「家で脱毛できるように、家庭用脱毛器を買いたい。おすすめの機種はどれ?」、「家庭用脱毛器の購入を検討中。それなりに高い買い物だから、購入時の注意点なども知りたい。」

ここでは、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、家庭用脱毛器のタイプ別の特徴や、選び方のポイント口コミ評価が高くておすすめの家庭用脱毛器の商品を紹介します。

また、家庭用脱毛器にはリスクとデメリットもあるので、購入前に知っておくべき注意点についても解説します。

女性が使える家庭用脱毛器にはどんな種類があるの?特徴や選び方は?

家庭用脱毛器には3種類ある

フラッシュ式

「光式」とも呼ばれるタイプの家庭用脱毛器です。毛根のメラニン色素に光照射することで脱毛します。

複数の波長で広範囲に照射できるようになっていて、短時間で施術できるので範囲が広い部位の脱毛にも向いています

ただし、一般の人が安全に使えることを最優先に低出力で設計されているため、効果の出方が穏やかで、すぐには毛がなくなりません。定期的に施術をくり返すこと、徐々に毛量が減っていきます。

ボディ用、フェイス用など、さまざまなタイプの製品が市販されています。

レーザー式

毛根のメラニンに反応させる仕組みは、フラッシュ式と同じです。ですが、レーザー式の場合は単一の波長で、フラッシュ式に比べると出力も高めです。

とはいえ、家庭で一般の人が使用する前提で設計されているので、クリニックの脱毛レーザーほどの威力はありません

フラッシュ式と同様に、定期的に施術をくり返すことで、徐々に毛量が減っていきます

なお、照射口が非常に狭いため、全身脱毛など広範囲を施術するには不向きです。

サーミコン式

肌表面に出ている毛を、熱線で焼き切るタイプです。カミソリなどと同じように肌の上に伸びている毛しか処理できないので、正確には脱毛器ではなく、「除毛器」です。

ですが、カミソリで剃るのと違い、毛の切断面が丸くなるので、ムダ毛処理後の毛がチクチクしないメリットがあります。毛抜きなどで処理するのに比べると、所要時間も短くて済みます

一方、熱線が肌に当たると火傷してしまうので、根元ギリギリまでは処理できないデメリットがあります。

家庭用脱毛器を購入する上でチェックすべきこと

ランニングコスト

家庭用脱毛器を購入するときは、脱毛方式の他に、機種ごとのランニングコストにも目を向けて選ぶべきです。

本体価格は多くの人が比較しますが、機種によってはカートリッジの買い替えやバッテリー交換などのランニングコストもかかってきます

故障に対する無料保証期間も、メーカーや販売店によって異なります。

家庭用脱毛器は何年も使っていくものなので、本体価格以外の費用もチェックした上でコストパフォーマンスを判断すると失敗しにくいです

安全性

脱毛器は肌に触れる機械なので、安全性も重要です。基本的には、海外製よりも日本製の製品の方が安全性が高いです。

海外に比べ日本の安全基準が厳しいこともありますが、日本製であれば、日本人の肌に合わせて設計されているという点も大きいです。

海外製の場合、日本人の肌だと効果が出ないケースもあるので、効果の面でも日本製の脱毛器の方が良いです。

また、医師や医療機関の監修で作られている製品も信頼度が高いです。

照射面積とパワー調整

施術時の使いやすさも重要です。照射範囲が広い機種を選ぶと、一気に広範囲を処理できるので、面倒にならずに続けやすいです。

さらに、パワー調整ができるタイプの機種だと、自分の肌質や毛質に合った出力で施術できるので、効果的かつ安全に使えます

また、使い始めのうちは痛みで驚くこともあるので低出力の方が使いやすいですが、慣れると出力を上げたくなってくるので、パワー調整ができないものだと物足りなくなる可能性もあります。

機種によって調整段階が異なるので、比較してみるとよいでしょう。

口コミで女性からの評価が高いおすすめフラッシュ式脱毛器

ケノン

フラッシュ式で女性からの口コミ評価が高いのは、「ケノン」です。非常に評判がよく、購入している人も多いです。

価格が約7万円と家庭用脱毛器としては高額ですが、国内メーカーによる日本製で、顔やVラインを含め全身に使用できます

照射口の面積も7平方センチメートルと抜群に広く6連射機能も搭載されているので、少ない照射回数で広範囲を施術可能です。パワーも10段階で出力調整できます。

標準付属品のカートリッジの照射回数も多く、最低出力の場合で100万発照射できます。

オプションカートリッジも用途や出力によって、さまざまなタイプのものが選べるようになっています。

レイボーテRフラッシュ

「レイボーテRフラッシュ」も評判が高いです。日本メーカーの製品で、価格は約5万円です。エステの脱毛器と同じ、脱毛に効果的な波長域の「キセノンフラッシュ」を採用しています。

