女子にとって、すね毛のお手入れは重要なエチケットの1つ。ただ、こういったすね毛を自分で処理していると、肌トラブルが生じる可能性もあります。

ここでは、すね毛が濃いと悩む女子にために、正しい自己処理の方法などをご紹介します。ムダ毛の悩みを解決できる自己処理以外の方法も、今回は合わせて取り上げていきます。

女子なのにすね毛ボーボー。濃いすね毛の原因って?

すね毛に悩むのは日本女性だけではなかった!

すね毛に悩んでいるのは、実のところ日本女性だけではありません。アメリカやヨーロッパの女性達にとっても、すね毛は美容上の大問題。人種が違うと色素の量が変わるため、すね毛の濃さなどはやはり国ごとに差があります。

どの程度のレベルからすね毛が問題になるかはその国のお国柄によってさまざまですが、概して都市部の女性ほどしっかりとお手入れをしています。

中国や韓国の女性のすね毛は日本人と似ている

日本人に近い色素を持つ中国や韓国の女性は、すね毛の濃さや色も日本人と大体似ています。すね毛は日常生活の中でもとくに目立つ部分であるだけに、オシャレに気を配る女性は怠りなくケアをしていることがほとんどです。

徹底して脱毛を行うアメリカの女性

例えば、白人のアメリカ人の女性の場合、体毛そのものは日本人の女性よりも多い傾向があります。

ただ、日本人よりも色素が薄いため、毛の量が多くても余り目立ちません。黒く太いすね毛が生えることは少なく、日本人の女性とは未処理の状態でも見た目が大分異なります。アメリカの女性にとって、すね毛はきちんとお手入れをするのが常識です。

ヨーロッパの女性もすね毛のケアは怠らない

白人のヨーロッパの女性も、すね毛の状態は基本的にアメリカ人の女性と余り変わりません。

ただ、アメリカの女性ほどムダ毛に対して神経質にならないのが、ヨーロッパの女性と言えます。人目につきやすいすね毛などはきちんとケアしている女性が多いですが、そのほかの部分のお手入れの仕方には個人差があります。

濃いすね毛が生えてしまう原因はいろいろ

すね毛の濃さは、一般的に遺伝によって決まると言われています。両親から受け継いだ性質によっては、女性でもすね毛が濃くなってしまうことがあります。

また、食生活やホルモンの影響も1つの原因です。体毛はホルモンの分泌と関わりが深く、ホルモンバランスが崩れるような食事や生活習慣によって、体毛が濃くなるケースはあります。

また、外部からの刺激によって、すね毛が濃くなることもあり得ます。冷えや自己処理の刺激などは、こういったトラブルを招く要因と言えます。シェーバーを使用することですね毛が途中からカットされ、実際よりも濃く見えてしまう、などはよくあるパターンです。

女性の濃いすね毛は処理方法が超重要!本当に正しい方法って?

多くの女性はこんな方法ですね毛の処理を行っている

すね毛の処理で1番ポピュラーなのが、シェーバーを使って毛を剃る方法です。

また、電動のシェーバーや脱毛機を使用する方法も、多くの女性たちがトライしています。その他、除毛クリームを使う、脱毛用のワックスやテープで脱毛をする、なども多い方法です。

こんな処理はNG

できる限り避けたいのが、ピンセットや毛抜きで毛を抜く方法です。

ムダ毛を1本ずつ処理するこのような処理は、時間がかかるうえに毛穴へのダメージがことのほか大きいという問題があります。1、2本残ってしまったムダ毛のケアならいざ知らず、たくさんの毛が生えているすねの部分のムダ毛を処理するには向かない方法と言えます。

NGな方法で処理をした場合のデメリット

ピンセットや毛抜きでムダ毛を処理すると、毛穴や肌に炎症が生じる可能性がでてきます。傷ついた部分から雑菌が入ってしまったときには、赤みやかゆみ、腫れなどが見られるようになり、完全に治るまで一定の時間がかかります。

また、炎症が生じた部分に色素が沈着してしまうケースがあるのもデメリットです。

すね毛の正しい処理方法

自分ですね毛の処理をするときには、できるだけ肌や毛穴に負担を与えないような方法を取るのが1番です。シェーバー使用する場合は、あらかじめ肌を保護するクリームやフォームなどを処理する部分に塗っておきます。

