ムダ毛の処理方法には様々なものがありますが、毛根から処理することができるので「毛抜き」での処理をしている方も多いです。

しかし、この毛抜きでの自己処理方法はNGだという声も聞こえてきますよね。実際のところ、毛抜きでの自己処理は何がダメなのでしょうか?そして毛抜きがダメなのなら、他にどのような自己処理方法がベストになるのかなども気になりますよね。

今回は、そんな疑問に答えるために毛抜きでの自己処理がNGだといわれる理由から、おすすめの処理方法まで詳しくご紹介していきます。

ついつい毛抜きで脱毛しちゃうけど、これってあり?

毛抜きでの自己処理がNGと言われる理由

そもそも毛抜きでの自己処理がNGといわれる理由は、毛穴を傷つけてダメージを与えてしまうからという点が一番です。

毛抜きでムダ毛を引っ張って抜いていく際に、痛みを強く感じますよね。この痛みこそ無理やり毛を引き抜くことによって毛穴が傷ついている証拠です。

人によっては毛抜きでの自己処理を終えた後に、毛穴からの出血を見たことがある方も多いでしょう。この時に毛穴の中で何が起きているのかといえば、毛根に引っ付いている細胞を無理やり引きはがすことによって、傷がついている状態です。

また、毛根は毛穴よりも大きいことから、引き抜く際に毛穴を押し広げていることも無視できません。場合によっては毛をつまむことを失敗して、毛抜きで毛穴を傷つけていることもあるでしょう。

これらの原因によって、毛穴が傷つくだけではなく「埋没毛」や「毛嚢炎」などといった肌トラブル危険性も出てくるのです。

毛抜きで脱毛すると跡がつく?色素沈着の可能性は?

上記で紹介した埋没毛や毛嚢炎も厄介な症状ですが、毛抜きでの自己処理を続けていくと「色素沈着」の危険性も出てきます。

毛抜きでの自己処理によって傷つけられた毛穴や皮膚は、炎症が起こりやすく、炎症によって起こる色素沈着を「炎症性色素沈着」と呼びます。また、傷つけられた毛穴や肌が、これ以上傷つくことがないようにと、色素を集めたり角質を厚くすることによっても、色素沈着が起こります。

一度起きてしまった色素沈着は、ターンオーバーによって皮膚が入れ替わらない限り治すことはできません。また、毛抜きでの処理によって刺激を与え続ければ、色素沈着が治ることもなくなってしまうのです。

毛抜き脱毛をもっともしてはいけない部位は?

基本的にわき毛やすね毛など、一般的な部位の毛抜きでの自己処理もおすすめできません。しかし、中でももっともしてはいけない部位というのも気になりますよね。

この気になる部位はずばり「デリケートゾーン」です。

名前の通りにVIOラインはとてもデリケートな部位。ほかの部位よりも痛みを強く感じることはもちろん、普段は下着などで隠され、湿気があるだけに肌トラブルも多くなってしまいます。

下着がこすれることで色素沈着も起こりやすい部位である上に、デリケーとゾーンは粘膜に近いという点も挙げられます。粘膜に近い部位を毛抜きで処理をすると、大変な痛みを伴います。

痛さのあまりに不必要に肌や粘膜を傷つけてしまえば、やはり雑菌などによる炎症の危険性が出てきますよね。なにより直に確認をすることが難しい部位なので、きれいに処理ができないこともあります。

痛い、色素沈着、炎症の危険性、きれいに処理できないとなれば、毛抜きでの処理は特にNGな部位といえるのです。

そもそも、毛抜きで永久脱毛の効果はある?

カミソリでの処理よりも格段に毛が生えてくるまでの期間が長い、まゆ毛を抜いていたら生えてこなくなった。こんな話を聞けば、毛抜きでの処理で永久脱毛の効果があるように感じてしまいますよね。

しかし、毛抜きで処理をしていたとしても、永久脱毛ができるわけではありません

そもそもまゆ毛と体のムダ毛では再生までの時間が異なるので、比べてみてもあまり意味はありません。そして体のムダ毛に関しても、長年毛抜きでの処理をしていた場合一時的に再生力が落ちることはあります。

しかし毛根そのものは残っているので、毛抜きでの処理を止めてしまえば、結局はまた生えてくることになります。

永久脱毛したいなら医療脱毛

もうムダ毛の処理はしたくない、永久脱毛がしたいと考えるのならば毛抜きでの処理よりも断然「医療脱毛」がおすすめです。

サロン脱毛は安価に受けることができますが、医療脱毛よりも効果が弱いデメリットがあります。また、医療脱毛で使われているレーザー脱毛は、クリニックでしか受けることができません。

