ブラジリアンワックスは、いろいろなセルフ処理の中でもきれいに脱毛できるのがメリットです。

背中のむだ毛をブラジリアンワックスでセルフ処理する場合は、他の部位よりも気を付けなければならないポイントが多いので、ブラジリアンワックスを使うのが初めてという人は、ポイントをしっかり押さえた上で使ってみることをおすすめします。

上級者でも苦戦!ブラジリアンワックスで背中をセルフ処理できる?

ブラジリアンワックスで背中のセルフ処理は可能?

背中は自分では見えない部分なので、セルフ処理は難しくなっています。手が届く範囲なら鏡を見て脱毛することも可能ですが、手が届かない場所は脱毛することができません。体が固い人は無理に体をひねろうとして、腰などを痛めてしまうこともあります。

ブラジリアンワックスで背中をきれいに脱毛するなら、ひとりでやろうとせずに友人やパートナー、家族に手伝ってもらうようにするのがおすすめです。

背中のむだ毛をきれいに脱毛できるのがブラジリアンワックスのメリット

他のセルフ処理の方法に比べてきれいに脱毛できるのがブラジリアンワックスのメリットです。

また、脱毛効果が長く続くので、定期的にブラジリアンワックスを使ってセルフ処理を行っていれば、むだ毛のないきれいな背中をキープできます。

背中をブラジリアンワックスで正しく処理する方法

ブラジリアンワックスにはソフトワックスとハードワックスがありますが、背中のように広範囲のむだ毛を脱毛するなら、柔らかく扱いやすいソフトワックスがおすすめです。

また、ソフトワックスには水性と油性がありますが、セルフ処理するなら粘着性が強いので肌に負担がかかりやすい油性よりも、肌に優しく扱いやすい水性を選んだ方が良いでしょう。

ブラジリアンワックスで背中処理、効果はどのくらい続く?

ブラジリアンワックスの効果はどのくらい持続するの?

ブラジリアンワックスで脱毛した時の効果は、個人差がありますが平均2週間くらいとなっています。

カミソリや毛抜きによる脱毛に比べて持続期間が長くなっているので、長期の旅行に行く時にもおすすめです。

ブラジリアンワックスで背中をセルフ処理した後は、アフターケアが大事!

セルフ処理した後に忘れてはいけないのがしっかりとしたアフターケアです。アフターケアを怠ると埋没毛や肌荒れの原因となってしまうので注意が必要です。

アフターケアは2ステップに分けられます。まずは、ブラジリアンワックスでセルフ処理した当日のケアで、ブラジリアンワックスを使った肌は熱を持っているので、冷やしたタオルなどを使って肌を冷やすようにします。

肌を冷やした後は保湿を忘れずに行います。ただし、毛穴が開いているので油分の多いクリームなどを使用すると、毛穴が詰まってしまうことがあるので、保湿効果が高い化粧水やジェルなどを使用すると良いでしょう。

また、ブラジリアンワックスでセルフ処理した後の肌はとてもデリケートな状態なので、激しい運動をしたり、プールや温泉、サウナなども避けるようにします。

トラブル報告多数!ブラジリアンワックスの背中処理でニキビができるワケ

ブラジリアンワックスでセルフ処理した後にぶつぶつやニキビができるのはどうして?

セルフ処理をした後のトラブルで多いのが、背中にぶつぶつやニキビができてしまう症状で、脱毛後の開いた毛穴に、雑菌が入ってしまうのが原因です。

ぶつぶつやニキビ以外にも肌トラブルのリスクはある?

