「ミュゼに通っているけど、効果が実感できないから解約したい」、「勢いで契約してしまったけど、やっぱりやめたい」

ここでは、ミュゼを解約したい人のために、ミュゼの解約についてまとめました。みんながミュゼを解約する理由や、解約方法返金について紹介します。

契約ごとの解約できる期間クーリングオフミュゼを解約するリスクリスクの回避方法についても紹介するので、ミュゼの解約・返金について知りたい人は参考にしてください。

ミュゼの解約方法の流れと持ち物

コールセンターで解約手続きの予約をする

ミュゼの解約手続きを行うにはまず、コールセンターに電話して解約の申し出をしなければなりません。その後、契約した店舗に連絡し、解約手続きの予約を入れます。

基本的には契約店舗に出向いての解約手続きになりますが、すでに遠保に転居しているなど契約店舗に行けない場合は郵送で手続きすることも可能です。店舗での手続きにかかる時間は20~30分程度で、特に解約理由についての制限などはありません。

解約時は印鑑と振込口座が証明できるものが必要

解約手続きに行くときは以下のものを持参しましょう。

・解約書類にサイン、捺印するための印鑑
会員カード
返金先のキャッシュカードと通帳
・クレジットカード決済で契約している場合は、クレジットカード
・信販契約などの場合は、契約時に使った印鑑

キャッシュカードと通帳は、返金先の口座情報がわかれば良いのでどちらか一方でも良いという店舗と、両方必要な店舗とあるようです。念のためキャッシュカードと通帳の両方を持っていくと安心です。

なお、解約手続きには契約書は不要です。なくしてしまった人も問題なく解約できます。

返金を解約したらどのくらい返金される?解約手数料は?

ミュゼは残りの未消化分を全額返金してもらえる

ミュゼは解約時に「解約手数料」や「解約に対する違約金」は一切ありません。そのため、「回数パック」のコースに関しては回数が残っていて解約する場合は「返金保証」の対象になり全額返金されます。

返金には手続きが必要で、返金の振り込みには1ヵ月程度かかる

解約手続き後すぐに返金されるわけではありません。返金がある場合には店舗あるいはネットでの返金手続きが必要になります。店舗よりもネットで手続きを行う方が返金時期が早い傾向があるので、返金を急ぎたい人はネットで手続きする方が良いでしょう。

ネットで返金手続きをするためのURLは解約手続き後に契約時の登録メールアドレスに送信されます。メールアドレスの変更があったり、キャリアメールを使用している場合は、迷惑メールフィルターの設定によって受信できないこともあるので確認しておきましょう。

手続き完了後、現金払いの契約の場合で3~4週間、クレジット決済の場合は、カード会社によって締日が異なるため1~3ヶ月ほどかかるケースもあります。

いずれにしても解約したその場でお金が戻ってくるわけでないので注意しましょう。

施術前でなおかつ契約後8日以内ならクーリングオフができる

ミュゼで契約してすぐに「やっぱりやめておけば良かった」と後悔する人もいます。サロンの場合、以下の条件を満たしている場合はクーリングオフの対象となります。

契約日から8日以内で、初回の施術をうけていない
契約期間が1ヶ月以上
契約金額が50,000円以上

クーリングオフが適用された場合は、ミュゼに支払った金額が全額返金されます。初回の施術をしていない場合であっても、8日以上過ぎてしまった場合は途中解約と同じ手続きになるので注意が必要です。

また、化粧品を購入している場合は、開封してしまうと未使用でもクーリングオフの対象にならず、返品もできません。心配な場合は、化粧品は8日間が過ぎるまで開封しない方が良いでしょう。

ミュゼの脱毛を解約するリスクって?リスクを回避する方法とは?

ミュゼは解約理由に関する制限はないが、再契約には制限がある

ミュゼは「この理由以外の解約は認めない」など、解約する理由に特に制限がありません。どのような理由であっても解約することが可能です。

また、違約金や解約金に関する手数料もないため、他のサロンに比べ解約時に契約者側が損をするというリスクが少ないです。

しかし、ミュゼを再契約する時には制限が課されるので注意が必要です。その制限とは「新規入会キャンペーン」を利用できないということです。そのため、月々の格安キャンペーンやワキ+Vライン美容完了コースなどのミュゼが初めての人向けのコースには一切加入できません。

もし、ミュゼが辞めたくなっても「新規入会向けのキャンペーン」に加入していたり、興味がある新規向けプランがあるのなら、解約しないでそのプランだけ通い続けることをおすすめします。

