お腹のムダ毛、特にへそ周りのムダ毛に悩んでいる女性は珍しくありません。お腹の毛は産毛のことが多いですが、お腹は全身の部位でも肌の色が白いことが多いため、毛が生えていると目立ちます。可愛いビキニを着たくても、お腹に毛が生えていると気になりますよね。

この記事では、お腹脱毛のおすすめの処理方法サロンやクリニックのお腹脱毛はどれくらいで効果が出るのかお腹脱毛の範囲について説明します。お腹のムダ毛の処理を考えている人は、チェックしてみてくださいね。

コスパの悪いお腹脱毛は、どの方法がおすすめ?

カミソリ・毛抜きは肌荒れの元

お腹の毛の処理に一番手軽にできそうと考えつくのは、カミソリや毛抜きです。お腹は自分で見ながら剃れるので、カミソリを使ってもきれいに処理できると思いがちですが、カミソリを使う自己処理はおすすめではありません

カミソリで毛を剃ると、肌の表面まで削ってしまうことになるため、肌に負担がかかります。肌に負担がかかると、肌荒れや色素沈着を引き起こします。また、カミソリで剃ると、毛の断面が太くなるため、毛量は変わっていなくても毛が濃くなったように見えて目立ってしまいます。

毛抜きを使う方法は、毛穴に負担をかけ、埋没毛の原因になります。お腹の毛は産毛のことが多いため、毛抜きで1本ずつ抜いていくのは果てしない作業になり、おすすめではありません。

除毛クリームは便利だけど・・?

除毛クリームを使って処理する方法は、広範囲のムダ毛の処理には便利です。しかし、お腹は皮膚が薄くデリケートな部位です。除毛クリームは、毛のたんぱく質を溶かして毛を除くシステムなので、毛の処理をすると同時に、肌の表面も溶かしてしまう可能性があります。

除毛クリームでの処理は、肌がデリケートな部位には向きません。特に肌が弱いという人は、赤く腫れてしまったり、かぶれてしまったりするので要注意です。

家庭用脱毛器は照射口の広さが決め手

毛の自己処理方法として、家庭用脱毛器を使う方法があります。お腹は脱毛によるトラブルが起きにくい部位なので、家庭用脱毛機は使いやすいといえます。手が届き、自分の目で見ながら処理できるので、失敗もありません。

家庭用脱毛器で処理をするのなら、照射面積の広いものがおすすめです。家庭用脱毛器で有名なケノンは、ほかの家庭用脱毛器に比べて照射面積が広いです。使用を検討するのもよいでしょう。

効果が出にくいお腹の産毛はプロに任せるのが1番

しかし、家庭用脱毛器を使うとしても、お腹の毛は産毛なので脱毛効果を感じにくいです。家庭用脱毛器は、個人が使っても危険がないように出力が弱めに作られているため、余計、効果を感じるまでに期間がかかり、処理の途中で嫌になる可能性もあります。

お腹の毛の処理はプロに任せるのが、一番仕上がりがきれいで安心です。ただし、サロンやクリニックでの脱毛は、まれに硬毛化することがあるので注意が必要です。特に産毛は硬毛化が起きやすいと言われています。

硬毛化とは、脱毛の施術を受けることにより、逆に毛が濃く太くなってしまうことです。原因がはっきりしないため、避けるのは難しいです。脱毛の施術を受けるなら、硬毛化保証のあるサロンやクリニックがおすすめです。

リゼクリニック

リゼクリニックは女性の脱毛専門クリニックです。医師もスタッフも全員女性なので、安心です。リゼクリニックでは、硬毛化・増毛化に対する1年間の無料保証があります。万が一、施術を受けて硬毛化が起きてしまった場合でも、1年間無料で再照射してくれます。

お腹脱毛はサロン・クリニックだと何回で効果が出る?

