おでこ 脱毛

「おでこが狭すぎて恥ずかしい。」「おでこの産毛が濃くて、いつも前髪で隠している。」そんな悩みを持っている人も多いですよね。
最近では、韓国女優さんや日本の芸能人でもおでこ脱毛をしていると公言している人が増えています。

ですが、おでこ脱毛は、「希望のデザインに仕上がるの?」「抜きすぎてカツラみたいになったらどうしよう?」という不安もあります。

ここではおでこ脱毛したい人のために、おでこ脱毛で後悔しないためのポイントをまとめました。自然に仕上げる方法や、人気のデザインおでこ脱毛には脱毛サロンを利用すべき理由おすすめサロンも紹介します。

おでこの脱毛範囲はどこまで?

基本的に髪の毛の生え際まで

おでこの脱毛範囲は基本的には髪の毛の生え際までとされている所がほとんどです。
おでこや生え際に生えている産毛を処理することになります。
また、こめかみは別部位とされている所もあるので、こめかみ部分も気になるという人は、脱毛サロン・クリニック事の脱毛施術範囲を確認しましょう。

髪の毛の脱毛は断られる所が多い

髪の毛は、体毛と違い毛周期が年単位で脱毛効果が出にくく、施術に伴う痛みが強いです。また、火傷のリスクも高いため髪の毛の脱毛を行っている所はごくわずかで、「髪の毛は脱毛不可」としていることがほとんどです。

人気のデザインはどんな形?

おでこの人気の形は以下の3パターンです。
全ての形に言えますが、おでこの綺麗なバランスは顔の3分の1程度の長さで、生え際から1センチ程度産毛を残すと自然な仕上がりになります。
脱毛は事前に剃ってある部分しか照射しないので、どのようなデザインになるかは施術前の自己処理次第です。理想の形を参考に自己処理するようにしましょう。

アーチ型

前髪の生え際が弧を書いたような丸いデザインで、一番人気があります。女性らしいい柔らかいイメージになります。

富士額

前髪の生え際の真ん中が少し出ていて、富士山のような形になっているデザインです。上品な和風美人のイメージになります。

山型

富士額よりもなだらかな形です。小顔効果を一番期待できる形で、りりしいいイメージになります。

髪の毛の脱毛NGなら、おでこを広くするのは不可能?

生え際の濃い産毛を処理するだけでも印象は変わる

おでこを広くするための髪の毛の脱毛をしてくれる所はほとんどありませんが、ではおでこを広く見せたい場合はどうしたらいいのでしょうか?
実は、髪の毛を脱毛しなくてもおでこの濃い産毛を脱毛するだけでおでこが明るく見えて、広く綺麗になった印象になります。

おでこの狭さが気になる人は、まずおでこの産毛の処理から初めてみてください。

どうしても髪の毛まで脱毛したいならクリニックなら可能

髪の毛を脱毛しない限り、おでこを広くすることはできない!と、髪の毛を脱毛したいならクリニックの利用がおすすめです。
クリニックの医療レーザー脱毛であれば、照射威力が強いので髪の毛の脱毛も可能です。
ただし、実際に髪の毛の照射してくれるのは限られたクリニックのみになります。

クリニックで脱毛するなら、「広くしすぎた。」、「生え際の毛が全くなくてカツラみたいで不自然になった。」などの口コミもあるので、注意が必要です。

おでこ脱毛におすすめの脱毛方法は?サロンとクリニックを比較

おでこ脱毛は回数・期間が多くかかる

脱毛サロン クリニック
脱毛回数 12~18回 8~10回
脱毛期間 2~3年 1~2年
値段 2万円前後 4万円前後
痛み ゴムで弾かれたような痛み 熱さを伴う痛み

おでこは細い産毛が多いため、脱毛のレーザーや光が反応しにくく、ワキなどの毛が太い部位に比べて効果が出るまでに回数と期間が多くかかります
また、髪の毛を脱毛する場合は顔の産毛とは毛の性質が違うため、もっと多く回数がかかる可能性もあります。

