ツルっとした肌に憧れて、こまめに手入れをしているという女性も多いのではないでしょうか?しかしその日常的に行っている手入れの仕方が、実は間違っていたということもあります。

一体どんなやり方がムダ毛処理としてNGなのか、逆にどんなやり方が正しいのかなどを徹底解説していきます。今までのやり方を見直し、ツルツルとした肌をゲットしましょう。

小中学生も悩んでる!?女子のすね毛濃い問題

体毛の濃さはホルモンの影響が大きいと言われています。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによるので、同じ女性だと言っても個人差があるのです。

またホルモンは男性を男性らしく、女性を女性らしい体に成長させますが、それが顕著にあらわれるのは思春期に入った頃からです。

まだまだ未発達な幼少期では、体毛もそれほど濃くはなく、産毛程度であることがほとんどです。

小中学生でムダ毛に悩んでいる女子が増えている

幼少期はまだ体毛がそれほど濃くはないと前述しましたが、体を守るためにうっすらとした産毛は生えています。

小中学生という若さであればムダ毛を気にするほどの濃さはないことが多いのですが、この産毛すら気になるという女子が増えているのです。そこにはいくつかの理由があります。

美意識が高い

「化粧は大人になってからすれば良いから、子どものうちはしなくても良い」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし若い世代がテレビで活躍していたり、ファッション雑誌などで人気を集めている姿を見て、小中学生という幼い世代でも流行に過敏に反応する人が増えてきているのです。

まだ肌が綺麗な小学生のうちから濃いめの化粧をしたり、髪の毛を染めたりしていることも珍しくはありません。こういった美意識の高さから、産毛程度であっても処理をしようとする人がいるのです。

露出した部分が気になる

オシャレをしてスカートやショートパンツをはく人も多いでしょう。

しかしこれらは肌の露出が多いので、その露出した部分にムダ毛がないかが気になってしまうのです。自信を持って肌を出すのであれば、露出部分がツルツルとした綺麗な肌であることが大前提だと、小中学生という年齢でも理解している結果です。

親がムダ毛処理をさせようとする

本人が気にしていなくても、親が気にしてムダ毛処理をすすめるというケースもあります。中には自宅でのケアではなく、クリニックに行ってきちんとした手入れをしてもらうという人もいるため、小中学生の中でもムダ毛処理というもの自体が当たり前のものと認識されています。

このように小中学生という若さでも、ムダ毛を気にして手入れをしているのです。ムダ毛処理をする中でも、特に悩みとして多いのがすね毛の部分です。では実際にどんな悩みがあるのかを紹介します。

他の部分よりも濃く見られる

体毛は皮膚の弱い部分を守ろうとして生えてきます。そのため体の中でもより弱い部分は毛が濃くなる傾向にあるのですが、すねもそのうちの1つです。せっかく処理をしても、再び生えてきたときにはより濃く見えてしまうことがあるので、多くの女性たちが頭を悩ませています。

露出頻度が高い分こまめに処理をしなければならない

オシャレのために足を露出することもあるでしょう。膝より上までは出さないとしても、すね辺りが露出することはよくあることです。そのためすね毛が気になってしまうという女性が多く、他の部分よりも頻繁に手入れをしなければならないと悩んでいる女性もいます。

女性のすね毛処理方法でダントツ人気!カミソリ処理が実はNGなワケ

すね毛処理の方法はいくつかありますが、その中でもダントツで人気なのはカミソリでの処理です。

しかしこのカミソリでの処理は実は肌にとって良くなかったのです。

みんなどうやって処理をしているの?

カミソリでの処理が人気なのにはいくつか理由があります。まずはカミソリ1本あればできるということ、そして次に広範囲のムダ毛処理ができるということ、最後に短時間で処理ができるということです。この3点が特に人気を集めている理由となっています。

すね毛にカミソリを使うデメリットとは?

すね毛も広範囲の処理を必要とするので、カミソリでの処理はとても簡単でスムーズです。しかしこういったメリットの反面デメリットもあります。それは毛穴へのダメージが大きいということです。

カミソリは刃があたった部分を剃ってくれるので、毛が綺麗に切断されるだけではなく、皮膚のちょっとした凸凹も削ってしまいます。

そのため毛穴自体にダメージを与えてしまい、せっかくムダ毛を処理しても、毛穴が赤い炎症を起こして肌が汚くなってしまう可能性があるのです。

またカミソリで剃ることで、ムダ毛の断面が見えてより毛が太くなったように見えてしまいます。

すね毛処理でNGな行為とは?