0.2秒間隔で高速連射できる、ローラー式のカートリッジなので、短時間で広範囲を施術できます照射口も3.9平方センチメートルと広めです。

5段階で出力調整ができ、カートリッジの寿命は最大で約25万発です。

同シリーズから、さらにハイスペックな上位機種も販売されています。

公式サイトなどのオンラインショップの他に、家電量販店などの店頭でも購入できます。

Rowan(ローワン)

脱毛器と美顔器を兼ね備えたタイプで、価格は約55,000円です。カートリッジ寿命は約20万発で、8段階のパワー調整が可能です。

照射口も6平方センチメートルと大きめで、広範囲の施術もしやすいです。重量も約90gと軽量で、女性にも扱いやすいです。

他の脱毛器と大きく異なるのは、音声案内が搭載されていることです。音声で使い方を教えてくれるので、説明書を読みながら操作するわずらわしさがありません。

夜間など静かに使いたいときは、ミュート機能もあります。

口コミで女性からの評価が高いおすすめレーザー式脱毛器

トリア

「トリア」は唯一のレーザー式家庭用脱毛器です。医療脱毛の「ダイオードレーザー技術」を開発した専門家が作った製品で、家庭用レーザー脱毛器としては唯一、アメリカのFDA認可を取得しています。

価格は5万円ほどで、フラッシュ式に比べて脱毛効果が高いという口コミが多く、3ヶ月ほどの使用でムダ毛が薄くなるとされています。

照射口が1センチ平方センチメートルと小さいので、広範囲の施術には向きませんが、鼻の下や脇のくぼみなどの細かい部分を脱毛するのに使いやすいです。

出力は5段階で調整できます。カートリッジ交換の必要はありませんが、バッテリーが消耗品となっており、寿命は1年ほどです。

口コミで女性からの評価が高いおすすめサーミコン式脱毛器

ノーノーヘア・スマート

「レイボーテRフラッシュ」を製造しているヤーマンが作っています。サーミコン式脱毛器でもっとも人気の製品です。

除毛しかできないので脱毛効果は得られないため、脱毛したい人にはおすすめできません。ですが、脱毛できる機種に比べると安価で、処理後の毛もチクチクしないので使っている人も多いです。

フラッシュ式やレーザー式とは根本的に性能が違うため、カートリッジなどの消耗品の買い替えも不要なので、購入後の維持費の心配がないメリットはあります。

家庭用脱毛器の落とし穴

カートリッジ交換が必要なものもある

フラッシュ式脱毛器を購入する際に見落としがちなのが、カートリッジの買い替え費用です。

カートリッジ式の場合は、カートリッジの使用回数が決まっていて、使い切ったら新しいものに買い替える必要があります。

各製品の説明に、カートリッジごとの照射可能回数が記載されていますが、照射レベルなどの使用条件によっても使える回数が異なります

特に、使用頻度が高い人や、施術する範囲が広い人の場合は、カートリッジの減りも早いです。

カートリッジの価格はものによって違いますが、4千~1万円程度です。そのためカートリッジの交換ペースと値段も把握しておいた方がよいです。

バッテリー交換が必要なものもある

家庭用脱毛器には、コード式と充電式のものがあります。充電式は場所を選ばずに使用できる反面、バッテリー交換が必要になります。バッテリーの寿命は1年ほどです。

本体を購入したあとも、毎年まとまった金額のランニングコストがかかっていくことになるので、よく検討した方がよいでしょう。

使い切り型のものもある

消耗品の交換がない、使い切り型の脱毛器もあります。サーミコン式の脱毛器はほとんどが使い切り型で、フラッシュ式にも使い切り型の製品があります。

使い切り型の脱毛器は、カートリッジ式や充電式に比べて本体価格が安めのものも多く、少ない初期費用で購入できるのが魅力です。

しかし、寿命が来たときに本体ごと買い替えなければならないので、長い目で見ると割高になる可能性もあります。

女性が使える家庭用脱毛器のメリットとデメリットは?

