「Tバックを買ったから、毛がはみ出さないようにOラインも自己処理したい。普通にカミソリで剃ってもいいの?」、「Oラインを自己処理してみたけれど、上手にできない。Oラインを綺麗に自己処理する方法を教えて!」

ここでは、Oラインの自己処理におすすめの方法と、Oラインにやってはいけない自己処理方法Oラインを綺麗に自己処理するためのやり方を紹介します。

Oラインの自己処理のやり方を知りたい人は、参考にしてください。

Oラインの自己処理方法は?

カミソリやブラジリアンワックスはおすすめしない

Oラインの自己処理には、カミソリやワックスは避けましょう。

カミソリでOラインを剃ると怪我をしやすいです。Oラインは皮膚が薄く入り組んでいるので、皮膚に刃が引っかかりやすいからです。

さらに、カミソリはシェービングフォームや石鹸などを塗って使用するため、粘膜の位置を把握して避けるのが難しく、当てずっぽうに剃ることになってしまうので危険です。

ワックスは怪我の心配が少ないのでカミソリよりはマシですが、デリケートなOラインへの使用では、剥がすときに強い痛みを伴います

また、Oラインのように皮膚がフラットでない部位への使用では、ワックスが肌に密着しにくいため、充分な効果を発揮できない可能性もあります。

脱毛クリームもOラインの処理には危険

簡単なのは脱毛クリームですが、脱毛クリームをOラインに使うのは危険です。

脱毛クリームは、タンパク質を溶かす強い成分で毛を溶かして除毛しますが、皮膚や粘膜のタンパク質も溶かしてしまいます

Oラインは皮膚が薄く、粘膜もあるので、脱毛クリームによるダメージが大きく、ただれなどの重いトラブルを起こす可能性があります。

さらに、膣に入ってしまった場合は、膣内の自浄作用が利かなくなり、カンジダ膣炎などの感染症を発症する恐れもあります。

VIOラインの処理に向いているのは電気シェーバー

デリケートゾーンやアンダーヘアの自己処理に向いているのは、電気シェーバーで剃る方法です。

Oラインには、フェイス用などのI字型の電動シェーバーが使いやすいです。I字型のシェーバーはヘッドが小さいので小回りが利きやすく、範囲が狭くて入り組んでいるOラインにも適しています。

手動のカミソリに比べると肌へのダメージが少なく、怪我のリスクも少ないです。

Oラインの自己処理は体勢が難しい

Oラインは自分では見えないので、鏡で確認しながら処理します

床に鏡を寝かせ、和式トイレの要領で鏡にまたがるようにしゃがみます普通の鏡で見えにくい場合は、拡大鏡を使うとよいです。

なお、自分の陰で手元が暗くなってしまう場合は、懐中電灯などの照明も用意しましょう。

若い人だとしゃがむ体勢に慣れていない人も多く、バランスを崩しやすいので、途中で転倒しないよう十分注意しましょう。

体勢が辛くなったときは無理せず、休憩を挟むようにしてください。

剃る前に毛と肌を温め、処理後は保湿

処理を始める前に、イメージした体勢でシェービングできるかを確認し、体勢を決めておきます

体勢が決まったら、肛門周りを清潔にしましょう剃り始める前に、毛と肌を温めることで、柔らかくしておくと肌を傷つけにくいです。

シェービング前の温めは蒸しタオルを使うのが一般的ですが、肛門周辺にタオルを当てるのが嫌な人もいるでしょう。

Oラインの場合は、入浴後に処理すると、洗浄と温めを同時にできて衛生的です。

毛先が柔らかくなったら、毛の流れに沿ってシェーバーで剃ります寝ている毛を起こしながら剃るとやりやすいです。

シェービング後の肌は乾燥しやすくなっているので、仕上げに低刺激のクリームなどで保湿しておきましょう。

Oラインはプロに任せた方が綺麗に処理できる

痛みに弱い・脱毛料金が安い方がいい人はサロンがおすすめ

Oラインの自己処理は、自分で完璧に行うのが難しいです。また、頻繁に自己処理することで肌ダメージが蓄積され、色素沈着などのトラブルも起こしやすいです。

Oラインのムダ毛は、サロンやクリニックでプロに脱毛してもらう方が綺麗に仕上がります

また、施術回数が進むに連れて毛が薄くなり、自己処理の必要がなくなっていくので、黒ずみなども改善しやすくなります

痛いのが苦手な人や、安さを重視したい人の脱毛方法は、サロンのフラッシュ脱毛がおすすめです。Oライン脱毛は痛みが強いといわれますが、サロンなら痛みが少ないです。クリニックより料金も安いです。

