テレビCMでもお馴染み、大手脱毛サロンのキレイモと、まだオープンして1年程度と新しい脱毛サロンのラットタット、どちらも全身脱毛を専門に行っています。どちらかで全身脱毛をするならキレイモの方がおすすめです。その理由として脱毛料金の安さはもちろんのことサービス内容もキレイモの方が便利だからです。それでも「せっかく通うなら新しい脱毛サロンの方がいい」という人もいて、ラットタットにもおすすめポイントはいくつもあります。ここではキレイモとラットタットの全身脱毛コースの特徴についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【2017年11月最新版】全身脱毛が安いおすすめサロン

なぜキレイモがラットタットよりおすすめなの?

キレイモ

キレイモの詳細

キレイモとラットタットの料金を比較

サロン 月額 1年の合計 回数 1回あたり
キレイモ 9,500円 114,000円 6回 19,000円
ラットタット 6,800円 81,600円 4回 20,400円

キレイモとラットタットの全身脱毛のコース、月額料金も1年間に支払う総額もラットタットの方が安いのでラットタットの方がお得に見えます。しかしキレイモは1年間で全身脱毛6回分、ラットタットでは4回分になるため、1回あたりの金額にするとキレイモの方がお得です。キレイモの方が1年間で施術を受けることができる回数が多いので、早く完了する可能性が高いということです。

ラットタットは好きなときにやめられない

キレイモもラットタットも月額の全身脱毛を行っていますが、少しタイプが違います。キレイモは月額料金を払っている間は通うことができ、満足できれば支払いを停止すればすぐにやめることができる、塾の月謝のようなタイプです。一方でラットタットは決められた回数を支払うタイプ、つまり途中でやめたくても支払いが残っていたら支払わなければなりません。月額制と言いながら実質は分割払いのようなもので、解約する際は解約手数料を支払って残りの回数分が返金されますが、手続きが必要で少し面倒です。

ラットタットは何度も通わなければならない

コース 通うペース 脱毛範囲
キレイモ(回数パック) 2ヶ月に1回 全身まるごと
キレイモ(月額制) 月1回 全身1/2
ラットタット 3ヶ月に4回 全身1/4

キレイモには月額制の他に回数パックプランがあります。月額制の通うペースは月に1回、一度に全身の1/2を施術、回数パックプランは月に1回、全身まるごと施術します。一方でラットタットは3か月の間に4回、一度に全身の1/4を施術します。

全身脱毛1回分にするとキレイモは1か月(回数パックプラン)~2か月(月額制)、そしてラットタットは3か月、その分ラットタットの方が完了するまでに多く通わなければなりません。時間や曜日関係なく時間の取れる人は脱毛サロンに通う回数は気にならない人もいますが、仕事や子育てなどで忙しい人は何度も通うのは面倒になってしまう可能性もあります。

キレイモはネット予約できるけどラットタットは電話予約のみ

「予約が取りやすい」と口コミでも評判の脱毛サロンは24時間いつでも利用できるネット予約システムを導入している所が多いです。ネット予約システムがあればいつでも思いついた時に予約の変更やキャンセル、そしてキャンセルが出た時も知ることができます。

キレイモにはネット予約システムがありますが、ラットタットは現在電話予約のみです。新しい脱毛サロンなので知名度が低く予約は取りやすい傾向にはありますが、電話予約しかできないとついつい忘れてしまうこともあり、次の予約がなかなかとれないということにもなりかねません。

キレイモの方が店舗が多い

2016年12月現在、キレイモは全国に42店舗、ラットタットは全国に28店舗。店舗数の多さでいえばキレイモの方が通いやすいです。しかしどちらのサロンも公式サイトでは新しいサロンのオープン情報や、既存サロンでもベッド数が増えたという情報が掲載されています。今後も拡大して多くの人の予約の取りやすさにつなげてほしいです。

キレイモの方がアフターケアが充実している

今や脱毛サロンではムダ毛をなくすだけでなく、美肌ケアにも力を入れている所が多いです。キレイモのスリムアップ脱毛は施術後に引き締め成分や保湿成分が含まれたジェルを施術部位に使用します。ムダ毛をなくした部位は次第に引き締め効果が実感できるわけです。一方でラットタットでも顔だけ施術前後に医療機関と共同開発した保湿成分が含まれたローションやジェルを使用します。アフターケアの内容で比べるとキレイモの方が充実しています

業務停止命令を受けたエタラビとラットタットは運営会社が同じ?

脱毛サロンのエタラビ(エターナルラビリンス)は虚偽誇大広告などの法律違反で2016年8月から消費者庁より業務停止命令を受けています。実はエタラビとラットタットは運営会社が同じです。絶対とは言えませんが、行政処分を受けた企業はその先は倒産のリスクもないわけではなく、不安になる人もいます。しかしエタラビはミュゼの運営会社の支援を受けて2017年夏頃には業務を再開する予定なので倒産のリスクはほとんどありません。

ラットタットの良いところは?

ラットタット

ラットタットの詳細

キレイモとラットタットでは脱毛料金の面ではキレイモがお得であることをご紹介しましたが、当然ラットタットにもいい所があります。まずは予約日までにしていかなければならないシェービングで剃り残しがあった場合、ラットタットでは無料で処理をしてもらえます。ただし衛生上の問題でVIOだけは剃り残しがあると除外されてしまうため、自分でしっかりと行っていかなければなりません。キレイモでは回数パックプランではシェービング代は無料ですが、月額制は襟足、背中、ヒップは無料でそれ以外は手数料が必要です。

次にキャンセル料についてラットタットは当日キャンセルでも無料です。一方でキレイモでは前日のキャンセルまでは無料ですが、回数パックプランは当日のキャンセルだと1回消化になってしまいます。ただし店舗で手続きをすればペナルティはありません。月額制は当日キャンセルは1回消化となり、その月の予約はできません。例えば予約日当日に生理が来てしまった場合でも理由にはならず、デリケートゾーン以外なら施術をしてもらえます。

まとめ

脱毛サロンのキレイモとラットタット、全身脱毛をするなら料金面ではキレイモの方がおすすめであることをご紹介しました。また店舗数の多さ、ネット予約システムがあること、アフターケアの充実さなど他にも魅力な点がありますが、シェービング代やキャンセル料など脱毛料金以外に必要な料金の面では脱毛料金以外に必要なしという点でラットタットには安心感があります。新しい脱毛サロンなのでネット予約システムがなくても予約が取りやすいのも魅力です。これらを踏まえてどちらで契約するかを検討することをおすすめします。

全身脱毛 おすすめ 安い

【2017年11月最新版】全身脱毛が安いおすすめサロン