腕脱毛は回数と範囲に注意!脱毛完了までに何回でいくらかかる?

「薄着の季節は腕のムダ毛処理が大変。脱毛に通いたいけど、効果はどんな感じなの?」、「安く腕脱毛できるサロンってどこ?」「腕脱毛は、何回通えばツルツルになる?」。
服で隠して誤魔化すことが難しい腕のムダ毛は深刻な問題ですよね。

ここでは、腕の自己処理から脱毛通いにシフトしたい人のために、腕脱毛の基本的な知識をまとめました。
腕脱毛に必要な回数料金相場プランの選び方や、目的別おすすめサロン・クリニックを紹介します。

【注意!】腕の脱毛範囲は実は狭い

腕脱毛は、細かくパーツ分けされている

出典:ビーエスコート

腕脱毛と言っても、腕をまるまる脱毛してくれるわけではありません。
腕は、「ひじ上」・「ひじ下」の2パーツに分かれていることが多く、場合によっては「ひじ」も別パーツにカウントされることもあります。さらに、「手の甲」と「手の指」も別パーツ扱いとなります。
脱毛サロンやクリニックによって、パーツの分け方が異なるのでホームページや無料カウンセリングの時に確認するようにしましょう。

腕全体を脱毛したいなら、セットプランを選ばないと損

脱毛サロンやクリニックでは、腕全体コースや足・腕脱毛のセットなど、多様なセットプランが用意されています。
1部位ずつよりも、セットプランの方が1部位あたりの料金は安くなるので、腕全体や手の甲・指も含めて脱毛を考えている人は、セットプランを選ばないと損をしてしまいます。

腕脱毛のLパーツ1部位の料金相場とセット料金を比較

サロンの相場は脱毛完了までに約48,000円~108,000円

サロン名 回数 1部位の料金 1回あたりの料金 セットプラン料金 セットプランの脱毛範囲
ミュゼプラチナム 6回 22,500円 3,750円
銀座カラー 8回 42,000円 5,250円 188,000円(3か月脱毛し放題) 両ヒジ上・下
両手の甲・指
ストラッシュ 6回 32,010円 5,335円
ジェイエステ 6回 27,000円 4,500円 18,000円(4回) ・両ヒジ下
・両手の甲・指

脱毛サロンの場合、1部位1回の相場は約4,000円~6,000円ですが効果がゆっくりのため脱毛完了までに必要な回数が多く、脱毛完了までの総額相場は約48,000円~108,000円と意外と安くはありません。ですが、1回の出費を抑えたいという人にはサロンでの脱毛がおすすめです。

パーツごとならミュゼプラチナムが安い

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安く、公式アプリをダウンロードすると回数パックが半額になります。痛みが少なく、肌への負担が少ないS.S.C脱毛を採用しているので、肌を傷めたくない人にもおすすめです。
施術後は、プラセンタエキス配合のミルクローションで肌ケアしてもらえます。

部分脱毛が安い!ミュゼプラチナム

腕全体をお得に脱毛するなら銀座カラー

銀座カラー

腕全体のセットコースは、ひじ上から指先まで、腕を丸ごと脱毛できます。料金が安めで、回数も無制限です。年に最大8回通えるコースと、年に最大6回通えるコースから選べます。
オプションで、肌がキレイになると評判のアフターケア「美肌潤美」も受けられます。

腕のセットプランがお得!銀座カラー

関連記事

クリニックの相場は脱毛完了までに約60,000円~12,0000円

クリニック名 回数 1部位料金 1回あたりの料金 セットプラン料金 セットプランの施術範囲
アリシアクリニック 5回 41,250円 8,250円 72,200円(5回)
138,600円(脱毛し放題)
両ヒジ上・下
両手の甲・指
レジーナクリニック 5回 39,000円 7,800円 72,000円(5回) ・両ヒジ上・下
・両手の甲・指
リゼクリニック 5回 49,800円
(Lパーツ×2)
9,960円 74,800円(5回) ・両ヒジ上・下
・両手の甲・指
湘南美容外科 6回 81,000円
(Lパーツ×2)
13,500円 201,280円(6回) ・両ヒジ上・下
・両ヒザ上・下

クリニックの場合、1部位1回の相場は約10,000円~15,000円です。医療レーザー脱毛は1回で得られる効果が脱毛サロンの光脱毛よりも高いため、総額は脱毛完了までに約60,000円~12,0000円と、脱毛サロンと比べても大差があるわけではありません。

クリニックの脱毛なら、永久脱毛の効果があり完了後は通わなくてもずっとツルツルのままでいられます。サロンより早くツルツルになるので、短期間で脱毛を終わらせたい人に最適です。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

