「デリケートゾーンの衛生面が気になるから思い切ってハイジニーナにしたい」、「海外セレブみたいにどんな下着でも水着でも着こなせるようになりたい。ハイジニーナにしてみようかな」

女性たちの間でVIO脱毛が一般的になったことで、完全に毛のないツルツル状態のハイジニーナを希望する女性が増えています。

ここでは、ハイジニーナにしたい人のために、ハイジニーナにするのに必要な施術回数と、光脱毛と医療脱毛の違いハイジニーナにするのにおすすめのサロンとクリニックについてまとめました。

サロンとクリニックどちらを選ぶべきかについても解説するので、参考にしてください。

ハイジニーナ脱毛に必要な施術回数は脱毛方法で変わる

ハイジニーナにするのに必要な施術回数

ハイジニーナ脱毛に必要な回数はサロンの光脱毛で脱毛するのか、クリニックの医療脱毛で施術するのかによって異なります。また、ハイジニーナに必要な回数は毛質や毛量、肌質などの個人差によっても左右されてしまうので、あくまでも平均な目安です。

Vライン、Iライン、Oラインは同じアンダーヘアーという括りになっていますが、VラインとI/Oラインでは毛周期が異なるので、同じ人でも必要な回数に違いが生じてしまいます。

Vライン I/Oライン
サロン(光脱毛) 10~12回
(約2年)
14~16回
(約3年)
クリニック(医療脱毛) 6回以上
(約1年)
8~10回
(1年半程度)

比較してみるとサロンの光脱毛とクリニックの医療脱毛では、圧倒的にクリニックの医療脱毛の方がハイジニーナになるまでに必要な回数が少なく、半分の回数と期間でツルツルになれることがわかります。

関連記事

光脱毛と医療脱毛の違いは照射威力

サロンの光脱毛とクリニックの医療脱毛の大きな違いは脱毛機器の照射威力にあります。

光脱毛も医療脱毛も毛根組織にダメージを与えるという原理は同じですが、クリニックでは出力の高い医療レーザーを用いて施術を行います。医療レーザーは毛を再生させる組織を破壊できる強いパワーを持っているため、1回の脱毛効果が高く、脱毛完了までの期間も短いのです。

しかし、「毛根組織を破壊する」行為は医療行為に当たるため、医療機関でない脱毛サロンでは出力を抑えた脱毛機しか使えません。出力を抑えた脱毛機では毛根細胞にダメージを与え弱らせることしかできないので、その結果、減毛・抑毛といった効果になってしまいます。

よって、サロンの光脱毛ではクリニックの医療脱毛よりも回数が必要となり、期間も長くなってしまうのです。

サロンの光脱毛では完全なハイジニーナにはなれない

サロンの光脱毛では完璧なハイジニーナになることはできません。サロンの光脱毛では照射威力が弱いため毛根組織を破壊できず、減毛・抑毛といった効果しか出せません。毛根組織を破壊できないということは、脱毛が完了しても毛が再び生えてきてしまう可能性があるのです。

毛の再生を防ぐには継続的に通い続けなければなりませんが、継続的に通い続けることで徐々に毛が薄くなっていき、効果を実感することは十分に可能です。しかし、脱毛の仕上りを重視するのであれば、毛が再生してきてしまう可能性が高いサロンでのハイジニーナはおすすめできません。

ハイジニーナ脱毛にはサロンとクリニックどちらがおすすめ?

効果的に脱毛するならクリニックの医療脱毛がおすすめ

医療レーザー脱毛は少ない回数でハイジニーナになれるので短期間で脱毛効果を実感したい人に最適な方法です。また、毛の再生率が低いので1度脱毛が完了すればいつまででもきれいなハイジニーナを保つことができます

ただし、医療レーザーは光脱毛に比べ、痛みが非常に強いです。威力が強いので腫れや赤味などの炎症が起きてしまったというケースもあり、心配な人もいるでしょう。

クリニックは医療機関なので施術に麻酔を使用できます。また、医師が常駐しているので万が一何かあっても心配はいりません。少しでも不安がある人は痛みの少ない脱毛機を採用しているクリニック保証が充実しているクリニックを選んだ方が良いです。

アリシアクリニックでは痛みの少ない脱毛機を採用しています。リゼクリニックは肌トラブルに対する保証がしっかりしているのでおすすめです。

レーザーの痛みが心配な人はアリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックでハイジニーナにするならIラインの際まで照射できる「スムース」のプランがおすすめです。回数パックと脱毛し放題があるので、毛量が多い人や追加照射が心配な人は始めから脱毛し放題を選ぶと良いでしょう。