経過を見ながら自然に仕上げるなら断然脱毛サロン

「脱毛し過ぎて不自然になった・・・。」という失敗を回避するために、少しずつ脱毛を進め、微調整しながらおでこの形を整えたい人は、クリニックよりもサロンで脱毛するのがおすすめです。
サロンの光脱毛は効果の出方がゆっくりで、毛が少しずつ細くなっていくので、毛の残し方を微調整しやすい利点があるからです。

また、光脱毛は永久脱毛ではないので、仮に脱毛しすぎてしまった場合でも、しばらくすれば毛が再生するので元に戻せます

関連記事

ストラッシュ

ストラッシュ

産毛に効果的で、痛みを感じにくく肌への負担も軽いSHR脱毛を採用。顔脱毛にも無制限のコースがあります。回数パックと通い放題コースはシェービングサービスを無料で受けることができ、施術後には保湿ローションによるアフターケア付きです。

痛みが少ない!ストラッシュ

銀座カラー

銀座カラー

おでこ脱毛ができるのは、鼻下を除く顔全体コースです。おでこだけでなく、ほほなどの産毛も気になる人におすすめです。アフターケアにはオプションで、肌がキレイになると評判の「美肌潤美」を選べるので、おでこや顔の脱毛におすすめです。

顔全体コースがお得!銀座カラー

クリニックの医療レーザー脱毛はやり直しがきかない

短期間でおでこ脱毛を完了したい人は、クリニックの医療レーザー脱毛の方が早く脱毛完了できます。
ただし、医療用レーザー脱毛は威力が強く、1回の施術でもかなり脱毛が進むため、おでこを広げすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、光脱毛と違って永久脱毛なので、一度抜けた毛は再生しません。後から「やっぱりもう少しおでこを狭くしたい」と思っても、元には戻せないので、最初に仕上がりのイメージをしっかり決めておくことが大切です。

施術担当者にも、自分がなりたいイメージを詳しく伝えておくようにしましょう。
なお、「前髪を産毛くらいに細くして残す」といった微調整は、レーザー脱毛だと難しいです。

自然な仕上がりでスピードも求めるならサロンとクリニックの掛け持ち

「効果の早さも仕上がりの自然さも、どっちも欲しい」という欲張りさんには、サロンとクリニックの両方を掛け持ちする方法がおすすめです。

順序としては最初に1~3回だけ、クリニックで脱毛します。それから、サロンで微調整しながら残りの毛を脱毛します。

クリニックとサロンを掛け持ちすることで、クリニックのスピーディーさとサロンの自然な仕上がりのいいとこ取りができます。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

髪の毛の照射は基本断っているが、毛質や希望範囲によってはリスクを承知の上で照射可能な場合もあります。
すべてのプランに無制限コースがあるので、回数が多くかかる、おでこ脱毛におすすめです。おでこだけのプランもあり、必要に応じて回数パックも選べます。

ダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用しており、産毛が多いおでこ脱毛でも効果が出やすいです。

アリシアクリニック

リゼクリニック

リゼクリニック

痛みを感じにくく、肌にも優しいメディオスターNeXTPROを採用。顔全体セットでおでこ脱毛が可能。シェービング・キャンセル料が無料なので追加料金がかかりにくいです。
女性専用クリニックで、硬毛化保証にも対応しているので、安心して通うことができます。

リゼクリニック

セルフ脱毛はおすすめ出来ない

カミソリは肌が傷つくので黒ずみの原因になりますし、毛抜きは雑菌が毛穴に入り込んだり、埋没毛の原因になります。
脱毛クリームはタンパク質を溶かす強い成分で除毛するため、肌がデリケートな顔に使用するのは避けた方が無難です。特におでこに脱毛クリームを使用すると、目に入って眼球を傷める危険性もあります。

自宅でどうしてもセルフ脱毛したいなら、家庭用脱毛器のケノンがおすすめです。
カートリッジを専用のものに交換でき、おでこの脱毛もすることができます。
ただし、取り扱いには十分注意してください。

