「脱毛して自信を持ちたい」、「自己処理の煩わしさから解放されたい」とは思うものの、脱毛は痛いと聞きますし、「痛すぎて途中で止めた」という話もあるので、怖くて踏み切れないでいる人も多いです。

ここでは、脱毛の痛みが心配な人のために、痛みが少ない脱毛方法と、痛みの少なさで評判のサロン・クリニックを紹介します。また、脱毛の痛みを軽減するために自分でできる対策方法も教えます。痛くない脱毛を選びたい人は、参考にしてください。

脱毛は痛いって聞くけど本当に痛いのか?

脱毛=痛いの主な理由はニードル脱毛のせい

「脱毛=痛い」というイメージが先行するのは、ニードル脱毛の口コミの影響が大きいです。

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込み、針に電流を流して毛根を死滅する脱毛方法です。脱毛方法の中でもっとも激痛で、毛を1本ずつしか処理できないため、時間も非常にかかります。

昔は永久脱毛といえばニードル脱毛しかなかったために、脱毛は痛いというイメージが定着しました。

今の脱毛の主流は光脱毛とレーザー脱毛

ですが、今の脱毛は光脱毛とレーザー脱毛が主流になっているので、脱毛の痛みもだいぶ事情が変わってきています。

光脱毛

あらゆる脱毛方法の中で、もっとも痛みが少なく、肌への負担も少ない方法です。「ほとんど痛みを感じなかった」という人も多いです。

VIOなど皮膚が敏感な部位は痛むこともありますが、我慢できない場合は照射レベルを下げてもらうこともできます。痛みの少なさを最優先したい人にはおすすめです。

ただし、光脱毛は永久脱毛ではないため、通うのを止めると毛が再生するのがデメリットです。

レーザー脱毛

以前は痛みが強いレーザーを使用していましたが、最近は痛みの少ない脱毛レーザーも登場しているので、「ほとんど痛くなかった」という人もいます。

効果が高い分、光脱毛よりは痛いですが、少なくとも「脱毛は痛い方が効果がある」というのは昔の話です。

アメリカFDAが認可している「ライトシェア」や「ジェントルレーズ」などの有名機種を採用しているクリニックであれば、永久脱毛の効果が得られるので、一度脱毛した毛は再生することもほぼありません。

脱毛は部位によって痛みが違う!脱毛で一番痛い場所はVIO

脱毛の痛みの強さは、部位によっても異なります特に痛いといわれるのは、VIOとワキです。痛くないことで知られる光脱毛でも、VIOとワキは痛いという人もいて、特にVIOは稀に、「痛すぎて脱毛を断念した」という人もいます。

光脱毛やレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に高温の熱を加えることで脱毛しますが、VIOとワキは太い毛が密集していることで、他の部位よりもレーザーが反応しやすいので、痛みを感じやすいのです。

また、医療レーザー脱毛の場合は、ヒゲやもみあげ、頬などの顔脱毛も痛いといわれています。

ですが、どの部位が痛いかは個人差もあります。

少しでも痛みを軽減したい!痛みへの対策は?

生理前後の施術を避ける

脱毛の痛みを軽減したい場合は、生理前後を避けて通うとよいです。生理の前後はホルモンバランスの影響で肌が敏感になっているため、普段よりも痛みを感じやすくなっているからです。

また、風邪や寝不足などで体調を崩しているときも、敏感肌に傾きやすく、普段よりも痛みを感じやすいです。痛みが心配な人は、体調がすぐれないときも施術を避けた方がよいです。

なお、肌が乾燥していると痛みを感じやすくなるので、脱毛期間中はしっかり保湿ケアを行いましょう。

クリニックやサロンに相談

昔と違って脱毛は痛くなくなってきていますが、それでも完全に無痛ではなく、部位によっては結構痛む場合もあります。

どうしても痛くて辛いようであれば、我慢せずに通っているサロンやクリニックに相談してみましょう。

サロンの場合は脱毛器の出力を下げることで痛みを軽減してもらえますし、クリニックの場合は事前に言えば麻酔を使ってもらうこともできます。

麻酔は笑気ガスか麻酔クリームを使うクリニックが多いですが、笑気ガスよりも麻酔クリームの方が痛みを抑える効果が高いです。

痛くない脱毛方法は?

S.S.C.脱毛

S.S.C.脱毛は光脱毛の一種ですが、一般的な光脱毛よりも痛みが少なく、肌へのダメージも少ないです。

S.S.C.脱毛では、施術前に抑毛効果のあるジェルを塗ります。ジェルに含まれる抑毛成分の粒が、脱毛の光に反応することで、脱毛と同時に毛の成長を抑える働きをします。

ミュゼプラチナム

S.S.C.脱毛を採用しているサロンです。部分脱毛が安く、お試しキャンペーンも充実しています。

勧誘らしい勧誘がなく、疑問や不安に対しても丁寧に回答してくれるので、脱毛が初めての人や、キャンペーンだけで通いたい人も安心です。

ハイパースキン脱毛

光脱毛やレーザー脱毛の痛みは、高温の光を肌に当てることが原因です。ハイパースキン脱毛も光脱毛の一種ですが、一般的な光脱毛とは仕組みが異なり、体温に近い温度の光で脱毛できるので痛みがなく、小さい子供の脱毛にも使われています。

また、低温で脱毛できることは、肌への負担が少ないことにも繋がっています。値段は高めですが、「少しでも痛いのは嫌」という人や、肌が弱い人におすすめの脱毛方法です。

ディオーネ

ハイパースキン脱毛を採用している唯一のサロンです。料金は高めですが、他のサロンでは難しいニキビ肌やアトピー肌でも脱毛できます。他の光脱毛を採用しているサロンよりも、産毛にも効果が出やすいので、顔脱毛などにもおすすめです。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、痛みが少ないダイオードレーザーを搭載した医療用脱毛器の人気機種です。

吸引システムが搭載されていて、肌を吸引しながら照射するので、照射口を肌にピッタリ密着させられます。

照射口を肌に密着させることで毛根だけをしっかり狙え、肌のメラニンにはレーザーが反応しにくくなるので、痛みが少ないです。

さらに、照射しながら肌を冷却できる装置も搭載されていて、肌に熱が加わりにくいことも、痛みの少なさに繋がっています。

アリシアクリニック

ライトシェアデュエットを採用しているクリニックです。料金が安いことで人気がありますが、ほとんどの人は麻酔なしで脱毛できています。回数パックの他に通い放題プランもあるので、回数が多くかかりそうな人も安心です。

リゼクリニック

脱毛が安いクリニックです。ライトシェアデュエットの他に、メディオスターNeXT、ジェントルYAGを採用し、肌質や毛質に合わせて使い分けています。いずれの機種も痛みが少なく、特にメディオスターNeXTは、医療用脱毛器としてはもっとも痛みが少ないです。

まとめ

脱毛が痛いといわれるのは、昔のニードル脱毛の痛みが原因で、今の光脱毛やレーザー脱毛はそこまで痛くありません

光脱毛は全く痛くないという人もいますし、医療用レーザーも今は痛みが少ないレーザーが普及しています。

脱毛の痛みが心配な人は、以下の脱毛方法を採用しているサロン・クリニックを選ぶと痛みが少ないです。

・サロン:S.S.C.脱毛か、ハイパースキン脱毛
・クリニック:ライトシェアデュエット

なお、生理前後や体調不良のときは痛みを感じやすいので、体調がよいときに通うのがおすすめです。肌が乾燥しているときも痛みを感じやすいので、脱毛期間中は保湿にも気を配りましょう。