「TBCで脱毛しようかと思って口コミを探したら、痛いって意見が多いような気がする」、「TBCで脱毛しようとしたら、知り合いに痛いらしいから止めた方がいいと言われた」。

痛いという噂も多いTBCの脱毛ですが、本当のところはどうなのでしょうか?

ここでは、TBCでの脱毛を迷っている人のために、TBCの脱毛の痛みについて解説します。TBCの脱毛の痛みの程度脱毛効果TBCの脱毛で痛みを和らげる方法を紹介します。痛みが苦手な人におすすめのサロンも紹介するので、参考にしてください。

TBCの脱毛はどれくらい痛いの?

美容電気脱毛は痛みが強い

エステティックTBCでは、他のサロンがやっていない美容電気脱毛ができます。毛穴に針を差し込んで、電流を流す脱毛方法で、ニードル脱毛とも呼ばれています。

あらゆる脱毛方法の中でもっとも効果が高く、永久脱毛の効果が得られますが、それだけ値段も高いです。

ですが、確実に脱毛したい人には最適な方法で、他のサロンではできるところがほとんどないため、TBCの美容電気脱毛を選ぶ人もたくさんいます。

口コミで痛いって言われるのはTBCスーパー脱毛

TBCは痛いという意見を見聞きすることも多いですが、「TBCの脱毛は痛い」という口コミは、たいていが美容電気脱毛に対する口コミです。

口コミは一般の人が投稿しているので、どの脱毛方法を選んだのかが明確でないこともあります。ですが、脂汗をかくほどの強い痛みを訴えているようなら、その口コミは美容電気脱毛と思ってほぼ間違いありません。

美容電気脱毛は効果が一番高い反面もっとも痛みが強い脱毛方法でもあります。

一定以上の効果が見込める脱毛方法は、他に光脱毛と医療レーザー脱毛がありますが、痛みの強さを比較すると、以下のようになります。

美容電気脱毛>医療レーザー脱毛>光脱毛

光脱毛はほとんど痛みはない

TBCでは、他のサロンと同じように光脱毛もできます。TBCの光脱毛は「ライト脱毛」といって、毛根のメラニンに光を当てることで脱毛します。

効果が出るまでに時間がかかるのがデメリットですが、美容電気脱毛と違って痛みは少ないです。

VIO脱毛は皮膚が薄いので、稀に痛がる人がいますが、手足など皮膚が強い部位では、ほぼ痛みはありません。

永久脱毛の効果はないものの、手頃な価格で脱毛できるので利用する人も多いです。

TBCの脱毛で痛みを和らげる方法とは

しっかりと保湿をする

基本的に光脱毛はあまり痛くありませんが、肌のコンディションによっては痛みが強くなってしまうこともあります。

TBCで光脱毛を選んでも痛みが強い場合は、主な原因の一つに肌の乾燥が考えられます。

肌が乾燥していると、光脱毛でも痛みを感じやすく、脱毛の照射による火傷や肌トラブルの原因にもなりやすいので注意が必要です。

脱毛をするなら、施術部位をよく保湿しておくことが大切です。脱毛の照射でも肌が乾燥するので、特に施術前日と当日は、保湿を忘れないようにしましょう。

光脱毛は施術部位が日焼けしないように注意する

光脱毛は毛根のメラニンに高温の光を当てます。このときに、日焼けした肌だと、肌のメラニンにも熱が吸収されてしまうため、痛みを感じやすくなります

さらに、肌のメラニンに光が分散することで、脱毛の効果も低くなります。日焼け以外にも、色素沈着による黒ずみなどでも、痛みが強くなります

光脱毛を選択する場合は、脱毛期間中は日焼けしないよう注意しましょう。日焼け止めを使う場合は、低刺激で石鹸で落とせる日焼け止めを選びます。ウォータープルーフなどの落ちにくい日焼け止めは、脱毛中は肌への負担がかかりすぎるので避けましょう。

生理前後や体調不良のときの施術は避ける

TBCでは、生理中でもVIOとヒップ以外は施術できます。ですが、痛みが心配な人の場合は、施術可能な部位であっても生理前後は施術を避けた方がよいです。

生理の前後は肌が敏感になっているので、普段よりも痛みを感じやすいからです。

風邪や寝不足などによる体調不良のときも、乾燥肌に傾いて敏感になるので、痛みを感じやすくなります

脱毛の痛みを避けたいのであれば、施術の数日前から体調も整えておきましょう。

どうしても痛みを我慢できない人向け!痛くない脱毛は?

