「VIOを脱毛したいけど知らない人に見られるのは抵抗がある」、「自宅でVIO脱毛したいけどどの方法が良いのかわからない」

アンダーヘアをお手入れすることが女性の間で一般的になりましたが、予算や羞恥心から自宅でのVIO脱毛を試みる人も多いです。

ここでは自宅で行うVIOのムダ毛処理のリスクについて解説し、どうしても自宅でVIO脱毛したい人におすすめの脱毛方法を紹介します。VIOをきれいに脱毛するならプロに任せた方が安心の理由とおすすめサロンとクリニック事前の自己処理方法についても紹介するので、VIO脱毛の方法に悩んでいる人は参考にしてください。

悪いところだらけ!VIOのムダ毛処理のNGな方法

カミソリの処理は色素沈着や肌荒れの原因に

VIOラインは凹凸が多く、しわも多く自分では見えにくい部位です。そのような部位で、むやみにカミソリを使用してしまうと切り傷を作ってしまうリスクが高いです。

また、カミソリで処理しても、約2~3日経つとまた毛が伸びてきてしまいます。そのたびに毎回処理をするのは大変ですし、自己処理を頻繁に繰り返すのは肌への負担が大きく黒ずみなどの色素沈着の原因になってしまったり、雑菌が入り込んで化膿して肌荒れしまったりしまいます。

カミソリで剃ると、毛の断面が太くなってしまいます。そのため毛が伸びてくるとチクチクしやすく、デリケートゾーンのかゆみや不快感の原因になります。

毛抜き処理は毛嚢炎や埋没毛の原因に

毛抜きでの処理は時間と手間がかかる反面、カミソリで処理するよりも毛が生えない期間が長いので多くの人がやっています。

しかし、毛抜きで抜いた後の毛穴は傷ついており雑菌が入りやすい状態です。雑菌が入ると毛嚢炎の原因にもなり、デリケートゾーンのかゆみや痛みに繋がります。

また、毛抜きで無理やり毛を抜いてしまうと毛穴が閉じて、新しく生える毛が埋もれてしまう埋没毛になる可能性もあります。埋没毛になると見た目が気になり、無理に毛を出そうと穿り返したりして炎症を起こしてしまう人が多いです。

除毛(脱毛)クリームは肌の角質まで溶かしてしまう

除毛クリームや脱毛クリームを使用した自己処理を行う人も多いですが、どちらも脱毛することはできません。そのため定期的な自己処理が必要になりますが、肌への負担が大きく危険です。

脱毛クリームや除毛クリームの成分には毛を溶かす成分がはいっているため、どんなに肌への優しさを考慮してあるクリームであっても、肌への肌負担が大きいです。この毛を溶かす成分は毛と一緒に肌の角質も溶かしてしまうからです。

手足などで問題なく使用できたとしても、皮膚が薄く、粘膜に近いVIOに使うのは感染症を引き起こす可能性もあり非常にリスクが高いです。

ブラジリアンワックスは皮膚を傷つけ毛嚢炎の原因に

ブラジリアンワックスは欧米で生まれたアンダーヘア専門の脱毛方法です。そのため実践した人もいるでしょう。しかし、肌の表皮が薄い日本人には負担が大きく向いていません

ブラジリアンワックスは肌にガムテープを張り付けて一気に剥がすのと同じような要領で脱毛するため、痛みも強いです。ワックスを剥がした時に出血してしまうケースや、毛嚢炎を起こしてしまうこともあります。毛が生えていない部分にもワックスは付着し、その部分の角質まで一緒に剥がれてしまうので負担がかかる範囲が広範囲にわたってしまいます。

自宅でセルフ脱毛したいのなら家庭用脱毛器が無難

家庭用脱毛器なら気軽に安く脱毛できる

どうしても自宅で脱毛したいのなら、家庭用脱毛器を使う方法が最も肌への負担が少ないです。自分の好きな時に自分のペースで脱毛でき、施術中の体勢も恥ずかしくないメリットもあります。

家庭用脱毛器の価格には幅があり、相場としては5~7万程度です。他の自己処理方法に比べれば値段が高いですが、脱毛サロンやクリニックで脱毛してもらうよりは安く済みます。しかし、カートリッジなどのランニングコストが高い脱毛器もあるので、本体価格で飛びつくのではなくコスパを考えて選ぶことをおすすめします。家庭用脱毛器で人気がある商品はフラッシュ式の物が多く、ケノンは口コミでも高い人気があります。

