脱毛をしたい部位の中で、VIO脱毛のセットメニューもあるほど、VIO脱毛は人気部位です。でも、デリケートゾーンということもあり、恥ずかしいという気持ちがあったり、後悔することになったらどうしようと迷う気持ちがあったりしますよね。

VIO脱毛する人が増えているのはメリットが多いからですが、デメリットがないとは言い切れません。この記事では、VIO脱毛をすることのメリットとデメリットを紹介します。デメリットを解消できるサロンの紹介もしますので、VIO脱毛をするかどうか迷っている人は、メリットとデメリットを見比べて、検討材料にしてくださいね。

VIO脱毛のメリットは?

衛生的で清潔になる

VIO部分は、濃い毛が密集しています。特に女性のIラインは皮膚が重なり合っていることもあり、ムレやすく、かゆみの原因にもなります。汗をかく夏場は、不快な思いをしている人も多いのではないでしょうか。

生理中になると、経血が毛についてしまったり、分泌物が絡まってしまったりと不衛生になりがちです。生理のときの特有のにおいを防ぐのも、毛が生えた状態だと、念入りにしなくてはなりません。ただでさえ精神的にも不安定になるときに、余計な気は使いたくないものです。

VIO脱毛をすることで、ムレることがなくなり、かゆみやにおいが抑えられます。普段も衛生的で気分よく過ごせるようになりますが、VIO脱毛をした後は「生理中がすごく楽になった」と感じる人が多いです。

自己処理が楽になる

VIO脱毛をしていない人は、自己処理をすることになります。しかしVIOは見えにくくデリケートな部分なので、自己処理が難しいです。皮膚が薄いので、傷つけてしまう可能性も高く、そこから菌が入ってしまうこともあります。

カミソリによる自己処理は、皮膚表面まで一緒に削ってしまうことになります。脱毛クリームは皮膚への刺激が強く、デリケートゾーンに使うのはNGです。また、毛抜きやワックスによる脱毛は、毛穴にダメージが出てしまい、毛嚢炎などになりやすいです。

VIOは毛が濃いので、自己処理をしていてもすぐに生えてきてしまい、生えてくると黒いポツポツが目立つので、頻繁に自己処理を繰り返すことになります。そのため、皮膚にダメージを与えるリスクが高くなり悪循環です。VIO脱毛をすれば、手間がかかる自己処理をする必要がなくなり、肌トラブルを回避できます。

黒ずみの解消に

ほとんどの人が、デリケートゾーンに色素沈着による黒ずみを起こしています。黒ずみは、皮膚にダメージを与えることで発生します。元々、VIOは下着の擦れなどで黒ずみができやすい部位です。

自己処理を繰り返して行うことで、肌への負担はさらに大きくなり、黒ずみがひどくなってしまいます。VIOの自己処理だけでも手間がかかるのに、黒ずみケアも同時に行うのはとても大変です。また、セルフケアでは、充分なケアができません。

プロの手によってVIO脱毛をしてもらうことで、自己処理の負担をなくすと同時に黒ずみの解消にもつながります。VIOの毛がなくなったことで、黒ずみが目立つようになったという口コミもありますが、自己処理による肌への負担がなくなることで、少しずつ黒ずみも薄くなっていきますよ。

セクシーな下着にも挑戦できる

女性として生まれたからには、下着のおしゃれも楽しみたいものですよね。でも、せっかくセクシーな下着や可愛い下着を買っても、VIOの毛がはみ出していたら台無しです。ショッピングに出かけて「いいな~」と思う下着を見かけても隠れる部分が少なすぎて、「これじゃ、毛がはみ出ちゃうな」と、買うのを躊躇する人もいるのではないでしょうか。

確かに、いくらお気に入りの下着をつけてみても、毛がはみ出てしまったのではテンションが上がるどころか下がってしまいます。がんばって自己処理をしても、処理後の黒いポツポツが目立ってしまうこともあります。

VIO脱毛をすれば、毛がはみ出してしまうかもしれないという心配は不要になります。下着だけではなく、水着も、VIOの毛を心配することなく選べるようになります。思う存分、下着や水着のファッションも楽しめるようになり、女子力もアップしますよ!

恋人からの好感度も高い

VIO脱毛をすることが、異性からどう思われるのだろうというのは気になるところです。心配なのは、VIO脱毛をしていることで、引かれてしまうのではないかということですよね。

しかし、今はVIO脱毛をしている人が増えています。アンダーヘアをまるで気にせず、ボーボーの状態でいる女性の方が、異性から引かれてしまうこともあります。実際に男性にアンケートを取ると、「恋人がアンダーヘアの処理をしてくれているとうれしい」という意見が多いです。

ネガティブな意見として、「男慣れしているようで、引く」というものがありますが、今時、VIO脱毛をしているから「男慣れしている」という考え方も時代錯誤ですし、本音かどうかもわかりません。でも、恋人に引かれないために、いきなりツルツルの無毛にしてしまうのは、よく考えてからにしましょう。

形も綺麗に整えられる

VIOの毛が気になる場合、自己処理をする方法もありますが、自己処理を完璧にするのは難しいです。肌を傷めて赤くなってしまったり、黒いポツポツが目立ってしまったりして、いかにも自己処理をしましたという感じになってしまうこともあります。プロによるVIO脱毛の施術を受ければ、希望の形も選べ、肌トラブルを起こす可能性も低いです。

VIO脱毛の人気の形は、楕円形や逆三角形です。無毛のハイジニーナにしたい人でも、脱毛をすると毛穴が閉じてきれいに見えます。無毛にはしたくない人でも、元々毛が薄い感じのナチュラルなきれいな形に毛を残して脱毛を行うことができます。毛量が多く、生えている範囲が広い人でも、全体的にきれいな形に整えることが可能です。

VIO脱毛のデメリットは?