関連記事

おでこ脱毛にもってこい!安心できるサロン・クリニックの特徴

肌への負担が少ない脱毛器を使用している

おでこ脱毛はもし肌荒れや火傷などが起こった場合に目立ってしまうので、なるべく肌への負担が軽い脱毛器を利用するようにしましょう。
また、おでこ脱毛は生え際と眉上は特に痛みを感じやすい部位です。

痛みが少なく産毛への効果も高いSHR脱毛ハイパースキン脱毛がおすすめです。

照射口が小さいマシン

おでこは範囲が狭く、さらに生え際や眉毛の近くまで脱毛するので、小さい照射口の方が微調整がしやすく、希望通りのデザインになりやすいです。
無料カウンセリングの時にスタッフに確認してみると良いでしょう。

じっくりカウンセリングをしてくれる

脱毛の仕上がりイメージを事前にきちんと伝えないとデザインに失敗して後悔する羽目になります。
「おでこを広くしたい」などのふんわりした伝え方だと、施術者との間でイメージの食い違いが起こり、希望通りのデザインにならないことがあるからです。

図を描くか、理想のおでこの写真を持参するなどして、自分のイメージを具体的に伝えるようにしましょう。そのためにも、おでこの脱毛は特に、カウンセリングをじっくり行った方がよいです。

おでこ脱毛を含む顔セットプランがある

おでこは狭いパーツなので、1部位の値段は比較的安いです。
しかし、おでこの脱毛を考えているなら顔全体の脱毛をセットですることをおすすめします。
おでこだけ脱毛すると、その後からこめかみや頬など他の部位との産毛の差が気になってしまい、結局他のパーツを追加する人が多いからです。
パーツ毎に契約するよりも、1パーツの値段が安くなるので、後々顔全体の脱毛を考えているなら、初めから顔脱毛セットプランを選びましょう。

おでこ脱毛のメリット・デメリット

メリット

肌荒れしにくくなる

脱毛をすることで毛穴が引き締まり、毛穴に汚れや皮脂が詰まりにくくなります。そのおかげでニキビができにくくなります。
さらに、恥ずかしいからと常におろしていた前髪のせいで、ムレや摩擦から引き起こしていた肌荒れから改善されます。
さらに、産毛を脱毛したことでスキンケア用品の浸透も高まるので、肌のきめが整い肌状態が良くなります。

くすみが解消して化粧ノリが良くなる

おでこに生えていた産毛を脱毛することで、くすみが解消されて肌が明るく見えます。また、ファンデーションが肌に密着するようになり、化粧くずれがしにくくなります

ヘアアレンジの幅が広がる

おでこのコンプレックスで前髪は常におろしていて、いつも同じ髪型という人も多いのではないでしょうか。
しかし、形を整えて綺麗なおでこになったことで堂々とおでこを出すヘアスタイルも楽しむことができるようになります。

デメリット

脱毛完了まで通い続けなければならない

おでこの脱毛は他の部位に比べて、脱毛完了までに回数と時間が掛かります。
しかし、数回行ってある程度満足いったかた途中でやめるということはしないようにしましょう。きちんと回数をこなさないと思うような脱毛効果を得ることはできません

火傷や失敗する可能性もある

おでこを広げるために髪の毛の脱毛をする場合は、威力の強い医療レーザーを使用するので、火傷のリスクがあります。さらに、失敗してしまうと元に戻すことはできないので、お店選びは慎重に行いましょう。

まとめ

おでこ脱毛は、髪の毛は脱毛してもらえない所が多いので、自分の希望する照射範囲によって通えるサロン・クリニックが変わります。

生え際の調整であれば、自然な仕上がりにするために微調整しながら脱毛を進められる、脱毛サロンの利用がおすすめです。
早さと仕上がりの自然さの両方を求めたい場合は、クリニックで1~3回脱毛してからサロンで仕上げるとよいです。

カウンセリングをしっかりと行ってくれて、痛みが少ない脱毛器を利用している所を選ぶようにしましょう。顔の他のパーツの脱毛も考えているなら、初めから顔脱毛セットプランで脱毛をする方が、料金も安くすむのでおすすめです。