また、家庭用脱毛器でVIOを脱毛する際は、VIO専用のものやVIOゾーンに対応している機種であること、照射面積がVIOにフィットすることが重要です。出力が調整できるタイプのものを選べば自分に合った強さで脱毛できるので尚良いです。

ただし家庭用脱毛器の使用には照射漏れや火傷のリスクが

ただし、家庭用脱毛器はサロンの脱毛機に比べ照射口が狭いため、肌にまんべんなく当てることが難しく、当て漏らししてしまうことが多いです。特にVIO処理は体勢も不安定になるため照射漏れしやすくなります

また、家庭用脱毛器は自分で出力調整をするので、適切な照射レベルに調整することが難しく、出力の加減を間違い火傷してしまうことがあります。特にVIOは見えづらく、粘膜にも近い部位のため、火傷の危険性が高いです。

VIOのようにデリケートな部位を安心安全に脱毛したい場合は、プロに任せる方が確実でしょう。

VIOをきれいに脱毛するならプロに任せた方が安心

サロンやクリニックなら肌トラブルなどを回避できる

VIOのようなデリケートな部分の自己処理で肌トラブルを起こさずにきれいに仕上げることは非常に難しいです。サロンやクリニックでプロに任せた方が肌トラブルを回避でき安心です。

サロンやクリニックは脱毛のプロが施術してくれるので、その部位にあった適切な照射レベルで施術してもらえます。ムダ毛も毛根から処理できてツルツルになれますし、脱毛を重ねるごとに自己処理の頻度が減るので、肌がきれいになります

万が一、肌トラブルが起きてもクリニックなら医師が常駐していてすぐに対応してくれます。サロンでも提携先の皮膚科を受診することができるので安心です。

痛くない脱毛方法を選びたい人はサロンの光脱毛少ない回数で短期間に脱毛したい人はクリニックの医療脱毛がおすすめです。

VIOは部位によって必要な施術回数が異なりますし、デリケートな部位のため施術回数自体が多くなる場合があります。徹底的に脱毛したい人や、毛量が多い人は回数無制限プランがあるところの方が追加照射を繰り返すより安く済むのでおすすめです。

サロンで安くVIO脱毛したいのならミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安いサロンです。VIO脱毛もリーズナブルな価格で、脱毛範囲も広いのでおすすめです。初めての人は月々行われている格安キャンペーンを利用すればよりお得に脱毛できます。

痛みの少ないS.S.C脱毛を採用しているので肌への負担も少ないです。キャンセル料が無料なので急な生理の時も安心です。

ミュゼプラチナムの公式サイト

関連記事

サロンでVIO脱毛の回数無制限があるのは銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーは光脱毛で最も一般的なIPL脱毛を採用しているサロンです。

銀座カラーのVIOセットコースは女性のデリケートゾーン4パーツをまとめたコ-ス内容になっています。1年に最大8回通えるスピード脱毛で、回数無制限なので自分が納得するまで何回も通うことができます。

銀座カラーの公式サイト

関連記事

効果的に脱毛したいのならアリシアクリニック

アリシアクリニック

VIO脱毛がきれいに形を整える「ビューティ」と、Iラインの際まで照射できる「スムース」の2コースから選べます。脱毛回数は5回、8回、脱毛し放題があり、毛量が多く追加照射が心配な人やハイジニーナにしたい人にもおすすめです。

痛みの少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットで脱毛するので、ほとんどの人がVIO脱毛でも麻酔なしで脱毛できます。

アリシアクリニックの公式サイト

関連記事

VIO脱毛する前の事前処理方法

事前処理は電気シェーバー、ヒートカッターで行う

脱毛前には必ず事前処理を行わなければなりません。しかし、前述した通りカミソリや毛抜きなどの処理はNGです。事前の自己処理には電気シェーバー、もしくはヒートカッターを使いましょう

電気シェーバーは肌表面の角質を削りにくいので肌への負担が少ないので安心です。V・Oラインにはフェイス用などのI字型の電動シェーバーが使いやすいです。Iラインには自分で剃りやすいように工夫されたIライン専用の電動シェーバーも市販されているので、持っておくと便利です。

チクチクするのが不快に感じる人はヒートカッターを使うと、毛先が丸くなってチクチクしにくいのでおすすめです。

毛をあらかじめ短くしておいた方がシェービングしやすいので、カットする際は鼻毛用のハサミを使うことをおすすめします。

Vラインの自己処理方法

Vゾーンは、各サロンやクリニックによって脱毛範囲が異なりますし、希望するデザインによっても処理する範囲は異なってきます。そのため、事前に脱毛できる範囲や自己処理が必要な範囲について確認しておいた方が良いです。

