自己処理をするなら、カミソリよりもレディースシェーバーを使ったほうが良いといわれています。でもカミソリに比べて、レディースシェーバーがおすすめの理由はなんなのでしょう?

レディースシェーバーが良いとはいっても、種類がたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

ここではレディースシェーバーを使うメリットとデメリットおすすめのレディースシェーバーの紹介無限の自己処理から解放される脱毛の方法を紹介します。脱毛施術に通うとしても、事前の自己処理にレディースシェーバーは必須アイテムですよ。

自己処理にレディースシェーバーを利用するメリット・デメリットは?

メリット

自己処理にカミソリを使っている人は多いですが、レディースシェーバーなら、カミソリよりも肌への負担が少なくて済みます。カミソリは肌に押し付けて剃るため、肌の表面も一緒に削ってしまいます。レディースシェーバーは、肌表面は剃らないように設計されているので、肌に負担をかけず毛の処理ができます。

またレディースシェーバーなら、スピーディーに広範囲の処理ができます。急いでいるときに、カミソリだと剃り残してしまったり、焦って肌を傷つけたりすることがありますが、レディースシェーバーなら、心配なく効率よく自己処理を済ませられます。

デメリット

レディースシェーバーはカミソリよりは肌にやさしいのですが、剃り跡が目立ちやすいデメリットがあります。肌を守るため深剃りができないためですが、剃り後がチクチクするくらい毛が残ることもあります。

表面に生えている毛を剃るだけのため、すぐにまた生えてきます。レディースシェーバーは持ち運びに便利なコンパクトサイズなものが多いですが、モーター音が大きいため、どこでも手軽に使用できるものでもありません

また、使い続けているとメンテナンスが必要になります。刃の寿命は約1年なので買い替えなければなりません。シェーバー本体が劣化すると、本体ごと買い替えることになります。カミソリよりは安全とはいえ、使い方を間違えると、肌トラブルを起こしたり、場合によっては出血したりしてしまうこともあります。

自己処理無限ループから解放されたいなら脱毛すべし

レディースシェーバーによる自己処理にはメリットもデメリットもがありますが、脱毛ではないので、自己処理をし続けなくてはなりません。自己処理を完璧にしても、また生えているのではないかとチェックするのは面倒ですし、なによりも自己処理自体が面倒です。それならいっそのこと、脱毛してしまったほうが、精神的にも時間的にもラクになります。

脱毛も出来るシェーバー、家庭用脱毛器を利用する

シェーバーでの処理は表面に生えている毛をなくすだけです。しっかり脱毛したいなら、脱毛もできるシェーバーや家庭用脱毛器を使うのがおすすめです。

iHOVENは、ひとつで4役のマルチシェーバーです。ヘッド部分を付け替えることで、シェーバー、バリカン、角質ケア、脱毛ができます。脱毛は生えている毛を抜くので、一気に処理をすると痛みがあります。リーズナブルな料金なのに効果が高く、充電式で経済的という口コミが多いです。

値段は高くなりますが、家庭用脱毛器を使用するのもひとつの手段です。自宅で光脱毛ができる脱毛器や、レーザー脱毛ができる脱毛器が販売されています。しかしすべて自分でやらなければいけないため、思ったような効果が得られないこともありますし、肌トラブルが起きてしまったときなども自分でケアをしなくてはなりません。

脱毛サロン・クリニックで施術してもらう

自宅でできる自己処理は手軽にできそうですが、大変な割に効果がないことが多いです。気になるムダ毛の脱毛は、脱毛サロンやクリニックに通うことも検討しましょう。ずっと自己処理をし続けることを考えたら、そのほうがお得です。

サロンやクリニックに通うのはお金がかかるというイメージですが、今は安く脱毛できるコースも出てきています。完璧にツルツルになるまで通わなくても、プロによる施術で毛量が減るだけでも自己処理はぐんとラクになりますよ。

費用を抑えて、自己処理がラクになる程度でOKなら脱毛サロンがおすすめです。アレルギーがあったり敏感肌であったりと、肌の状態に不安があり、完全に自己処理から解放されたいのなら、永久脱毛ができるクリニックがおすすめです。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは全国に170店舗以上展開している人気脱毛サロンです。全身脱毛から細かい部位脱毛のコースがあり、激安のキャンペーンも実施中です。希望の脱毛をリーズナブルな料金でできますよ。

キレイモ

キレイモは全身脱毛専門サロンです。部位脱毛のコースはありませんが、照射後に美容成分がたっぷりのジェルを湿布してくれます。月額制プランは、いつでもやめられるので気軽に始められます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは痛みが少ない脱毛機、ライトシェアデュエットを使用しています。脱毛サロン並のリーズナブルな料金で、医療脱毛が受けられるのでおすすめです。VIO脱毛の範囲が希望で選べるのも特徴です。

リゼクリニック

リゼクリニックは女性の医療脱毛専門クリニックです。医師もスタッフも全員女性なので、クリニック内で男性と顔を合わせる心配はありません。脱毛機も3台を使い分け、通いやすいサービスやプランを提供しています。

レディースシェーバーは持っておいて損はなし!