二度とムダ毛に悩まされたくないというのなら、やはり医療脱毛が一番です。

アリシアクリニック

医療脱毛を契約しようと考えた際に、一番に気になってくるのが「費用」の問題ではないでしょうか。アリシアクリニックでは、高いといわれがちな医療脱毛の中でも費用を抑えて契約することが可能です。

効果はもちろん、費用面でもしっかりと検討したいと考えているのなら、おすすめになるクリニックだといえます。

リゼクリニック

リゼクリニックの特徴といえば、3種類の脱毛器をそろえていることでしょう。効果はもちろん、それぞれの特徴を生かして痛みに弱い方、肌が自黒の方でも医療脱毛を受けることができます。

個人個人に一番合った脱毛器を使用してもらうことができるので、満足のできる脱毛ができますよ。

脱毛前後の毛抜き処理が絶対ダメな理由

サロン・クリニックでの脱毛方法

そもそもサロン・クリニックでの脱毛方法はレーザー、光を用いていることは有名ですよね。この方法では、どちらも毛の黒さに反応するレーザー、光の特性を生かし、毛根を熱破壊することによって脱毛をしているのです。

この方法で脱毛をかなえているということは、毛抜きで自己処理をしてしまうと「反応させるべき毛そのものがない」ことになってしまいます。

また、体毛には「毛周期」と呼ばれる毛が生えてくるサイクルがあります。

サロン・クリニックの脱毛ではこのサイクルのことも考えて、施術の期間が決められます。毛抜きで抜いてしまえば、この毛周期のサイクル自体も変わってしまうので、脱毛が終わるまでの時間も長くなってしまいます。

脱毛中でも毛抜きで脱毛してよい期間は基本的にない

脱毛に通っている間、予約がなかなか取れなくて施術と施術の期間があいてしまうこともあるでしょう。この間は自分でムダ毛の処理をしなくてはいけないので、期間が長くなれば毛抜きでもいいかな?と考えてしまうこともありますよね。

しかし、基本的に脱毛の施術を受けている期間は毛抜きでの処理はNGです。次回の処理までに毛が生えてきたとしても、上記で紹介したように「毛周期」がくるってしまう可能性があります。

最短で脱毛を叶えるためにも、脱毛を受けている間は毛抜きでの自己処理はしてはいけません。

脱毛前の自己処理でおすすめの方法は電気シェーバー

脱毛の施術前に行うおすすめの自己処理方法は「電気シェーバー」です。特に顔用の電気シェーバーなら、刃が直接肌に当たらないようにガードがついているのでよりおすすめです。

サロンやクリニックによっては、自己処理が難しい背中やIOラインをスタッフさんに沿ってもらうために、自分専用の電気シェーバーを持参するところもあります。

肌のため、また結局は購入する必要があるケースも多くなっているので、脱毛を考えた際には一緒に購入してみることをおすすめします。

もしも、脱毛前に毛抜きをしてしまった場合はどうなる?

しかし、知らなかったからと施術の前に毛抜きで抜いてしまった部位がある…。なんてこともあるでしょう。この場合、毛穴が傷ついている、炎症を起こしてしまっているなどの特別な症状がなければ特に何かを言われることはありません。

ただ、レーザー・光のどちらを照射しても、脱毛効果を得ることはできません。また、傷がついていたり炎症を起こしている場合は、その個所を避けて施術されることになります。

その後に必要なケアは?

脱毛の施術を受けた後は、しっかりとした保湿と施術部分の冷却をしてあげましょう。毛抜きやカミソリでの自己処理のように、肌を直に傷つけることは無くても脱毛の施術は肌の負担になります。

肌が火照っているようなら濡れたタオルで優しく冷却。また保湿もしっかりとしてあげることで、脱毛の効果自体を上げることにも繋がります。

ムダ毛がなくなったきれいな肌をキープするためにも、施術後のアフターケアも怠らないでください。

まとめ

毛抜きでの自己処理は処理の期間を長くできるので、便利な処理方法に感じます。しかし肌にとっては、毛抜きでの自己処理はただ負担を与えるだけでしかありません。

・毛抜きでの処理は毛穴を傷つける
・埋没毛、毛嚢炎の原因にも
・色素沈着を起こすこともある
・脱毛前の自己処理では毛抜きは絶対にNG
・おすすめの自己処理方法は電気シェーバー

特に脱毛前に必要な自己処理で毛抜きを使ってしまうと、脱毛効果自体を感じられなくなってしまいます。脱毛前の自己処理方法については、肌を傷つけにくい電気シェーバーが一番です。

今まで手軽できれいにムダ毛の処理ができると、毛抜きで処理をしてきた方は、これを機会に処理方法を変えてみることをおすすめします。