失敗や後悔なくIライン脱毛がしたくても、デリケート部位なだけに他の人には恥ずかしくてなかなか聞けないですよね。
ここでは、Iライン脱毛に失敗しないための注意点として、どのような失敗例が多いのか、またそれぞれの解決方法も合わせて紹介していきます。
Iライン脱毛や、VIO全体の脱毛におすすめのサロン・クリニックも紹介するので、参考にしてください。

Iライン脱毛にまつわる疑問や不安を一気に解決しましょう。

まさかの失敗!Iライン脱毛で後悔した体験談の内容は何が多い?

デザインで失敗した

Iライン脱毛をしたら、割れ目が見えて恥ずかしい」。Iライン脱毛で後悔することが1番多いのが、Iラインのデザインです。
Iラインは全部脱毛すればいいんじゃないの?Iラインにデザインなんてあるの?と思った人は後悔する可能性が大きいので、注意が必要です。
Iラインの施術可能範囲は尿道口付近までなので、全部脱毛する場合思っていたよりも前の方まで毛がなくなり、後悔するパターンが多いです。

初めの契約時よりも、余計に費用と時間が掛かった

Iラインだけ脱毛して後悔

デリケートゾーンの中でも、Iラインだけ脱毛すればいいやと考えている人も注意が必要です。なぜなら、Iラインの脱毛が完了するころには他のV/Oラインの毛が気になってきてしまうからです。デリケートゾーン全体でバランスを見たときに、やっぱりVIO全部脱毛すれば良かったと思う人がとても多いです。
Iラインの脱毛が完了してから、V/Oラインを追加するとなると時間はもちろんかかりますし、脱毛プランはセットプランの方が安く設定されているので、料金的にも損をして後悔につながります。

少ない回数で契約して後悔

VIO脱毛は毛質などの関係で回数が多くかかりやすいですが、Iラインは特に回数が多くかかります。そのため、なかなか終わらないという理由で後悔する人もいます。

Iラインは下着の摩擦などで肌が黒ずんでいることが多いため、脱毛の照射で火傷しやすい部位です。そのため、Iラインを安全に施術するためには、あまり出力を高くできません。その結果、他の部位に比べて効果が出にくくなるので、回数が多くかかるのです。
さらに、Iラインは皮膚が薄く、粘膜部分にも近いので、デリケートな部位でもあります。そのことも出力を上げにくく、回数が多くかかる原因になっています。

少ない回数で契約すると、まだ満足できていないのにコースが終わってしまい、回数をプラスするための追加料金がかかって後悔するケースもあります。

効果を感じられなかった

「せっかくIライン脱毛したのに、全然抜けなかった」。という、後悔も多いです。
Iライン脱毛は効果を実感しにくい部位のため、脱毛サロンでの施術だと照射パワーが弱く、思うように脱毛効果が出ないということもあります。
また、脱毛サロンでなくても施術回数不足が原因で効果が無かったと感じる人もいます。

思っている以上に痛みが強かった

Iラインは全身の脱毛箇所の中でも、特に痛みを強く感じる部位です。脱毛サロンやクリニックのホームページで、痛みの程度をレベル別で表記している所もありますが、どこも1番痛いレベルの評価を付けています。
その痛みの強さに我慢できす、途中で脱毛を断念する人もいます。

これで安心!Iライン脱毛で後悔しないために気を付けること

Iラインのデザインに後悔したくないなら、カウンセリングが重要

おすすめのデザインはVラインとつなげる形

Vラインまで無毛のハイジニーナにする人や、割れ目が見えても気にならない人の場合はIラインの施術可能範囲を全照射しても構いません。

ですが、Vラインの毛を残すデザインを選ぶ人で、「割れ目が見えるのは恥ずかしい」という場合は、Iラインは全照射せず、前の方の毛を残した方がよいです。
Vラインから自然に繋がるように前方の毛を残し、後ろに向けて少しずつ細くすると、自然な仕上がりになります。毛を残す横幅も、Vラインの幅に合わせるとよいです。
どこまで脱毛して、どこまで毛を残すのか。デリケートゾーン全体のデザインはカウンセリングの時に完成イメージをしっかり伝えるようにしましょう。