痛くないのはS.S.C.脱毛かハイパースキン脱毛

上記の対策方法で、ある程度脱毛の痛みを軽減することができます。ですが、光脱毛は痛みが少ないとはいっても、まったくの無痛ではありません

また、痛みの感じ方は個人差も大きいので、中には「光脱毛でも痛い」という人もいます。

ですが、ひと口に光脱毛といっても、種類がいくつかあり、光脱毛の種類によって痛みの程度も異なってきます。TBCの光脱毛は、ごく一般的なIPL脱毛という種類です。

IPL脱毛は、毛根のメラニンに高温の熱を加える仕組みに100%依存する方法なので、光脱毛の中では比較的痛みが強めです。

痛みに敏感な人や、少しでも痛いのは無理という人は、IPL脱毛よりも新しいS.S.C.脱毛かハイパースキン脱毛ができるサロンを選ぶとよいです。

S.S.C.脱毛は痛みが少ない

S.S.C.脱毛は、TBCのIPL脱毛よりも痛みが少ないです。メラニンに高温の熱を加える仕組みだけに頼らず、ジェルの抑毛成分に光を反応させることでも効果を出す脱毛方法だからです。

IPL脱毛に比べて、肌への負担も少ないです。

ミュゼ

S.S.C.脱毛ができるサロンでは、もっともおすすめのサロンです。部分脱毛が安く、初めての人向けのお試しキャンペーンも安くて充実しています。キャンペーンの内容は毎月変わりますが、特定の部位が通い放題のキャンペーンを実施していることもあります。

勧誘がなく、追加料金もかかりにくいので安心して通えます。

ハイパースキン脱毛はほぼ無痛

「とにかく、一番痛くないサロンがいい」という人には、ハイパースキン脱毛ができるサロンがおすすめです。

光脱毛は毛根のメラニンをターゲットにするため、高温の光でないと効果を出すことができずそのために多少の痛みを伴います

しかし、ハイパースキン脱毛は他の光脱毛とは脱毛の仕組みがまったく異なり、毛根ではなく、毛のもととなるバルジという細胞を狙います

発生したばかりでメラニン色素も充分にない細胞がターゲットなので、メラニンに光を集める必要がなく、体温に近い38度程度の光で脱毛できます。

光の温度が低いので痛みはまったくなく肌にもきわめてやさしい脱毛方法です。痛みを感じやすいVIO脱毛でも痛くありません

ディオーネ

ハイパースキン脱毛ができる唯一のサロンです。痛みが苦手な人や、敏感肌の人に人気があります。肌にやさしいことから、顔脱毛のコースが特に人気です。

顔脱毛やVIO脱毛などのお試しキャンペーンがあるので、お試ししてから本コースを検討することもできます。

まとめ

TBCでは、光脱毛と美容電気脱毛が選べます。TBCの脱毛が痛いという意見のほとんどは、美容電気脱毛を選んだ人の口コミです。

光脱毛なら痛みが少ないですが、肌のコンディションによっては痛みが強くなることもあります。TBCの光脱毛で痛みを軽減したいなら、以下の対策をするとよいです。

しっかり保湿する
日焼けしない
生理前後や体調不良のときの施術は避ける

ですが、TBCの光脱毛はIPL脱毛といって、まったくの無痛ではありません。また、痛みの感じ方には個人差もあるので、きちんと対策しても痛く感じる場合もあります。

どうしても痛いのが嫌な人はTBCではなく、S.S.C.脱毛かハイパースキン脱毛を採用しているサロンを選ぶとよいです。

S.S.C.脱毛はTBCのIPL脱毛よりも痛みが少なく、ハイパースキン脱毛は無痛です。

TBCには体験コースもあるので、体験コースで様子を見てから判断してもよいでしょう。無料カウンセリングのときに、痛みについても相談に乗ってもらえます。