美顔もできる脱毛器として幅広い年齢層に人気のケノンの脱毛器/美顔器。しかし、今までに類を見ない画期的な製品だからこそ、「脱毛器で本当に美顔効果が期待できるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はケノンの美顔器の特徴から効果使用法購入方法口コミまで気になる疑問を詳しく解説します。

ケノンの美顔器を実際に購入する前に、一体どのようなものなのかしっかり把握した上で検討しましょう。

口コミで人気のケノンの美顔器。どういうものなのか?

美容皮膚科のフォトフェイシャル(光美顔)級の美顔が可能

ケノンの美顔器は、自宅にいながらにして美容皮膚科で使用されているフォトフェイシャル(光美顔)級の美顔効果が期待できるのが大きな特徴です。

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれている波長の異なる優しい光を肌に当てることで肌細胞を刺激し、さまざまな肌トラブルを改善・予防する効果が期待できます。

ケノンの美顔器は、ケノン独自が開発したIPLよりも刺激が弱く肌に優しい特殊発光テクロノジー「USPL」を使用し、誰でも安全に美顔効果を実感できるように作られています。

脱毛器から美顔器へ簡単に切り替え可能

脱毛器から美顔器への切り替えも簡単で、カートリッジを脱毛用からスキンケア用に交換するだけです。

脱毛用カートリッジは毛だけに反応するため照射の波長は1つだけですが、スキンケア用カートリッジは、異なる波長の光で肌の表面のみならず肌の奥まで働きかけることができるため、あらゆる肌トラブルに対応可能です。

ケノンはどこで購入できるのか

ケノンの公式サイト、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングなどで購入可能

ケノンの美顔器は、公式サイトをはじめ、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングなどネット通販で購入可能です。ただし、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングでは、安い価格で偽物が販売されていることもあるので注意が必要です。

正規のケノン美顔器が購入できるのは、公式サイト、楽天公式店、アマゾン公式店、ヤフーショッピング公式店のみになっています。

<公式サイトと公式店の価格や保証内容>
● 価格:69,800円(税込)
● 送料:無料
● 保証:1年間

ケノンの公式サイトで購入するのがおすすめ

公式サイトと公式店ではどこで購入しても価格は同じですが、カートリッジなどの付属品の数や種類が異なる場合があります。

また、公式サイトでは、本体購入時に割引価格でカートリッジを購入できるなどの特典もありますし、相談窓口やアフターケアもしっかりしているので、公式サイトから購入するのが断然おすすめです。

ケノンの美顔器にはどんな効果があるのか?シミにも使えるのか?

全身に使用でき、シミだけでなくあらゆる肌トラブルに対応できる

フォトフェイシャル級の優れた効果を発揮するケノンの美顔器は、一度に異なる波長の光を広範囲に照射でき、肌内部の細胞を活性化させるので、シミ、赤ら顔、たるみなどあらゆる肌トラブルに対応できます。

シミやそばかすの改善

肌が紫外線を浴びると、肌を保護するためにメラニン色素が作られます。通常、メラニン色素は肌のターンオーバーにより排出されますが、ストレスやホルモンバランスの乱れなど何かしらの原因によりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンが肌に残りシミやそばかすの原因になります。

ケノンの美顔器は肌のターンオーバーを活発にする働きがあるので、メラニンがきちんと排出され、シミやそばかすの改善や予防に効果があります。

色素沈着したニキビ跡の改善

ニキビにより炎症を起こした肌は、ダメージから肌を保護するためにメラニンが作られます。そして、肌のターンオーバーが正常に行われないと、シミ同様に色素沈着を引き起こします。

ケノンの美顔器で肌を活性化させることでターンオーバーを促進し、ニキビ跡の改善が期待できます。

赤ら顔の改善

毛細血管が拡がり透けて見える状態が赤ら顔です。ケノンの美顔器で照射すると、毛細血管が収縮して赤みを抑制し、目立たなくさせる効果があります。

ほうれい線、しわ、たるみ、毛穴の開きの改善

肌の弾力やハリを保つコラーゲンの量は年齢と共に減少し、ほうれい線やしわ、たるみ、毛穴の開きの原因になります。

ケノンの美顔器は肌細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促進する働きがあるため、肌の弾力やハリを取り戻し、ほうれい線やしわ、たるみ、毛穴の開きの改善に繋がります。

ワキや膝の黒ずみの改善

ケノンの美顔器は、顔だけでなく全身に使用することが可能です。したがって、首のシワ、ワキや膝の黒ずみ対策にも効果的です。

なお、VIOゾーンの黒ずみに使用している人も多いようですが、ケノンではIOゾーンに関してはデリケートな部分ですし、自分での照射が難しいこともあり、使用を推奨していません