関連記事

粘膜の施術ができるのはごく一部のクリニックのみ

Iラインの照射範囲は基本的に「粘膜部分を除いた女性器周辺。大陰唇・小陰唇の周囲からOラインにかけて」と、なっています。
粘膜ギリギリの処理は、とてもデリケートな部位のため看護師や医師などの資格を持っている人でなければ施術できません。医療従事者のいない脱毛サロンでは脱毛することはできません。そのため、粘膜ギリギリの毛が気になるという人は、照射可能の所を選ばないと粘膜周辺だけ毛が残っている状態になってしまいます。
綺麗に脱毛したいなら、粘膜ギリギリまで施術してくれるクリニックを利用するようにしましょう。
また、粘膜に毛が生えている人はほとんどいませんが、粘膜の照射を希望するのであれば火傷や皮膚トラブルが起こる可能性もあるというリスクを承知したうえであれば、照射可能の所もあります。

関連記事

他の部位も気になるなら、VIOセットもしくは全身脱毛がおすすめ

後悔する理由のなかで、セットプランで契約していなかったので、あとから時間と費用が当初の予定よりもかかるという話をしました。
脱毛料金は、セットに組まれている箇所が多ければ多いほど、1部位あたりの料金が安くなっています。
一度脱毛をしていて、仕上げの意味でIラインだけの施術を希望しているのなら話は別ですが、そうでない場合は、初めからVIOセットプランで契約をした方がお得です。
また、デリケートゾーン以外にも気になる部位が何カ所かある場合は、全身脱毛をしてしまう方がよりお得です。
ただし、全身脱毛の中にはVIOや顔が脱毛範囲に含まれていない場合があるので、自分が脱毛したい部位と脱毛サロン・クリニックの脱毛範囲をチェックするようにしましょう。

効果を求めるならクリニックを利用する

脱毛完了までにサロンなら18回、クリニックなら8回は必要

クリニック 脱毛サロン
効果を実感できる回数 2~3回 4~5回
自己処理不要になる回数 5~6回 10~12回
脱毛完了する回数 8~9回 18~20回

Iライン脱毛をしたのに、効果が無かったと感じた人の中には、回数不足が原因の人が多いです。Iライン脱毛に必要な回数には個人差もありますが、脱毛完了までにサロンの光脱毛なら18回、クリニックの医療レーザー脱毛なら8回程度必要になります。
サロンは医療機関ではないため、出力が低めの脱毛器しか使えません。そのため、クリニックよりも回数が多くかかります。
一方、クリニックは医療機関で、毛根を破壊する行為が法律で許可されているため、出力の高い脱毛器が使えるのでサロンより少なめの回数で完了できます。

いずれの場合も、剛毛で毛量の多い人や完璧にツルツルにしたい人は、目安よりも多めの回数が必要になると思っておくとよいです。

回数で損したくないなら、回数無制限コースがおすすめ

Iライン脱毛は脱毛完了までに回数が多くかかります。少ない回数で契約して結局損してしまうなんてことを避けるために、初めから多い回数で契約しましょう。
脱毛は基本的に、回数が少ないコースほど1回当たりの料金が割高になるので、回数が少ないコースを何度も契約するのは損だからです。
Iライン脱毛をするなら、最初に充分な回数を契約してしまった方がお得です。
特に、毛が濃いと感じている人は回数無制限コースを選ぶと、自分が満足できるまで脱毛をすることができるので安心です。

仮に回数が余ってしまっても、残りの回数分をきちんと返金してくれる所を選べば、ムダにはなりません。

関連記事

脱毛を始める時期も重要

いつまでに脱毛を完了さえたい!という目標があるなら、効果を実感するのに時間が掛かる部位なので、それを見越して脱毛開始時期を決めるようにすると良いです。
思っている以上に時間が掛かり、間に合わなかったなんてことにならないようにしましょう。
特に目標は無いという人は、5月~8月は脱毛業界の繁忙期で、なかなか予約が取れないので、10月頃から脱毛を始めるのがベストです。

