「脱毛したいけど、脱毛して後悔した人がいないのか心配」、「絶対に後悔しないように脱毛するための対策ってある?」、「せっかく高いお金を払って脱毛したのに、後悔の嵐。他のサロンでリベンジしようと思うけど、今度は後悔しないようにしたい」。

ここでは、脱毛で後悔したくない人のために、脱毛で後悔する原因と対策方法についてまとめました。

脱毛で後悔したくない人におすすめのサロン・クリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

脱毛で後悔、後悔した原因とは?

サロン・クリニック選びで失敗

エステサロンの光脱毛は、安くて痛みが少ない反面、施術回数が多くかかるデメリットがあります。

また、医療機関であるクリニックのレーザー脱毛の場合は、少ない回数で永久脱毛の効果が得られる一方で、サロンに比べて痛みが強く料金も高いです。

このように、サロンとクリニックでは、メリット・デメリットが異なります。ですが、サロンとクリニックの脱毛の違いをよく知らずに選んでしまう人も多いです。

そのため、「早く脱毛を終わらせたかったのに、サロンを選んでしまったのでなかなか脱毛が終わらない」、「痛みが苦手なのにクリニックに行ってしまい、痛みが我慢できなくて途中で通うのを止めてしまった」といった失敗が起こりがちです。

予約が取れなくて失敗

ヒトの毛は大まかに、「成長期」「休止期」「退行期」と呼ばれる3つの成長サイクルに沿って生えています。

ほとんどの光脱毛・医療レーザー脱毛は「成長期」の毛にしか効果が出ないため、毛周期に合わせて2~3ヶ月おきに照射する必要があります。

予約が取れなくて施術の間隔が開きすぎてしまうと、毛周期とタイミングがずれてしまうので、思うように脱毛が進まないということになりかねません。

ですが、人気が高いサロンやクリニックの中には、混んでいて全然予約が取れないところもあり、半年に1回しか予約が取れないようなところもあります。

予約の混み具合は店舗によっても異なるので、カウンセリングのときに確認しておくと安心です。

追加料金を考えてなくて失敗

サロンやクリニックを選ぶときに、コース料金しか見ていない人も失敗しやすいです。コース料金が安くても、「シェービング料」や「キャンセル料」で追加料金がかさんでしまうところもあるからです。

追加料金がかかりやすいサロン・クリニックを選んでしまうと、「まだ物足りないからもう少し通いたいけど、追加料金で予算オーバーだから回数を追加できない」となる可能性もあります。

脱毛の途中で予算オーバーにならないためには、保証やサービスの内容をよく確認し、追加料金も含めて何にいくらかかるのかを把握しておくようにしましょう。

サービスが充実したサロン・クリニックを選ぶ

せっかくの脱毛で後悔しないためには、予約の取りやすさや追加料金も確認した上で、サービスが充実しているサロン・クリニックを選ぶようにしましょう。

痛みの少なさや肌へのやさしさを重視したいならサロン少ない回数で脱毛完了したいならクリニックが適しています。

サロンはミュゼプラチナムジェイエステティック、クリニックはアリシアクリニックリゼクリニックがおすすめです。

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安いです。手が届きにくい部位の剃り残しは無料でシェービングしてもらえるので、追加料金もかかりにくいです。

ネット予約システムがあり、キャンセル待ちしやすいため、予約が取りやすいです。肌にやさしいS.S.C.脱毛を採用しているので、肌トラブルが心配な人にもおすすめです。

ジェイエステティック

シェービングの規定が少し厳しめですが、追加料金はかかりにくいです。基本的に、多少の剃り残しは無料でシェービングしてもらえますが、顔とVIOの剃り残しについては、一切シェービングサービスがありません。

部分脱毛が安く、予約も取りやすいです。

アリシアクリニック

当日キャンセルでもペナルティなしです。手が届きにくい部位の剃り残りは無料でシェービング、その他の部位も、事前に予約すれば2,000円でシェービングしてもらえます。

ネット予約システムがあり、キャンセル待ちしやすいため、予約が取りやすいです。脱毛が安く、回数無制限プランもあります。医療脱毛の中では痛みも少ないです。

リゼクリニック

キャンセルのペナルティがなくシェービングも完全無料です。脱毛料金が安く、照射で産毛が太くなってしまったときの硬毛化保証もあります。

LINEでキャンセル情報が配信されるので、キャンセル待ちしやすく、予約が取りやすいです。

痛みが少ない機種を中心に、3種類の脱毛器を使い分けているので、対応できる毛質・肌質が幅広いです。

脱毛のデザインで後悔する人が多い

VIO脱毛はV/Iラインを脱毛しすぎて後悔

VIOラインの脱毛は、Iラインを脱毛しすぎて後悔するケースが多いです。Vラインは毛量を減らすだけの場合も、Iラインは完全にツルツルを希望しがちですが、Iラインは前の方を少し残した方がよいです。

Vラインの毛を残しても、Iラインを完全に脱毛してしまうと、前から見たときに割れ目が見えてしまうからです。

また、Vラインもデザインで後悔するケースが多いです。ハイジニーナやハート型などの奇抜なデザインを選んでしまい、あとになって温泉などで恥ずかしくなったり、新しくできた彼氏に遊んでいると誤解されることが多いからです。

したがって、Vラインのデザインは流行に乗りすぎず、逆三角形などの無難な形を選ぶのがおすすめです。

髭脱毛も脱毛しすぎで後悔しやすい

脱毛している最中はどうしても髭に意識が行くため、わずかな髭も気になってしまい、全部の髭を脱毛したくなりがちです。

ですが、脱毛を終えてから自分の顔を物足りなく感じ、「やっぱり適度に髭を残すべきだった」と後悔するケースも多いです。

また、男性の髭を好む女性は意外に多く、脱毛後に好きになった女性の好みが「髭のある男性」という可能性もあります。

特に医療レーザー脱毛の場合は、永久脱毛で髭が再生しなくなるので、あとから髭を伸ばしたいと思っても、もう生やすことができません。

髭脱毛で後悔しないためには、デザインを慎重に決めましょう。

まとめ

脱毛で後悔する人のほとんどは、以下のいずれかのケースに当てはまります。

サロンの光脱毛と、クリニックの医療レーザー脱毛の違いを知らずに選んでしまい、自分のニーズに合わなくて後悔
安さと痛みの少なさを重視したいならサロン早く脱毛を終えたいならクリニック

予約が取れないところを選んで脱毛が進まない
予約が取れるかをしっかり確認

・コース料金の安さで選んだが、予想外に追加料金がかかる
→追加料金も含めて、保証やサービスを確認

Vライン・Iライン・髭のデザインで後悔
→Vライン・Iライン・髭のデザインは無難なものを選ぶ

せっかくの脱毛で後悔しないよう、記事を参考にしっかり対策しましょう。