「女性なのにOラインに毛が生えていて、大事なときに恥ずかしい。脱毛したいけど、エステのお姉さんに見られるのも恥ずかしい。」、「トイレのあとでお尻が痒くなってしまうことがある。衛生のためにOライン脱毛をした方がいいのだろうけど、恥ずかしさへの配慮はしてもらえるの?」

Oライン脱毛したいと思っても、恥ずかしさから踏み切れない人も多いですよね。ですが、Oライン脱毛の恥ずかしさについては、ほとんどのところが対処済みです。

ここでは、Oライン脱毛が恥ずかしい人のために、脱毛サロンやクリニックで行われている恥ずかしさ対策を紹介します。

Oラインの脱毛って恥ずかしい?施術の体勢や格好は?

サロンによって四つん這いになることも

脱毛のVIO処理の際は、恥ずかしさに配慮されるのが一般的です。Oライン脱毛の場合も、恥ずかしさへの配慮から、うつ伏せの体勢で、足もあまり開かずに施術するところが多いです。

ですが、サロンによっては四つん這いの状態になって施術するところもあります。羞恥心が強い人だと、毎回四つん這いで施術されるのは厳しいでしょう。

恥ずかしい体勢を避けたい人は、行きたいサロン・クリニックの、Oラインの施術の体勢も調べてみるとよいです。

ネットに情報がない場合は、無料カウンセリングで聞くと教えてもらえます。

紙ショーツを穿いて施術するところが多い

Oラインなどデリケートゾーンを脱毛する人には、紙ショーツやガウンを用意して、恥ずかしさに配慮しているところが多いです。

上半身を脱毛しない人の場合は、上下が分かれている服で行けば、上半身は服を着たままでOKなのが一般的です。

施術も紙パンツを穿いたまま行い、必要な部分だけ紙ショーツを手でずらしながら照射するところが多いです。

紙ショーツを脱ぐ場合も完全には脱がず、足の途中まで下げるだけです。足元など、施術に関係のない部分は、バスタオルなどで隠してくれます

ですが、紙ショーツの用意がなく、全裸で施術を受けるところも存在します。全裸だと恥ずかしい人は、紙ショーツの有無も確認してみるとよいです。

目元にゴーグルやタオルをしてくれることが多い

脱毛の施術中は、照射の光から目を保護するために、ゴーグルやタオルで目元を隠します。

Oライン脱毛のときは目への危険は少ないですが、Oライン脱毛でも恥ずかしさへの配慮から目元を隠してくれるところが多いです。

目元を隠してくれるところであれば、施術中にスタッフと目が合うことがなく、スタッフがどの位置で何をしているかもよく分からないので、恥ずかしさがだいぶ軽減されます。

範囲が狭いので施術時間が短い

Oラインは範囲が狭いので、恥ずかしくてもごく短時間で終わります。サロンによって多少異なりますが、Oラインの施術時間はだいたい、5~10分程度です。

施術スタッフも恥ずかしいのは分かっているので、事務的にテキパキと作業を進めてくれます。

ゴーグルなどで視界を遮られていれば、何をされているのかよく分からないうちに終わってしまいます。

また、照射中は目が隠れていても分かるほど、脱毛器から強い光が出るので、光に気を取られているうちに終わるというのもあります。

脱毛が初めての人が想像するほど、恥ずかしさについて思い悩む暇はないので心配ありません。

Oライン脱毛におすすめのサービスとは

無料シェービングサービス

脱毛は火傷防止のため、施術部位のムダ毛を事前処理して行くのが基本です。Oライン脱毛をする場合は、無料のシェービングサービスがあるところに通った方がよいです。

Oラインは鏡を使っても自分では見えにくく位置的に手も届きにくいため、どの自己処理方法でも完璧にムダ毛処理して行くのが難しいからです。

シェービングサービスが有料だと、毎回シェービング料がかかってしまいます

また、シェービングサービス自体がないところの場合は、剃り残しを避けて照射するか、剃り残しが多すぎるとその日は施術できないという対応になるので、脱毛が進みにくくなります。

充実したアフターケア

脱毛は、施術後の肌の手入れなどのアフターケアも大切です。アフターケアがしっかりしているかどうかで、肌トラブルの発生率などが変わってくるからです。

Oラインは敏感な部位なので、アフターケアが特に重要になります。

サロンなら肌ケアに力を入れているところ、クリニックなら当日の薬代や、トラブル時の治療費が無料のところを選ぶとよいでしょう。

また、Oラインは皮膚が入り組んでいて照射漏れが出やすい部位でもあるので、照射漏れの際の対応についても確認しておくと安心です。

痛みが少ない機械

Oラインやアンダーヘアの脱毛はデリケートな部位なので、痛みを感じやすいです。あまり痛いと続けられなくなってしまうので、痛みが少ない脱毛器を採用しているところを選ぶと安心です。