返戻金の期限を知って返金期間を逃すリスクを回避

ミュゼでは未消化分は全額返金してもらえますが、返金には期限があります。期限は契約した時期や、プラン内容によって異なるので、事前に知っておくことで返戻金を逃す危険を回避できます。

2016年5月31日以前の契約は最終施術日から2年以内であれば返金

2016年5月31日以前の契約を解約して返金される期限は、最後に施術した日から2年以内です。その場合はまだ施術していない回数分の残金を返金してもらえます。

「解約したいけれど期限がギリギリ」という場合は、1回施術を受ければ返金期間を2年延長できます。

2016年6月1日以降の契約は契約日から3年以内であれば返金

2016年6月1日以降の契約の場合は、契約日から3年以内であれば返金の対象になります。

なお、契約日から2~3年の間に1回でも施術を受けると返金できる期間が1年延長されます。その後も、契約日から3~4年の間に施術を受けるとさらに1年延長され、最大5年まで返金可能期間は延長できます。

完了コースは契約日から1年以内であれば返金可能

完了コースの契約の場合は、契約日から1年以内であればコース料金を全額返金してもらえます。

事前に返金対象外を知っておくことで無駄な出費を回避

ミュゼスターメンバーシップの費用は返金されない

ミュゼには「50,000円以上の契約をする」か「30,000円」で入会できる会員サービスがあり、それを「スターメンバーシップ」と言います。このスターメンバーシップに入会するとコース料金の割引や、予約がより取りやすくなるなど様々な特典がありますが、この会員費用はクーリングオフ以外では一切返金されません

例えば40,000円のコースとミュゼスターメンバーシップに入会して70,000円を支払ったとします。しかし、クーリングオフ期間が過ぎてから1回も脱毛せずに途中解約する場合、30,000円の入会金は返金されず40,000円のコース料金しか戻ってこないということです。

ミュゼスターメンバーシップはかなり高額になるので、自分にとって本当に必要なのか検討したうえで契約した方が良いでしょう。

当日キャンセル分は返金対象外

ミュゼでは当日キャンセルした分の施術代は消化されたものとみなされ、その分の返金はありません。そのため、やむを得ない場合を除き、キャンセルする可能性が少しでもある時は、当日ギリギリではなく事前にキャンセルして予約変更しておいた方が良いでしょう。

もしすでにキャンセルしてしまった人は、途中解約する場合は当日キャンセル分が差し引かれることを覚えておきましょう。

ミュゼの脱毛契約を解約したい理由とは?

予約がなかなか取れない

ミュゼは部分脱毛で人気を博している大手サロンです。月々の格安キャンペーンも豊富で若い女性からの支持が高く昔は予約がとれないことで有名でした。実際、予約がとれないという理由で解約する人も多くいました。

その状況を受け、ミュゼでは予約を取りやすくするためにいくつかの改善策を取りました。

改善策1:「ミュゼエクスプレス」の導入

ミュゼエクスプレスとは、ミュゼ独自開発による最新の美容脱毛機です。ミュゼエクスプレスは従来のマシーンの約5倍のスピードで施術可能なため、1人1人にかかる施術時間を大幅に短縮できるようになりました。

施術時間が短縮されたことによって予約の枠を多く確保できるようになり、以前よりも予約が取りやすくなったのです。

改善策2:「ミュゼパスポート」の導入

ミュゼパスポートとは、ミュゼ公式の予約専用アプリです。会員サイトで24時間いつでも予約できる他、空き状況の確認、予約変更やキャンセル手続が簡単に行えるようになりました。

改善策:当日キャンセルの返金規定を変更

以前は前日23時59分までにキャンセルしないと当日キャンセルになっていましたが、2016年12月1日よりお手入れ開始時間の24時間前までならキャンセル可能になりました。これにより希望日の変更がしやすくなりました。

また、施術時間が20分以内のものは1週間前から予約可能になったことで希望日に予約が取りやすくなりました。

しかしミュゼが人気サロンであることは変わりありません。ピンポイントで予約を取りたい人などはタイミングが合わないと予約が取りづらく、解約してしまう人もまだいるのが現状です。

予約が思うように取れず解約を悩んでいる場合は他の予約が取りやすいサロンに乗り換えることをおすすめします。

部分脱毛するなら予約が取りやすいジェイエステティックがおすすめ

ジェイエステティック

ジェイエステは脱毛を中心に美容全般の施術を取り扱っている女性専用のトータルエステサロンです。美肌ケアに力を入れていて施術前にヒアルロン酸が配合されたトリートメントを使用します。このトリートメントの効果で、施術後はキメの整った潤いのある肌になれます。

