女性にとって身だしなみの一つでもある「ムダ毛処理」。必要なこととわかっていても、肌を痛めてしまったり毎日のケアが面倒くさいと感じることもありますよね。

そんなムダ毛処理にはさまざまな方法がありますが、中でも「脱毛クリーム」なら肌に負担をかけずに処理をすることができそうだと考える方も多いと感じます。

そこで今回は、実際のところ脱毛クリームできちんと脱毛ができるのか?効果や持続力正しい脱毛クリームの使い方などご紹介していきます。

脱毛クリームと除毛クリームは違うの?脱毛クリームにはどんな種類があるの?

脱毛クリームと除毛クリームは基本的に同じもの

「脱毛クリーム」「除毛クリーム」と、名前が違えば効果も違うように感じる方が多いでしょう。実際「脱毛」という言葉と「毛を除く」という言葉では、前者の方が効き目も高いようにも思います。

しかし、実は脱毛クリームと除毛クリームは名前が違うだけであって、基本的に効果は同じものです。

脱毛とうたっているクリームも、除毛クリームと同じように肌表面に現れているムダ毛を溶かして処理をしているだけ。少し残念ですが、脱毛クリームを選んだからといって、毛根からムダ毛を処理できるわけではありません。

脱毛クリームの主な種類

では脱毛クリームには、大にどのような種類があるのでしょうか?実際の製品とともに脱毛クリームの種類を紹介していきます。

エピラット

ドラッグストアなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。脱毛クリームとしては定番ともいえる、ロングセラー商品の一つです。

ノーマルタイプの他にも、敏感肌用や効果を早く感じられるスピーディタイプ、また肌を保護するトリートメントタイプと豊富なバリエーションも特徴の一つですね。

価格帯は1,000円前後となっているので、初めて脱毛クリームを使う方にも手が届きやすいといえるでしょう。

Veet
エピラットと同じくドラッグストアや薬局などで手軽に購入できるVeet。こちらも脱毛クリームとしては定番の商品だといえるでしょう。

脱毛クリーム以外にも、脱毛テープやムダ毛処理用のカミソリなど、ムダ毛に関する商品を多く扱っているメーカーでもあります。価格帯が700円から800円程度と、安価に購入できる点はうれしいですね。

脱毛クリームの選び方

実際に脱毛クリームを購入しようと考えた際、一番に気を付けるポイントは「脱毛したい部位に購入しようとしている脱毛クリームが使えるのか?」といった点です。

後述しますが、脱毛クリームは全身にまんべんなく使えるわけではありません。商品にもよりますが、使用禁止となっている部位も多くあるので、購入前に必ず対応部位をチェックしておきましょう。

また、同じ脱毛クリームでも「ノーマルタイプ」「敏感肌タイプ」など豊富な種類があります。ムダ毛を処理することが第一の目的だとは言え、肌を傷つけてしまっては意味がありません。

自身の肌のコンディションなども考えて、メーカーからだけで選ぶのではなく、付随する効果にも着目してみましょう。

脱毛クリームの効果的な使い方や効果期間は?

脱毛クリームの使い方

脱毛クリームを使う部位をきれいにする

まずはお風呂上りなど、肌がきれいな状態になっているときに脱毛クリームを使うようにしましょう。水気をしっかりとふき取っておけば、クリームが垂れてしまうことも防げます。

体をあらかじめ暖めておくことで、毛穴を開く効果も期待できます。

脱毛クリームを脱毛したい部位に塗っていく

肌をきれいにした後は実際に脱毛クリームを塗っていきましょう。スパチュラやスポンジなど、商品によって塗るためのアイテムがあるのでそれらを使ってまんべんなく塗っていきます。

ムダ毛の根元がしっかりと隠れるように塗っていくのがポイントです。塗り終えたら5分から10分程度放置します。商品ごとに規定の時間があるので、きちんと守ってください。

時間を置いたらクリームをふき取る

放置の時間が終わったら、ティッシュや付属のスポンジなどでクリームをふき取ります。誤解されがちですが、このふき取る際にムダ毛の処理が行われるわけではありません

すでにムダ毛の根元を溶かしたクリームを肌から除去する、という段階なので強くふき取らないように気を付けましょう。

シャワーなどでしっかりと洗い流す

ふき取りが終わったら肌に薬剤が残らないよう、シャワーで洗い流しましょう。この際にボディソープを使っても問題ありませんが、ごしごしとこするのは厳禁です。

クリームに刺激された後の肌は敏感になっています。手のひらで優しくなでるように洗い流してあげましょう。

最後はしっかりと保湿を

脱毛クリームを使い終わった後は、しっかりとした保湿も忘れないようにしましょう。脱毛クリームを使った後の肌は敏感になっています。

そのまま放っておけば乾燥してしまうなど、トラブルのもとになりかねません。きちんと保湿をして肌をいたわってあげてくださいね。

使う際の注意事項

脱毛クリームを使ってきれいにムダ毛を処理しようと考えるのなら、最初にパッチテストを行ってください。

脱毛クリームはタンパク質に働きかけるアルカリ性の成分(チオグリコール酸)によって、ムダ毛を溶かして処理をしています。ムダ毛と同じく肌の成分もタンパク質なので、必要以上に肌を傷つけることがないよう最初に確認してくださいね。

ただ体毛と他皮膚ではタンパク質の種類が違うので、肌が溶けてしまう恐れはありません。肌にあうかあわないかのチェックだと考えましょう。

使用頻度は1週間に1~2回が目安

脱毛クリームは肌表面に現れているムダ毛を処理するもので、毛根から抜けているわけではありません。したがってカミソリなどと同じように、3日もたてばまたムダ毛が目立ってくることになります。