痛みを感じにくい脱毛器を利用する

Iラインは脱毛辞退する人も出るくらい、痛みには覚悟が必要な部位です。しかし、みんながみんなただその痛みを我慢しているわけではありません。
痛みに耐えられない場合は、照射レベルを下げて施術をします。ただし、この場合は脱毛効果も下がります。クリニックでは、麻酔を利用することもできます。
脱毛サロン・クリニックともに、痛みに対応してくれますがそれでも痛みが心配な人は、痛みを感じにくい脱毛器を利用しましょう。
脱毛サロンであればSHR脱毛ハイパースキン脱毛、クリニックであればライトシェアデュエットメディオスターNeXTPROが痛みを感じにくいです。

脱毛方法・脱毛器 特徴
SHR脱毛 弱い光でも十分な脱毛効果が得られる毛包にアプローチする脱毛方法。痛みが少なく、肌への負担が軽い
産毛・白髪への効果も高く、日焼け肌でも照射可能。
施術時間が短い
ハイパースキン脱毛 バルジ領域という、肌の浅い部分をターゲットにして脱毛する仕組み。痛みが少なく、アトピーなど肌トラブルがあっても照射可能。産毛や白髪への効果も高い。
色素沈着・日焼け・色黒肌でも照射できる。
ライトシェアデュエット 永久脱毛の効果を認定された脱毛器。レーザーの波長が長いため、奥深くまできちんと脱毛が可能だが、独自の吸引&冷却システムにより痛みが軽減されている。
メディオスターNeXTPRO バルジ領域にアプローチして脱毛する仕組み。冷却装置によって熱量を調整するので、さらに痛みや火傷などの肌ダメージが少ない。産毛への効果も高く、日焼け肌や黒ずみにも対応できる。

関連記事

Iライン脱毛におすすめの脱毛サロン・クリニック

しっかり脱毛したいならクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニック

クリニックでは珍しい、VIOの回数無制限プランがあります。VIO全パーツのセットプランの他に、Iラインだけのプランもあります。粘膜の照射も状態によっては可能です。

医療脱毛としては料金が安く、痛みが少ないライトシェアデュエットで脱毛できます。

VIO粘膜もOK!アリシアクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニック

VIOセットプランがあり、粘膜ギリギリの照射も可能。冷却装置が内蔵されている脱毛器を採用。痛みが心配な人は麻酔を無料で使用することができます。シェービングサービスも無料なので追加料金がかかりにくいです。

粘膜ギリギリもOK!レジーナクリニック

痛みに耐えられないなら脱毛サロン

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛の格安通い放題キャンペーンが人気のサロンです。キャンペーン内容はときどき変わりますが、VIOの回数無制限キャンペーンが開催されることもあります。Iラインを回数無制限で脱毛できるキャンペーンがないか、公式サイトなどをときどきチェックしてみるとよいです。

VIO脱毛が安い!ミュゼプラチナムの脱毛

関連記事

ストラッシュ

ストラッシュ

SパーツとしてIライン脱毛ができます。痛みが少なく肌への負担が少ないSHR脱毛を採用。施術時間が短いので、恥ずかしいと感じる時間が短く済みます。
施術後にはジェルを使用してしっかりと保湿をしてくれます。

Iライン脱毛が痛くない!ストラッシュ

銀座カラー

銀座カラー

VIOの回数無制限プランがあるサロンです。VIO全パーツのセットプランの他に、Iラインだけを選べるプランもあります。

銀座カラーは通常は剃り残しは避けて照射となりますが、「プレミアムファストパス」で契約すると、剃り残しがあった場合もシェービングして照射してもらえます。

VIO脱毛が回数無制限!銀座カラーの脱毛

まとめ

Iライン脱毛で後悔しやすいのは、デザイン脱毛料金効果痛みに関することが多いです。
Iライン脱毛はかなり前の方まで施術可能範囲に含まれるので、前の方の毛を残さないと割れ目が見えてしまうこともあります。

また、Iラインは肌が黒ずんでいることなどが原因で、他の部位よりも回数と期間が多めにかかります
そのため、「思ったより長くかかる」「少ない回数を選んだら追加契約が必要になった」という理由で後悔する人もいます。
脱毛は最初に回数をまとめ買いした方が安いので、充分な回数のコースを選んだ方がよいです。痛みの少なさを重視するならサロン、効果の高さを重視するならクリニックがおすすめです。

後悔しやすいポイントに気をつけさえすれば、メリットが多い脱毛部位なので、注意しながら脱毛を進めてくださいね。