予約も取りやすく部分脱毛の料金も安いので人気があります。

ジェイエステティックの公式サイト

乗り換え割があって予約が取りやすいサロンならストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュは乗り換え割があって予約が取りやすいサロンです。他サロンからの乗り換えで全身脱毛が1回無料か、全プラン最大30%オフになりお得です。予約は2週間~1ヶ月で安定化させていて通いやすいです。

ストラッシュは毛周期に関係なく施術できるSHR脱毛を採用しているので、脱毛完了までがスピーディーで最短6か月で脱毛できます。SHR脱毛は痛みが少なく肌にも優しい脱毛方法なので敏感肌の人も問題なく脱毛できます。

ストラッシュの公式サイト

関連記事

ライフスタイルが変わってしまった

ミュゼは脱毛サロンのため、光脱毛という方法で脱毛します。光脱毛は痛みが少なく肌に優しい脱毛方法ですが、脱毛効果が緩やかで脱毛回数を多く必要とします。脱毛回数が多くなるということは期間も長くなり、一般的に2~3年は脱毛に通い続けなければなりません

そのため、途中で結婚や転勤に伴う引っ越しや、妊娠・出産といったライフスタイルの変化が生じる人が多いです。居住地や体調、出産後体質が変化したことで通うのが難しくなってしまったというのも、ミュゼの解約に多い理由の1つです。

急にお金が必要になった

ミュゼを契約した時は脱毛に通うお金の余裕があっても、長期にわたって通っている間に事情が変わって、経済的に苦しくなることもあります。

ミュゼを解約した人の中には、何らかの事情で急にお金が必要となってしまい解約して返金を受け取りたいという人もいます。

効果が実感できないから解約したい

ミュゼでは光脱毛の中でもS.S.C脱毛という方法で脱毛しています。S.S.C脱毛は抑毛効果のあるジェルと光の相乗効果によって脱毛を行っていきます。痛みが少なく肌に優しいことが特徴ですが、痛みが少ない分脱毛効果が弱いとも言えます。

光脱毛の効果は脱毛機との相性に左右される部分もあるので、その場合は光脱毛の中でも効果が高いIPL脱毛を行っているサロンをおすすめします。

IPL脱毛なら銀座カラーがおすすめ

銀座カラー

銀座カラーはILP脱毛を採用しているサロンです。全身脱毛はもちろん、部分脱毛でも脱毛し放題コースが選べます脱毛し放題コースを選べば回数が多く必要な部位や毛量が多い人も追加照射代を心配しなくて済みます

保湿ケアにも力を入れていて、オプションで追加すると、ヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブなどが含まれた美肌潤美ローションを高圧噴射してくれます。

銀座カラーの公式サイト

しかしながら、脱毛サロン自体、クリニックの医療脱毛に比べると照射出力が弱いため、効果が出にくく脱毛回数や期間を多く必要とします。少しでも早く効果を実感して、脱毛を完了させたいのならクリニックでの脱毛をおすすめします。

クリニックの医療脱毛ならアリシアクリニックがおすすめ

アリシアクリニック

アリシアクリニックは医療脱毛が安いクリニックです。全身脱毛はもちろん、部分脱毛のコースも充実しています。施術回数は5回8回脱毛し放題から選べます。

施術には痛みの少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用しているので、痛みを感じやすいデリケートな部位でも麻酔を使わない人が多いです。一部の院ではより痛みのすくないメディオスターも使用できます。

アリシアクリニックの公式サイト

関連記事

まとめ

ミュゼでは自分の思うように予約がとれないことやライフスタイルの変化などから途中解約する人がいますミュゼでは解約時に違約金や解約手数料などは一切かからず、未消化分のコース料金は全額返金されます。

ただし、返金可能期間は契約日や契約したプランによって異なります

・2016年5月31日以前の契約は最終施術日から2年以内
・2016年6月1日以降の契約は契約日から3年以内。(最終施術によって1年ずつ、最大5年延長できる)
・通い放題プランは契約日から1年以内

上記の期間を過ぎてしまうと、未消化分が残っていても途中解約時に返金されないので注意が必要です。また、ミュゼスターメンバーシップの入会金はクーリングオフ以外で返金対象外当日キャンセル分は消化されたものとみなされ返金対象外なので気を付けましょう。

なお、ミュゼで再契約する際は新規入会キャンペーンのプランには申し込めないので注意しましょう。

本当にミュゼを解約するのか、この記事を参考によく考えて行動してくださいね。