「おでこが狭すぎて冷えピタを貼るスペースも足りない」、「眉毛のすぐ上から前髪が生えている。恥ずかしくておでこが出せない」。ムダ毛処理ではなく、おでこを広くするために脱毛したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、おでこ脱毛は、「希望のデザインに仕上がるの?」「抜きすぎてカツラみたいになったらどうしよう?」という不安もあります。

ここでは、おでこ脱毛したい人のために、おでこ脱毛で後悔しないためのポイントをまとめました。自然に仕上げる方法や、おでこ脱毛におすすめのサロン・クリニックを紹介するので、狭いおでこに悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

おでこを広くしたい!おでこ脱毛で失敗しないために知っておくべきこと

脱毛方法が実は多い

脱毛方法にはさまざまな手段がありますが、おでこ脱毛には、脱毛クリームなどのセルフ脱毛はおすすめできません

カミソリは肌が傷つくので黒ずみの原因になりますし、毛抜きは雑菌が毛穴に入り込んだり、埋没毛の原因になります。

脱毛クリームはタンパク質を溶かす強い成分で除毛するため、肌がデリケートな顔に使用するのは避けた方が無難です。特におでこに脱毛クリームを使用すると、目に入って眼球を傷める危険性もあります。

脱毛ワックスも、毛と一緒に必要な角質も引き剥がしてしまい肌への負担が非常に大きいので、顔への使用には向きません。

サロン・クリニックによって施術拒否される可能性がある

サロンやクリニックでは、「髪の毛は脱毛不可」としていることがほとんどです。おでこを広げたい場合は、広げたい範囲が広いと、脱毛範囲が前髪にかかってしまうため、施術拒否されるサロンも多いです。

ですが、髪の生え際の産毛までであれば、脱毛できるサロン・クリニックが多いです。したがって、どの程度おでこを広くしたいのかによって、利用できるサロンが異なってきます。

カウンセリングはじっくり行う

おでこを広くするための脱毛は、生え際をどんな形にしたいのかを、事前に明確に伝える必要があります。

「おでこを広くしたい」などのふんわりした伝え方だと、施術者との間でイメージの食い違いが起こり、希望通りのデザインにならないことがあるからです。

図を描くか、理想のおでこの写真を持参するなどして、自分のイメージを具体的に伝えるようにしましょう。そのためにも、おでこの脱毛は特に、カウンセリングをじっくり行った方がよいです。

おでこ脱毛の必要回数・期間と金額は?

おでこの脱毛は回数・期間が多くかかる

おでこは細い産毛が多いため、脱毛のレーザーや光が反応しにくく、ワキなどの毛が太い部位に比べて回数と期間が多くかかります

サロンの光脱毛なら12~18回・2~3年、クリニックのレーザー脱毛でも8~10回・1~2年はかかります。

髪の毛は顔の産毛とは毛の性質が違うため、脱毛範囲が前髪にかかる場合は、もっと多く回数がかかる可能性もあります。

ですが、脱毛の回数は個人差もあるので、上記の回数・期間はあくまで目安と考えてください。

おでこ脱毛の値段はサロン2万円前後、クリニック4万円前後が相場

おでこ脱毛は回数が多くかかるので、回数が多いコースを選ぶ必要があります。サロンは一番回数が多いコースが12回になっていることが多く、クリニックは回数が多いコースがあるところで8~9回です。

おでこ脱毛の値段は、サロンの12回コースに通った場合で2万円前後クリニックの8~9回コースに通った場合で4万円前後が相場です。

自然な形におでこ脱毛するなら、サロンとクリニックどちらがおすすめ?

