた鼻水が垂れ流しになるのを防ぐ役割もあります。

伸びてくる鼻毛をどうにかしたい!おススメのお手入れ方法って?

おススメなのは鼻毛用ハサミを使う方法

出来るだけ手軽に、しかも安全にきれいにお手入れするなら鼻毛用ハサミがおすすめです。鼻毛用ハサミは100円ショップでも購入可能で、気づいたらすぐにお手入れできます。

ただし、気になるからといってカットしすぎないようにし、鼻の中や手を清潔にしてから処理することが大切です。手前付近の鼻毛だけカットするようにして、奥の鼻毛にはさわらないようにするのがポイントです。

鼻をつまんだ時にはみ出している鼻毛や、笑ったりした時に飛び出している鼻毛のみをカットすると良いでしょう。

鼻毛カッターもおすすめ

鼻毛カッターも手軽に安全に鼻毛を処理する方法としておすすめですが、注意しなければならないのが、必ず女性用として売られているものを使用するという点です。

また、粗悪品を選んでしまうときちんとカットできなかったり、鼻の中を傷つけてしまうことがあるので、安さにつられずに信頼できる商品を選ぶことが重要です。

使う時は取扱説明書をよく読んで、カットしすぎないようにするのがポイントです。

人よりも鼻毛が伸びるスピードが速くて多い?鼻毛が目立って困る場合はどうする?

こまめに鼻毛のお手入れをするようにするというのが最も効果的な方法です。鼻毛カッターの中には携帯に便利な小型のタイプもあるので、鏡とともに常に持ち歩くようにすると良いでしょう。

リゼクリニックで、リスクの高い粘膜部分を避けて鼻の穴の入り口のみを永久脱毛する方法も!

いっそのこと脱毛サロンや脱毛クリニックで永久脱毛してしまえば…と考えたくなりますが、実際のところは粘膜を傷つけるリスクなどもあるため、鼻の中の鼻毛をすべて脱毛する施術を行ってる脱毛サロンや脱毛クリニックはありません。

リゼクリニックなら、鼻の穴の入り口1cm程度の穴に沿った部分のみ、レーザー脱毛の施術が受けられるのでおすすめです。

まとめ

鼻毛が見えていると自分が恥ずかしい思いをするだけでなく、見る人にも不快感を与えたり気を使わせてしまうことがありますが、鼻毛には重要な役割があるため、正しい方法で必要最低限の範囲で処理することが大切です。

自分で鼻毛を処理するのが面倒だったり、伸びるのが速くて処理するのが大変といった場合は、脱毛クリニックで安全に脱毛できる部分のみ永久脱毛する方法がおすすめです。