サロンのOライン脱毛は、ミュゼプラチナムディオーネがおすすめです。

ミュゼプラチナム

Oライン脱毛をはじめ、部分脱毛が安く、VIO全体などのセットプランも安いです。

光脱毛の中でも痛みが少なく、肌への負担が少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、デリケートな部位の脱毛も安心です。Oラインの剃り残しは、無料でシェービングしてもらえます。

ディオーネ

無痛で肌にやさしい、ハイパースキン脱毛のサロンです。敏感肌や濃い色素沈着、細い毛も脱毛できます

Oライン脱毛が安めで、VIO脱毛全体のセットプランも安いです。シェービングが完全無料なので、自己処理が難しい場合はそのまま行っても大丈夫です。

回数が少ない方がいい人はクリニックがおすすめ

「Oラインを何度も人に見られるのは恥ずかしい」という人や、早くムダ毛をなくしたい人は、クリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛は、サロンの光脱毛より照射出力が高いため脱毛効果が高く、ムダ毛がなくなるまでの回数が少なく、脱毛完了までの期間も短いです。永久脱毛とほぼ同等の効果なので、完了後は毛の再生もほとんどありません。

ただしその反面、痛みは強いです。医療機関なので麻酔も使えますが、デリケートなOラインの脱毛には、痛みが少ないレーザーを導入しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

アリシアクリニックリゼクリニックは料金が安く、痛みが少ないレーザーが使えるのでおすすめです。

アリシアクリニック

脱毛が安く、回数無制限コースも安いので、毛量が多くても安心です。Oラインの剃り残しは、無料でシェービングしてもらえます。Oラインをまったく自分で剃れない人も、2,000円の有料シェービングで対応してもらえます

脱毛器は痛みが少ない「ライトシェアデュエット」が使え、一部の院ではより痛みが少ない「メディオスター」も使えます。

リゼクリニック

脱毛が安く、無料オプションと保証も充実しています。シェービングも無料です。

「ライトシェアデュエット」や「メディオスター」など、痛みが少ない3種類のレーザーを肌質・毛質に合わせて使い分けるので、黒ずみや白髪も脱毛できます。

男性にもOライン脱毛は人気

近頃は男性にもムダ毛処理を行う人や、脱毛サロンに通う人が増えています。衛生上の理由や、女性への印象をよくしたいといった理由で、男性のOライン脱毛も人気が高まっています。

男性がOライン脱毛をしたい場合は、クリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。男性の場合は体毛が太いので、サロンの光脱毛だと完了までに時間がかかるからです。

メンズリゼが脱毛が安く、男性専門クリニックなので通いやすいでしょう。

メンズリゼ

女性に人気のリゼクリニックがプロデュースしている、メンズ脱毛専門クリニックです。剃り残しシェービングの無料サポートなど、無料オプションや保証が充実していて、脱毛自体も安いです。

「ライトシェアデュエット」や「メディオスター」など、痛みが少ないレーザーを3種類用意しているので、対応できる毛質・肌質が幅広く、色黒肌や白髪も脱毛できます。

まとめ

Oラインを自己処理するなら、電気シェーバーを使うのが肌への負担が少なく、安全性の面でも一番おすすめです。フェイス用などのI字型の電気シェーバーが使いやすいです。

カミソリやワックスは、デリケートなOラインには肌トラブルや怪我のリスクが高いので不向きです。

電気シェーバーでOラインを綺麗に自己処理するには、入浴で毛と肌を温めておくなどの下準備をしっかりした上で、鏡で確認しながら剃り、最後に保湿ケアも行います

ですが、電気シェーバーでも多少は肌に負担がかかるので、くり返すことで色素沈着などのトラブルが生じることも多いです。

本当に綺麗に処理したいなら、サロンなどでプロに脱毛してもらいましょう。