微調整しながら進めたいならサロン

「がっつり脱毛しすぎてカツラみたいになってしまった」という失敗を回避するために、少しずつ脱毛を進め、微調整しながらおでこの形を整えたい人は、クリニックよりもサロンで脱毛するのがおすすめです。

サロンの光脱毛は効果の出方がゆっくりで、毛が少しずつ細くなっていくので、毛の残し方を微調整しやすい利点があるからです。

また、光脱毛は永久脱毛ではないので、仮に脱毛しすぎてしまった場合でも、しばらくすれば毛が再生するので元に戻せます。

おでこ脱毛におすすめのサロンはディオーネと銀座カラー

サロンでおでこ脱毛したい人には、ディオーネ銀座カラーがおすすめです。

ディオーネ

ハイパースキン脱毛を採用しています。一般的な光脱毛と違い、肌に非常に優しいので、敏感肌やアトピー肌、ニキビ肌の脱毛にもおすすめです。

顔全体を1回お試しできるキャンペーンを展開しており、本コースはおでこだけのコースもあるので、安くおでこ脱毛したい人にもピッタリです。

銀座カラー

おでこ脱毛ができるのは、鼻下を除く顔全体コースです。おでこだけでなく、ほほなどの産毛も気になる人におすすめです。アフターケアにはオプションで、肌がキレイになると評判の「美肌潤美」を選べるので、おでこや顔の脱毛におすすめです。

時間勝負ならクリニック

短期間でおでこ脱毛を完了したい人は、クリニックの医療レーザー脱毛の方が早く脱毛完了できます。

ただし、医療用レーザー脱毛は威力が強く、1回の施術でもかなり脱毛が進むため、おでこを広げすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、光脱毛と違って永久脱毛なので、一度抜けた毛は再生しません。後から「やっぱりもう少しおでこを狭くしたい」と思っても、元には戻せないので、最初に仕上がりのイメージをしっかり決めておくことが大切です。

施術担当者にも、自分がなりたいイメージを詳しく伝えておくようにしましょう。

なお、「前髪を産毛くらいに細くして残す」といった微調整は、レーザー脱毛だと難しいです。

おでこ脱毛におすすめのクリニックはアリシアクリニックと湘南美容外科

クリニックでおでこ脱毛したいなら、アリシアクリニック湘南美容外科がおすすめです。

アリシアクリニック

料金が安いです。すべてのプランに無制限コースがあるので、回数が多くかかる、おでこ脱毛におすすめです。おでこだけのプランもあり、必要に応じて回数パックも選べます。

ダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用しており、産毛が多いおでこ脱毛でも効果が出やすいです。

湘南美容外科

一部の院を除き、美肌効果が期待できるウルトラ美肌脱毛を選べます。おでこや顔の脱毛にもおすすめです。顔脱毛が安く、Sパーツ脱毛でおでこだけ脱毛することもできます。

回数のバリエーションが選べるので、後から少しだけ回数を追加することもできます。

欲張りさんはサロンとクリニック両方使う

「効果の早さも仕上がりの自然さも、どっちも欲しい」という欲張りさんには、サロンとクリニックの両方を掛け持ちする方法がおすすめです。

順序としては最初に1~3回だけ、クリニックで脱毛します。それから、サロンで微調整しながら残りの毛を脱毛します。

クリニックとサロンを掛け持ちすることで、クリニックのスピーディーさとサロンの自然な仕上がりのいいとこ取りができます。

まとめ

おでこ脱毛は、自己処理だと肌への負担が大きいので、プロに任せた方が安心です。ですが、髪の毛は脱毛してもらえないサロンも多いので、前髪まで脱毛するのか、生え際の産毛までの脱毛でよいのかによって通えるサロン・クリニックが変わります。

また、仕上がりのイメージも、カウンセリング時に詳しく伝えるようにしましょう。施術者に希望のイメージがきちんと伝わっていないと、思っているのと違う仕上がりになってしまうこともあります。

自然な仕上がりのために微調整しながらおでこ脱毛したい人はサロン早く脱毛完了したい人はクリニックで脱毛するのがおすすめです。

早さと仕上がりの自然さの両方を求めたい場合は、クリニックで1~3回脱毛してからサロンで仕上げるとよいです。

記事を参考に、おでこ脱毛で理想のおでこを手に入れましょう。