Vラインを脱毛したいけれど、脱毛しに行くのが恥ずかしいと心配な人は多いのではないでしょうか。実際は、施術時間も短く、スタッフも気を遣ってくれるので、思っているほど恥ずかしくはありません。

この記事では、Vライン脱毛の施術方法恥ずかしさを考慮してくれるサロンとクリニックの紹介人気のVライン脱毛の形について紹介します。Vライン脱毛に恥ずかしさを感じている人は、不安を解消してくださいね。

Vラインの脱毛をしたいけど恥ずかしい、施術の方法は?

基本的には紙ショーツを履いたまま施術する

Vラインの施術はどのように行われるのか、気になりますよね。Vラインの脱毛に行くと、施術用の紙ショーツやガウンが用意されていて、着替えることが多いです。紙ショーツに着替える場合は、施術中に脱ぐこともありません。

照射を行う範囲にもよりますが、紙ショーツからはみ出している部分の脱毛なら、そのまま施術します。紙ショーツに隠れている部分の脱毛をするなら、紙ショーツをずらして、照射部分だけを出して施術してくれます。

VIOラインの脱毛のときには、紙ショーツもなく、タオルや毛布をかけるだけのクリニックもあります。タオルで照射しない部分を隠しながら施術してくれますし、スタッフも慣れているので、あまり意識する必要はありません。しかし、「紙ショーツもないのは、恥ずかしすぎる」という人は、カウンセリングのときに施術方法を確認するようにしましょう。

仰向けで寝ているだけなので体勢は恥ずかしくない

Vラインの脱毛は、仰向けで足を延ばしたままの姿勢で施術することが多いです。恥ずかしい体勢になることはないので、過剰な心配をする必要はありません。

脱毛施術をする前には、自己処理をしていく必要があります。施術用ベッドに横たわると、まず自己処理がきちんとされているか、剃り残しがないかをチェックしてくれます。剃り残しがあるとその場でシェービングをしてくれるところもありますが、施術をしてもらえなかったり、剃り残しを避けて照射されたりするところもあるので注意しましょう。

目隠しをしてくれるところが多い

脱毛の施術の際には、照射の光が目に入らないよう、また恥ずかしさへの考慮からタオルを巻いてくれたり、ゴーグルをつけてくれたりします。施術中に、スタッフと目が合って気まずくなる…、という心配もありません。

ただ、サロンやクリニックによりますが、最初に目隠しなしで、どこを脱毛するか、どこを残すのかなどの確認を行うことがあります。希望の脱毛をしてもらえるように、恥ずかしがらずにしっかり伝えるようにしましょう。慣れてしまうと、堂々と伝えられるようになるという口コミもありますよ。

施術時間が短い

Vライン脱毛の施術時間は、範囲が狭いこともあり、10分もかからずに終わります。あっという間なので、恥ずかしいと思う暇もありません。

施術時間は、各サロン、クリニックの脱毛法によって多少変わります。ジェルを塗ってから照射する脱毛法の場合、ジェルを塗る時間分、長くかかります。スタッフはビニール手袋をつけていますし、ヘラのようなもので湿布するので、直接触られることはありません

ジェルを塗ってから照射する脱毛法の場合、ジェルを塗ったり、照射後に拭き取ったりする時間分、長くかかります。長いといっても、10分程度です。ジェルを湿布しない脱毛法の場合は、5分程度で終わります。

恥ずかしさを考慮してくれるサロン・クリニック

サロンは痛みが少ない

Vラインの脱毛をしたいと思ったら、サロンに通うかクリニックに通うか選ぶことになります。サロンにもクリニックにも、それぞれのメリットデメリットがあるので、通う側がなにを優先するかで決めることになります。

サロンは医療機関ではないため、クリニックでしか使えない出力の高い脱毛器を使用することができません。その分、効果の出方がゆっくりですが、クリニックでの脱毛より痛みが少なめです。

