何の前触れもなく起こってしまうアンダーヘアのチクチク、実は悩んでいる方は多くいます。デリケートな悩みの上、人前で掻きむしることはできません。しかし、かゆみを我慢すればするほど気になってしまいます。

そこで今回は、アンダーヘアのチクチクの原因、外出先でもできる応急処置方法と、根本的に改善できるオススメの方法をご紹介します。

ムズムズ気になる~!アンダーヘアのチクチクを今すぐ治すには?

外出先で突然起こる

アンダーヘアのチクチク、かゆみを伴うこの症状は我慢していると更に辛くなってしまいます。

しかし、正しい対処法を知っていれば不快なムズムズも改善することが可能です。

チクチクを解消できるオススメアイテムと使い方

すぐにかゆみを軽減することができるオススメアイテムが、保冷剤です。かゆみを感じる部分に、ガーゼでくるんだ保冷剤を当てることで、かゆみを軽減させることができます。

我慢できず掻きむしってしまうとかゆみが更に増してしまう悪循環に陥ってしまいます。まずはかゆみを我慢して、患部を冷やすようにしましょう。

ドラッグストアが近くにある場合、患部に直接塗り込んだり吹き付けたりするかゆみ止めがオススメです。かゆみを抑える有効成分が患部に届き、症状を改善してくれます。

そもそも、アンダーヘアのチクチクが起こる原因って?

アンダーヘアのチクチクを感じる人たちの体験談

アンダーヘアのチクチクは時間や場所を選ばず、突発的に起こるものです。チクチクする方の割合は多く、女性のほとんどが経験したことがあると言っても過言ではありません。

アンダーヘアがチクチクしたことがあるという方の中には、「抜けられない会議中に突然かゆみが起こってしまい困ってしまった」、「彼氏とのデート中に良い雰囲気になった時に突然ちくちくが気になり台無しになってしまった」、という体験をしたことがある方もいます。

その他にも、「外出先でいきなりかゆみが起こってしまい、あわててトイレへ駆け込んだ」という方もいるようです。

アンダーヘアがチクチクする原因

アンダーヘアがチクチクする主な原因として挙げられるのが、デリケートゾーンのムレ、毛の生え途中です。

太くて濃いアンダーヘアが密集しているデリケートゾーンは、普段は下着や洋服に覆われているので、体の中でも湿度が高くなりやすい場所です。これが、デリケートゾーンのムレを引き起こします。

毛の生え途中は、処理したアンダーヘアが再び生えてくることで周りの肌を刺激し、かゆみを引き起こすものです。セルフケアをしている場合、チクチクする前にケアをする必要があります。

アンダーヘアがチクチクするのは処理方法に問題あり?

頻繁にアンダーヘアにチクチクが出る方は、いつもの処理方法が間違っている可能性があります。

まず、カミソリなどで毛の表面だけを剃ってしまった場合です。カミソリでのムダ毛処理は肌の表面部分に出ているところだけを処理するものです。このため、日数が経てば再び毛が生えてきてしまい、気付かないうちにかゆみを引き起こしてしまいます。

処理した後のケアを怠った場合も、かゆみが起こりやすくなります。ムダ毛処理した後の肌は敏感です。しっかりと保水と保湿ケアを行い、乾燥状態の肌を保護する必要があります。チクチクが起こりやすい方は、セルフ処理の後にしっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

脱・チクチク!アンダーヘアにおすすめ処理方法とアイテム紹介

VIO別アンダーヘアの正しい処理方法

アンダーヘアにはVライン、Iライン、Oラインの3か所があります。Vラインは下着や水着を着た時に露出する部分、Iラインは女性器周辺、Oラインは肛門周辺を指します。

Vラインの処理方法

Vラインはアンダーヘアの中でも見えやすい部分なので処理もしやすいです。

まず、蒸しタオルを当てて肌を柔らかくしておきます。これにより、肌への刺激を軽減することができます。

次に、処理したい部分を短くカットします。眉用はさみなど、小さなはさみを使うと安全に処理できます。短くカットしたら、その部分にシェーバーを当てていきましょう。皮膚を引っ張りながらシェーバーを当てるとキレイに処理できます。