なので1週間のうちに1回から2回程度が使用頻度の目安といえるでしょう。

ただし、脱毛クリームも肌に負担をかけてしまう処理方法なので、敏感肌の方は2週間に1回、1カ月に1回など肌の状態を見ながら調節していく必要があります。

脱毛クリームで得られる効果

やはり何といっても、ムダ毛を処理できるという点が大きな効果といえますね。ほかにも脱毛クリームは肌に刺激があることは事実ですが、カミソリや毛抜きのように物理的な傷をつけることがありません。

脱毛クリームの処理方法は毛を溶かす、という方法になるので再び伸び始めた際にもチクチクすることがなく、肌がツルツルになるという効果も期待できます。

また、持続時間も個人差があるので長くて4~5日、早い人ならば2日目には気になる程度に伸びてきますが、カミソリよりは持続時間が長い処理方法だといえますね。

効果を感じられないのは正しい使い方をしていないから

脱毛クリームを使ってみようと考えた際に、人によってはあらかじめ口コミを調べたりしますよね。ただ、口コミを見ていくと「効果がない」というコメントも多く見ると感じます。

もちろん商品によってはクリームの除毛力そのものが低いものもあるでしょう。

しかし、いい口コミと同じくらい効果がないとコメントされている商品の場合、ほとんどが使い方を間違っているケースが多くなっています。

効果が感じられない場合は、基本の使い方を間違っていないか確認することも大切です。

脱毛クリームをより効果的に使う方法

事前に毛穴を開いておく

脱毛部位を清潔に保つためにも、脱毛クリームを使う前にお風呂に入っておくことがおすすめだと紹介しました。このお風呂の際に少し半身浴などでしっかりと体を温めて、毛穴を開いておきましょう。

開いた毛穴の分だけ脱毛クリームが肌やムダ毛に密着できるので、より高い効果を実感することができます。

クリームの放置時間はラップを活用

スパチュラなどで脱毛クリームを塗った後は、毛を溶かすための放置時間があります。この放置時間にクリームの上からラップを巻いてみましょう。

ラップをすることで浸透率が上がり、ムダ毛へのクリームの密着度も高くなるので効果アップに期待ができます。

ただし、放置の時間に関しては既定の時間を守りましょう。無駄に長めに放置してしまうと、ただ肌に負担をかけるだけの結果になってしまうことも考えられます。

脱毛クリームが使える部位と使えない部位はあるのか、メリット、デメリットは

脱毛クリームを使える部位

多くの脱毛クリームで使用可能となっている部位は「足」「腕」「ワキ」など、多くの方が処理をしたいと考える部位になりますね。

昨今では脱毛クリームの研究も進んでいるので、より肌に負担をかけない商品では多くの部位が使用可能となっています。背中など見えづらい部位も使うことができるのはうれしいポイントといえるでしょう。

脱毛クリームを使えない部位

反して脱毛クリームを使えない部位としては、VIOなどデリケートゾーンや顔などを上げることができます。どちらも粘膜が近い部位であるなど、より刺激に弱い部位だということもできますね。

実際には商品によって使える部位、使えない部位が変わってくるので、規定を守って使用することを心がけてください。

脱毛クリームのメリット

・手軽にムダ毛処理を行える
・肌への負担が比較的に少ない
・伸び始めもチクチクしない
・安価なものも多い

脱毛クリームのメリットとしては、上記のようなものを上げることができます。ドラッグストアなど身近なお店で購入でき、刃物を使わないので肌への負担が少ないという点などは大きなポイントです。

脱毛クリームのデメリット

・においが気になる場合がある
・正しく使用しないとムダ毛が残る
・持続時間はそこまで長くない

脱毛クリームのデメリットで気になる点は、クリームのニオイを一番にあげることができますね。化学成分によって毛を溶かすので、どうしても刺激臭が気になる方も多いです。

また、脱毛クリームといっても事実脱毛が行われているわけではありません。仕上がりに対して不満を感じることもあります。

脱毛クリームの仕上がりが不満な方はサロン・クリニックでの脱毛がおすすめ

手軽に行えて、肌もつるつるに仕上げてくれる脱毛クリームですが、ムダ毛を一掃できるわけではありません。自己処理で限界を感じるようなら、サロン・クリニックでの脱毛を検討してみてください。

ミュゼプラチナム

さまざまなキャンペーンを行い、サロン脱毛は安いと感じさせた第一人者とも言えるミュゼプラチナムがおすすめです。特に、サロン脱毛が初めてだという方でも、気軽に挑戦しやすいでしょう。

キレイモ

テレビCMなどでもお馴染み、サロン脱毛といえばキレイモと考える方も多いであろう大手脱毛サロンになります。全45店舗、全国展開をしているので通いやすいサロンである点もおすすめの理由です。

アリシアクリニック

クリニックの中でも安価に施術を受けられるとして人気のアリシアクリニック。医療脱毛ならではの、高い脱毛効果を期待することができます。しっかりとした脱毛を受けたいという方におすすめできますね。

まとめ

脱毛クリームでしっかりと効果を感じるには、正しい使い方が必須になります。間違った使い方は効果を感じられないだけではなく、反対に肌を傷つけてしまう可能性もあるので、自分流のやり方はやめておくことが大切ですね。

脱毛クリームは説明書通りに行う
使い終わった後はしっかりと肌のアフターケアを
カミソリの処理よりも持続力が高い
ムダ毛がチクチクしない仕上がりに

手軽に使うことができる脱毛クリーム、より効果を実感するためにも本記事を是非参考にしてみてくださいね。

特にカミソリでの処理でチクチクする点が気になっていた方には、おすすめな処理方法です。また、根本からムダ毛をなくしたい方は、サロン・医療脱毛も考えてみましょう。