「VIOのムダ毛を何とかしたいけど、サロンスタッフや看護師さんに見られるのは恥ずかしい」「脱毛前のお手入れで全剃りするのをパートナーに見られるのには抵抗がある」

VIO脱毛は施術の恥ずかしさから敬遠してしまう女性が多いです。しかし、どのように施術するのかがわかれば、心の準備がしやすくなりますよね。

ここではVIO脱毛の施術方法や施術体勢について詳しくまとめました。恥ずかしさに配慮されているおすすめサロンとクリニック恥ずかしさの軽減に役立つ施術スタッフの意見も紹介するので、恥ずかしさからVIO脱毛を躊躇している人は参考にしてください。

VIO脱毛は恥ずかしい?VIO脱毛の施術方法とは?

施術中は大体ゴーグルをかけるため、見られていることがわからない

施術中は脱毛の光やレーザーから目を保護するために、ゴーグルやタオルなどで目元を隠します。そのため、施術中にスタッフと目が合ってしまうこともありませんし、見られていること自体あまりわかりません

サロンやクリニックによっては目から遠いVIO脱毛では目元を隠さないこともあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。隠してもらえない場合はアイマスクを持参すると良いです。

紙ショーツやガウンを着用して施術するので全裸になることはない

VIO脱毛は、ほとんどのサロンやクリニックでは、紙ショーツやガウンに着替えて行います。紙パンツはTバックを前後逆に着用するスタイルや、前後の身頃がウエストの紐に通してあって、ずらしやすいようになっている紐パンツタイプなどサロンによってさまざまです。

紙ショーツを用意してくれている場合、施術は紙ショーツを穿いたまま行います。照射するたびに必要な部分だけ、ショーツをずらします

また、VIO施術に関係ない上半身やヒザ下などは、タオルや毛布などで隠してくれるので恥ずかしさは想像しているよりもありません。

ガウンにしても、施術中は照射に必要な部分以外は隠しながら作業してくれるので、全裸の状態をスタッフに見られることはありません。

稀に、紙ショーツやガウンもなくバスタオルをかけるだけのところもあるので事前に確認しておくと安心です。確実に紙ショーツがあるところを選びたいのなら、サロンならミュゼエピレ、クリニックならアリシアクリニックレジーナクリニックがおすすめです。

恥ずかしい格好だけはしたくない。VIO脱毛はどんな体勢で脱毛するの?

VIOの施術体勢は思ったより恥ずかしくない

VIO脱毛の施術の体勢は、サロンやクリニックによって多少異なりますが、恥ずかしさを軽減できるよう工夫されています

VIO全体を施術する場合、Vライン→Iライン→Oラインの流れで施術を行います。

Vラインの施術体勢は仰向け

Vライン脱毛の体勢は、ベッドに仰向けになり、足も揃えて伸ばしたまま施術します。仰向けのまますべての部分を施術できない場合は、脚を外側に広げたりくの字に曲げたりして施術を受けるケースもあります。

紙ショーツは基本的には穿いたまま照射する部分だけをずらしながら施術します。完全にツルツルにする場合などにのみ、手早く施術するために膝まで紙ショーツを下すこともあります。

膝までショーツを下す時も、膝から下は毛布などで隠してもらえるので、そこまで恥ずかしさはありません。

Iラインは仰向けで片足だけ曲げる

Iラインを施術するときも仰向けのまま行います。Iラインでは施術する方の足を外側に折り曲げて施術します。脚を大きく開く必要なないので安心です。

Iラインも紙ショーツを穿いたまま施術します。Vラインに比べると少し恥ずかしく感じるかもしれませんが、Iラインの施術は5~10分ほどで終わってしまうので心配いりません。

Oラインの施術体勢はうつ伏せ

Oラインはうつ伏せの状態で行うことが多いです。サロンやクリニックによっては横向きで施術するところもありますが、稀に、四つん這いで施術するサロンもあります。

Oラインも紙ショーツを穿いたまま施術しますが、細かいところまで施術できるよう、お尻の割れ目を開いて照射します。お尻の割れ目の開き方はスタッフによって、そっと開く人と勢いよく開く人がいます。他人にお尻を開かれるのは恥ずかしいものですが、Oラインは範囲が狭いのですぐにおわります。

関連記事

VIO脱毛に恥ずかしいと思う必要はない!気になる疑問を解決!

