VIO脱毛はデザインを選ぶことができますが、無毛のハイジニーナにしたいと考えている人もいますよね。しかし、脱毛をしてしまうと、基本的に二度と生えてこないということもあり、「ハイジニーナにして後悔しないかな」と不安を感じている人もいるでしょう。

この記事では、ハイジニーナにすることのデメリットとメリットおすすめのVIO脱毛のデザインについて紹介します。ハイジニーナにしたいけれど迷っている人は、参考にしてください。

ハイジニーナにして後悔しない?

温泉などで後悔したと思う人も

ハイジニーナにして後悔することにならないかというのは、とても気になるところですよね。実際にハイジニーナにした人の体験談の中には、「温泉に行ったときに後悔した」というものがあります。

温泉のほか、スポーツジムなどの大浴場は、VIOを人から見られてしまう数少ない場所です。日本ではまだ、ハイジニーナにしている人は少ないこともあり、珍しい目で見られてしまい恥ずかしい思いをしたという人も多いです。中には、見られないように隠しながら入ったという人もいます。

また、彼氏にバレたときに、遊んでいると思われてしまったという声もあります。きれいになるためにVIO脱毛をしたのに、マイナスイメージなってしまうなんて悲しいですよね。

年を取ったとき、子供が出来たときを考えて不安な人も

今はよくても、年を取ったときにアンダーヘアがないことで浮いてしまうのではないか、と悩む人もいます。また、子供ができたときのことを考えて、子供から「なんでアンダーヘアがないの?」と聞かれたら、なんて答えようかと不安を感じている人もいるでしょう。

しかし、逆に年を取ったときのことを考えて、介護脱毛をする人もいます。介護で大変なこととして排泄物の処理があげられるのですが、アンダーヘアが生えていると毛に排泄物が絡みついて、スムーズに処理ができません。ハイジニーナにしておくことで、介護をしてくれる人の手を煩わせなくて済むという考え方もできます。

子供に毛がない理由を聞かれたときも、「衛生的だから」などの、ハイジニーナにしたメリットを説明できれば、戸惑うこともありません

全体的には満足している人が多い

ハイジニーナにして後悔したことがあるという声があるのも事実ですが、全体的には満足している人のほうが多いです。説明したようなデメリットもあるのですが、ハイジニーナにするとメリットも大変多いためです。

ハイジニーナにして良かったことは?

生理中の不快感がない

ハイジニーナにしてよかったと感じるのは、生理のときです。生理のときはただでさえ、体調も精神的にも不安定になりますよね。VIO脱毛をしていないと、そこに経血が絡みつく不快感や、生理中のムレやにおいの不快感が重なります。

ハイジニーナにして毛がなくなることで、アンダーヘアに経血が絡みつくこともなくなり、ムレなくなることで、生理時の特有のにおいからも解放されます。また、生理中はムレることからかゆみが出るという人もいますが、かゆみも軽減されます

敏感肌だったり、アレルギーがあったりすると、脱毛の施術が受けられないという不安を持っている人もいますが、肌が弱い人こそ、デリケートゾーンを清潔に保つために、VIO脱毛をすることがおすすめです。

水着や下着を気にせず着られる

可愛い水着や下着を見かけても、VIO脱毛をしていないと、「毛がはみ出してしまうのでは…」と心配になることもあるでしょう。確かに、いくらオシャレをしても、毛がはみ出していたのでは台無しです。

毛がはみ出さないように自己処理をしたとしても、処理跡の黒いポツポツが目立ってしまうことがあります。処理をしないよりはいいかもしれませんが、いかにも自己処理しましたというのがわかってしまうのも、恥ずかしいものですよね。

ハイジニーナにすれば、毛がはみ出してしまうかもと心配する必要なく、水着や下着のファッションを楽しめます。余計な気を使わなくて済むようになるのは、大きなメリットですね。

自己処理の必要がなくなる

ハイジニーナにすれば、自己処理の必要がなくなります。VIOは形状が複雑なこともあり、自己処理も難しく時間もかかるので、手間が省けるのはうれしいことですね。ハイジニーナにしたら、今まで隠れていた黒ずみが目立つようになってしまったという声もあります。しかし、自己処理による肌への負担こそ黒ずみの原因であることを知ってください。

肌へ負担をかけると、肌を守るためにメラニンが発生し、肌の黒ずみの原因になります。ハイジニーナにすると、最初は黒ずみが目立つようになってしまったと感じることもあるでしょう。しかし自己処理の負担をなくすことで、少しずつ黒ずみもなくなり、VIOをきれいに保てるようになりますよ。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、ハイジニーナ7VIO脱毛コースがあります。自然な形に整えることも、ハイジニーナにすることも可能です。施術用の紙ショーツが用意されていて、恥ずかしくないように、紙ショーツをずらしながら照射してくれますよ。また、VIO脱毛の激安キャンペーンを実施していることもあるので要チェックです。

エステティックTBC

TBCでは、脱毛方法をスーパー脱毛とライト脱毛から選べます。スーパー脱毛は1本ずつの施術になり、永久脱毛に近い効果が得られますが、1本ずつの施術になり痛みも強いので、VIO全部の施術を行う方法としては現実的ではありません。TBCはライト脱毛も脱毛効果が高いといわれています。リーズナブル料金のキャンペーン利用もおすすめです。

一番おすすめなのはVIラインを少し残すこと

自然な形にしたVラインは後悔が少ない

メリットが多いとはいえ、やっぱりハイジニーナにするかどうか迷ってしまっている人もいるでしょう。ハイジニーナにしたせいで、恋人に引かれてしまっても悲しいですし、将来後悔することになるのは避けたいですよね。

ハイジニーナにすることにためらいがある人は、思い切ってしまわずに、毛を残して整えるVIO脱毛がおすすめです。ハイジニーナにしてしまったら、もう毛は生えてきません形を整える感じの脱毛なら、まったく脱毛をしないより衛生的になりますし、ハイジニーナにしたくなったら、あらためて施術を受けることもできます。

一番後悔をしないのは、トライアングルなどの自然な形です。脱毛をした部分としていない部分がくっきりと分かれてしまわないように、元々毛が薄いイメージにしてもらうようにするとよいでしょう。

Iラインは全処理すると前から見えてしまう

Vラインの形は希望で選べますが、IOラインについては、ツルツルにしてしまう人が多いです。しかし、ハイジニーナに抵抗がありVラインの毛を残す場合は、Iラインを全処理してしまうと前から見えてしまって不自然になってしまいます。

ハイジニーナにせずに、Vラインの毛を残す場合は、デザインに合わせてVラインとIラインの毛がつながるように、前部分だけ少し残すと自然に見えます。細かい希望を伝えるのは恥ずかしいと感じる人もいますが、後悔しないため、施術スタッフにしっかりと伝えるようにしましょう。

まとめ

ハイジニーナにして後悔するのは、温泉に行ったとき恋人に「遊んでいる」と誤解されたときです。また、年を取ったときに浮いてしまうのではないか、子供に不思議がられるのではないかと不安を感じる人もいます。

しかしハイジニーナにすると、生理時の不快感がなくなった水着や下着のオシャレを楽しめる自己処理の手間がなくなるなど、メリットがたくさんあります。一度ハイジニーナにすると、二度と毛が生えてこなくなるため、ハイジニーナにすることに迷いがある人は、自然な形に毛を残すVIO脱毛をするのがおすすめです。