脱毛ラボシェービング代

脱毛ラボに限らず、脱毛の施術には、事前の自己処理が必要です。自己処理が不充分だと、施術を断られたり、剃り残し部分を避けて照射されたりという対応をされます。中には、剃り残し部分については無料でシェービングサービスをしてくれたり、有料でシェービングしてもらえたりするサロンもあります。

脱毛ラボのシェービング代は高いという噂がありますが、本当なのでしょうか?ここでは、脱毛ラボのシェービング代は高いのかシェービング代を節約するためにはどうしたらいいのかについて説明します。脱毛ラボのシェービング代について、不安に思っている人はぜひ参考にしてください。

脱毛ラボはシェービング代がかかる?

脱毛ラボのシェービング料金は1回1000円

脱毛ラボでは、シェービング料金1回につき、1000円かかってしまいます。事前の自己処理をしていかなくてはならないのは、どこのサロンも同じですが、どうしても剃り残しが出てしまうことがあります。剃り残しに対するシェービング代は無料のサロンも多いのですが、脱毛ラボでは有料です。

剃り残しがあると、その部分を避けて照射するサロンもありますが、脱毛ラボの場合はスタッフがシェービングをしてくれます。しかし、どんなに狭い範囲の剃り残しであっても、同じ1000円がかかってしまいます。

自己処理がしやすい部位はあまり問題がなくても、背中など自分では見えにくく、手が届かない部位もあります。処理を手伝ってくれる家族や友達がいればいいのですが、自分だけで完璧にやるのは難しいので、毎回シェービング代を払うことになってしまいます。

VIOはさらに500円の追加料金が掛かる

剃り残し部分に顔またはVIOが含まれていると、シェービング代がさらに高くなり、500円追加され1500円になってしまいます。

「脱毛ラボは安い料金で釣っておいて、シェービング代で稼いでいるのでは?」と疑問が沸いてしまう人もいますよね。しかし、顔とVIOはデリケートな部位なので、シェービングにも神経を使い時間がかかるため、料金が加算されていると考えられます。

なるべくスピーディーに、スタッフに手をかけないように、脱毛をする側も協力することで、結果的に脱毛ラボは安い料金での脱毛施術を提供できています。

剃り残し部分があると、照射の熱が分散して、効果が出にくくなったりやけどのもとになったりします。サロンが剃り残しに敏感なのは、脱毛効果を高くするためです。顔やVIOは、剃り残しを防げる部位なので、工夫をして自己処理を完璧にしていきましょう。

シェービングの無料期間をしていたことがある

脱毛ラボに通っているけれど、「シェービング代は無料」という人がいます。以前、シェービング無料のキャンペーンを実施していたときに契約をした人です。またキャンペーンが行われる可能性がないとはいえませんが、滅多にやらないキャンペーンなので利用できることはほとんどありません

脱毛ラボの全身脱毛コースには、月額制プランと回数パックプランがあります。月額制プランは1か月に1回通い、全身48部位なら4部位ずつに分けて1年で全身脱毛を1回終えるコースです。通う都度、シェービング代がかかる可能性があります。

回数パックプランは最短2週間から1か月に1回通い、全身まるごと脱毛をします。通うごとに行う施術範囲が広いので、通う回数が少なく、脱毛終了までいけます。シェービング代を節約するためには、回数パックプランにして通う回数を少なくすることがおすすめです。

脱毛ラボで余計な出費をしたくないときはどうすればいい?

料金は取られたくない人はしっかり断る

「脱毛ラボに通うたびにシェービング代を払うなんてイヤだ!」という人は、剃り残しがないように、しっかり自己処理をして行きましょう。完璧にしたつもりでも、全身脱毛だとどうしても剃り残しが出てしまうことがあります。

追加料金を取られたくない人は、有料であるシェービングを断こともできます。はっきりと断れば、無理に有料のシェービングをされることはありません。しかし剃り残し部分は照射できないので、避けて照射されることになります。