ただし、ハイジニーナを希望する以外の人も初回、あるいは初めの数回は形を作らずに全剃りしていき、全照射してもらうと境目が馴染みやすく自然な仕上がりになります。

Vラインの自己処理はハサミで毛の長さを2㎝以下にカットしてから剃ります剃る前に蒸しタオルを当てると毛と肌が柔らかくなってシェービングしやすくなり、肌への負担が軽減できます。

剃る時は毛の流れに沿ってシェーバーを動かしてください。ムダ毛の長さが2㎜以下に剃れていれば問題なく施術できます。自己処理後は乾燥を防ぐために保湿を怠らないでください

Iラインの自己処理方法

Iラインは自分では見えないので鏡を使って処理します。やり方は3つあり、1つ目がイスなどに片足を乗せて覗き込むように処理する方法です。2つ目が鏡を床に立て、鏡の前で体育座りの状態から足を左右に開いてM字になるようにする方法です。

この2つのやり方では見えにくい場合は、床に鏡を寝かせて鏡の上にしゃがみこむと見えやすいです。

処理をする前はIラインをきれいにしておく必要があります。また、毛は温めることで柔らかくなり剃りやすくなるため、温めと洗浄が一度にできる入浴後に処理するのがおすすめですが、おしりふきでケアした後蒸しタオルで温める方法もあります。

清潔にしたら鼻毛用のハサミを使い3~5㎜程度の長さにカットしてから毛の流れに沿って剃るようにしてください。皮膚がたるんで剃りにくい場合は、空いている手で軽く皮膚を引っ張ると剃りやすいです。終了後は肌を冷やしてから保湿するようにしてください。

Oラインの自己処理方法

OラインもIライン同様、自分では見えないので鏡で確認しながら処理します。

床に鏡を寝かせて、和式トイレにまたがるように鏡にまたがり、しゃがみ込みます。見えにくい場合は拡大鏡を使うなど工夫してみてください。

処理をする前は肛門周りをきれいにする必要があります。毛と肌を温め柔らかくしておくと肌に負担がかかりにくいので、お風呂上りに行うと衛生的でおすすめです。

シェービングは毛の流れに沿って行い終了後は保湿を忘れずにしてください。

自己処理が不安な人はシェービング無料のサロン、クリニックへ

事前の自己処理に不安がある人はシェービングサービスのあるサロンやクリニックを選ぶと良いです。

サロンならディオーネ、クリニックならリゼクリニックがおすすめです。

サロンでシェービングサービス無料なのはディオーネ

ディオーネ

痛みの少ないハイパースキン脱毛を採用しているサロンです。デリケートなVIOでも全く痛みを感じずに脱毛できます

シェービングサービスを無料で行ってくれるので自己処理に不安がある人でも安心して通うことができます。

ディオーネの公式サイト

関連記事

クリニックでシェービングサービス無料なのはリゼクリニック

リゼクリニック

脱毛料金が安いクリニックです。ライトシェアデュエットをはじめとした3種類の脱毛機を採用しており、肌質や毛質に合わせて脱毛機を使い分けて施術してくれます

シェービング料やキャンセル料などの追加料金無料で、硬毛化などの肌トラブルに対する保証も厚いので安心して通えます。

リゼクリニックの公式サイト

関連記事

まとめ

自宅で行うVIOのムダ毛処理は肌への負担が大きくおすすめできない方法が多いです。カミソリは色素沈着や肌荒れの原因になってしまいますし、毛抜き処理は毛嚢炎や埋没減の原因に、除毛(脱毛)クリームは肌の角質まで溶かしてしまいブラジリアンワックスは皮膚を傷つけ毛嚢炎になってしまうリスクがあります。

自宅でセルフ脱毛したい場合は家庭用脱毛器が肌への負担が少ないので無難です。ただし、照射漏れや火傷のリスクがあることを忘れてはいけません。VIOのようなデリケートな部位を安心安全に脱毛したい人はプロに任せることをおすすめします。

サロンやクリニックの脱毛なら、適切な照射レベルで施術してもらえ、毛根から処理できてツルツルになれますし、脱毛を重ねるごとに自己処理の頻度が減るので、肌がきれいになります

万が一、肌トラブルが起きてもクリニックなら医師が常駐していてすぐに対応してくれます。サロンでも提携先の皮膚科を受診することができるので安心です。

脱毛をする際は事前に自己処理が必要になります。自己処理に不安がある人はシェービングサービスがあるところを選ぶようにしましょう。

この記事を参考に自分にあったサロンやクリニックを見つけてください。