自宅でキレイに脱毛する手段として注目されているのが、ブラジリアンワックスによるセルフ脱毛。サロンやクリニックに行かずに、人知れず、リーズナブルに脱毛ができるというメリットが有る半面、痛みの大きさや、肌トラブルを引き起こす可能性もあり、不安に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、「初めてブラジリアンワックスを使ってみたい」という人のための特集です。
ワックスの種類や使い方失敗しないための注意点おすすめの商品情報なども含めて、ブラジリアンワックス初心者には、気なる情報満載でお届けします。

ブラジリアンワックスにはどんな種類があるのか

水性ワックスと油性ワックスの違いは

ブラジリアンワックスには、大きく分けると、水性と油性のものがあります。それぞれ原材料が違いますし、扱い方、効果にも差があります。
大雑把に分けると、水溶性は家庭用油性は業務用、という事ができますが、それぞれの特徴を、もっと詳しく見てきましょう。

水性ワックスの特徴

ハチミツや砂糖など、身近で肌にやさしい成分で作られています。水溶性なので、水で簡単に洗い流せるのが特徴です。
家庭用として販売されているワックスの多くがこのタイプ。塗ったワックスを剥がす時に、専用のペーパーを使用します。肌が弱い人や、初めてブラジリアンワックスを使ってみる、という人に向いているでしょう。
価格は2000円~5000円程度。脱毛サロンなどに行くことを考えると、比較的手を出しやすい価格帯と言えそうですね。

水性ワックスのメリット、デメリット

水性ワックスのメリットと言えば、扱いやすさでしょう。食べられる材料から作られているので安全ですし、固まりにくいので、失敗することも、あまりありません。

一方デメリットとしては、粘着力があまり強くないので、長い毛の脱毛には不向きだということ。あらかじめ1cm程度の長さにカットしてから、ワックスを塗る必要があります。

油性ワックスの特徴

多くのブラジリアンワックス専門のサロンで使用されているタイプ。松ヤニを主成分として作られている場合が多いです。
プロ用のワックスだけあって、粘着力が強く、脱毛効果が高いのが特徴。ブラジリアンワックスを使い慣れている人、ゴッソリ脱毛したい人には向いているでしょう。
塗った後に、ペーパーを使用するソフトタイプと、そのまま固まって剥がせるハードタイプがあります。
価格は2000円~4000円程度。比較的お求めやすくなっています。

油性ワックスのメリット、デメリット

油性ワックスは、水性に比べて強度が高いので、太い毛からうぶ毛まで、キレイに脱毛できるという点がメリット。
しかし扱いが難しく、水で洗っても落とせない松ヤニのアレルギーが有る人は使用できない肌に負担がかかりやすい、などというデメリットもあります。

ブラジリアンワックスの選び方やおすすめ商品は?

どこで購入できるのか

やはりメインは、ネットでの通販でしょう。アマゾンや楽天といった、大手の通販サイトでは、数々の種類のブラジリアンワックスが取り揃えられています。
街のドラッグストアや薬局、スーパーなどでも購入できますが、品揃えという点では、ネット通販と比べると、遥かに少ないでしょう。店舗によっては、扱っていない所もあるかもしれません。
やはり大手通販サイトか、メーカーの公式サイトから購入するのがベターと言えるでしょう。

選び方のポイント

肌にやさしいか

大前提として「肌へのやさしさ」は重要視したいところです。キレイになりたいために脱毛をするのに、結果として肌荒れを起こしてしまっては、元も子もありません。
肌にやさしいものかどうかを、判断する基準となるのが成分。できることなら、なるべく天然素材のものを選びたいですね。
ブラジリアンワックスは、肌に直接塗るものです。しかも、かなり敏感でデリケートな部分の処理にも使いたいですよね。スキンケアの商品を探す時のような感覚で、できるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

続けやすい価格か

ブラジリアンワックスは、1回使用すれば、もう必要なくなるものではありません。永久脱毛の効果はないので、だいたい2週間に1回くらいの間隔で使うことになるでしょう。
定期的に続けて使用することを考えれば、価格と内容量のことも気にしたいですね。あまりにも高価すぎると、なかなか継続できないので、自分にとって、リーズナブルだと思える価格帯の商品から選ぶようにしましょう。

付属品の有無

ブラジリアンワックスは、それ単品だけではなく、スパチュラ(ヘラ)やペーパーなどの消耗品が必要になります
あらかじめセットになっていれば、別途に用意する必要がありません。消耗品とセットになっているか、確認してみましょう。