サロンは8~12回、クリニックは5~6回で自己処理不要レベル

産毛が多いお腹脱毛は、効果が出にくく、多めの回数が必要です。満足できる効果が出るまでの回数には個人差がありますが、脱毛サロンに通った場合は8~10回、脱毛クリニックに通った場合は5~6回で自己処理不要のレベルまで行けると思っていればよいでしょう。

一旦、だいぶ減ったと思っても、また生えてくる可能性もあるため、心配なら回数無制限プランや、永久保証付きプランがあるサロンやクリニックに通うのがおすすめです。サロンでの脱毛より、クリニックでの医療レーザー脱毛のほうが、効果が高く永久脱毛ができます。

銀座カラー

銀座カラーには、気になる部位を1箇所から選んで施術を受けられる、デリケートチョイスとスタンダードチョイスのコースがあります。へそ周りとへそ下はデリケートチョイス、お腹はスタンダードチョイスです。両コースとも、脱毛し放題コースがあります

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、効果が高い医療脱毛なのにリーズナブルな料金なので人気です。部位脱毛のコースもあり、へそ周り、お腹も選べます。5回と8回のコースのほか、脱毛し放題のコースもあります。

ホルモンバランスが乱れる妊娠中や思春期は効果なし

思春期の時期や、妊娠した場合にはホルモンバランスが崩れる影響でお腹の毛が濃くなることがあります。子供でも脱毛を受けられるところもありますが、思春期になると、また毛が濃くなってしまう可能性を考えておく必要があります。

また妊娠中に毛が濃くなることがあっても、ほとんどのサロンやクリニックでは妊娠中の施術は行っていません。肌トラブルが起こったときに、使える薬が制限されることがあるためです。濃い毛が気になるかもしれませんが、妊娠中は肌もデリケートになるので、自己処理も控えたほうがよいでしょう。

妊娠の場合は、出産すると徐々に元の状態に戻ります。処理を焦らず、状態を見てから、脱毛をするかどうか考えるようにしましょう。

お腹脱毛の範囲、実は細かく分かれている

一般的には「お腹」と「おへそ周り」

お腹脱毛をする場合、範囲が細かく分かれているので注意が必要です。お腹だけでお腹全体をできるわけではなく、お腹とへそ周りに分かれていることが多いです。その場合、お腹はアンダーバストの下からVラインの上までです。へそ周りは、おへそを中心とする10センチ程度の円形部分です。

部位脱毛をする場合、お腹だけだと、一番毛が生えているへそ周りをやってもらえません。気になる部分全体を処理してもらいたかったら、2部位を選ぶ必要があります。

おへそ周りの範囲に要注意

へそ周りで、おへその周りを施術してもらえるサロンやクリニックが多いですが、へそ下とへそ上に分かれているところもあります。その場合、お腹、へそ下、へそ上を選ばないと、お腹全体を処理してもらうことができません。

サロンやクリニックによって、部位の分け方が違うので、注意が必要です。また細かい照射範囲については、明記されていなこともあるため、無料カウンセリングのときにきちんと確認をするようにしましょう。

他にも気になる部位があるなら、全身脱毛がお得

お腹脱毛を完璧にツルツルになるまでやってしまうと、ほかの部位との差が目立ってしまうことがあります。くっきりと分かれてしまうと自然ではなくなるため、ある程度、薄くなったところで処理をやめるのもよいでしょう。

せっかくやるのなら、ツルツルにしたいということであれば、いっそのこと全身脱毛をしてしまったほうが料金も安く済みます。お腹のほかに気になる部位がある場合、1部位ずつ選んで契約をすると、合計で高くついてしまいます。全身脱毛なら、処理した部位と処理していない部位の境目が目立つということにもなりません。

キレイモ

キレイモは全身脱毛専門サロンです。全身脱毛のコースに入っていないことが多い顔脱毛やVIO脱毛も入っているのでお得です。もちろんお腹の脱毛も入っています。月額制プランと回数制プランのほか、永久保証付きのスペシャルプランがあります。

まとめ

お腹は産毛がびっしり生えていることが多い部位です。カミソリや毛抜き、除毛クリームによる処理は肌に負担をかけます。家庭用脱毛器は効果が出るまでに時間がかかります。安全に確実に脱毛効果を得るのには、プロに任せるのが安心です。

サロンは8~12回、クリニックは5~6回ほど通う必要がありますが、産毛は硬毛化する可能性もあるため、保証があるところに通うほうがよいでしょう。また思春期や妊娠中など、ホルモンバランスが崩れる時期には毛が濃くなることがあります。時期を選んで施術を受けるようにしましょう。

お腹周りの範囲の分け方はサロンやクリニックによって違うので、確認が必要です。お腹だけ脱毛をすると、境目が不自然になることもあるため、いっそのこと全身脱毛を検討するのもよいでしょう。