脱毛サロン大手のミュゼと、創業以来25年の歴史と実績を積み上げてきたレイビス。これから脱毛をする人は脱毛サロンを選ぶ上で一番重要視したい条件は脱毛料金の安さという人がほとんどではないでしょうか?

全身のできるだけ多くの部位のムダ毛をなくしたいと考えている女性は多いです。それでも全身脱毛は脱毛サロンによっては何十万円とかかってしまう所がある中、ミュゼはレイビスの半額以下で通える点から見てもミュゼの方がおすすめです。なぜこれほどまでに安い値段が設定できるのか、ここではミュゼとレイビスの脱毛料金のからくりについてご紹介していきます。これから脱毛する場所選びの参考にしてみてください。

【2018年8月最新版】脱毛サロン人気ランキング

なぜミュゼの方がレイビスよりおすすめなの?

ミュゼ

ミュゼの詳細

ミュゼの方がレイビスより料金が安い

ミュゼ レイビス
Sパーツ 8回12,000円 6回31,200円
Lパーツ 6回18,000円 6回46,800円

ミュゼとレイビスの部分脱毛、脇など狭い範囲のSパーツは1回あたりの料金にすると3,700円ほど、また背中などの広い範囲のLパーツは1回あたりの料金にすると4,800円ほどミュゼの方がお得です。

全身脱毛はレイビスの方が安いけど?

ミュゼ レイビス
全身脱毛6回の料金 126,000円 117,600円

ムダ毛をなくしたい部位が多くある人におすすめの全身脱毛のコースはミュゼとレイビスの6回コースの総額で比較すると8,000円ほどレイビスの方がお得で魅力的ですが、レイビスよりもキレイモ銀座カラーなどの全身脱毛専門サロンの方がさらに安くておすすめです。

【2018年8月最新版】全身脱毛が安いおすすめサロン

ミュゼはキャンペーンでワキV通い放題

ミュゼに初めて通う人におすすめのキャンペーンが充実しています。女性には特に人気の脱毛部位である脇とVラインが通い放題+全身から好きな部位を2か所選んだコースが驚くほど安い料金が設定されています。ミュゼの脱毛はどのようなものかを知るためにもいい機会で、もし合わなくても諦めても損はない金額です。一方でレイビスも全身脱毛を契約した人向けのキャンペーンを行っていますが、ミュゼほど内容が充実しているとは言えません。

ミュゼの方が痛みが少ない

レイビスで行っているのは脱毛サロンでは一般的なIPL脱毛です。事前にお肌を冷却するジェルを使用しますが、最大で60℃にもなる光をムダ毛が気になっている部分のお肌に直接照射して毛根にダメージを与える仕組みなため、VIOなどデリケートな部位は痛みを感じる可能性があり、痛みを感じるということは肌へのダメージは大きいです。

一方でミュゼのS.S.C.脱毛はIPL脱毛のように「毛根にダメージを与える」という仕組みではなく「次のムダ毛の再生を抑える」という仕組みです。照射される光の温度は人肌より少し熱い程度なので、痛みや施術後の肌へのダメージもほとんどありません。

ミュゼもレイビスもキャンセル無料

やむを得ない事情で予約日当日にキャンセルしたい場合、ミュゼでもレイビスでもキャンセル料は不要です。ただしレイビスでは1回消化になってしまうこと、さらに実際にレイビスを利用した人の口コミを見ると「きつく叱られた」というものもあるので覚悟をしておいた方がよいでしょう。

ミュゼは勧誘なし。レイビスは勧誘がしつこい

始めて脱毛サロンに通う人は勧誘の有無について気になる人が多いです。ミュゼは公式サイトに書かれているように勧誘はほとんどありません。一方でレイビスに関しては「しつこすぎて苦痛でした」と感じている人もいるほどです。勧誘されて断る自信のない人ははじめからレイビスを選ばない方がよいでしょう。

店舗数はミュゼの方が多い。店舗移動も自由

脱毛は決められた期間でしっかりと予約を取って施術を受けていかないと効果が期待できません。2017年1月現在ミュゼは全国に180店舗以上、レイビスは22店舗、ミュゼの方が店舗数が多いので多くの人が通いやすく、それが予約の取りやすさにもつながっています。ミュゼでは契約店舗以外の店舗でも施術を受けることができます。Web予約システムを上手に利用すれば早い効果が期待できるでしょう。

ミュゼは解約手数料なし。レイビスは手数料あり

コースを解約したい時、ミュゼでは解約手数料を払う必要なく残金を返金してもらえます。レイビスの月額制コースは最低2か月は契約しなければなりませんが、それ以降であれば月額費用の支払いをやめれば止めることができます。また月額制コース以外は解約時に解約手数料が必要です。解約手数料は残りの回数の10%、最大で2万円。カウンセリングの時に規約をしっかりと確認しておきましょう。

レイビスの良いところは?

レイビス

レイビスの詳細

上ではいくつかミュゼのおすすめポイントをご紹介しましたが、レイビスにも良いところがあります。まずは予約日までにしていかなければならないシェービングで剃り残しがあった場合、どの部位でも無料で処理をしてもらえます。一方でミュゼは背中など手の届かない部位は無料で処理をしてもらえますが、それ以外の部位は剃り残しを避けて照射されることがあります。できる範囲でしっかりと処理をしていきましょう。

ミュゼとレイビスを併用はおすすめできない?

ミュゼとレイビス、同じ光脱毛でも方法は違うため、併用すれば早く効果が出ることが期待できますが、そうではありません。

例えば同じ部位を併用する場合、ミュゼのS.S.C.脱毛もレイビスのIPL脱毛も、ムダ毛が一番太く成長する時期の毛に対して効果を発揮する仕組みで、同じ部位で短い期間に施術をしても効果がないだけでなく、肌へのダメージが大きいため避けた方がよいでしょう。

また別の部位を併用する場合。脱毛したい部位が多い人はミュゼやレイビスよりもキレイモや銀座カラーのような全身脱毛専門サロンを最初から利用しておけば併用する必要はありません。またミュゼなら脇とVラインを満足できるまで処理できるコースがあるだけでなく、他の部分脱毛もレイビスよりミュゼの方がお得です。これらをふまえてもミュゼとレイビスの併用はおすすめできません。

まとめ

ここではこれから脱毛するならレイビスよりもミュゼの方が断然おすすめであることをご紹介しました。全身脱毛の場合はミュゼよりもレイビスの方が総額はお得ですが、その差は1万円以内です。例えば予約日当日に突然生理が来てしまった場合、レイビスでは1回消化になってしまい、完了するまでにさらに回数が必要(追加料金が必要)になってしまいます。その点を考えればミュゼはキャンセル時のペナルティも必要ないので安心して通えます。店舗数の多さの面でもしっかりと予約がとれる、効果が期待できる脱毛サロンです。

脱毛サロン人気ランキング