サロン・クリニックでも自己処理は必要

脱毛サロンやクリニックで施術を受けるとしても、施術前には自己処理が必要になります。剃り残しがあると照射してもらえなかったり、別途シェービング代をとられてしまったりすることもあります。

シェーバーで処理をすることに慣れておけば、剃り残しをなくすことにもつながります。このまま自己処理を続けるにしても、サロンやクリニックに通うことにしても、どちらにしてもレディースシェーバーは必要なので、使いやすいお気に入りのシェーバーを持っておくようにしましょう。

レディースシェーバーを選ぶポイント

電池タイプ、充電使用タイプか

レディースシェーバーには、電池タイプと充電式タイプがあります。持ち運びに便利なコンパクトなタイプは、ほとんど電池式です。自宅でしか使わないという人は、充電式タイプだけでもいいですが、出先でも処理できるように持ち運びできるレディースシェーバーを持っておくのがおすすめです。

水洗いできるか

水洗いできるのかも、レディースシェーバー選びには大切なポイントです。手軽に洗えれば衛生的ということもあります。自己処理でレディースシェーバーを使うのが、バスタイムという人も多いのではないでしょうか。服を脱ぐお風呂場で、毛の自己処理もしてしまうという人は防水タイプを選びましょう。

重くないもの

本体が重くないということも大切です。重たくて扱いが大変だと、肌を傷つけてしまう可能性も高くなります。シェービングの途中で、疲れて中途半端で終わらせてしまうことも起きてくるでしょう。レディースシェーバーを購入するなら、扱いが手軽な軽量なものを選びましょう。

●用途に合ったタイプを選ぶ
全身のどこの部位をシェービングしたいのかも、レディースシェーバー選びのためには考えておきましょう。一言でレディースシェーバーといっても、部位ごとにタイプが違うからです。違う部位用のものを使うと、肌を傷つける可能性があります。

男性用のシェーバーのほうが、深剃りができていいのではないかと考える人がいるでしょう。しかし、女性用としては使いにくいので男性用を使うのはやめましょう。男性用シェーバーは、主に髭剃り用です。女性のワキや脚、腕のシェービングには使いにくいです。男性の濃い髭に対応しているので、女性の自己処理に使うと肌荒れ、剃り残しにつながります。

部位別おすすめレディースシェーバー

身体中全部しっかり剃りたい

ブラウン シルク・エピル レディースシェーバーは、しっかり剃りたいという人にはおすすめのシェーバーです。LS5160Rは電池式でお風呂場でも使用可能です。充電式はレディースシェーバーLS5500Rです。

アタッチメントを付け替えることで、手足やワキ、ビキニラインなどもシェービングができます。しかし一部口コミには、深剃りしすぎてしまいヒリヒリした、顔のシェービングは避けたほうがいいというものがあります。使い方には気をつけるようにしましょう。

顔も体も細部までしっかり

フィリップス レディスシェーバー 顔・体用は、顔用と体用アタッチメントが2つついています。付け替えることで、顔と体、両方を1本のシェーバーで処理が可能。電池式で持ち運びにも便利です。防水タイプではないので、お風呂場での使用は避けましょう。

Vラインの処理におすすめ

コイズミ プチエステ ビキニトリマー KLC-0200…Vライン専用のシェーバーで、電池式で刃の部分は水洗い可能。長さが13.7cmとコンパクトなサイズなので持ち運びに便利。

メロディ ミニサイズ レディースシェーバー…防水タイプで石鹸剃りやお風呂場で使ってもOKなシェーバー。顔やVラインのシェービングが可能。コンパクトサイズで持ち運びにも便利。

ロゼンスター レディースシェーバー SW-725…電池タイプでワキ、ウデ、アシと同様に、Vラインの処理も可能。モーター音が少し大きめだが、小さくて持ち運びに便利で見た目がかわいい。

Iラインの処理に特化

ラヴィア ボディケアシリーズ Iライン シェーバーは、バスルームでも使用が可能なIライン専用のシェーバーです。皮膚にピッタリとつけてシェービングせず、少し浮かせた感じで使うのがポイント。

小さめヘッドなのが、さすがIライン専用!という感じなのですが、使い方を間違えるとデリケートゾーンを付けてしまったという人も。使用には充分、注意が必要です。

肌荒れが心配な人におすすめ

パナソニック レディースシェーバー サラシェ 全身用は、電池式です。防水加工なのでお風呂場でも使用可能、水洗いもできます。替え刃の附属はありませんが、リーズナブル価格なので刃が悪くなったら買い替えでも惜しくないでしょう。手に持ちやすい設計なのが特徴です。

パナソニック レディースシェーバー フェリエ ボディ用 ES-WR50-Pは、レディースシェーバーのベストセラーです。乾電池式で水洗いはできませんが、肌にやさしい薄い刃で、スイングヘッドが体の凸凹ラインにフィットします。

テスコム レディースシェーバーLD350-Pは充電式で、水洗いもOKのシェーバーです。部位の凸凹に合わせて、3段階にヘッドの角度を変更することができます。キャッチアップラバーにアロエエキスとヒアルロン酸が配合されている、肌荒れに配慮したシェーバーです。

まとめ

どのレディースシェーバーも、使い方を間違えると危険です。また、すぐに生えてくるので自己処理をし続けなければなりません。
自己処理の無限ループから解放されるためには、脱毛をするしかありません。家庭用脱毛器を使う方法もありますが、加減がわからず、満足のいく効果を得られないこともあります。

脱毛をするならクリニックやサロンに通い、プロの手による脱毛施術を受けることがおすすめです。最近は支払い料金に負担のないクリニックやサロンも増えています。
ただ、クリニックやサロンで脱毛施術を受けるにしても、事前の自己処理は必要なので、使いやすいレディースシェーバーを持つようにしましょう。