家庭用脱毛器を使うメリットは気軽さと便利さ

家庭用脱毛器を使う最大のメリットは、いつでも自分の好きなタイミングで施術できることです。夜遅くにしか自分の時間が取れない人でも気軽に脱毛できます。

脱毛したい部位にもよりますが、基本的にはサロンに通うより少ない初期費用で脱毛を始められるのも大きな魅力です。

また、「サロンでVIO脱毛をやってもらうのは恥ずかしい」といった心理的なハードルを感じる人もいます。家庭用脱毛器なら、人に見られたくない部位も自分で脱毛できます

家庭用脱毛器のデメリットは面倒臭さ

家庭用脱毛器は、専門知識のない一般の人が使う前提で作られているため、サロンの脱毛器よりも効果が低めです

そのため、効果を出すには回数が多く必要になってくるので、根気がいります

照射前後の処理も面倒です。脱毛は高温の光を肌に当てるので、照射前後は肌を冷却しなければなりません。このプロセスを怠ると、火傷などの症状が出てしまいます。

サロンなら肌の冷却もスタッフがやってくれますが、家庭用脱毛器の場合は自分でやるしかありません。

照射で肌が乾燥するので、保湿ケアも必要です。

家庭用脱毛器よりサロンやクリニックでの脱毛がおすすめ?

自己処理では失敗やトラブルが多い

家庭用脱毛器によるセルフ脱毛は、自宅で手軽にできる反面、素人による施術なので火傷などの肌トラブルも起こりやすいです。

肌トラブルの程度によっては、素人では適切に処置できずに、症状を悪化させてしまう可能性もあります。その結果、色素沈着を起こし、黒ずみが残ってしまう可能性もあります。

また、家庭用脱毛器は定期的に施術しないと効果が下がってしまいます

プロの手による施術で安心

家庭用脱毛器は素人施術ゆえの失敗やトラブルがつきものですが、サロンやクリニックならプロが施術してくれるので安心です。

クリニックは必ず看護師が施術しますし、サロンも脱毛器の使い方や施術のやり方の研修を受けたスタッフが施術してくれます。

出力調整も、肌や毛の状態に合わせて適正に行われるので安全性が高く、照射漏れもほぼありません

また、恥ずかしさへも配慮されており、VIO脱毛などのハードルも低くなっています。

プロなら短期間・短時間で高い効果が得られる

サロンやクリニックなら、家庭用脱毛器よりも出力が高い機械を使えるので、セルフ脱毛よりも効果が出やすく、完了までの期間も短いです。サロンなら2~3年クリニックなら1~2年で終わるのが一般的です。

施術の間隔も、毛周期に合わせて管理してくれるので効果的に脱毛を進めることができます。

また、自分でやるより施術時間も短いです。全身を一度に施術した場合で、30分~2時間程度です。

プロに任せるなら良心的なところを選ぶ

家庭用脱毛器よりサロンやクリニックで、プロにお任せする方が安全で効果的ですが、どこでもよいというわけではありません。

安いけれどまったく予約が取れないところや、相場に比べて極端に値段が高いところなど、おすすめできないサロン・クリニックもあるからです。

サロンならミュゼプラチナム銀座カラー、クリニックならアリシアクリニック湘南美容クリニックは、評判もよいのでおすすめです。

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安く、脇とVラインが安価で通い放題のプランもあります痛みが少なく、肌への負担が少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、脱毛初心者にも通いやすいです。

ただし、顔脱毛のプランがなく、全身脱毛が高いので注意が必要です。

銀座カラー

全身脱毛などの通い放題プランがあります。施術後の肌ケアに、医療機関と共同開発の「美肌潤美」を採用しているので、美肌を目指したい人にもおすすめです。

ただし、プランによってはシェービングサービスがないので注意しましょう。

アリシアクリニック

脱毛が安く、追加料金もかかりにくいです。クリニックでは唯一、通い放題プランがあります

痛みが少ないダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」をはじめ、一部の院ではより痛みが少ない「メディオスター」も採用しています。

湘南美容クリニック

料金が安い部位が多く、脇脱毛や全身脱毛、VIO脱毛が人気ですが、追加料金がかかりやすいので、事前によく確認しましょう。

ほとんどの院で、痛みが少ないIPLレーザーの「ウルトラ美肌脱毛」が選べます。肌の黒ずみなどを改善する美肌効果も期待できます。

まとめ

家庭用脱毛器には、3種類のタイプがあります。

フラッシュ式:照射口が広く、一度に広範囲を施術できる
レーザー式:照射口が狭いので、狭い部分に使いやすい。フラッシュ式より効果が高い
サーミコン式:熱線でムダ毛を焼き切るだけなので、脱毛はできない

家庭用脱毛器を選ぶ際は、以下のポイントをチェックした方がよいです。

ランニングコストカートリッジやバッテリーの買い替えが必要な製品、消耗品の交換ができず、本体ごと買い替えなければならない製品がある
安全性
照射面積とパワー調整

なお、家庭用脱毛器は手軽で便利ですが、火傷や肌トラブルを起こしやすいなどのデメリットがあります。

また、一般の人が使うことを想定しているため、照射出力が低く、サロンやクリニックの脱毛に比べると効果も弱めです。

したがって、安全性や効果の高さでは、サロン・クリニックでプロに脱毛してもらう方がおすすめです。