最近ではVIOラインの脱毛を希望する人もかなり増えてきました。
でも、「VラインとOラインはなんとなくわかるけど、Iラインってどこからどこまでの範囲なんだろう?」「Iラインはどこまで脱毛するのが正解なの?」
など、人に聞きにくい部位だからこそ、疑問や不安もありますよね。

この記事では、Iラインの範囲Iライン脱毛におすすめの形サロン・クリニックの選び方を紹介します。粘膜ギリギリまで脱毛できるサロン・クリニックも紹介するので、Iライン脱毛を考えている方は参考にしてください。

Iラインってどこからどこまでの範囲のこと?


出典:リゼクリニック

前側は、割れ目が見えるあたりからで、大陰唇・小院唇の周囲から、Oライン(肛門)までのラインのことをIラインと呼びます。分かりやすく言うと女性器周囲で、下着を履いた時にクロッチが当たる部分のことです。
脱毛サロンやクリニックによって、脱毛範囲は異なるので、自分の希望する範囲が脱毛できるかの確認が必要です。

何を重視する?目的別Iライン脱毛におすすめの形

男性ウケ・見た目重視な人は、少し残す

Vラインに毛がある状態で、Iラインを全部脱毛してしまうと、前から見たときに割れ目が見えてしまいます。とても不自然な状態になってしまうので、見た目を自然にしたい人や男性ウケが気になる人は、少しだけ残して脱毛するのがおすすめです。
IラインはVラインから繋げて徐々になくしていくようにして、前だけ少し残すと自然かつ無難な形になります。

清潔感重視の人は全部剃る

とにかくムレや臭いの不快感が気になるという人は、全部剃ってしまうのがおすすめです。
ただし、クリニックで脱毛する場合は一度脱毛すると生えてこなくなるので、慎重に決めましょう。
VIOを全体的に薄くする場合の脱毛のプロセスで、一時的に完全に無毛状態になる時期があります。そのときに無毛の状態を見てから最終的なデザインを決定してもよいですし、まだ迷いがあるという人はとりあえず少し残しておくのもアリです。

Iライン脱毛のサロン・クリニックを選ぶポイントは?

照射範囲の広さがポイント

脱毛サロンやクリニックによって、脱毛できる範囲が異なります
Iラインと言いながらも、ショーツからはみ出る部分しか脱毛できない所も中にはあります。

さらに、Iラインは粘膜ギリギリまで施術してもらわないと、変な所だけ毛が残る可能性もありますが、粘膜ギリギリまで照射してくれる所はごくわずかです。
さらに、粘膜部分の照射に関しては、クリニックでしか施術ができません
粘膜および粘膜周辺の脱毛は危険性が高いため、照射しないのが一般的で、粘膜は看護師や医師の資格を持っている人でなければ施術はできないことになっています。

粘膜付近まで脱毛したい人は、契約前にIラインの脱毛可能範囲を詳しく確認することが大切です。

VIOセットプランがお得かどうか

ほとんどの脱毛サロン・クリニックではIラインだけでなく、VIOのセットプランが組まれています。
Iラインだけ脱毛しても、あとからVラインやOラインが気になって追加する人が多いからです。
セットプランは、1部位ずつ契約していくよりも料金が安く設定されています。
お得なVIOのセットプランをはじめから申し込めば、総額をだいぶ抑えることができます。

関連記事

痛み対策がされているか

Iライン脱毛は痛みを強く感じやすいですが、脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛であれば、サロンの光脱毛の方レーザーの威力が弱いため痛みを感じにくいです。ただし、威力が弱い分脱毛効果もゆっくりになり、脱毛完了までに約12回の施術が必要になります。

クリニックの医療レーザー脱毛であれば、威力が強いので脱毛効果を早く実感することができ、約5~6回で脱毛完了します。威力が強い分、光脱毛より痛みも強くなりますが、我慢できない場合は、麻酔を使用することができます。

関連記事

ストラッシュ

ストラッシュ

全身脱毛では、顔・VIOが含まれていますが、部分脱毛だとVIOがV上・V下・I・Oの4部位に分かれています。痛みがほぼなく、産毛にも効果的なSHR脱毛を採用しているため、肌へのダメージを最小限に抑えてしっかり脱毛することができます。

