脱毛をするときは、日焼けをしてはいけないのが常識です。ですが、スポーツをしていたり屋外で仕事をしていたりすると、どうしても日焼け対策が難しい人もいます。日焼け肌でも脱毛したいと思う人は、日焼け肌でも脱毛できる脱毛器がおすすめです。

今回は、日焼け肌でも脱毛できるサロン・クリニックについてご紹介します。普通の光脱毛やレーザー脱毛での施術で日焼けしていると脱毛できない理由や、脱毛できない日焼けのレベルも解説するので、脱毛をしたいけど日焼け肌だから不安という人はぜひ参考にしてみてください。

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表

日焼けしていると脱毛できない理由

脱毛効果が出にくくなる

光脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒い色素のメラニンに反応して熱を加え、毛乳頭のタンパク質を凝固させて毛を再生させる機能を奪うことで脱毛します。

日焼けをした肌は、皮膚の表面にもメラニンが沈着している状態です。そのため、毛根だけでなく、肌のメラニン色素にも脱毛の光やレーザーが反応してしまいます。皮膚の表面で分散した熱は、毛根の奥まで届かずに皮膚の表面で止まり、脱毛効果が得られなくなってしまいます。

日焼け以外にも、ホクロやシミ・色素沈着がある部分も、肌のメラニン色素が多いので脱毛できません。

痛みを感じやすくなる

日焼けをしているときは肌が軽いヤケドをしている状態で、炎症を起こして乾燥しています。肌が乾燥している状態で脱毛すると、紫外線によってダメージを受けて敏感になっている肌により負担がかかり、痛みを感じやすくなります。

また、色素が沈着している状態の日焼け肌に光やレーザーが反応しすぎて、通常よりも痛みが増してしまうということも起こります。痛みを少しでも軽減するためには、乾燥と日焼けには十分注意してください。

肌トラブルが起こりやすくなる

脱毛は熱で毛を加えることで脱毛をするため、毛穴に熱が溜まってやけどすることもあります。通常、しっかりと肌を保湿して、肌の水分が失われないように対策していれば、やけどが起こる確率は低いです。

しかし、軽いやけどを負っているのと変わらない日焼け肌では、水分が少なく乾燥しているせいでやけどの危険性が高くなります。肌の水分が足りていないと、ターンオーバーも正常に働かず、シミや色素沈着が起こっていつまでも治らないということもあります。

また、敏感になっている肌ではダメージに対する抵抗力が足りず、毛嚢炎や赤み、炎症などの肌トラブルが起こる可能性も高くなります。日焼け肌での脱毛には大きなリスクがあるため、サロンやクリニックでは脱毛を断られることが多いのです。

脱毛は日焼けに対しては厳しい

エステサロンや医療クリニックは、脱毛中の日焼けに関してはとても厳しいです。目に見えて肌の色が黒くなっていたり、赤くなって皮がむけていたりするとアウトなのだろうと思っている人も多いですが、脱毛をするときの日焼けは一切NGです。

少なくとも、脱毛前後1週間の日焼けは厳禁です。直射日光を浴びる時間は1時間以内に収めましょう。できれば、外に出るときは長そでの服などを着て、直接肌を晒さない方が対策としては良いです。

肌を出しているときは、日焼け止めのクリームをしっかりと塗っておくことが大切です。出かける前に日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、外にいるときは外出先でも1時間に1回くらい塗っておくと安心です。

日焼け肌でも脱毛できる脱毛方法は?

レーザー脱毛ならソプラノかメディオスター

一般的に日焼け肌はレーザー脱毛ができませんが、ソプラノメディオスターという、日焼け肌を脱毛できるレーザー脱毛器も登場しています。従来の脱毛レーザーはメラニン色素に反応する性質なので、日焼け肌は脱毛できませんでした。

ですが、ソプラノとメディオスターは蓄熱式といって、メラニンに依存せずに脱毛できる仕組みになっています。肌のメラニンにも反応しないので、日焼け肌も脱毛することができます。レーザーの温度も低いため、痛みが少なく、肌への負担が少ないメリットもあります。

ただし、肌に炎症や乾燥が見られる日焼け直後は、蓄熱式でも脱毛できません。また、軽度の日焼けなら良くても、重度の日焼けだと脱毛できない場合もあるので注意が必要です。

サロンならハイパースキン脱毛かSHR脱毛

基本的に光脱毛はレーザー脱毛と同じく毛のメラニンに反応して毛根にダメージを与えることで脱毛します。しかし、一部のサロンで採用されているSHR脱毛ハイパースキン脱毛は、毛の種である発毛因子(バルジ)を刺激して毛を生えないようにする脱毛方法です。

毛根にダメージを与えるには60~80℃ほど必要と言われていますが、発毛因子の働きを弱めるには40℃未満という人肌程度の低い温度で効果が得られます。やけどをする危険性も少なく、肌へのダメージや痛みも少ないのが特徴です。

日焼け肌の人だけでなく、ニキビ肌やアトピー肌の人、敏感肌の人や子供でも脱毛することができます。

確実に脱毛するなら美容電気脱毛

美容電気脱毛は毛穴の中に針を差し込んで電気を通す脱毛方法なので、メラニンや日焼け肌にも関係なく脱毛できます。医師の手で毛穴の1つ1つに施術するため、面状の照射ヘッドで光やレーザーを照射する他の脱毛方法と違って、肌の状態に影響されることがほとんどありません

料金システムが「ムダ毛〇本ごとに〇円」または、「施術時間〇分ごとに〇円」となっているので、全身脱毛などの広範囲だとかなり高額ですが、脇だけや膝下だけなどを部分的に脱毛するならあまり高くありません。

脱毛方法の中ではもっとも痛みが強いですが、永久脱毛に認められている唯一の方法でもあり、効果は確実です。

日焼け肌でも脱毛できるサロン・クリニックは?