すね毛処理を行う際にやってはいけないのが、入浴中の処理です。実は浴室というのは綺麗にしているつもりでも雑菌が多く存在しています。そんな中でムダ毛処理をしてしまうと、ちょっとした傷口から雑菌が入り込んでしまう可能性があります。

また処理をする際に、ボディーソープの泡を使って滑りを良くしようとする人もいますが、これも泡の中に入り込んだ雑菌が原因で肌をいためる可能性があるので危険です。

ツルツル肌が長持ちするおススメのすね毛処理方法って?

体の様々な部位の中でも、すね毛は特にこまめに手入れをしているという女性も多いでしょう。そんなすね毛処理だからこそ、最適な処理方法を行う必要があるのです。ではどんな方法を行えば正しい処理ができるのかを紹介していきます。

ダメージが少ないアイテムを使って処理をする

極力肌へのダメージを減らすという意味では、すね毛処理に適しているのが電気シェーバーです。

わざわざ脱毛クリームを塗る必要はありませんし、カミソリなどで処理をする必要もありません。

処理したい部分にシェーバーをあてるだけなので、簡単に処理ができるでしょう。また肌へのダメージが比較的少ないので、傷ができたりする心配もありません。

正しい方法で処理をする

コストを考えると、どうしてもカミソリでの処理が良いという人もいるでしょう。そんなときにはいくつか注意点があります。

まずは入浴中に行わないということです。処理後にお湯でクリームや細かい毛を洗い流せるということから入浴中に行う人も多いのですが、前述したように雑菌によって肌をいためる可能性があります。少々面倒であっても、できるだけ清潔な環境で行うようにしましょう。

次に脱毛クリームを使用するということです。保湿成分や肌の保護効果を含んだクリームであれば、肌へのダメージが大きいカミソリの処理でも、比較的ダメージがおさえられます。

自己処理が面倒なときには?

どうしても毛穴が目立ってしまう、またこまめな手入れが面倒など、様々な悩みを持つ人もいます。そんな人の場合はサロンやクリニックの利用も視野に入れてみましょう。肌へのダメージを最小限におさえながら処理をしてくれるので、ムダ毛処理ができるだけではなく肌もツルツルで綺麗になります。

高価な脱毛器具を買って自宅で処理をする方法もありますが、カートリッジの交換なども考えると、サロンやクリニックでの施術の方が総額的にお得になる場合もあります。どんな方法をとるのが最善なのかは人それぞれ違うので、一度検討してみると良いでしょう。

気になるサロンやクリニックでの施術価格と効果は?

サロンやクリニックでは、専門の機械を使って施術を行っています。そのため高い脱毛効果が期待でき、長期的に通えば毛が生えにくくなる、あるいは生えてくる毛を細くしてくれるなどの効果も期待できます。

高い効果が期待できるのであれば気になるのはその価格ですが、これはどこのサロンやクリニックを利用するかで異なります。すね毛だけという部分的なものであれば、サロンでは1回3000~4000円程度で受けられますし、クリニックだと1回1万円以上が相場です。クリニックの方がサロンよりも効果が高いため、その分高額になります。

安さを考えるならミュゼが人気

ミュゼは全国区なので、知名度も高く通いやすいというメリットがあります。価格も比較的リーズナブルなので、脱毛に興味がある人は挑戦しやすいでしょう。

小中学生の場合は肌も弱く、強い刺激を与えるのは危険なので、脱毛サロンよりもクリニックの方が安全です。小中学生でも脱毛が可能なところとしてはクレアクリニックがあります。

まとめ

多くの女性が実践しているカミソリでの脱毛は、肌へのダメージも多く、気軽さ故に多くの危険があります。

どんなに毛を処理した足でも、炎症を起こしたようなぶつぶつの足では綺麗だとは言えません。ムダ毛処理で大切なのは、毛の処理だけではなく肌へのダメージやケアを考えることです。本当に今のやり方が正しいのかを見直し、間違っているところは一刻も早く改善させましょう。