「オシャレな下着や水着が着たい」、「生理時のムレを解消したい」などの理由から、Iラインは人気の脱毛部位の一つです。ですが、「VIO脱毛は痛い。特にIラインは激痛」と語る経験者も多いため、痛みが心配で脱毛に踏み切れない人も多いです。

ここでは、Iライン脱毛の痛みが心配な人のために、Iライン脱毛が1番痛いと言われる原因と、Iライン脱毛の痛みを軽減させる方法を紹介します。

痛みが少ない脱毛方法を採用しているサロン・クリニックも紹介するので、参考にしてください。

すごく痛いって聞くけど、Iライン脱毛の痛みはどれくらい?

Iライン脱毛を体験した人の口コミを調査

脱毛の痛みの表現として、「ゴムで弾かれたような痛み」とよく聞きますが、Iライン脱毛の痛みはどの程度なのか気になりますよね。Iライン脱毛体験者の口コミを見てみましょう。

全身の脱毛部位の中で一番痛みが強い

脱毛部位 痛みの程度
Vライン 非常に強い痛み
Iライン 非常に強い痛み
Oライン 平均的な痛み

Iライン脱毛は、痛いといわれるVIO脱毛の中でも一番痛いといわれています。脱毛方法の中でもっとも痛みが少ない光脱毛でも、Iラインは痛がる人も多いです。
医療レーザー脱毛は光脱毛よりも痛みが強いため、Iライン脱毛は痛すぎて途中で止めてしまう人もいます。

ですが、痛みの感じ方は個人差も大きいため、医療レーザーでのIライン脱毛でもまったく平気な人も中にはいます。

痛いのは嫌だけど、脱毛はしたい!おすすめのIライン脱毛方法は?

脱毛サロン クリニック
脱毛効果 弱い 強い
施術方法 光脱毛 レーザー脱毛
痛み 痛みをほとんど感じない 強い痛みを感じる

低料金で痛みも安心な脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンの光脱毛は、クリニックの医療レーザー脱毛に比べて照射威力が弱いので、痛みが心配なら脱毛サロンでの施術がおすすめです。
それでも痛いときは、効果は低くなりますが出力を下げて痛みを軽減できるよう対応してくれます。最初の何回かは出力を下げて照射してもらい、痛みが少なくなってきたら出力を上げてもらうとよいでしょう。
光脱毛の中でも痛みを感じにくいのが、SHR脱毛S.S.C.脱毛ハイパースキン脱毛です。

さらに、脱毛サロンは脱毛料金がお手頃でお試しをしやすいというメリットもあります。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛が最安値の脱毛サロンです。S.S.C.脱毛を採用していて痛みが少ないこともあり、人気があります。また、店舗数が多く、全国展開しているので、どのエリアに住んでいても通えます。ただし、全身脱毛は他のサロンより高いです。

Iライン脱毛が安くて痛くない!ミュゼプラチナム

関連記事

ストラッシュ

ストラッシュ

痛みを感じにくく肌への負担も少ないSHR脱毛を採用。施術時間も短いのが特徴です。脱毛後には保湿パックのアフターケアが付きます。回数パックと通い放題コースはシェービングサービスを無料で利用することができます。

Iライン脱毛がほぼ無痛!ストラッシュ

粘膜照射とスピードを求めるならクリニック

クリニックの医療レーザー脱毛は、医療従事者でなければ扱えないくらい照射威力が強く、永久脱毛の効果も期待できます。そのため、脱毛完了までの回数と期間が脱毛サロンに比べて短くて済みます。
痛みが我慢できなければ麻酔を使ってもらうことが可能です。麻酔を利用してサロンよりも少ない回数で脱毛完了させるという手もあります。ただし、ほとんどのクリニックは麻酔は別料金なので、麻酔の料金も確認しておくと安心です。
また、クリニックの中でも痛みを感じにくい脱毛器が出てきており、特に痛みを感じにくいのがメディオスターNeXTPROライトシェアデュエットです。

Iラインの粘膜ギリギリの照射や粘膜の照射は、脱毛サロンでは受けることができません。粘膜の照射を考えているなら、照射可能な限られたクリニックに通うことになります。

関連記事

アリシアクリニック

アリシアクリニック

脱毛料金が安いクリニックです。ライトシェアデュエットで脱毛します。キャンセルのペナルティが一切ないので、予定が変わりやすい人も安心して通えます。麻酔代は1部位につき1,080円です。リスクを承知であれば、粘膜部分への照射も可能です。

粘膜もOK!アリシアクリニック

リゼクリニック

リゼクリニック

脱毛料金が安いクリニックです。脱毛器は肌質や毛質に合わせて、ライトシェアデュエット・メディオスターNeXT・ジェントルYAGの3機種を使い分けることで、幅広い肌質・毛質に対応しています。いずれの機種も痛みが少ないです。