おすすめ商品

ブラビアンカシュガーワックス

150g:3600円

主成分はハチミツ。オーガニック素材にこだわって製造された、敏感肌の人にもおすすめの、国産のブラジリアンワックスです。
香料や防腐剤、パラベンなど、余計なものを一切使用していません。サラッと水で洗い流せる、扱いやすさも魅力です。

アンジェリカワックス

250g:3600円

100%天然素材で作られた国内産。信州産のハチミツを使用していて、肌にやさしいタイプなので、首から下の、どの部分にも使用できます。
脱毛サロンANGERICAでも実際に使われているという、プロ仕様の効果の高さも、人気の要因になっています。

SURGI

141g:1600円

価格の安さと脱毛効果の高さが魅力の、アメリカ産のワックス。少し固めの仕様なので、事前に温めてから使うのがポイント。ワックスを剥がす時には、付属の剥離用オイルを使用します。

ブラジリアンワックスを使ったセルフ脱毛のやり方は?

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛するやり方は?

自分でブラジリアンワックスを使う際の手順は、以下の通り。

1. スパチュラを使って、肌にワックスを塗る
2. 塗ったワックスの上にペーパーを貼る
3. ペーパーごと一気に剥がす

どんな点に注意して脱毛していけばいいのか、もう少し詳しく解説してきましょう。

事前の準備やアフターケアは?

事前にする準備としては、まずはワックスの温度を、塗りやすい温度に保つこと。ワックスは外気の温度に影響されることもあるので、特に冬場は固まりがちです。ちょうど良く塗れるように、湯せんなどをして、ワックスの状態を保ちましょう。
塗る肌の部分が濡れいてたり、クリームがついたままだとうまく塗れないので、肌の水分は、事前にしっかり拭き取っておきましょう
脱毛をした後は、肌には相応の負担がかかっているものです。保湿ケアを十分にして、肌をいたわることも忘れないで下さい。

セルフ脱毛するときの注意点は?

毛が長すぎると、思うような効果が現れない場合があります。2cm前後にカットしておいたほうがいいでしょう。
また、ワックスを塗る方向と、厚さにも注意しましょう。毛の根元から先っぽの方に向かって塗っていきます。厚みは1mmから2mm程度。均一になるように塗っていきましょう。
そして剥がす時は、肌をピンと張って、塗った時とは逆方向に「ペリッ」と一気にいきましょう。おっかなびっくり、ためらいながらでは、うまくいきません。度胸を決めていきましょう。

失敗しないためには?

「たくさん脱毛したい」と、気持ちがはやりがちですが、あまり一気に脱毛しないほうがいいです。一度に広範囲に塗るよりも、何回かに分けて、少しづつ脱毛を進めていくことをおすすめします。

セルフ脱毛が向いてないと思ったら

手順通りに行ったとしても、なかなか初めはうまくいかないかもしれません。あまり毛が抜けなかったり、痛みが激しすぎたり、脱毛後に肌が荒れてしまうこともあるかもしれません。
自分でやってみてうまくいかなかった人、自分でやるのが不安な人は、ブラジリアンワックスのプロがいる、サロンやエステに行ったり、光脱毛の脱毛サロンや、レーザー脱毛のできるクリニックに行くのもいいでしょう。

ディオーネ

「とにかく脱毛の痛み苦手」という人に、おすすめしたいのがディオーネの脱毛です。体温と同じ程度の光を照射して行う「ハイパースキン脱毛法」なら、痛みをほとんど感じることなく、スベスベの肌になることが可能です。

リゼクリニック

永久脱毛も可能な医療脱毛で、痛みのないクリニックと言えば、リゼクリニックがおすすめ。
3種類の脱毛器を駆使して、それぞれの肌に最適な脱毛を行うのですが、そのなかでも「メディオスターNext」という脱毛器は、毛根そのものよりも、手前にあるバルジ領域に働きかける、蓄熱式の脱毛法で、痛みが軽減できると評判ですよ。

まとめ

初めてブラジリアンワックスを使う時は、不安もあるでしょうが、選ぶワックスと手順を間違えなければ、リーズナブルに快適な脱毛ライフを送ることも可能です。

1. ワックスの種類と特性の違いを把握する
2. 初心者向けなのは、肌にやさしい水性タイプ
3. ワックスを塗る際の手順やルールはしっかり守る
4. 仕上げの保湿ケアまでが脱毛のルーティーン
5. セルフ脱毛が向いてないと思ったら、プロに任せる

以上のようなことに気をつければ、ブラジリアンワックスを定期的に使用することで、ムダ毛のない、キレイな肌をキープすることができます。
日頃の肌ケアの一環として、うまく生活に取り入れてみてはいかかでしょうか。