甲や指まで脱毛できる、腕全体のセットプランがあります。料金が安く、回数無制限コースも選べます
痛みが少ないレーザーで脱毛できることもあって、人気のクリニックです。キャンセル料無料など、追加料金がかかりにくい料金システムなので、安心して通えます。

回数無制限で安心!アリシアクリニック

リゼクリニック

リゼクリニック

腕全体のセットプランで、指先までしっかり脱毛できます。料金が安く、麻酔代以外の追加料金もかかりません。
痛みが少ない機種を中心に、3種類の脱毛器を使い分けるので、対応できる毛質・肌質も幅広いです。脱毛で毛が太くなる硬毛化のリスクも、無料で保証してもらえます。

産毛にも効果大!リゼクリニック

男性の腕脱毛にはメンズリゼクリニック

メンズリゼクリニック

指先まで丸ごと脱毛できる、腕全体のセットプランがあります。ツルツルにするのはもちろん、適度に薄くすることも可能です。
料金が安く、回数パック終了後に物足りない場合は、格安で1回ずつ追加できます。3種類の脱毛器を使い分けているので、あらゆる毛質のムダ毛を効果的に脱毛できます。

毛量自在!メンズリゼクリニック

腕脱毛は1回じゃ効果なし?何回で効果が出る?

毛周期に合わせて施術回数をこなさないと効果は出ない

腕に限ったことではありませんが、ムダ毛には毛周期という毛の生えるサイクルがあり、そのサイクルに合わせて脱毛をしないと、十分な効果が得られません。
毛周期の中の成長期に当たる毛にしか脱毛器は効果を発揮しないために、約2か月おきに施術を進めていくことになります。

関連記事

サロンとクリニックで回数別効果は異なる

脱毛サロンは12回~18回で脱毛完了

施術回数 状態
1回~4回 毛がぽろぽろ抜けてくる
脱毛後2週間程度で毛が抜け始める
5回~8回 自己処理の頻度が遅くなる
9回~12回 自己処理が今までの半分の頻度でよくなる
12回~18回 脱毛ほぼ完了

脱毛サロンの場合、脱毛効果がゆっくりなので効果を実感できるまでに5回~10回脱毛完了までに12回~18回ほどかかります。
また、永久脱毛の効果はないので脱毛するのを止めるとまた毛が生えてきます
医療機関ではないので、出力が低く効果が弱い脱毛器しか使えませんが、そのことが肌への負担の少なさに繋がっています。
出力が低いとはいっても、家庭用脱毛器よりは高出力なので、自分で脱毛するより効果も得やすいです。

クリニックは6回~8回で脱毛完了

施術回数 状態
1~2回 自己処理の頻度が減り楽になる
3回~5回 だいぶ毛が減ってくる
6回~8回 脱毛完了

クリニックの場合は、脱毛サロンよりも照射威力が強いので脱毛効果を3回目あたりから感じ始め6回~8回で脱毛が完了します。
クリニックの医療レーザー脱毛は永久脱毛の効果があるので、一度脱毛が完了すればまた毛が生えてくることはほとんどありません。
出力が高いので光脱毛に比べて肌への負担は大きいですが、効果が高いため、ずっと通う必要はありませんし、脱毛完了後は自己処理も不要になります。

また、医療機関なので施術は医療資格を持つ看護師が行いますし、万一のトラブルのときもすぐに医師に診てもらえます

産毛の多い腕脱毛は回数無制限がおすすめ

腕の毛は濃くて太い毛はほとんどなく、産毛のような細い毛が多いです。
このような細い毛は脱毛器が反応するメラニン色素が薄いため、脱毛サロン・クリニックともに照射パワーが毛根に伝わりにくくなってしまいます。
そのため、他の部位に比べて脱毛完了までにかかる回数が少し多くなっています。
回数パックプランだと、契約回数内に脱毛が完了するか不安という人は、初めから多め回数で契約するか、回数無制限プランで契約すると回数と脱毛の進行具合に悩むことなく脱毛を進めることができます。

セルフ処理じゃダメ?自己処理がおすすめできない理由

やり方は簡単でも肌トラブルが起こりやすい

身体のパーツの中で、一番自己処理がしやすいのが腕ではないでしょうか。毛の存在が目に付きやすく、毛抜き・カミソリ・シェーバー・ワックス・除毛クリームなど、市販されているものでこまめに自分で処理をしているという人も多いと思います。
ですが、その繰り返される自己処理によって、肌はどんどんダメージを蓄積していくことになります。
自己処理によって肌が受けるダメージの種類は多岐に渡ります。