脱毛中の恋人の反応

デリケートゾーンの脱毛はこっそりと済ませたいものですが、VIO脱毛をする際に、恋人がいる人は相手の反応が気になりますよね。脱毛施術を受けるときには、事前の自己処理が必要なため、恋人に内緒で行うことは難しいといえます。

特にVIO脱毛を行う最初は、ハイジニーナ状態にしていくことがほとんどです。最終的にツルツルにしたいわけではなくても、最初は全体的に照射をしてもらったほうが、自然な仕上がりになるためです。

VIO脱毛中は、施術を受けても1回で終了になることはなく、生えかけで毛がチクチクする状態になることもあります。恋人には事前に、VIO脱毛をすることを相談しておかないと、驚かれてしまいます。だんだん自己処理不要のきれいな状態のVIOになっていくことを、一緒に楽しみにできる恋人だといいですね。

脱毛が恥ずかしい

VIO脱毛の大きなデメリットとしてあげられるのが、施術を受けるのが恥ずかしいということです。VIO脱毛をする際には、VIOをスタッフに見せなくてはいけないので、恥ずかしいと思う人が多いです。

しかし多くのクリニックやサロンでは、VIO脱毛をするときに全裸になるわけではありません。ガウンや紙ショーツを身につけて施術することが多く、VIOについても照射する部分だけを出して照射が終われば隠してくれます。必要以上に露出することはないので、心配しなくても大丈夫です。

VIOは脱毛の人気部位なので、照射をするスタッフも慣れていますし、恥ずかしくないように気遣いをしてくれます。施術を受けるほうも、恥ずかしいのは最初だけで、次第に慣れていきますよ。

ミュゼ

VIO脱毛は恥ずかしいと思う気持ちに配慮して、ミュゼではVIO脱毛専用の紙ショーツを用意してくれています。施術の際には紙ショーツをずらしながら、照射部分だけを出し、照射が終われば隠してくれます。全部見せることはないので、心配していたほど恥ずかしくなかったという口コミが多いです。

脱毛中の痛みが強い

脱毛施術を受ける中でも、VIOは痛みを感じやすい部位です。VIOは皮膚も薄くデリケートで、濃い毛が密集しているため、脱毛の痛みも強くなります。また、VIOは色素沈着を起こして黒ずんでいることも多いです。脱毛機の照射は黒い色に反応するため、黒ずみが原因で脱毛の光が毛根だけではなく肌に広がってしまうことがあり、痛みが強くなります。

ほとんどのクリニックやサロンでは、デリケートで黒ずみのあるVIOに照射するときには脱毛機の出力を下げます。火傷のリスクを低くするためですが、脱毛機の出力を下げることで、効果も出にくくなってしまいます。

痛みを軽減し、脱毛の効果を上げるために、肌の保湿を心がけるようにしましょう。施術の後に保湿をしてくれるサロンもあり、クリニックでは薬をくれることもありますが、セルフケアでデリケートゾーンの保湿する場合は、ワセリンを使うと良いでしょう。

ディオーネ

痛みに弱い人は、痛みが少ない脱毛をしてくれるサロンを選ぶのがおすすめです。ディオーネでは、痛みが少ないハイパースキン脱毛を行っています。3歳の女の子でも受けられるほどの痛みの少なさが特徴です。VIO脱毛は紙ショーツを履き、タオルで隠してくれながら照射するので、恥ずかしさもありません。

自己処理が大変

脱毛の施術前には、どこのクリニックやサロンでも自己処理をしていく必要があります。Vラインなどは比較的、処理がしやすいのですが、IラインやOラインは見えにくく、完璧に自己処理をするのが難しいです。

剃り残しに関して、無料でシェービングしてくれるクリニックやサロンもありますが、有料になることもあります。剃り残し部分に関しては照射してくれないこともあります。施術に行くたびにシェービング代を取られるのは痛いですし、照射してもらえないのも避けたいので、なるべく完璧に自己処理をしていくようにしましょう。

がんばって自己処理をしても、肌を傷つけてしまっては施術してもらえません。デリケートゾーンであるVIOの自己処理の仕方を、丁寧に教えてくれるサロンもあるので、脱毛の効果を充分に得られるように自己処理をしっかりしていきましょう。

エピレ

2㎜以上の毛が生えていると施術が受けられませんが、エピレでは難しいVIOの自己処理の仕方を、カウンセリングのときに技術経験豊富なサロンのスタッフが教えてくれます。わかりやすいイラスト入りの案内書ももらえるので、バッチリ自己処理をして施術に臨みましょう。

まとめ

VIO脱毛のメリットは、デリケートゾーンの毛が少なくなることで衛生的でいられることです。ムレもなくなり、においの悩みも解消に導かれます。ほかには、自己処理がラクになること、自己処理による肌への負担がなくなり黒ずみ解消につながること、下着や水着のおしゃれを楽しめること、恋人からの好感度が上がることです。

反対にデメリットは、綺麗な状態になるまでの脱毛中の恋人の反応が気になるところ、VIOを施術するときの恥ずかしさ、VIOは皮膚が薄く、濃く太い毛が集中しているため施術時の痛みが強いこと、施術前の自己処理が大変なことです。

ただし、サロン選びに気を付ければ、デメリットは解消することもできます。VIO脱毛を行うメリットは大きいので、後悔しないVIO脱毛をしましょう。