「脱毛したいけど、敏感肌だから脱毛で肌トラブルが起きないか心配」、「敏感肌でも安全に脱毛する方法はある?」、「敏感肌だから、自己処理で肌がボロボロ。脱毛するのとどっちがマシ?」

敏感肌なら、光脱毛でムダ毛処理するのがもっとも、肌トラブルが起きにくくておすすめです。

ここでは、敏感肌に光脱毛が向いている理由と、特に脱毛すべき部位おすすめのサロンを紹介します。敏感肌の人が避けた方がよい脱毛方法も紹介するので、敏感肌で脱毛したい人は参考にしてください。

敏感肌の人に自宅での脱毛が向かない理由とは

カミソリや毛抜きでの自己処理はリスクが大きい

カミソリや毛抜きでの自己処理はもっとも手軽なムダ毛処理方法ですが、肌への負担が大きく、普通の人ですら「カミソリ負け」や「毛嚢炎」などの肌トラブルが起こりがちです。

敏感肌の人であればなおさら、肌への負担が大きく、肌トラブルを起こしやすくなります。

また、自己処理をくり返すことで、黒ずみや埋没毛もできていくので、やればやるほど、肌が汚くなってしまいます。

除毛クリームやワックスは肌への刺激が強い

除毛クリームやワックスも肌への刺激が強く、敏感肌の場合は特に避けた方がよいです。

除毛クリームは、「チオグリコール酸カルシウム」という成分がムダ毛のタンパク質を溶かすことで脱毛します。毛と一緒に、皮膚のタンパク質も溶かしてしまうので、肌荒れを起こす人も多いです。

脱毛ワックスも、毛と一緒に皮膚表面の角質も剥がしてしまうので、肌荒れを起こしやすいです。

また、粘着シートで一気に毛を引き抜く方法なので、埋没毛や毛穴の炎症の原因にもなります。

ケノンなどの家庭用脱毛器では自己判断になってしまう

ケノンなどの家庭用脱毛器も、サロンと同じような光脱毛が自宅でできるので人気がありますが、サロンに比べて肌トラブルを起こす可能性が高いです。

施術するのがプロではなく自分なので、照射温度や施術の頻度を決める際に、どうしても自己判断になってしまうからです。

プロと違って専門的な研修を受けていないので、自分に適した照射温度が分からず、効果を求めるあまり、温度を上げすぎてしまうケースもしばしばあります。

肌の状態や毛質に対して、照射温度が高すぎると、火傷や炎症といったトラブルを起こしやすくなります。肌が弱い人は特に、照射によるトラブルが起きやすいので、家庭用脱毛器は避けた方が無難です。

敏感肌の人にこそおすすめなのが脱毛

敏感肌の人にはサロンでの脱毛が安心

敏感肌の人が脱毛するなら、エステサロンの光脱毛が一番安心です。光脱毛は肌への負担がもっとも少なく施術もプロが行うので、敏感肌でも問題なく脱毛できる可能性が高いです。

光脱毛にはいくつか種類がありますが、敏感肌におすすめなのは、S.S.C.脱毛かハイパースキン脱毛ができるサロンです。

S.S.C.脱毛は抑毛ジェルと光の相乗効果で脱毛します。毛根を焼かずに脱毛できるので、肌への負担が少ないです。

ハイパースキン脱毛は、他の光脱毛とは仕組みが異なり、他の光脱毛が高温の光を必要とするのに対し、低温の光で脱毛できます。

光の温度が低いので、肌に負担がかからず、小さな子供のデリケートな肌でも脱毛できます。

サロンなら施術後の保湿ケアも充実

敏感肌の人が安全に脱毛するには、施術後の保湿ケアも重要です。施術後のほてりや乾燥をそのままにすると、普通の人でも火傷などの症状が出てしまうことがあるからです。

その点、サロンは脱毛の施術後の肌ケアにこだわっているところが多く、エステの美容知識を活かして、アフターケア用の保湿ローションなどを独自開発しているサロンも多いです。サロンによっては、自宅ケア用のローションなどをくれるところもあります。

