「衛生のために、Iラインもムダ毛の手入れをしたい。除毛クリームが簡単そうだけど、除毛クリームってIラインにも使える?」、「除毛クリームでIラインを自己処理しようとしたら、家族に止められた。Iラインの自己処理はどうやればいいの?なぜ除毛クリームじゃダメなの?」

ここでは、Iラインに除毛クリームを使ってはいけない理由と、VIOラインの自己処理におすすめの方法手順を紹介します。

Iラインのムダ毛が気になっている人は、参考にしてください。

Iラインの自己処理に除毛クリームは使える?

VIOラインに市販の除毛クリーム使うのは危険

VIOは皮膚が薄くて粘膜にも近く、デリケートな部位なので除毛クリームの使用は危険です。特に女性のIラインは、膣内に除毛クリームが入る恐れもあります。

健康な膣内は自浄作用によって酸性に保たれています。しかし、除毛クリームはアルカリ性が強いため、膣に入ると膣内もアルカリ性に傾いてしまいます。

その結果、細菌や病原体が侵入しやすくなり、カンジダ膣炎などの感染症を引き起こすこともあります

また、除毛クリームは主成分の「チオグリコール酸カルシウム」が毛のタンパク質を溶かすことで除毛しますが、毛だけでなく皮膚や粘膜のタンパク質も溶かしてしまいます

そのため、使用方法を守っても肌荒れなども起こりやすいです。

口コミでも沁みて痛いなどの意見が

そもそも、Vラインに使えるとされる除毛クリームは存在しますが、Iラインへの使用が推奨されている除毛クリームはありません。それだけ、Iラインに除毛クリームを使うことはリスクが高い行為だといえます。

Iラインの場合は注意していても、粘膜にも除毛クリームが付着するため、沁みて痛みが出たり、赤く腫れてしまったりといった、危険性が高いトラブルが起こるからです。

除毛クリームは敏感肌用のものも医薬部外品に指定されていて、強い成分が配合されています。

デリケートゾーンの中でも比較的肌が強いVラインへの使用でも、「肌荒れした」などの口コミが見られるほどなので、Iラインを除毛クリームで処理するのは止めておきましょう。

アンダーヘアの処理には電気シェーバー

VIOラインを自己処理したいときは、電気シェーバーで処理するのがおすすめです。カミソリやワックスなどあらゆる自己処理方法の中で、もっとも肌への負担が少なく、安全性が高い方法だからです。

さまざまなタイプのレディース用電気シェーバーが市販されていますが、VIO用にはフェイス用などのI字型シェーバーが使いやすいです。

I字型シェーバーはヘッドが小さく小回りが利くので、範囲が狭くて凹凸のあるVラインのアンダーヘアを処理しやすいです。

なお、Iラインも処理する場合は、Iライン専用シェーバーも便利です。

自分でIラインに当てやすいよう、持ち手や刃の角度が工夫されているので、I字型のものより剃りやすいです。

Iラインの自己処理方法は?

Iラインの自己処理に必要なもの

Iラインを自己処理するときは、以下のものを用意しましょう。

・Iライン専用電気シェーバー(使いこなせる人はI字型電気シェーバーでも可)
・鼻毛用のハサミ
・低刺激のクリームなど、肌を保湿するもの
・自立タイプの鏡
・太めの水性ペン(処理する範囲に印をつけたい場合)

なお、ハサミは眉バサミが推奨されることが多いですが、鼻毛用のハサミの方が刃先が丸くなっているので、肌や粘膜に当たってしまったときに安心です。工作用のものなどは大きすぎるので、Iラインには使いにくいでしょう。

水性ペンは、下着からはみ出る部分だけ処理したい人など、範囲を正確に掴みたい人は用意しておきましょう。

Iラインの正しい処理の手順

①処理をする体勢を決める

Iラインの自己処理は、自分では見えにくいので、鏡で確認しながら処理するのが基本です。

比較的体勢がラクなのは、自立式の鏡を床に立て、鏡の前で足をM字に開く方法です。体育座りの体勢から、ひざを曲げたまま足を左右に開きましょう。

ですが、Iラインの位置が後ろ寄りの人の場合は、上記の体勢だと後ろの方が見えないことがあります。

床に座ると見えにくい人は、鏡を床に寝かせ、鏡の上にまたがると見えやすいです。

可能な人は、鏡を使わず、椅子の座面に片足を乗せて、直接覗き込む方法もあります。

いずれにしても不安定な体勢になりやすいため、浴室で行うのは滑りやすくて危険です。脱衣所や寝室などで行うようにしましょう。

②肌を清潔にしてからハサミで毛をカット

自己処理を始める前に、Iラインを清潔にします。入浴するか、難しい場合は赤ちゃん用のお尻拭きなどでよく拭いておきましょう。

次にどの部分まで剃るかを決め、必要に応じて水性ペンで印をつけておきましょう。

自己処理する範囲が決まったら、鼻毛用のハサミを使い、Iラインの毛を3~5ミリ程度の長さにカットします。指で毛を少しずつつまみながらカットするとやりやすいです。

あらかじめ毛を短く切っておくことで、シェーバーに絡まりにくくなり、剃りやすくなります。

皮膚や粘膜を切ってしまわないよう、慎重に行いましょう。

③蒸しタオルで5分ほど、毛と肌を温める

肌の表面や体毛は、温めるとやわらかくなるので、シェービングを始める前に、自己処理する部分を蒸しタオルで5分ほど温めるとよいです。

温めることで肌表面の角質とムダ毛がやわらかくなるので、シェーバーの刃が引っかかりにくくなり、肌を傷つけにくくなります

蒸しタオルを使わず、入浴後の体が温かいうちに処理するのもよい方法です。その場合は入浴前に毛をカットするところまで済ませておき、体が冷えないうちに剃り始めましょう。

