「Vライン脱毛に行くときの自己処理用にシェーバーを買いたいけど、どんなシェーバーを買えばいいの?」、「Vライン脱毛を始めたいけど、綺麗に自己処理できた試しがないから心配。どうやって剃ればいい?」

ここでは、脱毛前のVラインの自己処理におすすめのシェーバーと、シェーバーで正しくVラインを自己処理する方法を紹介します。

自己処理が上手くできない人におすすめのサロンも紹介します。Vラインにおすすめのシェーバーや、Vラインの自己処理のやり方を知りたい人は参考にしてください。

Vラインの自己処理におすすめなのは電気シェーバー

肌への負担が小さく、肌を傷つけない

脱毛前の自己処理には、電気シェーバーを使う方法が推奨されています。電気シェーバーはある程度、根元近くまで処理できて、肌への負担も少ないからです。

一方、カミソリや除毛クリームは肌への負担が大きいので、デリケートゾーンの脱毛前のムダ毛処理には向いていません。自己処理で肌荒れなどが生じてしまうと、脱毛効果が下がったり、施術できなくなることもあります。

また、脱毛は毛根に作用することで効果を出すので、毛抜きやワックスでの自己処理もNGです。自己処理のときに毛根ごと抜いてしまうと、脱毛の効果が出なくなります。

Vラインの脱毛にはI字型シェーバー

電気シェーバーにもさまざまなタイプがありますが、Vラインにはフェイス用などに売られているI字型のシェーバーが使いやすいです。

他の形状のシェーバーに比べて小回りが利きやすく、Vラインに刃を当てたときに視界も遮りにくいです。

なお、Iラインも脱毛する場合は、Iライン専用の電気シェーバーもあると便利です。Iライン専用シェーバーは、Iラインに当てたときに水平方向に動かしやすいよう、持ち手や刃の角度が工夫されたものが市販されています。

普段の自己処理で「シック クアトロ4」などのT字カミソリを愛用している人も多いですが、手動のカミソリは肌を傷つけやすいので、脱毛期間中の自己処理には不向きです。

口コミで人気の女性用シェーバーがおすすめ

電気シェーバーを選ぶときは、商品の口コミやランキングを参考にするとよいでしょう。口コミ人気が高いシェーバーでは、パナソニック「フェリエ」のボディ用がおすすめです。

Vラインの太い毛も剃れるように設計されていて、肌の凹凸に合わせてヘッドがスイングするので、剃り残しも出にくいです。

普段の自己処理であれば、ヒートカッターもおすすめです。ヒートカッターは毛先が丸くなるので、施術後、毛が伸びてチクチクしてきたときに持っていると便利です。

ただし、施術のときはムダ毛の長さが2ミリ以下になるように処理しなければならず、ヒートカッターだとそこまで短くできないので、脱毛の施術直前の処理には向いていません。

シェーバーを使ったVラインの自己処理方法

テンプレートを用意すると形で失敗しない

ハイジニーナなどで全剃りして行くとき以外は、仕上がりの形に合わせて剃っておく必要があります。

ですが、目測で剃ろうとすると、左右非対称になってしまったり、形が歪んだりしがちで、思ったように形を整えるのが難しいです。

自己処理で形を整えるときは、市販のVライン用テンプレートなどを目安に剃ると失敗しにくいです。テンプレートは型紙のようなもので、Vラインに当てながら剃ります。

ミュゼでVライン脱毛をする場合は、店舗で専用のテンプレートがもらえるので、それをガイドにするとよいです。

ミュゼプラチナム

Vラインはシェービングサービスがありませんが、自己処理のための専用テンプレートがもらえます。自己処理で形を整えられるか心配な人におすすめです。

また、Vライン脱毛が安い値段で通い放題なので、安さを重視したい人にもおすすめです。

痛みが少なく、肌への負担も少ないS.S.C.脱毛なので、デリケートな部位も安心です。

初回は全剃りした方が自然に仕上がる

ハイジニーナにする人以外も、初回は形を作らずに全剃りして行き全照射してもらうと、境目がなじみやすく自然な仕上がりになります。

初回に全照射してもらうことで、毛を残す部分のムダ毛が適度に間引かれるので、ツルツルにする部分との境目にグラデーションが作れて違和感のない仕上がりにできます。

また、アンダーヘアの毛質も柔らかくなるので、女性らしい印象になっておすすめです。

ハサミで毛をカットしてから剃る

Vラインの自己処理は、ハサミで毛の長さを2センチ以下にカットしてから剃ると、シェーバーの刃がアンダーヘアに引っかからないので剃りやすいです。

また、剃る前に蒸しタオルを当てると、肌と毛がやわらかくなってシェーバーへの抵抗が少なくなるので、肌への負担を軽減できます。

剃るときは、毛の流れに沿ってシェーバーを動かします。逆剃りは肌を傷めるので控えましょう。

この方法だとあまり深くは剃れませんが、ムダ毛の長さが2ミリ以下に剃れていれば、問題なく施術できます。綺麗に剃ることが目的ではないので、肌を傷つけないことを最優先しましょう。

自己処理後の肌の乾燥を防ぐため、仕上げに低刺激のクリームなどで保湿します。

シェービングサービスありのサロンを選ぶ方法も

Vラインの自己処理は、やり方が分かれば比較的難しくありません。ですが、上手に行う自信がない人や、肌が弱い人などの場合は、シェービングサービスがある脱毛サロンを選ぶことで、シェービングの段階からスタッフにお任せすることもできます

自己処理が上手にできない人がシェービングサービスのないサロンに行ってしまうと、剃り残し部分は照射してもらえないので、脱毛が進みにくくなります。剃り残しの量によっては施術自体を断られてしまうこともあります。

自己処理が苦手な人のVライン脱毛は、ディオーネシースリーミュゼプラチナムの中からサロンを選ぶのがおすすめです。

ディオーネ

シェービングが無料です。カミソリ負けが心配な場合などは、まったく剃らずに行くこともできます。

痛みがないハイパースキン脱毛を採用していることも、デリケートなVラインを脱毛したい人におすすめのポイントです。

施術後は、美顔専用の美白美容液で肌ケアしてもらえます。なお、無毛のハイジニーナはVIO脱毛のセットプランのみ対応可能です。

シースリー

シェービングが無料です。全身脱毛のみのサロンなので、Vラインだけのプランはありません。ですが、Vラインの他にもムダ毛が気になる部位が複数ある人にはおすすめです。

ただし、予約が非常に取りにくいので、通いたい店舗の混み具合を確認してから契約を決めた方がよいです。

まとめ

Vライン脱毛前の自己処理には、I字型の電気シェーバーが使いやすく、肌への負担も少ないです。特に口コミ人気が高いシェーバーは使いやすいものが多いので、持っていない人はランキングなどを参考に選ぶとよいでしょう。

ハイジニーナ以外の人は、自己処理の段階で形を作る必要がありますが、市販のVライン用テンプレートなどを目安に剃ると、形を整えるのが簡単になります。

肌を傷つけないために、あらかじめハサミで毛を短くカットし、蒸しタオルで肌と毛をやわらかくしてから剃りましょう仕上げに、保湿クリームなどで乾燥を防ぐことも大切です。

自己処理に自信がない場合は、シェービングサービスつきのサロンを選ぶとよいです。