痛みの感じ方には個人差がありますが、VIOの脱毛は痛みが強いとされています。痛みには強いという人でも、VIOは痛かったという声が多く聞かれます。痛みに弱い人は、サロンでの脱毛がおすすめです。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、VIO脱毛のときには紙ショーツが用意されています。照射の際も脱ぐことなく、照射部分だけを出すように紙ショーツをずらしながら施術を行ってくれます。契約のときにVラインプレートを渡されるので、希望のデザインに合わせて事前処理をして行きましょう。

ディオーネ

ディオーネの脱毛は、痛みが少ないハイパースキン脱毛です。痛みを感じやすいVIOであっても、痛みがなかったという人が多いです。施術のときには紙ショーツが用意されていて、履いたままで、キワまで照射してもらえます。

クリニックは効果が高い

脱毛クリニックで施術をするのは医療従事者であるため、出力の高い脱毛機が導入されています。その分、高い効果が期待でき、サロンより少ない回数で脱毛終了までいくので、スピーディーに脱毛をしたい人にはおすすめです。

Vラインは肌もデリケートですが、クリニックなら万が一、肌トラブルが起きてしまっても、すぐに対処してもらえます。痛みが強いのがデメリットですが、クリニックなら麻酔を使ってもらうことも可能です。最近では痛みが少ない脱毛機を導入しているクリニックも増えているので、契約のときには使用している脱毛機のチェックもするようにしましょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックではVIO脱毛のコースに、小さいショーツからはみ出る部分だけ処理するビューティと、全体を処理するスムースの2コースがあります。施術の際には紙ショーツを履き、照射を行わないときにはタオルで隠しながら施術を進めてくれます。脱毛機は痛みの少ないライトシェアデュエットで、麻酔を使う人はほとんどいません。

レジーナクリニック

レジーナクリニックではVIO脱毛をする場合、紙ショーツが用意されています。脱毛機はジェントルレーズプロで、痛みを軽減するための冷却装置が内蔵されています。痛みに耐えられない場合の麻酔は、無料で対応してくれます。

Vライン脱毛で人気のデザインは?

脱毛したと思わせない自然な形

IOラインと違い、Vラインは脱毛のデザインを選ぶことができます。いかにも脱毛したというのがバレないようなデザインにしましょう。中にはハート型などのデザインを選ぶ人もいますが、一度脱毛をすると二度と毛が生えてこないため、あまり奇抜なデザインはおすすめではありません。

元々、毛が薄いタイプという印象のデザインを選ぶと、きれいなVラインになります。処理をした部分としていない部分がくっきりと分かれてしまうようなことも、避けたほうが良いでしょう。

人気があるのは、全体的に毛を薄くするナチュラル、トライアングル(逆三角形)、オーバル(楕円形)などの自然な形です。

ハイジニーナは後悔する人も

ツルツルのハイジニーナにする人も増えていますが、日本ではまだ無毛なのは珍しいこともあり、後悔する人もいます。特に温泉など、公衆浴場に行ったときに、じろじろ見られてしまって恥ずかしかったという口コミもあります。

ハイジニーナにすると衛生的でラクということもあるのですが、後のこともよく考えて脱毛するようにしましょう。ハイジニーナにすると、二度と生えてこないこともあるので、迷いがあるなら、毛を減らして形を整えるだけにしておくのがおすすめです。

まとめ

Vラインの脱毛を希望する人は増えていますが、施術を受けるのが恥ずかしいと感じている人は多いです。しかし実際には、サロンやクリニックも恥ずかしさを考慮してくれていますし、紙ショーツが用意されていて隠しながら施術をするなどの工夫をしています。

仰向けのまま施術を受けられますし、タオルやゴーグルで目隠しをしてくれます。Vラインの脱毛は、範囲が狭いので、あっという間に終わります。スタッフも慣れているので、過剰に不安になる必要はありません。

Vライン脱毛の恥ずかしさを考えてくれる、サロンやクリニックに通うようにしましょう。痛みに弱いならサロン、スピーディーな効果を求めるならクリニックがおすすめです。