ブラジリアンワックスでセルフ処理した後は、肌がカサカサしたり埋没毛などの肌トラブルもあります。肌がカサカサするのは脱毛後の保湿不足が原因となることが多くなっています。

埋没毛はむだ毛を抜いた時に起こる炎症がきっかけとなるため、脱毛後に冷やしたり保湿をしっかりすることが埋没毛の予防になります。

それでもできてしまった埋没毛は、ボディスクラブやピーリングを使った対策がおすすめです。使用することで古い角質がはがれやすくなり、古い角質でふさがれていた埋没毛も抜けやすくなります。

埋没毛は何もせず放置しておいても問題はありませんが、黒いブツブツが気になる人は、予防や対策を行うことをおすすめします。

セルフ処理後に背中にできたぶつぶつやニキビをどうケアすればいい?

背中にぶつぶつやニキビができてしまったら、気になるからといってつぶしたりさわったりせずに、清潔に保つことが重要です。ただし、いくらきれいにしたいからといって、強い力でゴシゴシこすったりすると、つぶしてしまうことがあるので注意が必要です。

ぶつぶつやニキビの状態がひどかったり、ケアしようとおもってつぶしてしまった場合は、自分で何とかしようとせずに皮膚科を受診することをおすすめします。

背中にぶつぶつやニキビができている状態でブラジリアンワックスは使える?

ブラジリアンワックスは、いくらソフトタイプでも肌へ強い刺激を与えることになるため、ぶつぶつやニキビができている肌に使用すると、さらに悪化させてしまうことがあります。

また、ブラジリアンワックスが肌にきれいにくっつかずに、きれいに脱毛できないことがあるので、ぶつぶつやニキビが治ってからの使用がおすすめです。

ブラジリアンワックスで背中を処理するのが向いていない人ってどんな人?

背中に肌トラブルがあったり、肌が弱い方は使用しない方が良いでしょう。ブラジリアンワックスは、個人差はありますが人によってはかなりの痛みを伴う脱毛方法なので、痛いのは耐えられないという人にも向いていません。

また、たくさんのむだ毛を一気に処理できるイメージがありますが、効果的に脱毛するには少しずつ丁寧に脱毛しなければなりません。背中をブラジリアンワックスでセルフ処理する時は、どうしても誰かの助けを必要とするので、そういった作業を頼める人がいないという人にも不向きと言えるでしょう。

ブラジリアンワックスで背中をセルフ処理するのはかなり難易度が高い!仕上がりにもばらつきが出るので注意

ブラジリアンワックスを使ってひとりで処理できるのは、手が届くごくわずかな部分です。友人や家族、パートナーに頼もうと思っても、長時間の作業となってしまうため簡単には頼めないなど、さまざまな脱毛方法の中でも難易度が高い脱毛方法と言えるでしょう。

また、ブラジリアンワックスの扱いに慣れていないと、塗った場所によって仕上がりにばらつきが出てしまうので注意が必要です。

ディオーネなら肌に優しい脱毛法を採用していて、背中にニキビがあっても安い料金で脱毛できる

背中にニキビがある人や、敏感肌なのでブラジリアンワックスによる背中のセルフ処理をあきらめている方には、ディオーネの脱毛がおすすめです。

ディオーネで行われている脱毛は、従来のように毛根を高熱で焼く脱毛方法ではなく、むだ毛が生える原因そのものの働きを停止させることで、むだ毛が生えないようにする方法です。ハイパースキン脱毛と呼ばれるこの脱毛方法なら、ニキビがある人や敏感肌の人でも安心して施術が受けられるようになっています。

また、肌への負担も従来の脱毛方法よりも軽く、子供でも施術が受けられる痛くない脱毛というのが特徴で、キャンペーンも多いのでお得に施術が受けられます。

まとめ

ブラジリアンワックスで背中のむだ毛をセルフ処理するなら、誰かに手伝ってもらった上で、十分なアフターケアを行うというのがポイントです。また、背中にニキビなどの肌トラブルを抱えているなら、治るまで使用は避けた方が良いでしょう。

肌トラブルを抱えている人や痛いのは我慢出来ないという人は、ニキビがあっても脱毛できて痛くない脱毛のディオーネを選ぶ方法もあります。