施術時間はVIOトータルで30~40分が一般的

VIO脱毛は脱毛範囲があまり大きくないため、施術時間は比較的短いです。サロンでVIO脱毛する場合はVIOラインの施術時間トータルで30~40分程度です。部位ごとだと、Vラインが10~15分IOラインが各5~10分程度かかります。

クリニックはVIO脱毛の施術時間にバラツキがありますが、平均すると20~40分程度かかります。

スタッフはVIOよりもムダ毛に注視している

見知らぬスタッフにVIOを見られるのは恥ずかしいと思う人も多いですが、施術スタッフはこちらが思うほど気にしていません。施術スタッフは脱毛してVIOをきれいにするのが仕事なので、VIOを見るというよりはムダ毛に注視しています。初めからきれいな人が脱毛する方が珍しいのであまり気にする必要はありません。

また、VIOは入り組んでいて複雑な部位でもあります。痛みも感じやすいデリケートな部位なので、照射漏れや施術の痛みなどが起こらないようにするのに精いっぱいで、あまり一人ひとりのVIOのことまで覚えていないのが実情のようです。

VIOに黒ずみがあってもなんとも思わない

施術スタッフは1日に何人ものVIOを施術しているのでVIOが黒ずんでいたとしても特に思うことはないです。また、VIOはデリケートな上に、下着やスキニーパンツなどで擦れてしまい、色素沈着が起こりやすい部位です。そのため、誰であっても黒ずみがある部位なので、恥ずかしがる必要はありません。

ただ、黒ずみなどの色素沈着は脱毛の光を吸収しやすいため、その部分の肌は痛みが強くなりがちです。そのため照射レベルを下げて施術しなければならなくなる可能性があるため、日ごろからケアを行うことが大切です。

臭いや汚れが気になる場合は施術前にウェットティッシュでオフ

デリケートゾーンのにおいが気になってVIO脱毛に抵抗がある人も多いでしょう。しかし、VIOは蒸れやすく、汚れも付着しやすいため誰でも少なからず臭いやすいです。

脱毛の時に臭いや汚れが気になる場合は、デリケートゾーン用のウェットティッシュなどを持参して施術前に拭いておくと安心でしょう。トイレットペーパーやティッシュではボロボロと紙が絡みついてしまう可能性があるので、厚手のものや、しっかりと湿気を含んでいるウェットティッシュの方がおすすめです。赤ちゃんの用のお尻ふきなども使いやすいです。

若い男性は擁護派が増えてきている

施術スタッフにVIOを見られることは仕方ないとしても、脱毛中の中途半端な状態をパートナーに見られてしまうことを懸念する人もいます。

脱毛前は毎回事前にシェービングを行わなければならないため、デートのタイミングによっては完全に剃毛してハイジニーナの状態のVIOを見られてしまう可能性があります。

しかし、若い男性はVIO脱毛に肯定的な人が増えてきており、自分でもワックスや除毛クリームを試す人も増えています。VIO脱毛するのであれば、事前にパートナーにもオープンに打ち明けてしまった方が安心でしょう。

ただし、パートナーが今のアンダーヘアを気に入っていたり、デザインにこだわりを持っている場合も多いので、できれば脱毛を始める前に伝える方が良いでしょう。

VIO脱毛したことで後悔する人は少ない

VIO脱毛した人は、「生理中の不快感がなくなった」「むれなくて衛生的」などの肯定的な意見が多く、後悔している人は少ないです。ただし、ハイジニーナにする場合や奇抜なデザインを希望する場合は慎重に検討した方が良いです。

