「VIO脱毛しようと思ってサロンのホームページを見たけど、範囲分けが複雑すぎてどういうことかよく分からない」、「VIO脱毛で、どこをどのくらい脱毛しようか悩んでいる」、「Vラインは聞いたことがあるけど、Oラインってどこ?」

ここでは、VIO脱毛を検討している人のために、VIO脱毛の範囲の分け方について解説します。VIO脱毛で失敗しにくいデザインや、VIO脱毛におすすめのサロンも紹介します。

VIO脱毛の範囲が分からない人や、どんな形に脱毛するか迷っている人は参考にしてください。

VIO脱毛の範囲を詳しく知りたい!

Vラインの範囲はビキニライン

VIO脱毛の「Vライン」は、「ビキニライン」と呼ばれることも多い部位です。

水着やショーツを着用したときに、正面から見てアンダーヘアがはみ出してしまう部分と考えると分かりやすいでしょう。

Vラインは面積に対して毛量が多いため、脱毛ではさらに細かく範囲が分けられていることがほとんどです。

サロンによってもVラインの範囲の分け方が異なりますが、普段あまりなじみがないものに、「Vライン上」、「トライアングル」といったパーツ設定があります。

Vライン上

「Vライン上」とは、Vラインの中でもショーツの上辺からはみ出している部分を指します。ローライズショーツなど、股上が浅い下着からはみ出すのを防ぐため、処理する人も多い部分です。

毛量が少ない人だと普段は気になりにくいため、この部分は脱毛を希望しない人もいます。

しかし、Vライン上を残したままVラインのサイドを脱毛すると、アンダーヘアが縦長になりすぎて、バランスが悪くなることがあります。

そのため、最初はVライン上は脱毛しないつもりでいても、あとから脱毛したくなる人もいます。

Vライン上を脱毛するかどうかは、現在ムダ毛が目立っているかだけでなく、仕上がりのバランスも考慮して判断するとよいでしょう。

トライアングル

「トライアングル」と呼ばれるのは、Vラインの中心部分で、ビキニで隠れる部分です。

水着や下着からはみ出ることは少ないですが、完全にツルツルのハイジニーナなど、デザインによってはこの部分も脱毛することになります。

また、逆三角形など普通の形に脱毛する場合も、毛を残す部分の毛量を薄くしたり、毛質をやわらかくするために、何回かトライアングルまで照射するケースが多いです。

Iラインは足の付け根、足の間の範囲

「Iライン」は足の間の、ショーツのクロッチが当たる部分です。この部分の毛がなくなると、生理中のムレや臭いが軽減されるので、主に衛生目的で脱毛する人が多いです。

さらに最近は、介護を経験した人が、自分が介護される番になったときのことを考え、排泄介助の負担を減らす目的でIラインを脱毛するケースも増えています。

Oラインはヒップ奥

「Oライン」または「ヒップ奥」と呼ばれる部位は、肛門周りを指します。

Oラインの毛は「ケツ毛」などと品のない呼ばれ方をすることもあり、女性の場合は特に、肛門周りに毛が生えているとイメージダウンに繋がるとされるため、見た目のコンプレックスから脱毛する人が多いです。

その他にも、トイレのときにここに毛があると、汚れを拭ききるのが難しいという事情もあるので、衛生のために脱毛する人も少なくありません。

なお、脱毛に行くときは予め自己処理して行かなければなりませんが、Oラインは自分で剃るのが非常に難しいです。

そのため、Oラインのシェービングは無料で行ってくれるサロンも多いです。

自己処理が難しいならシェービングサービスありのサロンを選ぶ

VIOは形が入り組んでいる上に、目視で確認しにくいので、自己処理の難易度が高い部位です。

特にI/Oラインは、自分では見えにくい上に粘膜もあるので、自己処理がかなり難しくなります。

慣れていて上手に剃れる人は自己処理でもよいですが、慣れていない人が無理に行うのは危険です。

VIOの自己処理が難しい人は、シェービングサービスのあるサロンを選ぶと安心です。

サロンによってシェービングしてもらえる条件が異なりますが、ミュゼプラチナムエピレディオーネはVIO脱毛の料金も安いのでおすすめです。

ミュゼプラチナム

V/Iラインの剃り残しは避けて照射となりますが、ヒップ奥の剃り残しは無料でシェービングしてもらえます。

部分脱毛が安く、VIO全体のセットプランも安いです。痛みが少なく、肌への負担が少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、痛みを感じやすいVIO脱毛も安心です。

エピレ

専用シェーバーを購入する必要がありますが、シェーバーを持参すると、VIO全体を無料でシェービングしてもらえます。

VIO脱毛が安く最初の2回はお試しキャンペーンでお得に脱毛できます。40年以上の脱毛実績を持つ、エステティックTBCの知識やノウハウが継承されたサロンです。

ディオーネ

VIO全体のシェービングを無料でお任せできます。痛みがなく、肌にやさしいハイパースキン脱毛を採用しているので、デリケートなVIO脱毛も安心です。

VIO脱毛が安く、施術後の肌ケアに美白クリームも塗ってもらえます。デリケートゾーンの黒ずみが気になる人にもおすすめです。

後悔しないVラインのデザインは?

ナチュラルなどの自然なデザイン

Vラインのデザインで無難なのは、ナチュラルトライアングルオーバルなどの自然な形のものです。

脱毛したことがバレにくくもともとの毛が少ないように見えるので、こうしたデザインを選ぶ人がもっとも多いです。

最近は海外セレブの影響で、完全に無毛のハイジニーナに憧れる人も増えていますが、実際にやっている人は国内ではまだ少ないです。

ハイジニーナの人口が少ない=世間一般の認知や理解も進んでいないため、男性から「遊んでいそう」と誤解されたり、温泉でじろじろ見られたりして後悔することになりがちです。

Iラインでツルツルにすると後悔するかも

Iラインのデザインについては、あまり深く考えず、「ムレないようにツルツルにしよう」と思いがちです。

ですが、Iラインを完全にツルツルにしてしまうと、正面から見たときに割れ目も見えてしまうケースが多いです。

Iラインを脱毛するときは、前の方を少し残すと、割れ目が見えてしまうのを防げます。

Vラインの毛に繋がるように残し粘膜に向かって少しずつ細くしていくと自然に見えるのでおすすめです。

まとめ

VIO脱毛は、範囲が細かく分かれています。

・Vライン:Vライン上トライアングルなどの、正面から見える範囲
・Iライン:ショーツのクロッチが当たる部分
・Oライン:肛門周り

いずれの部位も事前の自己処理が必須ですが、難しい場合はシェービングサービスのあるサロンを選ぶとよいです。

なお、Vラインはあまり奇抜なデザインにすると、あとで後悔することも多いです。ナチュラルやトライアングル、オーバルといった、自然に見えるデザインが無難でおすすめです。

また、Iラインは全部脱毛してしまうと、正面から見たときに割れ目が見えてしまう人もいます。割れ目を隠せるように仕上げるには、Iラインも前の方の毛だけ残しておくとよいです。

記事を参考に、納得できるようにVIO脱毛を進めてくださいね。