④毛の流れに沿ってシェーバーで剃る

ここからはいよいよ、電気シェーバーでムダ毛を剃っていきます。剃るときは必ず、毛の流れに沿ってシェーバーを動かします

シェーバーの刃は、肌に対してぴったりと添わせます。空いている方の手で、皮膚を軽く引っ張ると剃りやすいです。

深く剃りたいからといって、毛の流れに逆らって剃るのは絶対に止めましょう。逆剃りはシェーバーの刃が毛穴や角質に引っかかりやすいため、必要な角質が削り取られて肌を傷める原因になります。

水着や下着に合わせて処理したい場合は、剃り終えた後に試着し、体を動かしても毛がはみ出ないか確認するとよいです。

⑤仕上げに肌をよく冷やしてから保湿する

シェービングが終わったら、濡れタオルなどで肌をよく冷やしましょう。タオルの中に保冷剤を入れてもよいです。

電気シェーバーは他の方法に比べて肌への負担が少ないですが、シェービング直後は肌にほてりが生じているので、冷やさずに放置すると肌トラブルに発展することもあります。

炎症などのリスクを軽減するために、シェービング後は必ず肌を冷やすようにしましょう。

また、毛と一緒に角質も多少は削り取られてしまうため、シェービング後は急速に肌の乾燥が進みます

刺激の少ないクリームなどで、保湿するのも忘れないようにしましょう。デリケートゾーン用の保湿クリームなども市販されています

一番肌への負担が少ないのは脱毛

肌荒れが少ないのはサロン

自己処理は多少なりとも肌に負担がかかります。デリケートゾーンの場合は、伸びかけの毛がチクチクする問題もあります。

ムダ毛の処理は、プロに脱毛してもらうのが肌への負担が一番少ないです。毛量が減るのにつれて自己処理の頻度も減っていくので、自己処理による肌トラブルや、伸びかけの毛のチクチク感からも解放されます

脱毛にはいくつかの方法がありますが、施術による肌荒れの少なさでは、サロンの光脱毛がベストです。

効果の出方がゆっくりのため、回数が多くかかりますが、肌への負担が少ないので肌荒れなどのトラブルが起こりにくく、痛みも少ないです。

IラインやVIO全体の脱毛は、ミュゼプラチナムディオーネがおすすめです。

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安くIライン単体の脱毛やVIO全体のセットプランも安いです。

痛みが少なく肌への負担が少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、デリケートゾーンの脱毛も安心です。

Oラインの剃り残しは、無料でシェービングしてもらえます。

ディオーネ

無痛で肌にやさしいハイパースキン脱毛のサロンです。施術後は、美顔専用の美白美容液で肌ケアしてもらえます。

シェービングが完全無料なので、自己処理に自信がない人はそのまま行くことも可能です。

VIO全体のセットプランの他、Iラインだけを脱毛できるプランもあり、料金も安めです。

医療従事者がいて安心なのはクリニック

トラブルが起こったときにすぐに医師に対応してもらえて安心度が高いのは、クリニックの医療レーザー脱毛です。

基本的な脱毛の仕組みはサロンと同じですが、照射出力が高いので、サロンより効果が高いです。永久脱毛とほぼ同等の効果が得られ、少ない回数でツルツルにできます。

出力が高い分、サロンより痛みが強く施術後の一時的な赤みなども出やすいのがデメリットです。

しかし、痛みについては麻酔の利用が可能で、肌トラブルもその場で医師に診てもらえます

施術も必ず医療従事者が行うので、安全性も高いです。

IラインやVIO全体の脱毛は、アリシアクリニックリゼクリニックがおすすめです。

アリシアクリニック

脱毛が安く回数無制限コースも選べます。痛みが少ないダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」を採用しているので、ほとんどの人は麻酔なしで通えています

一部の院では、より痛みが少ない「メディオスター」も選べます。

キャンセルのペナルティがないので、急な生理のときもお休みしやすいです。

リゼクリニック

脱毛が安く無料オプションと保証が充実しています。「ライトシェアデュエット」と「メディオスター」をはじめ、3種類のレーザーを使い分けるので、脱毛できる毛質・肌質が幅広いです。

キャンセルのペナルティがなく、シェービング料も無料です。メンズ用脱毛クリニックの「メンズリゼ」もあります。

まとめ

デリケートなVIOラインに市販の除毛クリーム使うのは危険です。特にIラインは、肌が薄いので痛みなどのトラブルが出やすく除毛クリームが膣に入ることで、カンジダ膣炎などの感染症を引き起こすこともあります。

Iラインを自己処理する場合は、電気シェーバーを使う方法がもっとも安全で肌への負担も少ないです。電気シェーバーでの自己処理は、以下の手順で行いましょう。

①処理をする体勢を決める
②肌を清潔にしてからハサミで毛をカット
③蒸しタオルで5分ほど、毛と肌を温める
④毛の流れに沿ってシェーバーで剃る
⑤肌をよく冷やしてから保湿する

ですが、自己処理は多少なりとも肌に負担がかかります。肌への負担が少ないのは、サロンやクリニックで脱毛する方法です。

肌への負担がもっとも少ないのはサロンの光脱毛ですが、もしものときにすぐに医師に対応してもらえて安心度が高いところを選びたい人には、クリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。