リゼクリニック

脱毛サロンとクリニックの併用もあり

Iラインの脱毛は、初めから終わりまでずっと痛いわけではなく、初めの数回だけが痛みが強く、照射を繰り返していくうちに毛が細くなり痛みを感じにくくなります。
そのため、痛みに自信はないけど早く終わらせたい。でも麻酔には抵抗があるという人には、脱毛サロンとクリニックの併用がおすすめです。
痛みが少ないサロンのである程度脱毛して、毛量を減らしてからクリニックで仕上げます。この方法なら、最初から医療レーザーで脱毛するよりも痛みが少なくて済み、効果も高いです。

最初に毛量を減らすための光脱毛は、サロンのお試しプランを利用すれば、料金も安く抑えられます。ほとんどのサロンはお試しプランが初回限定で1回しか脱毛できないので、複数のサロンを掛け持ちするとよいです。

関連記事

Iライン脱毛の痛みの原因は3つ揃った悪条件

皮膚が薄い

デリケートゾーンであるVIOは骨盤や恥骨などの骨が真下にあり、肉や皮膚が薄いです。こうした部位は痛みを感じやすく、特にIラインは粘膜に近く感覚が敏感な部位なので、もっとも痛みが生じやすいのです。

毛が濃い

光脱毛やレーザー脱毛は、高温の光を毛根のメラニンに反応させることで脱毛効果を得る仕組みになっています。
そのため、濃い毛が多いIラインは脱毛器のレーザーが強く反応し痛みをより感じやすくなります。

色素沈着・黒ずみが多い

Iラインは他の部位に比べて、下着の摩擦などで色素沈着を起こしていることが多い部位です。
色素沈着などで皮膚が黒ずんでいると、光が皮膚のメラニンにも反応=皮膚に熱が加わってしまうので、色白な肌よりも痛みが増します。

知らないと損!痛みを軽減できる方法

生理前後3日の施術を避ける

Iライン脱毛は、生理中の施術はできませんが、生理前後にも注意が必要です。生理前後は普段よりも肌が敏感になるため、痛みを感じやすいです。また、睡眠不足や風邪などで体調が悪いときも、肌が敏感になっていて痛みを感じやすいです。

Iライン脱毛の痛みを少なくしたいなら、生理前後や体調不良のときを避けて通うとよいです。さらに、予約日の数日前から体調管理をして、万全の体調で施術を受けられるように準備しておくと完璧です。

Iラインを保湿する

乾燥していると肌のバリア機能が低下し、敏感な状態になるので、痛みをより感じやすくなります。また、乾燥していると脱毛器のレーザーが十分に毛の組織に届かず、脱毛効果も落ちてしまいます
Iライン脱毛をするなら、普段から肌をしっかり保湿しておきましょう。

レーザーの出力を弱めてもらう

脱毛器の照射パワーは、基本的に弱い所からスタートして調整をしていきますが、どうしても照射の痛みを我慢できない時は、スタッフの伝えれば照射レベルを落として対応してくれます。
ただ、脱毛の痛みが弱くなるかわりに脱毛効果も弱くなるので、なかなか抜けないということもあります。

アイシングをしっかりやってもらう

脱毛後にアイシングをしてくれたり、脱毛器に冷却装置が付いているものもありますが、このアイシングをいつも以上に長くしてもらい、感覚を鈍らせることで痛みを感じにくくすることができます。
事前にスタッフと相談してみましょう。

笑気ガスや麻酔クリームを使う

クリニックでの脱毛の痛みに耐えられない時に利用することができます。麻酔の種類は、効果が弱めの笑気ガスと、効果の強い麻酔クリームがあります。
料金がかかるケースが多いので、カウンセリングの時に確認が必要です。

黒ずみ・色素沈着を改善する

Iライン脱毛が痛い原因である、Iラインの黒ずみ自体を改善するという方法もあります。
ただし、すぐに改善できるわけではないので、下着の摩擦に気を付ける専用の石鹸・美白クリームでケアするなどしましょう。

関連記事

まとめ

Iラインは皮膚が薄くデリケートな上に、色素沈着を起こしていることも多いため、脱毛部位の中でももっとも痛みを感じやすいです。

特に痛みを感じやすい、生理前後や体調不良のときを避けて脱毛するとよいです。また、普段からしっかり保湿することでも、脱毛の痛みが生じにくくなります。

Iライン脱毛の痛みを軽減したいなら、痛みが少ない脱毛方法を採用しているエステサロンやクリニックを選ぶことも大切です。以下の脱毛方法は痛みが少なく、全国で施術可能なのでおすすめです。

・サロンならS.S.C.脱毛SHR脱毛ハイパースキン脱毛
・クリニックならメディオスターNeXTPROライトシェアデュエット

記事を参考に、Iライン脱毛の痛みを上手に軽減しましょう。