ケノン美顔器で改善できない肌トラブルもある

肝斑(かんぱん)

肝斑の原因はシミのようにメラニンの生成によるものではなく、ホルモンバランスの乱れやストレスによるものなので、ケノンの美顔器で照射しても改善されません。

ほくろ

ほくろは色素性母斑と呼ばれるアザの一種なので、ケノンの美顔器でほくろを消すことはできません。

クマ

クマの原因の1つは肌のたるみによるものですが、ケノンの美顔器は安全面の理由から目元周辺には使用できません

妊娠線や肉割れ

ケノンの美顔器には肌細胞を活性化させる作用があるので、妊娠線や肉割れを多少目立たなくさせることは可能かもしれませんが、完全に消せる可能性は低いでしょう。

ケノンの美顔器の使い方や使用頻度は?

ケノン美顔器の正しい使い方

思わぬ肌トラブルを引き起こさないためにも、使用前に必ず正しい使用方法を確認しましょう。

1. メイクを落とし、洗顔する
2. 本体にスキンケア用カートリッジを取り付ける
3. スキンケアモードにし、照射レベルを選ぶ
4. 肌を付属の冷却材で冷やし、ゴーグルを装着する
5. 気になる箇所を照射する
6. 冷却材で冷やす
7. スキンケアを行う

1~2週間に1度、お風呂上りに使用するのがおすすめ

ケノンの美顔器を使用する頻度は、1~2週間に1回が理想的です。早く効果を得たいからと過度に使用すると肌への負担が大きくなり、肌トラブルを引き起こす原因になるので控えましょう。

また、使用するタイミングに決まりはありませんが、おすすめの使用するタイミングは、お風呂上がりです。ケノンの美顔器はメイクを落とし洗顔した状態で使用するので、お風呂上がりだと、既に肌がきれいな状態なので手間が省けますよね。

効果が実感できる期間には個人差がありますが、一般的に週1回の使用で3~4回目「肌が少し明るくなった」「シワがなんとなく薄くなった」と感じる人が多いようです。

肌ダメージに注意する

低いレベルから試す

ケノンの美顔器の照射レベルは、肌状態などに合わせて10レベルから選ぶことが可能です。レベルが高いほど、効果も実感しやすいですが、肌への負担やリスクも増えます。

まずは一番低い「レベル1」から試して、様子をみながら調節していくと安心です。

脱毛後は美顔器の使用はしない

ケノンで脱毛を行った後に美顔器を使用すると「重ね打ち」になり、肌への大きなダメージになります。肌ダメージを考えると、最低1~2週間は空けるようにしましょう。

肌を冷やして鎮静させる

ケノンの美顔器で照射しても痛みや赤がでることが少ないので、特になにもしない人もいるようですが、目に見えないだけで肌は熱を受け敏感になっています。

そのまま放っておくと肌トラブルを引き起こす可能性があるので、照射後は必ず冷却し鎮静させましょう

ケノンの美顔器の評判は?使うメリットとデメリットは

口コミからみるメリット

● コスパが良い
● 専用のジェルなどが必要ない
● 肌状態により照射のレベルを調節できる
● 敏感肌でも使用できる
● あらゆる肌トラブルに対応できる
● 全身に使用できる
● 軽くて持ちやすい

ケノンの美顔器1台で全身のあらゆる肌トラブルに対応でき、他の美顔器のように専用のジェルなども必要ないので、コスパが良いという口コミが多数あります。

口コミからみるデメリット

● 初期投資が高額である
● 本体が大きい
● コンセント式なので不便である
● 効果に即効性がない
● 返金保証がない

長く使用することを考えると、エステなどでフェイシャルを受けるよりも、かなり出費を抑えることができますが、美顔器としては高額という印象が強いようです。

また、本体が大きくコンセント式なので、不便といった声も多いです。

まとめ

ケノンの美顔器は、美容皮膚科で受けられるフォトフェイシャル級の優れた美容効果が期待でき、1台でシミ、そばかす、ニキビ跡、赤ら顔、ほうれい線、しわ、たるみ、毛穴の開きなど、あらゆる肌トラブルに対応可能です。

全身に使用できるのも大きな特徴ですが、肝斑やほくろなど使用できない箇所もあり、使用法を守らないと思わぬ肌トラブルを引き起こす原因になるので注意が必要です。

エステに通うよりもコスパが良いのが大きなメリットですが、コンセント式で使い勝手の良さに欠ける返金保証制度がないといったデメリットもあります。

メリットとデメリットをしっかり理解した上で、自分の希望や用途に合うか見極めることが大切です。

また、ケノンの美顔器は楽天、アマゾン、ヤフーショッピングでも購入可能ですが、安い価格で偽物が販売されている場合があるので、公式サイトで購入するのがおすすめです。