剃り残し部分を照射してもらえなくても、1回分の施術としてカウントされてしまいます。せっかく脱毛の施術に行ったのに、照射してもらえない部分があったということにはなりたくないですよね。追加のシェービング代を節約するためにも、自己処理を怠らないようにしましょう。

シェービングに自信がない人はシェービング代が取られないサロン

全身脱毛になると、必死で完璧にやったつもりでも剃り残しが出てしまうことがあります。毎回、「剃り残しがあったらどうしよう…」とドキドキしながらサロンに通うのも、きついですよね。

「一人暮らしだし、頼める人もいない」となると、見えづらく手が届かない部位には、剃り残しが出てしまっても仕方がありません。サロンに行くたびにシェービング代を取られると高くついてしまうし、剃り残し部分を避けて照射されても、毛周期がずれてしまい脱毛を順調に進めることができません

脱毛施術において、事前の自己処理は常識といえますが、剃り残しについては無料でシェービングしてくれるサロンもあります。明らかに処理していないのはNGですが、剃り残しが出てしまうことがあるのを理解してくれて無料サービスをしてくれるのはありがたいですね。シェービングに自信がない人は、シェービング無料のサロンを選ぶ手もあります。

キレイモ

全身脱毛専門サロンのキレイモの回数パックプラン脱毛し放題プランではシェービング代が無料です。ただし、リーズナブルな料金の月額制プランではシェービング代がかかってしまいます。剃り残しの有無にかかわらず、月額にプラスして引き落とされるので、シェービング代無料を希望するなら、回数パックプランを選びましょう

背中・VIOラインは鏡を使った自己処理方法がおすすめ

脱毛ラボでは、自分では見えづらい部分でも剃り残しがあるとシェービング代がかかります。完璧なシェービングを目指すには、工夫が必要です。

背中脱毛

背中などの自分では見えない、手が届きにくい部分は、手伝ってもらえる人がいれば頼むようにしましょう。自分で処理する場合は、鏡を上手に使うのがおすすめです。合わせ鏡を使うのが良いですが、鏡を自分の手で持つのではなく、固定して置いておける状態で使いましょう。

カミソリよりも電気シェーバーを使うのが安全なのでおすすめですが、なるべく柄の長いものを使いましょう。届きにくい部分をシェービングするのに便利です。

自分でシェービングをすると剃り残しが多くなってしまう部位ですが、全体的にざっくりシェービングするのではなく、背中を左右上下に4分割にしてシェービングするのがコツです。右上、右下、左上、左下に分けて、念入りに毛の流れに沿うようにシェービングすると良いでしょう。

VIO脱毛

VIOはデリケートゾーンなので、シェービングは特に注意をして処理をする必要があります。皮膚が薄く、凹凸があるので傷つけてしまいやすいからです。傷を負ってしまっても、脱毛の照射はできません

VIOのシェービングはお風呂上りなど、毛がやわらかくなっているときにやるのがおすすめです。蒸しタオルで温めても良いです。まず、シェービングをする前に、先が丸い小さなハサミで毛を短くカットしておきましょう。鏡は、シェービングする部分が映るように置きます

VIO用か、顔用電気シェーバーを使い、皮膚を引っ張るようにして、なるべくシェービング部分を平らにします。毛の流れに逆らわないように剃るようにしましょう。逆剃りをすると、肌を傷つけてしまうことがあります。シェービングをし終えたら、ワセリンなどを湿布し、保湿をしておきましょう。

まとめ

脱毛ラボでは自己処理の剃り残しがあると、シェービング代1000円がかかってしまいます。顔とVIOのシェービングもしてもらうと1500円かかります。シェービング代がかからないようにするためには、自己処理を念入りにやっていき、剃り残しが無いようにすることが必要です。

有料のシェービングを断っても大丈夫ですが、剃り残し部分は照射してもらえません。なるべくシェービング代を節約するためには1年かけて1回分の脱毛をする月額制プランよりも、1回で全身脱毛をしてもらえる回数制パックプランの契約をしましょう。

背中やVIOなど、自己処理がしづらい部分は、鏡を上手に利用することが大切です。合わせ鏡にするなどの工夫をして、剃り残しがないようにしましょう。