「デリケートゾーンの衛生が気になるので、思い切ってハイジニーナにしたい」、「どんなショーツでも穿きこなせるように、ハイジニーナにしたい」。VIO脱毛が一般的になったことで、完全にツルツルのハイジニーナを希望する女性も増えています。

ここでは、ハイジニーナにしたい人のために、ハイジニーナVIO脱毛に必要な回数と、効果が高いサロン・クリニックについてまとめました。

サロンとクリニック、どちらを選ぶべきかについても解説するので、ハイジニーナVIO脱毛の情報を探している人は、参考にしてください。

ハイジニーナを脱毛する回数は脱毛方法で違う

効果が高いのはレーザー脱毛、痛くないのは光脱毛

脱毛には光脱毛と医療レーザー脱毛がありますが、効果が高いのはレーザー脱毛痛くないのは光脱毛です。

光脱毛は多くのサロンで使われている脱毛方法で、痛みが少なく、料金が安いのがメリットです。しかし、エステサロンは医療機関ではないため、毛根を完全に破壊する行為は認められません。

そのため、サロンの光脱毛は効果が低い脱毛器しか使えないので、施術回数が多くかかり、通う期間も長いです。

一方、医療レーザー脱毛は高い出力で照射できるので、施術回数も少なく短期間でツルツルになります。ただし、サロンより値段が高く、痛みが強いのがデメリットです。

数回通えば効果を実感できる

サロンの光脱毛で効果を実感し始めるのは、3~5回目くらいです。期間でいうと、だいたい1年以内です。

一方、クリニックの医療レーザー脱毛は、1~3回目くらいで効果を実感し始める人が多いです。期間でいうと、半年以内には効果を実感できます。早い人だと、1回目で効果を感じる人もいます。

また、光脱毛は、脱毛器との相性によってなかなか効果が出ないケースもあり、「サロンAでは全然効果がなかったが、サロンBに変えたら効果が出た」といったことが起こる可能性もあります。

一方、医療レーザー脱毛は誰にでも効果が出る反面、永久脱毛なので脱毛してしまった毛を元に戻すことはできないため、デザインを慎重に決める必要があります。

完璧に毛をなくしたいならレーザー脱毛でも10回

VIO脱毛に必要な回数は、かなり個人差があるといわれています。VIOラインは毛量の個人差が激しい上に、「完全にツルツルにしたい」、「水着からはみ出ない程度に整えたい」など、どの程度脱毛したいかも人によって違うからです。

完全にツルツルのハイジニーナにする場合は、毛を残すデザインよりも回数が多めにかかります。

また、VラインとI/Oラインでは毛周期が異なるので、同じ人でもVラインとI/Oラインで必要な回数が異なります

サロンならVライン10~12回、I/Oライン14~16回が目安

VIO脱毛の回数は個人差が大きいので、あくまで目安ではありますが、サロンの場合でVラインが10~12回I/Oラインは14~16回くらい必要です。2ヶ月に1回通うとして、2年以上かかる計算です。

なお、光脱毛は永久脱毛ではないので、ツルツルになるまで通っても、通うのを止めると毛が再生する可能性が高く、ハイジニーナの状態を維持するには、ツルツルになったあともずっと通い続ける必要があります。

クリニックはVラインが6回でツルツル、I/Oラインは8~10回でツルツル

医療脱毛の場合はVラインが6回でツルツル、I/Oラインは8~10回でツルツルになる人が多いです。2ヶ月ごとに通うとして、約1年~1年半程度かかります

永久脱毛に認められている脱毛方法で、一度抜けた毛はほぼ再生しないので、完了まで通ったら、そのあとは通わなくてもツルツルの状態を維持できます。

ただし、医療脱毛は効果が高い反面、痛みも強いです。

ハイジニーナ脱毛の回数を優先するか料金を優先するか

少ない回数で済ませたい人はクリニックがおすすめ

医療レーザー脱毛は少ない回数でツルツルになるので、短期間で脱毛を終わらせたい人には最適です。

ただし、医療レーザー脱毛はサロンに比べて料金が高く、痛みも強いです。VIO脱毛は特に痛みが強く、「剣山を刺すような痛み」という人もいます。

ですが、医療クリニックなので、痛みが我慢できなければ麻酔を使ってくれるところも多いです。麻酔が必要になりそうな人は、麻酔の料金も調べておくと安心です。

また、脱毛の麻酔は笑気ガスか麻酔クリームを使うのが一般的ですが、笑気ガスよりも麻酔クリームを使ってもらう方が麻酔効果が高いです。

クリニックによっては笑気ガスしかない場合もあるので、麻酔の種類も確認しておきましょう。

アリシアクリニック

医療脱毛が安く、回数パックと無制限コースが選べます。VIO脱毛は毛を残すかどうかでプランが2種類あり、ハイジニーナにしたい場合は「スムースコース」を選びます。

痛みが少ないライトシェアデュエットで脱毛するので、VIO脱毛でも麻酔なしで我慢できる人がほとんどです。麻酔クリームを使う場合は、VIO全体で3,000円の麻酔代がかかります。

回数が多くても安い方がいい人はサロンがおすすめ

サロンの光脱毛は回数が多くかかりますが、医療脱毛よりも痛みが少なく、料金が安いメリットがあります。

したがって、「回数が多くかかってもいいから、痛みの少なさと安さを重視したい」という人は、サロンで脱毛した方がよいです。

サロンの脱毛プランは、VIOと他の部位がセットになったお得なプランやキャンペーンも多いので、VIOと一緒に他の部位も安く脱毛できるメリットもあります。

したがって、「脱毛したい部位がいろいろあるけど、予算があまりかけられない」という人も、サロンで脱毛するのがおすすめです。

銀座カラー

VIO脱毛が回数無制限で、ずっと通い続けられます。VIOの他にも脱毛したい部位がある場合は、「全身ハーフ脱毛コース」ならVIOの他にも、4部位(大きいパーツ2部位+小さいパーツ2部位)を脱毛できます。

VIOの他に脱毛したい部位がたくさんあるなら、全身脱毛を選ぶのが安いです。「全身ハーフ脱毛コース」と全身脱毛も、回数無制限になっています。

まとめ

VIO脱毛は回数の個人差が大きく、脱毛方法によっても必要な回数が異なります。いずれの方法でも、ハイジニーナにする場合は回数が多めにかかります。

また、VラインとI/Oラインは毛周期が違うので、I/OラインよりVラインの方が少し早く終わります

・サロン:Vライン10~12回I/Oライン14~16回程度止めると毛が再生するが、痛みが少なく、値段が安い
・クリニック:Vラインが6回I/Oラインは8~10回程度完了後は毛が生えないが、痛みが強く、値段が高い。麻酔が使えるクリニックもある。

短期間でハイジニーナにしたいならクリニックがおすすめですが、値段の安さと痛みの少なさを優先したい場合はサロンがおすすめです。記事を参考に、自分に合った脱毛方法を選びましょう。