「VIO脱毛に通い始めたけど、黒ずみがあるから痛い」、「VIO脱毛したいけど、肌が黒いと脱毛できないと聞いた。黒ずみがあるとVIO脱毛は無理?」、「VIO脱毛したら、ムダ毛はなくなったけど黒ずみが目立つようになって恥ずかしい」。

VIOは黒ずみやすいため、脱毛のときに悩む人も多いです。ここでは、デリケートゾーンが黒ずむ原因解決方法黒ずみが酷くてもVIO脱毛できるサロン・クリニックを紹介します。VIOの黒ずみを薄くしたい人や、黒ずみが酷いVIOを脱毛したい人は参考にしてください。

VIO脱毛は黒ずみがあるとできない?

VIOが黒ずんでいても脱毛はできる

デリケートゾーンは、ほとんど誰でも黒ずんでいるものなので、よほど黒ずみが酷い場合でない限りは、脱毛を断られることはありません

ですが、他の人と比べて黒ずみが酷いかどうかは、サロン・クリニックのスタッフが実際に見てみないと判断が難しいところです。

VIO脱毛で黒ずみが心配な人は、カウンセリングで相談してみるとよいです。サロンやクリニックによっては、脱毛可能かどうかを判断するためのカラーチャートを用意しているところもあります。

黒ずんでいると痛みが強いことはある

VIOに黒ずみがあっても、ほとんどの場合は脱毛できますが、黒ずみがあることで痛みが強くなることはあります。

一般的に脱毛の光やレーザーは、高温の光を毛根のメラニンに反応させることで脱毛します。黒ずみなどで肌のメラニンが多い場合は、肌のメラニンにも熱が伝わるので、肌が白い人に比べて痛みを感じやすいです。

また、肌のメラニンに脱毛の光やレーザーが分散されてしまうため、脱毛効果が出にくくなることもあります。

黒ずんでいても脱毛できるのはディオーネ、リゼクリニック

VIOの黒ずみが酷い場合でも、ディオーネリゼクリニックなら脱毛できます。

ディオーネ

ハイパースキン脱毛といって、毛のメラニンを利用しない脱毛方法を採用しています。メラニンの影響を受けないので、黒ずみが酷い場合でも問題なく脱毛できます。

光の温度も低いので肌にやさしく、黒ずみがあっても痛みはまったくありません。アトピー肌や敏感肌も脱毛できます。

自己処理が難しいI/Oラインはシェービング無料です。

リゼクリニック

3種類の脱毛器が用意されているので、対応できる肌質・毛質が幅広く、黒ずみが酷くても脱毛できますシェービング無料なので、自己処理が難しいVIOの脱毛も安心です。

医療脱毛としては、料金も安いです。キャンセル料も無料なので、急に生理が始まってしまったときも安心してお休みできます。

VIOが黒ずんでしまう原因は3つ

自己処理による肌のダメージ

肌に何度も刺激を与えると、メラニンが生成されて黒ずんでしまいます。カミソリや毛抜きなどによる自己処理も、肌にダメージを与えるので黒ずみの原因になります。

VIO脱毛に適しているといわれるワックスでも、肌や毛穴へのダメージが大きく、くり返すうちに黒ずみができやすくなります。

下着の擦れや摩擦によるもの

下着の擦れや摩擦も、VIOが黒ずむ原因になります。締め付け感が強いショーツやスキニーパンツ、ストッキングなどは、黒ずみの原因になりやすいです。

下着や衣類は着けている時間が長く、毎日のことでもあるので、たまの自己処理以上に色素沈着を起こしやすいです。

ターンオーバーの停滞

肌の生まれ変わりの周期である、ターンオーバーが停滞しているせいで、黒ずみができることもあります。

健康な肌のメラニン色素は、ターンオーバーとともに肌の表面に押し上げられ、垢として排出されるため、肌が黒ずんだままになることはありません。

しかし、何らかの原因でターンオーバーがスムーズに行われていない場合は、なかなか肌の細胞が入れ替わらないのでメラニンを排出できず、いつまでも色素沈着が残ってしまいます

VIO脱毛は黒ずみに効果がある?黒ずみを薄くする方法は?

VIOを脱毛することで自己処理の必要がなくなる

VIOの黒ずみを薄くしたい場合は、自己処理を止めるのが先決ですが、まったく自己処理しないでおくのは難しい部位でもあります。

VIO脱毛をすれば自己処理の必要がなくなるため、自己処理のダメージで新たな黒ずみができるのを防げます。

美白クリームなどを使って対策

VIO脱毛をすれば自己処理で黒ずみを悪化させるのは防げますが、ムダ毛で隠れなくなる分、これまでの黒ずみは逆に目立ってしまいます

また、色素沈着ができた部分は、肌が弱い炎症を起こしていて、放っておくといつまでもメラニンを生成し続けるという研究もあります。

すでにできてしまった黒ずみを薄くするには、美白クリームなどのケア用品を使って対策するとよいです。

ただし、美白成分が入っている化粧品は刺激が強いものも多いので、肌がデリケートなVIOに使う場合は、低刺激なものを選ぶことが大切です。

デリケートゾーン専用の美白クリームなども市販されているので、上手に取り入れましょう。

締め付けが少ない下着にする

VIOの黒ずみを薄くしたい場合は、下着を締め付けが少ないものにするのも効果的です。ショーツは、ボクサーパンツならVラインを締め付けないのでおすすめです。

綿やシルクといった肌にやさしい素材のものを選ぶと、より効果的です。化繊の下着は、肌に刺激を与えて黒ずみやすくなるので避けましょう。

まとめ

VIOが黒ずんでいても、酷い黒ずみでなければ脱毛できます。ただし、黒ずみがあると痛みが強くなる可能性はあります。

黒ずみが酷いかどうかは、脱毛のスタッフが見てみないと判断が難しいので、心配な人はカウンセリングで相談してみるとよいです。

もし、黒ずみが原因で施術を断られてしまった場合でも、ディオーネとリゼクリニックなら黒ずみが濃くても脱毛できます

VIOが黒ずむ原因には、以下のものが挙げられます。

自己処理によるダメージ
下着や衣類による摩擦
・ターンオーバーの停滞

VIOの黒ずみを薄くしたい場合は、以下の対策をしてみるとよいです。

脱毛して自己処理しなくて済むようにする
・低刺激の美白クリームなどで対策する
・締め付けが少ない下着にする(綿やシルクのボクサーショーツがおすすめ)

記事を参考に上手にケアして、理想のデリケートゾーンを手に入れてくださいね。