痛みの少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットで脱毛するのでほとんどの人はVIO脱毛でも麻酔なしで脱毛できる人がほとんどです。麻酔を使用する場合は1部位1,000円、VIO全体で3,000円の麻酔代がかかります。

アリシアクリニックの公式サイト

関連記事

肌トラブルが心配な人はリゼクリニック

リゼクリニック

リゼクリニックではライトシェアデュエットをはじめとした3種類の脱毛機を使い分けて施術してくれるので対応できる肌質や毛質が幅広いです。

硬毛化をはじめとした肌トラブルに対する保証も厚く無料で対処してくれます。キャンセル料も剃毛料もかかりません。急な生理の時や自己処理に不安がある人も安心です。

リゼクリニックの公式サイト

関連記事

サロンはVIO以外にも脱毛したい箇所がある人におすすめ

サロンはVIO以外にも気になる箇所がある人におすすめです。デリケートゾーンをハイジニーナにしてしまうと、太ももやお尻といった近い部位のムダ毛が気になってしまい最終的に全身を脱毛したくなるケースがあるからです。

クリニックではVIOのみのプランでは料金がリーズナブルでも、全身脱毛コースとなると高額になる場合がほとんどです。また、サロンであっても後から他の部位を追加すると脱毛費用がかさんでしまい、脱毛に費やす期間もより長くなってしまうので始めから全身脱毛という選択をした方が賢いです。

サロンではキャンペーンや体験プランなどを多く取り入れているところもあるので、うまく利用すると脱毛費用を抑えることもできます。

ミュゼプラチナムは月ごとに格安のキャンペーンを展開していて脱毛料金が安いのでおすすめです。

キャンペーンが豊富なサロンならミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム月ごとに格安のキャンペーンを展開しているサロンです。キャンペーンを利用することで脱毛にかかる費用を抑えることができます。

また、部分脱毛が安く、VIOが含まれているハイジニーナ7コースフリーセレクトコース公式アプリをダウンロードすることで料金が半額になります。少しでも費用を安く抑えたい人脱毛のお試しをしたい人におすすめです。

ミュゼプラチナムの公式サイト

関連記事

サロンなら通い放題プランがあるところを選ぶべき

VIOをハイジニーナにしたい場合、通常の回数パックでは足りず、追加照射を繰り返してしまうケースが多いです。また、光脱毛の場合ハイジニーナ状態を保つためには継続的に通い続けなければなりません。

回数無制限パックがあるサロンならば自分が満足できるまで何回でも脱毛し続けられるので、通い放題プランのあるところを選ぶと良いでしょう。

銀座カラーならVIOのみの場合も通い放題プランがありますし、全身脱毛のプランも通い放題で脱毛できます。

通い放題がある脱毛サロンなら銀座カラー

銀座カラーは部分脱毛のプランで、VIOパーツがセットになったコースがあり、通い放題で通えます。また、このコースは1年に最大8回通えるスピード脱毛になっています。

全身脱毛をしたい場合でも顔含む全身脱毛と、顔なしの全身脱毛の2プラン4コースから自分の予算に合ったコースを選ぶことができます。

銀座カラーの公式サイト

関連記事

まとめ

VIOをハイジニーナにするために必要な施術回数の目安は、サロンの光脱毛で脱毛するのか、クリニックの医療脱毛で脱毛するのかによって回数に違いが生じます

また、毛質や毛量、肌質などの個人差によって左右されてしまいがちです。VIO各部位では毛周期が違うため、同じ人でもVラインとI/Oラインでは回数に違いが出てしまうので注意が必要です。

サロンではVラインに10~12回、I/Oラインは14~16回は必要とされています。

クリニックではVラインが6回、I/Oラインは8~10回は必要とされています。

サロンの光脱毛では毛が再生してきてしまうので、完璧なハイジニーナにしたいのであればクリニックの医療脱毛がおすすめです。サロンはVIOライン以外にも脱毛したい箇所がある人におすすめです。なお、サロンでは追加照射が必要になるケースが多く、ハイジニーナを保つためには継続的に通い続けなければならないので、通い放題コースのあるサロンを選んだ方が良いです。

記事を参考に自分に合った脱毛方法を選びましょう。無料カウンセリングにもぜひ足を運んでみてください。