「Vライン脱毛は痛いと聞くけど、本当に痛いの?」、「Vライン脱毛はどのくらい痛いの?私でも我慢できそうか知りたい」。Vライン脱毛を検討している人の多くが不安に思うのは、脱毛の痛みです。

ここでは、Vライン脱毛の痛みが心配な人のために、Vライン脱毛の痛みについてまとめました。Vライン脱毛の痛みの程度や、痛みを軽減する方法を紹介します。痛いのが怖い人におすすめのサロン・クリニックも紹介するので、参考にしてください。

Vライン脱毛ってどれくらい痛い?

痛みで泣いてしまう人もいる

Vラインをはじめ、VIOラインの脱毛は痛いことで有名です。

特に医療脱毛は、効果が高い反面、痛みも強いので、医療脱毛でVライン脱毛した人の中には、痛すぎて泣いてしまう人や、途中で通うのを止めてしまう人もいます。

光脱毛は医療脱毛ほど痛くありませんが、それでも「Vラインは他の部位より痛かった」という意見が多いです。

しかし、痛みの感じ方は個人差も大きいので、「医療脱毛でVIO脱毛したけど、あんまり痛くなかった」という人もときどき存在します。

また、痛みの感じ方は心理的なものも影響するので、「Vライン脱毛は痛かったけど、キレイになれると思ったら我慢できた」という人も多数います。

痛みの原因は黒ずみと皮膚の薄さ

VIO脱毛が全身の中で一番痛いといわれる主な原因は、VIOは黒ずみやすく、皮膚が薄い部位であるためです。

脱毛は毛根のメラニン色素に高温の光を集めることで効果を得ますが、皮膚が黒ずんでいると、皮膚のメラニンにも熱が加わってしまうので、痛みが強くなります

VIOは下着の摩擦などによる色素沈着で、肌が黒ずんでいる人が多いので、他の部位より痛いと感じる人が多いのです。

仮に色素沈着がなかったとしても、皮膚と脂肪が薄く、皮膚のすぐ下に骨盤や恥骨などの骨があるVIOは、神経が敏感な部位です。

さらに、粘膜にも近くデリケートなので、もともと痛みを感じやすい部位といえます。

痛いって言われててもVライン脱毛が人気の理由

自己処理が必要なくなる

「海やプールで、水着から毛がはみ出していた」という事態にならないために、ほとんどの女性は、最低でもVラインはムダ毛の処理が必要だと感じています。

ですが、Vラインは毛が濃いので、剃っても剃り跡が目立ちますし、カミソリ負けで肌も荒れます。毛抜きで抜けば剃り跡になりませんが、激痛な上に時間がかかり、何度も抜いているうちに、肌が荒れたり毛嚢炎ができたりもします。

いくら頑張っても、自己処理は手間がかかるわりにキレイにならないですが、そのままでは水着が着られないので、「もういっそVラインだけでも脱毛して、自己処理の手間と肌負担から解放されたい」と決意する女性も多いです。

生理や妊娠のときに気がラク

生理中のムレや臭いを軽減したい」、「毛に血や汚れがつかなくなって衛生的に過ごせる」という理由でアンダーヘアの脱毛をする女性も増えています。

また、妊娠に備えてVライン脱毛を希望する人も多いです。医師や助産師は妊婦の毛の濃さなど気にしていませんが、「定期健診や出産のときに、医師や助産師に毛深い姿を見られるのは恥ずかしい」と思う女性も多いようです。

その他にも、将来介護される側になったときに、介護者の負担を減らしたいという理由から、デリケートゾーンを脱毛する人も、ここ何年かで急増しています。

Vライン脱毛の痛みを軽減する方法

普段から施術部位の保湿を万全にしておく

肌が乾燥していると、脱毛の痛みを感じやすくなります。Vライン脱毛をするのであれば、普段から施術部位の保湿を万全にしておきましょう。

今は乾燥していない人でも、脱毛が始まると肌が乾燥しやすくなるので、保湿クリームなどを用意しておいた方がよいです。

体調不良や生理のときの施術は避ける

風邪や睡眠不足などで体調がすぐれないときや、生理前後は肌が敏感になるため、普段よりも痛みを感じやすいです。

脱毛の痛みを軽減したいのであれば、体調が悪いときや生理前後は、施術を避けた方がよいです。

当日になって急に体調を崩さないよう、予約日の数日前から体調管理をしておくとベストです。

痛いといわれるVライン脱毛、向いてるのはサロン?クリニック?