Iラインの処理方法

Iラインの処理方法も、基本的にはVラインと同じです。

ただし、粘膜に近い場所なので、シェーバーが不安な場合は眉はさみで短くカットするだけにしておきましょう。

Oラインの処理方法

Oラインの処理は鏡を見ながら行います。普通の姿勢では見えないので、大きめの鏡を用意して見えやすいようにしてから処理をしましょう。

まず、Oライン周辺をシャワーを浴びて清潔にします。次に、はさみで短くカットし、シェーバーでキレイに剃り落としていきましょう。難しい場合ははさみだけを使い形を整える程度にしておきます。

セルフ処理でチクチクを予防するアイテム

セルフ処理は肌への負担が大きい方法です。このため、処理したまま何もケアしないで放置しておくと、チクチクを引き起こす原因となります。

これを防いでくれるのが、保湿用スキンケアです。処理後の肌に塗ることでチクチクの原因となる外部からの刺激を防ぐことができます。保湿用スキンケアには、クリームやオイルがあります。適量を手に取り、処理した部分に塗っていきましょう。

アンダーヘアの処理、頑張って繰り返してたらいずれ楽になる?

アンダーヘアの自己処理を続けていたら生えなくなる?

アンダーヘアの処理に使用するのは、主にはさみやシェービングです。これらの道具は表に生えている毛を処理することはできますが、放置しておくと再び毛が生えてきます。

自己処理を続けていたら生えにくくなったというケースはありますが、確実ではありません。このため、かゆみを恒久的に改善したい場合は、サロンやクリニックの永久脱毛を受けることをオススメします。

サロンやクリニックでの脱毛ってどんなもの?

サロンやクリニック行う脱毛は、レーザーや針脱毛といった専用の機械や道具をしようします。特にレーザーは毛根に直接作用するもので、続けて施術を行うことで毛が生えてこなくなります。

施術はプロの手によるものです。デリケートな部分なので脱毛するのは恥ずかしいと感じている方も大丈夫です。アンダーヘアの脱毛施術は多くのクリニックやサロンで取り入れられているので、スタッフもてきぱきと対応してくれます。

恥ずかしいと感じるのは最初のうちだけです。慣れてしまえば特に問題はありません。

VIO脱毛でチクチクはどのくらい軽減されるか

VIO脱毛はセルフ処理とは異なり、毛根へアプローチする方法です。

このため、施術を受けることでチクチクはかなり軽減されます。VIO脱毛を受ける方はアンダーヘアをキレイに整えたいという方が多いですが、施術後にかゆみがなくなった、という声も少なくありません。

効果を早く感じたいのなら医療脱毛がオススメ

VIO脱毛はサロンかクリニックで受けられます。サロン脱毛は出力の低いレーザーを使用するため、どうしても効果が出てくるのが遅いです。アンダーヘアは太く固いため、他の部分より多くの脱毛施術が必要となります。

一方医療脱毛は、出力の高いレーザー機器を使用するため、その分効果も早く出てきます。サロンと比べると短い施術回数で治療を完了することが可能です。一刻も早く脱毛したいという方は、医療脱毛がオススメです。

月額制のアリシアクリニックは初めての脱毛でも気軽に始めることができる

VIO脱毛を行っているクリニックは数多くありますが、中でもオススメなのがアリシアクリニックです。

医療脱毛はサロンと比べると高い、というイメージがありますが、アリシアクリニックはエステ脱毛からの乗り換え割引、学割や誕生日特典など、お得な特典やコースの種類が豊富に取り揃えられています。

安心の月額制なので、初めての方でも気軽に施術を受けることができるのも、アリシアクリニックの特徴の一つです。

まとめ

突然起こってしまうアンダーヘアのチクチクは、人前で掻けない分辛いものです。外出先で応急処置をするならグッズを上手く活用しましょう。セルフケアをする場合、正しく安全な方法を選び、処理後のケアまでしっかり行う必要があります。

時間がかかる、手間だと感じる方は、効果が早い医療脱毛がオススメです。自分に合った方法を見つけ、アンダーヘアのチクチクを改善していきましょう。