埋没毛

埋もれ毛とも呼ばれる状態の毛で、皮膚の表面に出てこずに皮膚の下で成長を続けて肌から黒色が透けて見えている状態です。カミソリなどの自己処理で肌が傷つくことによって乾燥した肌を守ろうとしたり、傷がある部分を皮膚が覆うようにする時に毛穴がふさがれ、出てくるはずの毛が出てこなくなります。
埋没毛はできてしまうと自分での処理は難しく、脱毛サロンやクリニック・皮膚科で処置してもらう必要があります。

関連記事

毛嚢炎

毛の毛包部分が炎症を起こし、赤いブツブツが肌表面にできている状態です。毛穴が傷つくとそこから黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌が入り込み炎症を起こします。
数が少ない場合は自然に治ることもあります。

肌荒れ

除毛クリームは肌表面に出ている毛のタンパク質を溶かして除毛する仕組みになっているので、肌のタンパク質も一緒に溶かしてしまっています。
そのため、特に肌が弱い人の場合はかぶれたり皮膚がただれたようになる可能性もあります。

火傷

家庭用脱毛器を使用する場合、脱毛方法自体は肌への負担が少ないですが熱量を自分でコントロールしなければならないので、誤って火傷をしてしまう場合もあります。

プロの施術の方が脱毛効果が長持ちする

処理方法 処理頻度 年間回数
カミソリ 1週間に1回 48回
ワックス 2週間に1回 24回
家庭用脱毛器 2週間に1回 24回
脱毛サロン・クリニック 2週間に1回 6回

自己処理は手軽で簡単な方法ですが、肌へのダメージが大きい上にすぐに毛が生えてくるので繰り返しの処理が必要になってしまいます。処理するごとに肌へのダメージもどんどん蓄積されるので、色素沈着や肌荒れが慢性化しやすいです。

脱毛サロン・クリニックなら、カミソリや家庭用脱毛器と比べると4分の1から8分の1の回数で脱毛を済ませることができます。

腕脱毛に最適なサロン・クリニックを選ぶポイント

キャンペーンで腕脱毛がお試しできる

腕脱毛にそこまでお金を掛けたくなくて、ある程度の脱毛ができればよいという人は脱毛サロン・クリニックのキャンペーンを利用しましょう。
腕脱毛は比較的キャンペーン対象になりやすいので、ホームページ等でチェックしていれば格安の値段で脱毛することも可能です。

脱毛効果の高い脱毛器を採用している

腕の毛は細い毛が多く、効果を実感できるまでに時間が掛かります。そのため、しっかりと脱毛したいという人は、産毛への効果も高い脱毛器を採用している所を選ぶようにしましょう。
効果が高い脱毛器は痛みが強いのでは?と心配になるかもしれませんが、腕自体が痛みを感じにくい部位であるうえに、最近では痛みをほとんど感じずに産毛もしっかり脱毛できる脱毛器も出てきています。

関連記事

施術を断られることも?まずは自分の肌状態をチェック

いくら良い脱毛サロン・クリニックを選んでも、下記のような肌の状態が原因で施術を断られることもあります。
・極度に乾燥している
日焼けが酷い
ニキビ・アトピー・毛嚢炎ができている

腕は皮脂が出やすいので保湿をしないとすぐに乾燥してしまい、痛みを感じやすくなり脱毛効果も落ちてしまいます。日頃から保湿を心がけるようにしましょう。
また、日焼けや地黒肌の場合は脱毛可能な脱毛器を採用している所を選ぶことで脱毛が可能です。
酷いニキビや毛嚢炎は施術できませんが、毛穴に角質が詰まった状態の毛孔性苔癬は施術可能です。事前のカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

関連記事

まとめ

腕は簡単にセルフ脱毛がしやすい部位ですが、肌へのダメージが強いためプロに脱毛施術を行ってもらう方がおすすめです。
脱毛サロンとクリニックでは、必要な施術回数が異なりますが脱毛完了までの総額にはそれほど差がありません。
・脱毛サロン: 12~18回2~3年ほどかかる。完了までの料金相場は48,000~108,000円ほど。
・クリニック: 6~8回1年~1年半ほどかかる。完了までの料金相場は60,000~120,000円ほど。
1回の出費を抑えたいのであれば脱毛サロン短期間でしっかりと脱毛をしたいのであればクリニックで脱毛するようにしましょう。

また、腕脱毛は範囲が細かく分かれているので、どの範囲を脱毛したいかによって、安く脱毛できるプランも異なります。
・腕の一部だけ脱毛したい:パーツ別脱毛。キャンペーン割引があるとベスト
・腕全体を脱毛したい:腕全体のセットプラン

自分の脱毛予定に合う、脱毛方法とプランを選ぶようにしましょう。