クリニックよりサロンの方が痛くない

痛みの少なさでは、エステサロンの光脱毛がもっとも優秀です。脱毛の痛みは基本的に、照射の出力が高いほど痛くなりますが、光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が低いため、痛みも少ないです。

それでも痛い場合は、出力を下げたり、肌を冷やしながらゆっくり照射するなど、痛みを軽減できるように対応してもらえるので、我慢できないときは無理せず、痛いと伝えましょう。

ミュゼプラチナム

肌にやさしく痛みが少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、他のサロンより痛みが少ないです。Vライン脱毛は、格安で通い放題のプランがあります。タイミングによっては、キャンペーンでもっと安くVラインを脱毛し放題にできることもあります。

ディオーネ

肌にやさしく、痛みがないハイパースキン脱毛を採用しています。他の光脱毛と違って高温の光は使わないので、痛みがまったくなく、小さい子供も脱毛に通っています。

毛周期の影響を受けにくく、最短2週間ごとに通えるので、他のサロンより短期間で脱毛完了できます。

クリニックの方が回数が少ない

1回ごとの痛みは強くても、少ない回数でさっさと終わらせたい」という人には、クリニックの医療レーザー脱毛が最適です。

光脱毛より出力が高いので痛いですが、少ない回数で脱毛完了できるので、痛い思いをする回数も少なくて済みます。

また、脱毛の痛みは毛量が減るにしたがって軽減されていきますが、レーザー脱毛は毛量が減るのも早いので、痛みが強いのは最初の3回くらいだけです。

医療機関なので、どうしても痛い場合は麻酔を使うこともできます。

なお、脱毛のレーザーにはいくつか種類がありますが、ダイオードレーザー搭載のライトシェアデュエットメディオスターNeXT PRO比較的痛みが少なく、効果も高いのでおすすめです。

アリシアクリニック

脱毛が安く、すべての部位で回数パックと回数無制限コースが選べます。痛みが少ないライトシェアデュエットで脱毛するので、ほとんどの人はVIOも麻酔なしで脱毛できています。

キャンセル料無料なので、急に生理が始まってしまったときも、安心してお休みできます。

リゼクリニック

痛みが少ないライトシェアデュエット、メディオスターNeXT PRO、ジェントルYAGを肌質・毛質に合わせて使い分けます。ジェントルYAGも痛みが少なく、男性のヒゲ脱毛にも使われています。

脱毛が安く、キャンセル料が無料です。

まとめ

Vラインは黒ずみやすく皮膚も薄いので、他の部位の脱毛よりもかなり痛みやすいですが、対策を立てることで痛みを軽減できます。

普段からよく保湿する
体調不良のときや生理前後を避けて施術する

なお、痛みの少なさを最優先したい人は、回数は多くかかりますがサロンの光脱毛が一番痛みが少ないです。特に、S.S.C脱毛ハイパースキン脱毛を採用しているサロンが痛くないのでおすすめです。痛みが我慢できない場合は、出力を下げるなど対応してもらえます。

また、痛い思いをする回数が少ない方がよい人は、クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。1回ごとの痛みは強いですが、通う回数は少なくて済みます。

ライトシェアデュエットメディオスターNeXT PROで脱毛できるクリニックを選ぶと、比較的痛みが少ないです。医療機関なので、我慢できなければ麻酔も使えます。

記事を参考に、痛みを抑える工夫をしてみてくださいね。