ちなみに、シェーバーは毛の流れに沿って動かすのが基本です。毛の流れに逆らって処理を行うと、肌の角質がめくれるなどのダメージが生じてしまいますので注意をしましょう。

パッチテストを行ってとくに問題がなければ、脱毛用のワックスや除毛クリームを使うのも1つの方法です。このようなアイテムは、肌に優しい製品を選ぶことである程度安全に自己処理ができます。ただ、余り頻繁に処理を行うと肌に負担がかかりますので、処理の間隔を適度に空ける必要があるでしょう。

自己処理には限界が・・・濃いすね毛と上手く付き合っていくには?

自己処理を繰り返すと肌トラブルが起こることも

ムダ毛の自己処理は自宅で手軽にできるのが魅力ですが、余り頻繁に繰り返すと肌トラブルを引き起こします。

例えば、自己処理をした部分の毛穴が赤くなり、かゆみを感じるようになる、などは、シェーバーでの自己処理につきもののトラブルです。シェーバーの刺激で肌が乾燥し、炎症を起こしてしまったのがこの状態です。

自己処理でムダ毛が薄くなることは少ない

シェーバーなどを利用してムダ毛を取り除いても、効果は一時的です。1日から2日ほど経つとすぐに同じ毛穴から毛が生えてきますので、すべすべの肌を保てるのは、1日程度と考えておいたほうがいいでしょう。

このようなケアを繰り返し行ってもムダ毛が薄くなるといったことはありません。ただ、抑毛効果のあるローションなどを利用すれば、多少生えてくる毛が少なくなることはあります。

とにかく自己処理と濃いすね毛から解放されたい!そんな時におすすめの方法は?

すね毛の自己処理はほぼ毎日行わなければならないため、労力的にもかなりの負担が生じます。ムダ毛の状態が変わらない限り、ほぼ永久に処理を続ける必要があるのが自己処理の難点です。

このような自己処理よりも楽にムダ毛をケアできるのが、脱毛サロンや医療脱毛を行うクリニックを利用する方法です。

サロンやクリニックを利用した場合の費用や効果は?

サロンですね毛の脱毛を受けた場合、料金の相場は1回の施術につき7,000円から10,000円前後です。多くのサロンでは、お得なコースを用意していますので、続けて施術を受け続けることで料金の単価はより安くなります。

実際、サロンの光脱毛は繰り返し受けることが必要です。1回の施術で完全に毛がなくなるケースは少なく、10回から12回程度は続けて施術を受ける必要があります。

クリニックで行われている医療脱毛では、レーザーを使います。レーザー脱毛は光脱毛よりも効果が高く、すね毛の脱毛であれば6回ほど施術を受ければほぼムダ毛が目立たなくなることが多いです。

レーザー脱毛を受ける場合も数回は通院する必要がでてきますが、一度脱毛を受けた場所からはほぼ永久に毛が生えてきません。永久脱毛ができるのが、こういったクリニックの脱毛のメリットです。

レーザー脱毛は、サロンの脱毛よりもやや料金が上がります。すね毛の脱毛の場合は、1回につき16,000円から20,000円前後が相場です。ただ、クリニックの場合もコースを利用すると料金の単価が安くなります。

医療脱毛で有名なアリシアクリニックやリゼクリニック

女性から人気があるのが、アリシアクリニックやリゼクリニックなどの医療脱毛を行うクリニックです。

この手のクリニックでは、すね毛はもちろんですが、顔やVIOを始めとするさまざまな部位のレーザー脱毛を行っています。

ドクターがカウンセリングを担当するなど、女性の不安に配慮しているのも人気を得る理由の1つです。

まとめ

すね毛が濃く、自己処理が難しそうな場合は、思い切ってプロの手を借りるのも1つの方法です。

サロンやクリニックに相談をすれば、かなりすね毛が濃い方でもすべすべの肌に整えてもらうことができます。

こういった施設を利用すると一定の費用がかかりますが、自己処理をしたときのような肌トラブルが生じるリスクはグッと少なくなります。

お手入れの煩わしさからも解放されますので、必要に応じて賢く利用してみましょう。