特にクリニックの医療レーザー脱毛の場合は、レーザーの種類によっては痛みが我慢できない人もいます。

クリニックでOライン脱毛をする場合は、ダイオードレーザー「ライトシェアデュエット」や「メディオスター」という脱毛器を使っているクリニックを選ぶと痛みが少ないです。

アレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズ」は痛みが強いので、Oライン脱毛には避けておいた方がよいでしょう。

Oライン脱毛をしたい人向けのサロン・クリニックは ?

痛みが少ないのはサロン

痛みの少なさを重視したい人のOライン脱毛には、サロンの光脱毛がおすすめです。

サロンの光脱毛は痛みが少なく、肌への負担も少ないので、デリケートなOラインの脱毛も安心です。

ただし、痛みの少なさは照射出力の低さによるものなので、効果の出方もゆっくりです。サロンでOラインのムダ毛をなくすには、回数をたくさん通う必要があり、期間も長くかかるので、その点は理解しておきましょう。

サロンのOライン脱毛は、ミュゼプラチナムディオーネが痛みが少なく、無料のシェービングサービスと紙ショーツもあるのでおすすめです。

ミュゼプラチナム

Oライン脱毛などの部分脱毛が安くOラインの剃り残しはシェービング無料です。紙ショーツの用意もあります。光脱毛の中でも痛みが少なく、肌への負担が少ないS.S.C.脱毛の機械を採用しています。

施術後は、プラセンタエキス配合のミルクローションで肌ケアしてもらえます。Vラインが通い放題の安いキャンペーンを実施していることも多いです。

ディオーネ

無痛で肌にやさしい、ハイパースキン脱毛のサロンです。ミュゼに比べるとOライン脱毛の料金がやや高めですが、少しでも痛いのが嫌な人にはおすすめです。紙ショーツの用意もあります

他のサロンでは難しい、敏感肌や濃い色素沈着も脱毛できます

自己処理できない人は無料でシェービングしてもらえ施術後には美顔専用の美白美容液で肌ケアしてもらえます。

回数が少ないのはクリニック

「Oラインをあまり見られたくない」という人は、クリニックの医療レーザー脱毛の方が通う回数が少ないです。

医療レーザー脱毛は高出力の脱毛器が使えるので効果が高くサロンより少ない回数でツルツルにできます。さらに、完了後はほとんど毛が再生しなくなります

看護師が施術するので、安全性も高いです。

ただし、効果が高い反面、サロンよりも痛みが強いので、心配な人は麻酔も予約しておくとよいです。

クリニックのOライン脱毛は、アリシアクリニックリゼクリニックが痛みが少ない脱毛機を使っていて値段が安く、無料シェービングサービスもあるのでおすすめです。

アリシアクリニック

脱毛の料金が安く、回数無制限コースも選べるので、毛量が多くても安心です。脱毛機は痛みが少ない「ライトシェアデュエット」を基本に、一部の院ではより痛みが少ない「メディオスター」も使えます。

Oラインの剃り残しはシェービングが無料で、まったく自己処理できない人は2,000円で有料シェービングサービスもあります。当日の抗炎症剤の処方が無料で、紙ショーツの用意もあります。

リゼクリニック

脱毛が安く、薬代などの無料オプションと保証が充実しています。「ライトシェアデュエット」や「メディオスター」など、痛みが少ない脱毛機3種類を使い分けているので、黒ずみが酷い人や敏感肌の人も脱毛できます

紙ショーツはありませんが、ガウンを着たまま施術できます。シェービング無料で、生理のときのキャンセル料も無料です。

まとめ

Oラインを知らない人に脱毛してもらうのは恥ずかしく感じますが、ほとんどのところでは恥ずかしさへの配慮がなされています

・紙ショーツやガウンを着用したまま、うつ伏せの体勢で施術
・ゴーグルやタオルで目元を隠す

施術も5~10分程度なので、やってみるとそれほど恥ずかしくありません。

ですが、紙ショーツの用意がないところや、四つん這いで施術するところもあるので、事前に調べた方がよいです。

また、Oラインは事前の自己処理が難しく、デリケートな部位なので、無料のシェービングサービスの有無アフターケア、痛みの少なさも確認しましょう。

分からないことがあれば、無料カウンセリングで聞くと詳しく教えてもらえます。