ソプラノとメディオスターを導入しているクリニック

少ない回数で確かな効果を得たい人は、クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。

サロンの半分ほどの回数で脱毛が完了し、美容電気脱毛ほど痛みがなく料金も安いです。万が一、痛みに我慢できない場合には麻酔を使用できるので、痛みに弱いけど早く効果を実感したいという人も利用できます。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

光脱毛のジェントルレーズの他に、導入しているクリニックが数少ないソプラノを使用して脱毛してくれるクリニックです。硬毛化・増毛化保証がついているので、硬毛化・増毛化のリスクがある産毛の脱毛でも安心して施術することができます。

月額制の支払いも可能なので、一度に高い料金を支払うのは不安という人でも利用しやすいです。

レジーナクリニックのソプラノ

リゼクリニック

リゼクリニック

患者の肌質や毛質に合わせて3種類の脱毛器を使い分けてくれるクリニックで、3つの中の1つがメディオスターです。サービスも充実していて、キャンセル料、シェービング料が無料です。硬毛化・増毛化保証もついています。

女性専用のクリニックで、医師もスタッフも患者も女性しかいないので、脱毛中に隣の部屋から男性の声が聞こえて気になるということもありません。

リゼクリニックのメディオスター

ハイパースキン脱毛とSHR脱毛が利用できるサロン

回数が多くかかっても料金が安くて痛みがない脱毛がいいという人は、サロンでの脱毛が向いています。

痛みが強いと言われるVIOや顔の脱毛でもほとんど痛みを感じることなく脱毛できます。アフターケアも充実しているため、脱毛だけでなく美肌効果も高いです。脱毛と同時に美肌も手に入れたい人にピッタリです。

ディオーネ

ディオーネ

ハイパースキン脱毛を採用していて、痛みがなく脱毛できます。毛周期にとらわれずに脱毛できるので、1か月に1回という短い周期で通うことも可能です。顔脱毛の範囲が広く、眉間や眉毛の脱毛もできます。シェービング料が無料です。

施術後は美白アフターケアを行ってくれるため、ムダ毛が無くなるだけでなく美白・美肌効果も期待できます。

ディオーネのハイパースキン脱毛

ラココ

ラココ

SHR脱毛を採用していて、痛みが少なく施術時間が短いです。アフターケアには、12種類の天然植物エキス配合の保湿鎮静ジェルを使用してくれるため、日焼けで乾燥している肌もしっかりと保湿できます。

ドクターサポートもあるので、万が一の肌トラブルの際にも専門のクリニックと提携して適切な対応をしてくれます。

ラココのSHR脱毛

美容電気脱毛の施術をしてくれるサロン

痛みが強く料金も高いですが、絶対にもう毛が生えてこない脱毛がしたいという人は美容電気脱毛がベストです。

以前よりも痛みは軽減されてきているとはいえ、レーザー脱毛よりも痛みが強いです。施術時間もかかるため、広範囲の脱毛は向いていません。ほくろの毛を無くしたい、などの狭い範囲の脱毛をしたい人にはおすすめです。

エステティックTBC

エステティックTBC

光脱毛だけでなく、美容電気脱毛(TBCスーパー脱毛)も利用できる安心の大手サロンです。痛みの強い美容電気脱毛ですが、お試しキャンペーンとして安い料金で体験できるプランを設けていることが多いので、お試しをしてから本格的に契約することもできます。

店舗数が多く、地方に住んでいる人や、忙しくて遠くのサロンには行けないという人でも通いやすいです。

エステティックTBCの美容電気脱毛

まとめ

日焼けをしていると、毛のメラニンに反応する光脱毛やレーザー脱毛が、日焼けによって色素沈着した肌のメラニンにも反応して熱が分散されて脱毛効果が薄くなってしまいます。肌全体に熱が広がるため、肌が乾燥して痛みが強くなり、やけどやシミ、毛嚢炎などのリスクが高まります。

脱毛は日焼けが原因で断られることもあります。少なくとも前後1週間は日焼け厳禁で、直射日光を浴びる時間は1時間以内にしてください。外に出る場合には、肌を晒さないようにするか、日焼け止めクリームをしっかりと塗って対策しましょう。

どうしても日焼けを避けられない人は、日焼けをしていても脱毛できる脱毛方法を利用することをおすすめします。

日焼け肌や色黒肌の人は、クリニックでのレーザー脱毛ならソプラノかメディオスターサロンならハイパースキン脱毛かSHR脱毛、もしくは美容電気脱毛で脱毛できるサロンかクリニックを選ぶと安心です。

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表