必要に応じてスキンケアの相談にも乗ってもらえるので、敏感肌で肌ケアに自信がない人の脱毛も安心です。

敏感肌の人に向いているのはミュゼ、ディオーネ、脱毛ラボ

敏感肌の人が脱毛するなら、ミュゼプラチナムディオーネ脱毛ラボが、肌への負担が少ない脱毛方法を採用しているのでおすすめです。

ミュゼプラチナム

S.S.C.脱毛のサロンです。施術後には、美容成分にプラセンタエキスを配合した薬用ミルクローションでトリートメントしてもらえます。自宅用にも購入でき、値段も安いです。

部分脱毛が安く、お試しキャンペーンも充実しています。

ディオーネ

ハイパースキン脱毛を採用しています。肌へのやさしさでは、もっともおすすめのサロンで、アトピー性皮膚炎でも脱毛できます。顔脱毛が特に人気です。

施術後の肌ケアには、美顔専用の美白美容液を採用しています。必要に応じて、自宅用にも購入できます。

脱毛ラボ

S.S.C.脱毛のサロンです。全身脱毛がメインのサロンなので、肌ケアは全身エステパックで保湿します。施術後だけでなく、照射前・照射中と合計3回保湿するので、照射による乾燥もしっかり防いでくれます。

1部位から脱毛できる、1回単発脱毛のプランもあります。

医療脱毛は肌への負担が大きい

クリニックのレーザー脱毛は肌への負担が大きいので、敏感肌の人にはあまりおすすめではありません

医療機関は毛根を完全に破壊する永久脱毛が許可されているため、サロンよりも効果が高く、少ない回数で脱毛完了できるメリットがあります。

ですが、サロンの光脱毛よりも照射温度が高いので、敏感肌の場合は肌トラブルも起こりやすくなります

医療機関なので、トラブル時の治療も受けられますが、脱毛中にちょこちょこ肌トラブルに見舞われる可能性もあります。

また、安全性を確保するために、施術後は抗炎症剤を塗布してくれますが、サロンのように肌ケアが充実しているところは少ないです。

敏感肌の人こそしておくべき脱毛部位は

顔は脱毛で肌質改善しやすい

顔は皮膚が薄くてデリケートなので、特にプロにお任せした方がよい部位です。カミソリや毛抜きは角質や毛穴を傷つけてしまいますが、サロンの脱毛なら、毛根だけに作用するので、肌が傷つく心配が少ないです。

さらに、脱毛で毛が細くなるにしたがって、毛穴も閉じていくので、汚れや不要な角質が溜まりにくくなり、ニキビもできにくくなります

化粧水などが産毛に弾かれることもなくなるので、スキンケアの成分が浸透しやすくなり、肌ケアの効果も出やすくなります

脇も脱毛した方が肌トラブルが改善しやすい

脇は毛が太く、少しでも伸びてくると目立ってしまうので、どうしても自己処理の頻度が高くなります

そのため、自己処理による黒ずみや、炎症などの肌トラブルが起こりがちです。

ですが、サロンで脇脱毛をすれば、自己処理の頻度が減るので、肌トラブルが起こりにくくなります

すでに起こってしまった肌トラブルも、自己処理の頻度が少なくなるにつれて、改善していくケースが多いです。

まとめ

自己処理による肌トラブルを防ぐためにも、敏感肌の人こそプロに脱毛してもらった方がよいです。

顔と脇は、特に自己処理のダメージを受けやすいので、プロに脱毛してもらった方が安心です。

敏感肌の人におすすめなのは、サロンの光脱毛です。特に、S.S.C.脱毛かハイパースキン脱毛を採用しているサロンが、肌への負担が少ないです。エステなので施術後の肌ケアも充実しているので安心です。

医療脱毛は照射温度が高く、肌への負担が大きいので、敏感肌の人は避けておいた方がよいでしょう。

記事を参考に、敏感肌に適したサロンを選んでくださいね。