今でこそ、ハイジニーナを希望する人は増加傾向にありますが、まだまだ少数派です。一般的には受け入れられていないため、「温泉などで人に見られて恥ずかしかった」と後悔する人も多いです。また、今のパートナーはハイジニーナOKでも、今後新たなパートナーとお付き合いした時にひかれてしまう可能性もあります。

奇抜なデザインは個性的でチャレンジしてみたいという人もいるかもしれませんが、「遊んでいそう」などの印象を抱かれやすいです。また、勢いで奇抜なデザインにしてしまうと後で冷静になったときや、年齢を重ねていく中で後悔するケースもあります。

VIO脱毛する場合は、後々後悔しないよう、デザインをよく考えてから行いましょう。自分で決めるのが難しい時はサロンやクリニックのカウンセリングでも相談に乗ってもらえます。

サロンでVIO脱毛するならミュゼプラチナムがおすすめ

ミュゼプラチナム

ミュゼは部分脱毛の料金が安いサロンです。月々の格安キャンペーンも豊富で人気があります。

VIO脱毛は「トライアングル上下、IOライン、へそ下、Vライン上、Vライン」がセットになったハイジニーナ7脱毛コースがお得です。施術時には紙ショーツが用意されており、手の届きにくいOラインの剃り残しは無料でシェービングしてもらえます。

ミュゼは肌に優しく痛みの少ないS.S.C脱毛なので、敏感肌の人でも安心して脱毛できます。

ミュゼプラチナムの公式サイト

エピレのVIO脱毛は初めての人が試しやすいプラン

エピレ

エピレのVIO脱毛では「トライアングル・ビキニライン・ビキニラインS・Iライン・Oライン」が脱毛できます。エピレが初めての人向けのお得なプランもあり、VIO脱毛を試してみたい人も挑戦しやすいです。

エピレでVIO脱毛を行う時は毎回専用の使い捨て紙パンツを用意してくれます。施術も紙パンツを穿いたまま行うので恥ずかしさが少ないです。

エピレの公式サイト

クリニックでVIO脱毛するならアリシアクリニックがおすすめ

アリシアクリニック

アリシアクリニックのVIO脱毛には「きれいに形を整えることを目的としたビューティ」と、「Iラインの際まで照射できるスムース」の2コースがあり、施術回数は5回、8回、脱毛し放題からプランを選べます。恥ずかしさにも配慮があり、施術は専用の紙ショーツに着替えて行います

痛みの少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用しているので、デリケートなVIO脱毛でも麻酔を使う人はほとんどいません。一部院ではメディオスターも使用できます。

アリシアクリニックの公式サイト

レジーナクリニックなら紙ショーツもあって、シェービング料が無料

レジーナクリニック

レジーナクリニックはVIO脱毛の料金も安くシェービング料や麻酔代なども無料のクリニックです。痛みを感じやすいVIO脱毛でも無料で麻酔ができるので安心です。

VIO脱毛では黒いビキニタイプの紙ショーツが用意されています。脱毛用の紙ショーツとしては比較的面積が大きめなので恥ずかしさは少ないです。

レジーナクリニックの公式サイト

関連記事

まとめ

VIO脱毛は恥ずかしいさから躊躇してしまう人も多いです。しかし、サロンやクリニックでは恥ずかしさに配慮して、様々な工夫が凝らされています

・基本的に施術は紙ショーツを穿いたまま行い施術に必要ない部分は隠してくれる
・施術中の体勢も恥ずかしくないように考慮

また、施術中はゴーグルなどで目を保護しているため、見られているとあまり感じません。VIO脱毛で目元を隠さないサロンの場合は、アイマスクを持参すると良いです。

VIO脱毛は施術範囲が比較的狭いため、施術時間はトータル30~40分で終わります。施術時間自体短いですし、スタッフも脱毛が仕事でムダ毛に注視しているため、こちらが思っているよりも気にしていません

VIO脱毛を体験した人は「脱毛してよかった」と思っている人がほとんどなので、勇気を出してチャレンジしてみる価値はあります。施術の様子が事前にわかれば、踏ん切りがつきやすいので、記事を参考に施術のイメージをつかんでみてくださいね。