痛みが少なく高効果!ストラッシュの脱毛

ディオーネ

ディオーネ

Iラインの粘膜ギリギリまで脱毛できます。脱毛方法はハイパースキン脱毛です。一般的な光脱毛と違い、毛根に高い熱を加えずに脱毛できるため、痛みがなく、肌へのダメージもほとんどありません。デリケートで痛みを感じやすいIラインの脱毛も安心です。

Iライン脱毛も痛くない!ディオーネの脱毛

アリシアクリニック

アリシアクリニック

肌や毛の状態によりますが、Iラインの粘膜ギリギリまたは粘膜部分まで脱毛できます。痛みが少ない、ダイオードレーザーのライトシェアデュエットで脱毛します。痛みを感じやすいIラインの脱毛でも、麻酔を使う人はほとんどいません。

粘膜の照射も可能!アリシアクリニックのIライン脱毛

Iライン脱毛するならサロンとクリニックどっちがおすすめ?

Iラインは、VIOの中でもダントツに痛みを感じやすい部位です。そのため、Iライン脱毛するならクリニックよりも痛みを感じにくい脱毛ができるサロンがおすすめです。

また、料金の面でもサロンの方が圧倒的に安いです。中にはキャンペーンで破格の料金でVIO脱毛を完了させることができるサロンもあります。
痛みの面でも料金の面でも気軽にIライン脱毛をすることができるという点では、サロンでの脱毛に勝るものはありません。

メリットが多い!Iライン脱毛は良いことづくし

Iライン脱毛のメリット

衛生的でいられる

普段、人から見られることが無い部位で、見るのは自分かパートナーくらいかと思いますが、Iラインの脱毛をするのとしないのとでは大違い!
見た目がすっきりするのはもちろんですが、夏場や生理の時にムレにくくなり、衛生的で快適に過ごすことができます。ムレたときの臭いも気にならなくなります

下着や水着のデザインの幅が広がる

Vラインは下着や水着から毛がはみ出るのが自分からも人からも見えてしまうので、気になりやすいですが、Iラインも同じように処理をしていないと毛がはみ出てしまう可能性は高いです。そのようなことを気にせずに、自分の好きな下着や水着を堂々と着られるのはうれしいですよね。

お手入れの手間がなくなる

Iラインはデリケートな部位なので、セルフケアは危険です。除毛クリームやブラジリアンワックスは肌が炎症を起こす危険性がありますし、カミソリは見えにくい部位なので、肌を傷つけてしまいます。セルフケアをするなら、電気シェーバーやヒートカッターがおすすめですが、Iラインの毛は伸びるのは早いため、こまめな処理が必要になります。
また、新しい毛が生えてくる時にチクチクしたりかゆみが生じることもあります。
その点、プロの手で脱毛してしまえば安全だし、クリニックで脱毛すれば毛が生えてくることはないので、今後一切のお手入れから解放されます。

Iライン脱毛のデメリット

施術時の痛みが強い

1番のデメリットは脱毛施術時の痛みが強いことです。
毛が他の部位よりも太く、さらにデリケートな部位で特に痛みを感じやすくなっています。
また、脱毛効果が出にくい部位なので、効果を早く実感できるクリニックでの脱毛を選ぶ場合は、麻酔が使えるクリニックを選びましょう。

Iライン脱毛は男性から賛否両論

日本ではVIOをすべて無毛にするハイジニーナがまだ浸透していないため、日本人男性はVラインの無毛状態には難色を示す人が多いのが現状です。
しかし、Iラインに関してはどちらでも良いという意見もあります。ただし、Iライン脱毛の際に、脱毛範囲を間違えると恥ずかしい思いをする可能性があるので、Vライン同様、Iラインの脱毛範囲にも注意が必要です。

まとめ

Iラインの脱毛は、ムレが軽減されて常に衛生的で快適に過ごせるようになるというメリットがありますが、脱毛範囲には注意が必要です。
ハイジニーナを求めているのでなければ、Vラインの毛に繋がるように前方の毛は少し残すと自然です。

また、粘膜部分や粘膜ギリギリまで脱毛したい場合は、脱毛できるサロンやクリニックが限られるので、どの範囲まで脱毛してもらえるのかよく確認し、痛み対策が整っている所を選ぶようにしましょう。