Vラインの脱毛をしようと考えているけれど、「どんなふうに脱毛するんだろう」と不安になっている人もいるのではないでしょうか。デリケートな部位のこともあり、恥ずかしさもありますよね。

脱毛の施術前には、自己処理をしていかなければなりません。「Vラインの自己処理って、どうやっていけばいいの?」と迷っている人もいるでしょう。

この記事では、Vラインの施術方法自己処理方法自己処理が苦手な人におすすめのサロンとクリニックの紹介をします。Vライン脱毛について、悩んでいる人は参考にしてくださいね。

Vラインの施術方法は?

紙ショーツを履いて施術

Vラインを施術するときは、多くのサロンやクリニックで紙ショーツを貸してくれます。Vラインだけの脱毛のときは、上半身は着ていったままの服装か、ガウンなどの施術着に着替えます。体に巻いてボタンで留めるような、タオル地の施術着の場合もあります。

紙ショーツを貸してくれる場合は、紙ショーツを履いたまま、照射する部分だけを出すようにして施術をしてくれます。脱毛のためとはいえ、全部丸見えにならないので安心です。しかし、紙ショーツがなく、なにも履かないで施術を受けるところもあります。

照射しない部分を、タオルで隠しながら照射してくれることもありますが、隠さずそのまま照射をしていくこともあります。脱毛のためなので、過剰に恥ずかしがる必要はありませんが、気になる人はカウンセリング時にどういう施術方法なのかを確認しましょう。

寝ているだけの体勢で施術できる

Vラインの脱毛は、仰向けで寝たままできます。IOラインの脱毛については、足を曲げたり、うつ伏せになったりと、体勢を変えなければなりません。しかしVラインは仰向けで、足は延ばしたままの状態でできるので、恥ずかしくありません。

Vラインは希望の形を選べるので、施術前にどこを残すか、どこを施術するかなどをスタッフと相談することもあります。そのときはVラインの状態を見ながら決めることもありますが、希望の脱毛をしてもらうために恥ずかしがらずにしっかりと伝えるようにしましょう。

照射の際には、光から目を守るためにゴーグルをかけます。スタッフと目が合って気まずくなることもありませんし、スタッフも慣れているので事務的に施術を行ってくれます。施術自体は、ジェルを使う脱毛法では10分程度ジェルを使わない施術のだと5分程度で終わります。

Vラインの正しい自己処理方法は?

デリケートなVIOに使うのは電気シェーバー

脱毛の施術前には、自己処理をしていく必要があります。自己処理をしていないと施術を断られたり、自己処理をしていない部分を避けて照射されたりするので気をつけましょう。せかく予約を取って行ったのに、満足な施術を受けられないのは避けたいことですよね。

デリケートゾーンの自己処理には、肌への負担が軽い電気シェーバーを使うのがおすすめです。カミソリを使う自己処理は、肌表面も一緒に削ってしまうため、肌へ負担がかかります。施術前の自己処理は、毛根を残しておくことが必要なので、毛抜きやワックスでの脱毛はNGです。また脱毛クリームは、刺激が強すぎるのでVラインには向きません

目が細かい顔用、またはボディ用の電気シェーバーを使い施術日の2日前に自己処理を済ませましょう

Vラインは形をしっかり決めて自己処理をする

Vラインの脱毛は、デザインを決めて施術を受けることができます。どこまで処理をするのか、しっかりと形を決めておかないと、形が汚くなってしまいます。洗えば落ちる水性ペンなどで印をつけて自己処理を行うと、間違いがありません。最初の数回は全剃りをしていき、全体に照射してもらうと、くっきりと分かれ目がつかず、自然な感じに仕上がります。

Vラインの自己処理法

Vラインは自分でも見やすい部位なので、比較的自己処理もラクです。

1.まず処理部分を清潔にしましょう。お風呂に入った後、処理をするのもおすすめです。
2.処理する毛を、5㎜程度に短くカットします。肌を傷つけないように、刃先が丸いハサミを使いましょう。
3.お風呂上りではない場合は、蒸しタオルなどで処理部分を温めます。毛と肌が柔らかくなり、処理がしやすくなります。
4.毛の流れにそって、電気シェーバーでシェービングをします。毛の流れに逆らうと、肌を傷つける原因になるので気をつけましょう。また、強くシェーバーを押し付けるのも、肌を傷めます。最後にワセリンなどで、肌を保湿します。

Vラインの自己処理に自信のない人向けのサロン・クリニック

VラインはVIOの中でも、見やすい部位のため自己処理もやりやすいです。しかし、「不器用なので肌を傷つけてしまうかも」「電気シェーバーを使うのが怖い」など、自分できれいにシェービングできる自信がない人は、シェービングサービスがあるサロンやクリニックがおすすめです。

サロンやクリニックでは、基本的に施術前には自己処理をしていく必要がありますが、剃り残しについては、無料で対応してくれるところもあります。

シェービングサービスがあるサロン

Vラインのシェービングサービスがあるサロンを紹介します。痛みに弱い人は、クリニックの医療脱毛より、脱毛サロンがおすすめです。

ディオーネ

ディオーネのハイパースキン脱毛は、子供でも受けられる痛くない脱毛です。VIO脱毛のときには、専用の動く紙ショーツに着替え、上からガウンを着ます。剃り残しがあった場合、電気シェーバーのフェリエを使い、無料でシェービングしてもらえます。

シェービングサービスがあるクリニック

次に、シェービングサービスがあるクリニックを紹介します。通う回数を少なくしたい人は、クリニックがおすすめです。

リゼクリニック

リゼクリニックには、剃毛(シェービング)料無料保証があります。とはいえ、まったく自己処理せずに施術に行っても良いということではありません。あくまでも剃り残しに対しても対応なので、できるだけ自己処理をして行きましょう。

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、シェービング無料となっています。しかしシェービングをしてもらう分、施術時間が短くなり、照射が最後まで終わらないこともあります。やはり、できるだけ自己処理をしていくことが必要です。

まとめ

Vラインを施術するときは、紙ショーツを履いて行うことが多いです。照射部分だけを出すように、紙ショーツをずらしながら進めてくれたり、照射しない部分をタオルで隠してくれたりするので恥ずかしさはありません。しかしサロンやクリニックによっては、なにも履かずに施術することもあるので、カウンセリングのときに確認するとよいでしょう。

Vラインの自己処理は、肌に負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。肌を傷めないように、形を決めて、慎重に行いましょう。自己処理に自信がない人は、シェービングサービスがあるサロンやクリニックに通うのを検討することをおすすめします。