ミュゼ支払い方法

毎日のムダ毛処理で肌がボロボロ…。処理してもすぐに生えてくるから面倒くさい。こんな思いから、脱毛サロンと契約しよう!と考えている人も多いですよね。

料金がお手頃なミュゼプラチナムで脱毛をしようかと意気込んだものの、実際の契約を目前にした時に気になるが「料金の支払い方法」ではないでしょうか。
料金を払うタイミングはいつなのか、どういった支払い方法があるのかなど、お金を払うとなると気になる点は多いですよね。お金にまつわる不安・疑問を解消して、ミュゼプラチナムでツルツル肌を目指したい人は参考にしてください。

ミュゼプラチナムの料金支払いにまつわるエトセトラ

料金を支払うタイミングは契約時

ミュゼプラチナムの料金支払いのタイミングは「契約時」になります。契約をすると決めた際に、必要書類への記入や注意事項などの説明を受けるのと同じタイミングで支払いになります。

したがって、事前にお金を準備しておく必要があります。

ただし、無料カウンセリングを受けたその時に、必ず契約をしなければいけないなんてことはありません。まだお金が準備できていない時などは、一旦話を持ち帰ることもできます

現金での支払いは一括払いのみ

ミュゼプラチナムでは現金での支払いも受け付けていますが、現金での支払いをする場合は原則「一括払い」になります。高額なプランを契約する時には事前にお金の準備が必要になります。

また、現金一括払いを支払い方法に選んでも、ミュゼプラチナムでは特に割引サービスなどは付きません。最初に払ってしまいたいと考える人以外には、これといってメリットがある払い方ではありません。

しかし、現金での一括は難しいけれど、できるだけクレジットカードの負担も減らしたいと考える人には、一部を現金で支払い、残りをクレジットカードでという方法もあります。
うまく組み合わせることで、後々の負担を軽減することもできるでしょう。

利用できるクレジットカードは基本2種類

ミュゼプラチナムは「自社ローン」を扱っていないので、現金での一括払いが不可能な場合は、必然的にクレジットカードでの支払いになります。

カードによる一括払いはもちろん、分割払い、リボ払いにも対応しているので、自身のお財布事情によって支払い方法を選びましょう。

ただ、クレジットカードでの支払いには気を付けるべき点もあります。それは分割払い、リボ払いともに別途手数料がかかってくること。長期の分割、リボ払いにしてしまうと総額が高くなってしまうので、注意が必要です。また、分割払いにするなら分割手数料がかからない2回までにするのがおすすめです。

全店舗で使えるカード「VISA」「Masterカード」です。他のカードになると店舗ごとで異なってくるので、都度確認してください。

クレジットカードはカードの名義人のサインが必要

クレジットカードでの支払いをするとしても、自分の名義ではなく家族カードを使用したいケースもありますよね。ミュゼプラチナムでは、施術を受ける本人以外のカードでも契約が可能です。

ただし、クレジットカードを使用する場合にはカードの名義人の「サイン」が必要になります。契約の時にはカードの名義人と一緒にサロンを訪れましょう

またカードの名義人が男性の場合、ミュゼプラチナムの店内には入れません。店舗外で待ってもらう必要があるので、事前に伝えておきましょう。

デビットカードは店舗によりけり

無料カウンセリングを受けたその日に契約を決めたけれど、手持ちが乏しい。ましてクレジットカードは持っていない、という人にとって便利なのがデビットカード

自身の口座に入っている預貯金分を、直接引き落とすことできるので、貯金があれば一括での支払いもできます。しかし、ミュゼプラチナムではデビットカードの扱いが一律ではありません。店舗によって対応可、不可が変わってくるので都度確認の上で使用してください。

支払方法を変更したい場合は

一度は決めた支払い方法でも、後からやっぱり変更したくなることもありますよね。支払い方法の変更は可能ですが、選択していた支払い方法によって変更の手続きも変わってきます

クレジットカードの分割回数を変更

2回払いから4回払いへ、5回払いから2回払いへ等、分割回数を変更する際に必要な手続きは「カード会社への連絡」です。クレジットカードで支払った場合、ミュゼプラチナムにはすでに支払い済みとなっているのでミュゼプラチナム側での手続きは必要ありません

リボ払いの場合も、カード会社への連絡、または利用カードのマイページからの手続きになります。

クレジットカードから現金、現金からクレジットカードへの変更

現金とクレジットカードの切り替えに関しては、一旦ミュゼプラチナムでの契約を解除する必要があります。解除ののちに改めて希望の支払い方法で契約するという形です。

まずはミュゼプラチナムに相談をしてみましょう。解約そのものにペナルティなどはないので、安心して相談をすることができます。

入会金や年会費、キャンセル料などの追加料金はかかるのか

大きなお金がかかる脱毛の契約に関しては、脱毛以外の追加料金の有無も気になりますよね。しかし、ミュゼでは脱毛プラン以外の一切の追加料金が発生しません

シェービングに関する料金、遅刻やキャンセルのペナルティなどもない明朗会計。始めに聞いていた料金よりも、総額がかなり高くなるという心配はありません。

ミュゼプラチナムの支払い方法が不安な人は?

月額制で選ぶならキレイモ!

一度に多くの金額を契約することには不安がある。途中でやめてしまった場合など、お金がもったいないのは嫌だ。このように考える人におすすめなのが「月額制」のプランがあるサロンです。

特に月額制をチョイスしているサロンの中でも、キレイモは通った分だけ料金を払う本当の月額制プランがあります。ローンの分割払いを毎月払う、という形の月額制ではないので、途中でやめたくなった場合やトラブルで間を空けなければいけない際にも便利。

終了までの回数設定もないので、気軽に通うことができます。

回数パックで選ぶなら全身脱毛もできる銀座カラー

回数が最初から決められている回数パック。こちらは回数を抑えれば料金を安価に済ませることも可能です。ただ回数パックでは、回数が決められているだけでなく、脱毛ができる部位も選択が狭いケースがあります。

しかし、銀座カラーなら回数パックでもきちんと全身脱毛が可能。とりあえず少ない回数で脱毛を試してみたい、という人にもおすすめです。

月額制・回数パックプランの罠に注意

月額制プランの中には、通わない月でも料金が引き落とされるサロンもあります。自社ローンによる分割払いを月額プランとしているサロンでは、毎月の支払いが発生します。

毛周期の関係で、脱毛が出来ない期間がどうしても発生します。そんな時でも月額料金が引き落としされるのがもったいないと感じる人は、サロンの料金プラン選びに気を付けましょう。

回数パックでの契約時に気を付けなければいけない点は、途中解約する時に「違約金」が発生する可能性がある事。また違約金は発生しなくても「手数料」がかかるケースが非常に多くなります。

実際のところ、自分が満足する脱毛にはどのくらいかかるのか?といった点をしっかりと吟味して選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

ミュゼプラチナムの支払い方法は以下の4つです。

現金一括払い
クレジットカードでの支払い(一括、分割、リボ)
現金とクレジットカードの併用
・デビットカードの取り扱いは店舗による

料金は契約時に支払うことになりますが、後から追加料金が発生することはありません

ミュゼプラチナムでは自社カードがないため、現金一括払いが出来ない場合、クレジットカードでの支払いになります。分割利用時には、手数料がかからない2回までがおすすめです。

また、月々の支払いを抑える月額制や回数パックを選べるサロンもありますが、それぞれ思わぬ出費につながる可能性もあるので、注意が必要です。自分のお財布事情としっかりと相談をしたうえで決めていきましょう。